宮崎にラブ人間がやってきた。
自分の住んでいる街に自分の好きなバンドがやってきてくれるということがほんとにすごいことだって本当に思う。
バンドって壊れやすくてすごく強いものだ。
寂しい気持ちになった人の眼差しも笑ってあんな瞳で見つめることができたらきっとつま先は前に向けるんだろうと思った。
ラブ人間がぼくは本当に好きで、とはライブみたのはおとといがはじめてだったんだけど、ユーチューブの中で動く金田さんをぼくはずっと見てた。1番お気に入りの映像はすごくMCの長い砂男のクアトロの時の映像で、その頃のラブ人間が好き、とかそういうことじゃなくてその映像が僕の中ですごく大切にしてきた映像だってこと。MCまで僕暗記してるし、なんならモノマネしながら言える。



ラブ人間をほんとに宮崎でみれて、一緒にライブすることができてほんとうによかった。
ナイトウォーリーを歌ってるとき客席に金田さんが見えてその顔がほんとずっと消えなくて、僕はバンドをしてるんだなって思ってなんだか不思議な気持ちになった。
忘れずにいつづけたい。



僕は一緒にバンドをやりたいと思うメンバーを見つけることができて、その人たちとバンドを今作っている。

この人たちと作りたいって思える人と出会えて、バンドをできてるってことがほんとに素敵なことだし、いつまでとか、ずっととかそういうことじゃなくて、

明日ライブだ。しっかりやろうぜ。
みたいなこの気持ち、どこまで持っていけるかだと思う。眠い。





明日は心斎橋でライブ。

誰にでも笑われていいから誰にも負けたくない。