2015年03月

穴があったらどうしたいだろう

「穴があったら埋めたい」という企画
大阪、パン工場ありがとうございました。
初めてのライブハウスだったけど元々本当にパン屋さんだったところがライブハウスになってたらしい。いろんなところにステージを移すモニターがあって、なんならステージからも自分たちのライブがLIVE中継みたいな感じで見れるようになっててなんかすごかった。スペースシャワーTVみながらライブするみたいな感じだった。モニターなんて見る暇なかったけど(笑)ちらっと見えたときはなんか照れくさかったな。

名前出すべきかわからんけど公表されてないから出さないけど今回の主催、もともと4人でやってたらしいんだけど1人になっちゃったんだって。
初めてのイベントでいろんなところからバンド呼んで1人になっちゃってすごくいろんなことを考えてくれたんだなぁって感じた。

ライブ中歌いながらあいつの顔がみえてとってもうれしくなった。

もしも期待してくれるのならどれだけ期待されてもどーんと応えられるように。鮮やかに裏切れるように。












穴があったら埋めたい
穴があったらなにがしたいだろ
心の穴見つけたら


穴があったら喧嘩したいなぁ。
優しさを名一杯持ち寄って盛大な喧嘩がしたい。


ガリガリ君サワー美味しくなかったなー。味なんてどうでもいいんだけどね。

菜、菜、菜

飛行機で関西空港に来た。
飛行機に乗る前に又吉直樹さんの「火花」を買ってキャリーバッグに入れて持ってきた。
キャリーバック。めっちゃかっこいい。今日から。今までの遠征はキャリーバックとか無かったからなかなかしんどかったし嬉しい。ポケットもいっぱいついてるし本を入れててもぐちゃぐちゃにならない。
今「火花」最後まで読み終わった。
明日の移動の時間にでももう一回読みなおそうと思う。
明日は心斎橋のパン工場でライブ。
去年の9月に初めて心斎橋KINGCOBRAに行った時に初めましてだったお客さんだった男の子がぼくもいつかイベントをしてベランパレードを呼びたいですって言ってくれた。ほんとに呼んでくれた。うれしい。
しかもトリです。やれることは全部やろう。今はそれでも足りないくらいだ。やるぞ。


新曲の「favorite girl」って曲の歌詞あげときます。おやすみ。明日。




近道なんてどっちに歩いても無いなら
ギザギザ心はそのままで
見えにくいところどんどん増えてく絆創膏
痛いけどなにも無いより落ち着くんだ

独りで悩みあぐねたりしても
となりに誰かいるなら
君の得意な難しい顔に終わりは来ない

君のこと歌う時だけ
忘れちゃう息継ぎのタイミング
枯れた喉の熱ささえ
可愛いよフェイバリットガール

君が僕の前で初めて泣いて見せた夜
僕は君になんて言えたかなんて覚えてないけど
教科書とエロ本、熱いジンジャーミルクティー
今も未だ僕の頭の中に在る

君のこと歌う分だけ
忘れちゃう毎日が待っている
枯れた喉の熱ささえ
可愛いよフェイバリットガール

泣き顔がよく似合う

image





いつでも本当にいつまでも


心が溢れてしまう時の
音を閉じ込めたカセットラジオ
今はもうなにも聴こえないけど
それでもあいつ今も泥だらけで
あなたの帰りを待ってたんだ
いつでも本当にいつまでも

寂しくて空に向けて唾を吐いたら
自分の頭に落ちてきた
そんなのもうどうだっていいんだけど
その水しぶきひとつ君にかかって
あわててぼくは手を合わせる
「ごめんよ。ほんとにこれからはもう。」

ラブユーテンダー
君に言いたかったことがあって
それでもギュッと噛み締めた奥歯が痛むんだ
ラブユーテンダー
君に言いたかったことがあるんだ
夜が騒いでいる

変わり続ける景色の中
君だけがそこに立ってたんだ
だからそう、君の履きつぶした
その汚いスニーカー僕にくれよ
永遠を見せてあげるから
「いつでも、本当にいつまでも」

大人になってもちゃんと
今みたいに心から笑えるように
その為だけに僕らは「今」
こんなにも苦しいんだろ

ラブユーテンダー
君に言いたかったことがあって
それでもギュッと噛み締めた奥歯が痛むんだ
ラブユーテンダー
君に言いたかったことがあるんだ
夜が、夜が騒いでる

ラブユーテンダー
ラブユーカインドネス








僕の夢がわかった。

オモエル

昨日、日を跨いじゃったから一昨日。
ベランパレード初企画「きょうはねらずに」
来てくれたみんな。ありがとうございました。
すごく個人的なことを言うと今回出演してくれたARTIFACT OF INSTANT と人性補欠には特別な思いがあって、今回その3バンドでスリーマンをやることができてほんとにうれしかった。
一応のツアーファイナルみたいな形だったんだけどはじめてのツアーみたいなもので一皮剥けて進化したところを見せたいってそんな簡単なものじゃなかった。伊藤がMCで言った。
「解決してないこともたくさんあるけどぼくらには今しかないんすよ」ってほんとにそうだし、そんなライブしか今の僕らにはできない。滑舌悪かったけどぼくにはちゃんと聞こえてたよ伊藤。
イベントをやるってすごいことなんだよな。
ほんとに1筋縄じゃない。その日出演した人、見に来てくれた人、それだけじゃなくていろんな気持ちがあるんだなって再確認できた。よかった。
少し恥ずかしいけどあるのはただありがとうって気持ちで、それをまた次に繋げて行かないといけない。情けない気持ちでがっかりさせるのは嫌だ。これからずっと。
僕等の出番が終わって、アンコールで1曲歌った後完全なぼくだけのワガママで人生補欠と一緒に人生補欠の「バイブレーダー」を演奏させてもらった。
ベース、おけらさん、ギター、シューヘイと伊藤、ドラム、アフロ、で桑さんと一緒に歌わせてもらった。
僕等の出番が終わってステージ袖で待っててくれた桑さんとメンバーにいきなりお願いした。エゴだったと思うけどほんとにやれてよかったなって素直にうれしかった。
桑さんはずっとぼくの憧れだ。
素直に高校生のぼくに見せてあげたいなって思った。
ぼくは「ピーチニップルス」っていうバンドを組んでいたんだけどその最初の最初のメンバーが今の人性補欠のギターのシューヘイでドラムがARTIFACT OF INSTANTのりょっくんだった。
そのメンバーでライブすることはなかったけど。
打ち上げの時、シューヘイがこの3人が別々のバンドで今日スリーマンやったことにあー。って思ってたって言っててたしかにすごいなってちょっとだけ昔を思い出したりしたよ。
18歳のあびとシューヘイ。15歳のりょっくん。
すこしはぼくらたくましくなってるだろうか。なってるよな、

昔話を寂しい気持ちも抜きでできるってすごいことだ。
今に胸を張ってないとできないと思う。
昨日の話を5年後もぼくらが昔話だなって笑って話し合えるような今日にしなきゃ。

来てくれたお客さんもぼくらの一日を選んでくれてほんとにありがとう。自信もあったけどその分不安だったから。
やっぱり笑ってる顔がみたいってそれだけだから
みれてよかった。大好き。


3/14 セットリスト

1.君と天気
2.ナイトウォーリー
3.タイトル未定
4.フェイバリットガール
5.雲の上の街
6.三段跳びで夜を越えて
7.43.4日
8.海へ行こう
9.あの娘はきっとバカだから
10.just a feeling
11.ラブユーテンダー(アンコール)

12.人生補欠とバイブレーダー





君のそばで会いたいね

友達のバンドがメジャーデビューをする。
ロッキンオンジャパンの今月号、開いたらそのまんまの彼が見開きでドンと載ってた。
見開きのど真ん中だったから思いっきり開かないと顔見えなかったけどきっといつもの顔してそこにいるんだろう。ってロッキンオンジャパンをさくっと閉じた。

友達のバンドなんて言い方してしまったけど友達ではないかもしれない。
友情なんてものは何よりもわかんない。愛情なら少しはわかる。ビールは苦くてまずい、そのビールが稀においしくなる感じ。


実家のお母さんの本棚に刺さってた何冊ものボロボロになって黄ばんだ文庫本。作者はみんな一緒。小さい頃から意味もわからず読んでたんだけど初めて心が挫けそうな恋をしたときにはじめて言葉に助けられたような気持ちがした。



「冷たいような顔で少ない言葉で」
それがどんなに温かくてやさしいことか少しずつ心にわからせて行かないといけない




大事なことほど口にしたらロマンチックさも切実さも失うけどそんなの笑ってあげれないといけないんじゃないかってぼくは思う。
コップの中の氷をかき混ぜて溶けて薄まっていく、ぬるさに近づいていく感覚と友達にはなれないにしてもちゃんと隣で歩いていけなくちゃ。
ぼくもそういう歌を歌えるようにならないとな


僕も走るぞ









livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ