ETP寄せ歌留多 2

ETP協会会員及び興味を感じて頂いている方々に対する情報提供するブログです。 エネルギーの世界は目には見えませんのでそれぞれが違う体験の者が言葉で説明するとどうしても曖昧模糊な説明になってしまいます。ここでは、仲眞代表が入り口論として大雑把に “独断と偏見“ で分かりやすく説明します。 スポーツ、武道や瞑想をきっかけにETPで言うエネルギー(気)の存在を知り、入会された方が多いのでそういう情報も集めて閲覧して頂きます。 http://www.etp3580.com/

日本人は既に限界を超えている・・・



 【海外の反応】「日本人は既に限界を超えている・・・」世界を制した凄まじい空手に海外衝撃~すごいぞニッポン  






瞑想の効果

不老長寿!テロメラーゼで寿命が400歳に!

このような女子選手にETP能力を持たせれば・・・・・







と思いながら、この動画を鑑賞していました・・・・・・・


                ETP仲眞良孝



武道





武士道




     仲眞良孝



【ETP会員必読】「共謀罪」が成立したら、私たちはどうなる?#武田邦彦



久しぶりに、先ずは動画を掲載してみました。 もし手が回れば、自分なりのコメントを書き込みたいと思います。

  みんなの仲眞


無償 エネルギー動画


エネ広場の記事
No.3932 で、空手道部副主将で悪名高い【自信家】というアダ名の同僚がいました。  最近までは、単なるホラ吹きか、幸運の持ち主と軽く見ていましたが、最近同窓会で卒業後の彼の歩みを聞いて、彼を見習わなくてはいけないと思っています。

 

彼は私と違って、何処から観ても文武両道であった。  卒業後直ぐに一級建築士の資格を取り、大手建築会社に就職してグングン出世をした。  一時、左遷をさせられた時があったが、それなりにクリアし、取締役まで上り詰めた。  バブル崩壊でその建設会社は破産したが、これを機に会社を設立して独立して、現在も現役会長としてバリバリと活躍している。

 

彼の叔母はある宗教団体の教祖様で、彼に信仰心があるかどうかは不明です。 他の同級生が、「その神様は御利益をくれるのか?」 と茶化した時、≪俺をみればわかるやないか !! ≫   と自信満々に答えていた。

 

この同窓会で、何故空手部に入部したのかという話題になって、藤井の答える番になった。 彼は有名進学校出身であって、喧嘩以外は何でも一番であったそうです。 自分のウィークポイントを補うべき苦手な道を選んで空手部で克服を図った、と。

空手は身体や精神を鍛えるが、実際に社会人になって空手の技を使う機会はないものである。 しかし、彼は若いころは現場監督として工事現場を指揮していた。 土木作業員、鳶職人や各種の職人の親方を通じて、全体を動かすのだが、時々その親方とそりが合わなかったら、監督は非常に苦労するのである。

詳細は割愛しますが、彼が若い時、有名で反抗的な親方に鉄槌を加えて一喝したそうです。 それ以来、その親方は服従するようになり、その藤井の名声が広がり非常に仕事がし易かったそうです。 

自分のウィークポイントを認識しそれを補う努力をして、チャレンジしていったから単なる偶発的なタナボタの強運ではない。  また、自分の能力や価値を確信し、自分の正しさを信じて疑わない心の持ち主である。

 

さて、私を含め当会会員は、プロセスや経緯を経てETPを知るに至り、"膨大な意識" に委ねれば大事には至らず最終的には良い結果になると思ってはいるものの、いつも不安である。

不安である故に過去の失敗が悔やまれ、その結果、今しなければならないことが "あやふやでぎこちない" 。 

自分は、やるべきことをやり、正しいことをしたと確信、これによる如何なる結果をも受け入れる "覚悟" を持てるように誘導するエネルギーを創案しました。

他のエネルギー同様に、動画を鑑賞もしくはノイズミュージックを聴いて楽しんでください。 この動画のエネルギー【自信】は4月15日迄有効です。 北川ディレクターに封入して頂きました。


            みんなの仲眞

 
 




日本が植民地にならなかった理由。

 
日本が植民地にならなかった理由。


ロシア人から見た北方領土問題




ロシアのプーチン大統領が今年の12月に来日するようです。  北方領土が返還されるのではないかと期待する向きもあり、またロシア人はズルいから騙されてはいけないと警戒する人も多いです。

私は、小学生の頃はアルゼンチンに住んでいました。  アルゼンチンはUSA同様、世界中の国々から移民を受け入れていました。  スペイン系は勿論、イタリア系、ドイツ系、ユダヤ系、アラビア系もいました。 
日系人は僅かはいましたが、中国系は稼いだら本国に持ち帰るからという理由で当時は受け入られなかった。
韓国人は当時はいなかったが現在は結構いるそうです。  だから当時、アジア系は少数の日本人だけでした。


ロシア人は記憶にありませんが、 ロシア人は "ズルい" というイメージで、 ≪アイツはロシア人みたいなヤツだ≫ というニュアンスで  "ロシア人" と言う言葉が使われていたと記憶しています。
私の父親からは ≪アイツらは日本が負けそうになってから日ソ不可侵条約を破棄して攻め込んできたズルい奴等だ≫ などと聞かされていたので、私はロシアに対して良いイメージはありません。

さて、 "彼奴らはケシカラン" とか "話し合ってあげるから北方領土を返せ" とか、日本の言い分ばかりを言っていても損をしても何のメリットもありません。    ロシアとの関係を国際政治に如何活かすかは安部総理や政府に任せるとして、私達は政府を監視、支援するためにも相手の言い分にも耳を傾ける必要がありますので、動画をリンクしてみました。

                           みんなの仲眞