モカ日誌 (新館)

石垣島から来たおちゃめなわんこ「モカ」の成長記録など

散歩の途中で

おはようございます (*^^)v

今日は夏至
昼間の時間が一年で最も長い一日

明日以降は、少しづつ昼間が短くなっていき
冬の時間になっていきます・・・


でも、
梅雨もまだが明けていませんし
真夏の暑さも まだまだこれからです!
DSC_0404
夕方6時でもこの明るさ!
雲が晴れていき、蒸し暑くなってきました
DSC_0400

何度も水分補給しながらのお散歩になってしまいました



そういえば、
先日の夕方、モカ散歩の途中で 息子のお友だちにお会いしました

小さなころから可愛くて、女の子のように華奢で静かなイメージでしたが
立派になって、小学校の先生をしてらっしゃるようです

その日は、水族館見学の日だったとかで
たくさんの資料らしきプリント用紙や 
大きく引き伸ばした集合写真には 黄色い帽子をかぶった何人かのお子さんたちが写っていました


モカを見て
「久しぶり〜〜〜!」と声をかけた後
「お歳を召されましたね・・・」
と、ゆっくりと話しかけてくれました

優しさは相変わらずで、はきはきとお話しする姿に
先生がよくお似合いだ・・・、と感心しました

でもね、
だれかに似ているんです、彼!!
なんだか、思い出せなくてお話も上の空・・・

道端でのおしゃべりに 一通り区切りをつけて家路を急ぎましたが
夕食の時に、ハッと気が付きました
彼、神木隆之介に似てるんだ!!!

私、ファンなのよね、神木クンの!!
得した一日だったわ (*^-^*)

歴史のおべんきょう

おはようございます (*^^)v

今年の梅雨は、中休みがあってありがたいです!
父の日の今日、向かった先は
静岡県掛川市の「横須賀城址」です

実は、このお城のことは全然無知で
今回初めて知りました

徳川家康が家臣に命じて
武田の勢力を攻略するために造らせたお城だそうです

DSC_0383
国の指定文化財として整備されているそうですが
P6170780
雑草が目立ちます・・・

石垣は「玉石積み」と呼ばれ 
その名の通り丸い石がきれいに積まれておりました
こんな丸い石だけで 崩れてこないものかと感心します
やっぱり、美しい!!






P6170778
横須賀城址は、公園として地域の憩いの場所になっているみたいです
ただ、雑草は・・・ね・・・

近所のおばあちゃまが、モカをみて寄ってきてくれて
少しお話しさせていただいたのですが
国の指定になってからは 勝手にいじれないから草も刈れない
と、おっしゃってました
P6170772

P6170774
国の指定も、良し悪しですか・・・





そして、お次は
この横須賀城が建てられた目的の
武田のお城 「高天神城祉」
やはり、ここはワンセットでしょう!
P6170782
この絵図を見るように
石垣はないけれど 山が急斜面のためよじ登ることはできないので
効果的に配置された曲輪が
自然の要塞、難攻不落と言われていたそうです

P6170784

通路はきれいに整備されているので
P6170787
急な斜面を登って行くことはできます
DSC_0389


DSC_0391

P6170789

P6170798
整備されすぎている感もありますが・・・
P6170788
戦国時代の乱世に 多くの武将たちがかかわったお城のようです

武田氏が負けたことで落城となり廃城となった後でも整備されることはなかったようですが
頂上に高天神社があったために地元のシンボル的な存在として残っていたようです


戦国時代を今に伝える史跡ですね
学生のころはあまり勉強しなかったな・・・
これから、いろいろ勉強したくなってきました

静岡のあたりには 多くの史跡が点在していて
また、次に尋ねてみたい場所ができました

念願の!!

おはようございます(*´▽`*)

梅雨の晴れ間の今日
今回は、モカ姫はお留守番でごめんなさい((+_+))

お友だちと降ってわいたように話が出て
急きょ決まった
「宝塚観劇ツアー」
DSC_0352

DSC_0353

JRの宝塚駅を降りると、このモニュメント!
さすが!!

DSC_0354
夢の場所に降り立ちました

駅からは、花のみちと呼ばれる通路が伸びていて
DSC_0355
なんと、リボンの騎士のタイルまで!


その道沿いは、テーマパークのように統一されていて
劇場に到着するころには、テンションが上がるようになっている感じでした
DSC_0356

DSC_0359

そして、今回のチケットは
お友だちが予約してくれたのですが・・・
通常の販売所とは違うところで購入するものだったのです

知り合いの研修生さんにお願いして席を確保していただいたということだったらしく
チケットと一緒に研修生さんのお手紙が入っていました
DSC_0362


DSC_0363

それは、舞台の中でどんな衣装を身に着けていて
どの場面のどんな立ち位置にいるか、が書いてありました

トップの方々の後ろで踊っていらっしゃるので よくわからないですものね・・・
きっと、何度も観ないとわからないかも・・・的なところもありましたが
舞台を観る楽しみの一つにはなります


DSC_0367


宝塚歌劇って、まさしく独特の世界があって
二時間でしたが、俗世間を忘れ そこの空間に浸っておりました
これぞ、芸能!

生演奏で綴る舞台、きらびやかな大階段、トップさんの背中に踊る大きな羽飾り!

夢の世界に浸って大満足のわたし(*^-^*)

その興奮冷めやらぬまま
DSC_0374
手塚治虫記念館にも行ってみました
DSC_0373
ロビー入り口のタイルや
DSC_0372
かわいいパネルなど こじんまりとしていましたが
手塚先生を知ることのできるものでした





今回、お友だちにすべてお任せのツアーでしたが
とても感動し 楽しい時間を過ごすことができました
誘ってくれて ありがとう!!!


今回は
「宝塚感激ツアー」になりました (*^^)v

是非、次があるのであれば また誘ってください

プロフィール

もかママ