魚釣りdiary







いつもポチっと、ありがとうございます (*゜ー゜)ゞ


 ↓      ↓       ↓




??
日本ブログ村 鮎釣りブログへ ??


??


??


??


??

板取、白川、宮川と3河川の癒し釣行のあと

雨がほとんど降らなくて

どこもぱっとしない感じの日が続いた。


そんな時

数はあまりですけど、型がいいのがようやく釣れだしまたよ??

嬉しいメッセージが入った。


今の私は

size="3">なにがなんでもがむしゃらに釣りたいって感じじゃない


ま、釣れるに越したことないけど(笑)


??

そんなこんなで

のんびりバンガローさんへ到着。
音譜


そこで、高確率で出会う鮎師さんと再会。(ノ゜ο゜)ノ


以前、穴場ポイントを発掘する際

入川口とか教えていただいた常連鮎師さんだ。(。-人-。)


泳がせ名人と呼ばれるお方(以後、泳がせ師匠



昨日は○○ってとこに行きましたよ。

この時期にしては数も出て満足でした。

でも、人が多いので

size="3">のんびり釣りしたいなら、もっと上流がおすすめですね。




泳がせ師匠は

図を指でなぞるように、ニコニコ微笑んで教えてくださる。


泳がせ師匠の手がピタッと止まる(ノ゜ο゜)ノ


そこは地名は聞いたことはあったけど

まだ行ったこともなポイントだった


不安そうな顔を覗き込むように

size="3">ここをこうやってこう行くと、ここに出て…と

丁寧に教えてくださる。



ふむふむ。

ほとんど道なりなんで、迷うことはなさそうだ。φ(.. )


でも、唯一心配なのは入川口 ((゜m゜;)


なんでも、むちゃくちゃわかりずらいらしく
鼻歌なんか歌ってると

あっという間に通り過ぎちゃうらしい。
あせる


??

目印になるもの二つ教えていただき

鼻歌を歌いたいのをくっとこらえ(笑)

その場所へGO(σ・∀・)σ



*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆



ふー。
DASH!

迷子にならずにすんだ。≧(´▽`)≦


??

言われた通り、

入川口はとてもわかりにくく







????


場所が穴場すぎなのか、ほぼ貸切。o(^▽^)o


鮎師さんは、遠くにお一人だけ確認できる。

??

??

なんちゅー贅沢なんや。

それに、なんちゅー好きな感じなの。

こんないい場所があったなんて。(〃∇〃)


color="#800080">泳がせ師匠さん、ありがとうございます(。-人-。)

??

??

タナタナがすべてポイントに見えてしまう。

??

こんなに鮎師さんが来なさそうな場所なら、

もしかしてサラ場???( ´艸`)

??




??



大好物な流れ。

トロンと落ちる手前の、肩のあたりに囮を送る。

??

シーン。( ̄ー ̄;

??

水が冷たい。

なかなか掛かりまへん。


いかにもってとこは、やっぱり抜かれてるのかな


それとも、釣りが雑すぎるんかな。( ̄ー ̄;

??

color="#000000">最近、釣りが雑ってよく思う。(・・。)ゞ



自分の竿操作とかは、

人にじっくりみてもらう事がほとんどないため

どこを修正したらいいか、全く分からいけど

わからないなりに、どうにかこうにか工夫してきたつもり


どんなにやっても、うんともすんとも言わない時は

仕掛けとか針とかも変えてみたりする

??

それでも、うんともすんとも言わない時は。

??

場所を変える。
DASH!

??

それが一番早いかもしれないんだけど

今の釣り方が

ここにいる鮎に対して合っていないかもしれない とか

??

角度、手の乗せ方、力のぬき方、糸の張り具合

そのどれかをちょっと変えてみるって事を

疎かにしてるなぁ??って思う事が多々ある。(/ω\)

??

鮎釣りはじめた3年目くらいは

この辺りをかなり意識して

color="#000000">ヘタなりに色々やって今の釣りスタイルになったと思うのだけど

??

今は、何かを意識して

もっともっと!って、思ったりしなくなったかも…

??

??

色々ブツブツ呟く。


??

ま、こんな独り言呟く時間が、

結構好きだったりするんだけどねっ≧(´▽`)≦

??

??

そういう時に、電話がなる
ビックリマーク

親からだ ( ̄▽+ ̄*)

??

今、出ておかないと

後から、電話に出るまでかかってくるので、とりあえず出る
あせる

??

??

片手でスマホを握り

片手で竿を持ちながらの、ゆるい釣り

??

何事かと思ったけど

なんて事はない、ただの世間話 (^▽^;)

??

そして、ありがちなんだけど

話してる時、鮎が掛かる。ヽ(゜◇゜ )ノ

??

??

「ちょ、ちょっと待って。掛かったから、いったん切るわ」

??

ont
color="#ff0000">「かかったって何が。今、電話で話してるやん

誰から電話がかかったんや」

??


受話器越しの母さんのハテナな様子を思い浮かべる  :*:・( ̄∀ ̄)・:*:

??


ごめんよ、母さん。

あとで、出るまでかけていいから(笑)

??




??



うん、サイズはちょうどいい!!

??

そんでもって、上流にまで来る鮎だけあって

尾っぽがきゅっと上がって、いい感じやん。

??

これで入れ掛かりか???っと思ったけど

3匹、追加できただけで、後が続かない。(  ̄っ ̄)

??

いると早いけど、ねちっこくする場所じゃないのかな。

??

てか、なんでさっき掛かったんやろ。

color="#800080">やっぱり力抜いたらいいのかな。

??

こんなに広い瀬の中

歩き回って、4匹しか釣れなかったので

くるっと後ろを振り返った。



上流側は、苦手なトロ瀬だ




????



苦手苦手言ってたらあきませんやろ。(-。??;)

??

そう自分に言い聞かせ

囮をそーっと泳がせる。

??

全然、反応がないため

カニ歩きでズンズン、釣り上がる。


こう見えても、結構深い。

腰くらいまであるので、オモリで沈めてみる。


すこし大きな岩の?? ??に、囮が潜った
音譜

??

ぐぐぐぐーーーー

??

待望の大きなあたりヽ(゜◇゜ )ノ

??

よいしょ




??



飛んできた瞬間から、鮎でない事はわかった。

綺麗な、いいサイズのアマゴだった。(・・。)ゞ


うーん。

嬉しいような、そうでないような。(゛ `-´)/


でも、この時期のアマゴは美味しいって聞いたことがある!!

このプリプリ感、ウマイにきまってる!(・∀・)


そう思って、舟にいれた。
音譜


??

そこからは、このトロ瀬と

下のタナタナを往復し

ポツポツ追加した。


そんでもって、2匹目のアマゴも釣れた。( ̄▽+ ̄*)



ほー

ここは、友釣りでアマゴが釣れるんかい


??

すこし、日が陰ってきた。

ひっそりしすぎて怖いくらいで

t color="#000000"
size="3">最初見かけた鮎師さんは、もういらっしゃらない。



なんだか、ちょっと怖くなってきたので

帰る前に

鮎師さんが竿出されてた、下流まで歩いてみた。









けっこう、ガチャガチャしてる。

??

足場、立ち位置がイマイチ定まらない。

??

またアマゴなら笑うなって思ってるとこへ

また、お母さんから電話
あせる

??

ほれ、かかって来た ( ̄▽+ ̄*)

??

でも、電話してる時は

高確率で掛かる事も確か。

??

手短に済ませよう。

??

??

なんて事のない世間話の続きが始まる
あせる


満足そうな母のマシンガントークが

川に音でいい感じにマッチし、なんだか、心地いい。

??

右耳では母の声が聞こえてるのだけど

左耳では川の音が聞こえ

目では目印をなんとなく、ぼーっと追う

??


不思議な感覚だ。

??


ここで掛かると言うドラマチックな2度目はなく


話が終わる頃、

ちょっと寂しそうな母の声を聞きなが!

color="#000000">尻栓部分をお腹にあて、

竿をしまうような仕草で電話も切る

??

囮を回収しようとした時

ふっと目印が走る。

??

あるあるだけど

差し替えた時に掛かるという感じに似てる。

??


むむっつ

今日イチくらいに重いかも???






??



むちゃくちゃ引いた割には

大きい!って事はなかたけど


体高があって、ヒレも尾っぽも立派な鮎だった。


この鮎であと10分粘ったが

入れかかりタイムとはならず、終了。


昼からやって、鮎12匹とアマゴ2匹
あせる





??



せっかくなんで、

バンガローさんに食べていただこうとアマゴを持ってく。


すると、


そんなのもったいないです

食べてください と言われ


その場でワタをとってくださり

塩焼きしてくださるというので、

お言葉に甘えてしまった(。-人-。)






????



1匹はバンガローの店主さんに。

そして、1匹は私が。


店主さんは、やっぱり鮎と違いますね??って言われていたが

私は味音痴?なのか

その違いがイマイチわからなかった。
あせる


目をつむって

どっちが鮎でどっちがアマゴかって聞かれたら

おそらく、答えられないだろう 
あせる


でも、美味しいって事だけはわかった (・∀・)


やっぱり、釣った魚をすぐにいただくのって、本当に美味しい。



またひとつ、秘密の穴場ポイントが見つかってしまった。


鮎のオフシーズンは、渓流釣りに来てみようかな。( ´艸`)



道具ありませんけど何か???




*コメントたくさん頂いていますが

 必ずお返ししますので、しばしお待ちを。m(u_u)m










t>





いつもポチっと、ありがとうございます (*゜ー゜)ゞ


 ↓      ↓       ↓




??
日本ブログ村 鮎釣りブログへ ??





ちょっと暗い記事が続きますが

この記事で終わります。


次からは、明るい普通の記事が書けるかなと(^_^;)



ブログに向き合うのもしんどくて
この記事を書く事に覚悟というか
かなりのエネルギーが必要でしたが

やっとアップできる気持ちになりました。


この記事を書く事によって
どう思われるかは、みなさんにお任せします。
>

size="3">






JCの決勝を見学し、抽選会にも参加し
なんか切ない気持ちを抱えて、車に乗って
家に帰るまでの道中


板取大会から続く嫌がらせ
白川大会での腫れものを触るような態度、視線
励ましてくれる人や、
離れていく人を観察してきた1ヶ月を振り返ってた

??

もう、業界から消えたら?
表舞台から去って下さい
 と

影で罵られ
川で嫌がらせまで遭って。


言い返せないのは
自分が自分の実力を一番知ってるから。!


size="3">だから、何も言わせないくらいに頑張って
手の甲真っ黒にやいて
膝にアザまでつけて、下見したのに


結果がこうだと、ここまで叩かれる
結果が良くても、なんかしたとさえ言われる。



私の中で、我慢していた感情が吹き出した


もう大会に出なくなったら
このひとたちの思うツボかもしれないけど


思うツボでいいじゃない。


もうあんなところはうんざりだ。
言いたければ、言わせておけ。


size="3">


人の噂して、楽しんで、お酒にネタにするような人たち



あ??気持ち悪う??((゜m゜;)



だから、女の鮎師さんはいなくなるんだ。
あの人もあの人も…。

もう見かけなくなったあの人たちは
今頃、普通に楽しく鮎つりしているだろな。



…てか、今の私、笑ってるだろうか。(ノ_・。)



size="3">全ての人がそうではないと言う事もちろん知っている。


でも、狭い業界なのに、どこに言っても人の噂話。
女の人じゃあるまいし
いい大人が、人の悪口を言って笑っている

そういう人が多すぎて
気持ち悪くなった。


もうやめたら?っていう人も出てこない。
噂は言う人がいないと大きくならないのに、こんなに大きくなる。



あんなに大好きだった、大会観戦も
誰かがいると思うと、ドキドキ動悸がして
車にすら乗れない。(ノ_・。)


これって過呼吸の一歩手前?
叫び

セミファイナルの応援も、中スポ杯も行けなかった。

??
??
いい大人が気持ち悪い
本当に気持ち悪い。


そんな中で、何もなかったようにヘラヘラ笑っていたくない。



…ちょっと過激になりました(^_^;)



トーナメントに出ている方の
ほんの数人だけだけだと思うのですが


その数人の方と同じ舞台で
同じように鮎を追いかけ、
数を競う事に魅力を感じれなくなりました。

r>

size="3">頑張ったとこで、何が待ってるの?

こんな仕打ちを受けるくらいなら、楽しい鮎釣りを選びます。


だから、サブタイトルの
トーナメントへの道のりというタイトルは、外しました。(*゜ー゜*)


それに。


ここ数年
心を開いてなんでも話していた友人でさえ

あゆっぺ、自分は味方だからと言って、
いまも普通にラインしてる人でさえ
先頭になって、悪口を言ってる事まで知ってしまって

本当に人間不信になりました。



t>

size="3">ここ数日はあんなに好きな鮎釣りさえ
少し怖い

川が癒してくれると
時間が解決してくれると人は言うけれど
川に行くと、色々思い出しそうで。


鮎道具をみるのさえ辛く、
鮎釣りをしたいと思えなくなっていた


「こんなんじゃあかん。
 凹んでも、鮎釣りで救われてきたやん。」


そう思って、無理やり川に行こうと思うのだけど
人の視線、言葉が気になって
ここ2ヶ月くらい、一人で川に行けなかったです。


趣味なのに。
川は癒しなのに。


p>

size="3">ずっとずっと
自分の奥にしまっておこうと思っていましたし
ブログでは明るく振舞ってきましたが
本当に終わりにしてほしくて、書いてしまいました。


なぜここまでされるのだろう。

考えて考えて、


「火種は自分自身ではないだろうか」と思うようになりました




私にも非がある。


釣りとはまったく無縁に過ごしていた私が、突如鮎釣りに目覚めた。


友釣り歴2ヶ月の私が

ze="3"> color="#ff0000">「トーナメントへの道のり」というタイトルのブログを書き始めた。


皆、最初は笑っていたでしょう。
あせる

私も当初、ここまでこのブログが読まれるなんて

思ってもいませんでした(^_^;)



師匠も持たず、単独釣行で

ヘタなりに、どんどんチャレンジしていったのですが


初心者という事もあり

川でのマナーやルール意識に欠けていたせいで
大勢の方へ、知らず知らず迷惑をかけてしまったと思います。


どんな時でも人に対して極端に緊張してしまう私は

size="3">きっと不愛想な女であったでしょう (ノ_-。)


ありがとうございます・・・・。

大好きな言葉なのに、


そんな当たり前の言葉でさえ

はっきりと伝えることのできないほど、人が恐い時もあったし


言葉がうまく伝わらず、色々と別の意味で取られ
嫌な思いをさせてしまった方もいらっしゃると思います。



謙虚でない、感謝が足りない

size="3">


きっと、初対面の方は


なんだこいつとか
いい気になりやがって、とか
名前だけ有名で
ブログの中で「川に感謝!」って、よく言うわって

思われてたかもしれません。(ノ_・。)


この場を借りて、私の軽率な言動、行動で迷惑をかけたり、
嫌な思いをした方へお詫びします。


もし、今後、目に余るようなダメな行為があったら
その時は、直接、面と向かって叱ってくださいね。




私の気持ちとは裏腹に、ブログでの「あゆっぺ」は
いつのまにか、私から遠く離れた人のようになっていった。


size="3">楽しい記事を書かなくてはいけない
あの川を紹介しなくてはいけない、
そして何よりも

自分がどれだけ楽しく鮎釣りを楽しんでいるのかを伝えなくては!



そんな使命感に似た気持ちは

自然に人を繋げていきました。


ブログを通して本当にたくさんの方と出会いましたが


極度な苦手相手「人」

その人との縁を、ブログはどんどん加速して繋げていく。


「あゆっぺ」という人物は

size="3">私の苦手分野の対人関係を克服してくれるんちゃう?


そんな淡い期待を持ちながら今に至り…


私自身が、「あゆっぺ」のようになりたいと思って書いてる部分もあるから


きっと、みなさんの中でできてしまった「あゆっぺ」と

実際の私は、ギャップがあった事でしょう。


私はきっとその辺から
人に疎んじられながら

同時に厳しい言葉をいただいてきたに違いないと思うようになりました。


size="3">ここ数年、川で起きた事は
私にとっては、ひとつひとつが大事件だった。


なぜこれほどまでに中傷されなければいけないのか、

唾を顔に吐かれたようなあの言葉を振り返るとゾッとする


そこまで私は憎まれていたの?・・・。


でも


火種は私自身かもしれない。

それは深く反省し、これからも気を付けていきたいです。




*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○??
??/font>

size="3">


むっちゃ暗くなりました 
あせる


これからは
初めて、このブログを書いた時の気持ちのように
純粋に鮎釣りの楽しさを伝えていけばいいかなと思います(*゜ー゜*)


大会は、メジャー大会は当分お休みします。



和気あいあいなイベントとかは

景品目当て?で、出ようかなと (*´艸`*)


大会のあの独特な緊張感は好きなので


本当に楽しめる大会だけに絞って出ると思うし

出たら出たで、ちょっと必死になっちゃうかもだし(爆)


size="3">応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。m(_ _ )m


色々、アドバイスくださった先輩方、

期待にお答えできず、申し訳ございません。


こんな形になりましたが

誰よりも楽しい鮎釣りは、誰よりも自信あります(゛ `-´)/


不定期更新かもしれないけど
誰にも負けないくらい、楽しい鮎釣りを記事にしたいなと。


色々と言ってくる人が

羨ましくなるくらい、楽しんでやるо(ж>▽<)y ☆




最後?? k

size="3">

人の名前を使って
自分の名前でコメントできないような、小さい人へ
そして、一部の嫌がらせをしてくる方へ
フェイスブックでいいねを取り消すように、言い回ってる暇な方へ。

名のある方まで格好悪いですよ


全部わかってますから。


その行為はパワハラ、モラハラ

人権侵害・名誉棄損の何物でもありません。



さらし者にするつもりはないと言うなら

釣り人を守る先輩方であっていてください。


鮎釣り人口を増やしたいのか

鮎釣り人口を減らしたいのかどちらなのでしょう!
か。

size="3">


たくましくもなりましたが

生身の人間です。


その事で傷つくし

その事で生活や仕事まで支障をきたす事だってあるのです。


そのうち、面と向かってお話しましょう(爆)

??

本当に目に余るような行為があった場合だけ

その時は、面と向かってちゃんと諭してくださいm(_ _)m









あれから、何箇所か癒しの釣行しましたので

すこしずつ、アップしていきたいと思います。



暗い記事にお付き合いくださって

ありがとうございした。

途中、過激な発言がありました事を、お詫びします。m(_ _)m






















いつもポチっと、ありがとうございます (*゜ー゜)ゞ


 ↓      ↓       ↓




??
日本ブログ村 鮎釣りブログへ??




全国的に

ブロック大会や、セミファイナルなどが行われてる真っ只中

いつの記事やねんって感じかもしれませんね。






受付。


誰も話してくれない感覚

背中で、ヒソヒソ、色々言われていることを感じながら

競技説明をきく。


今大会はAとBにブロック分けわれ

私は、川見の時、まったく見てなかったBになってしまった。


それも187
あせる


後ろから数えたほうが早い番号


ずっと、くじ運は悪いな。


ここ数年、上流エリアばかりで、

いつも同じ場所に入っていたけど

この日は、その場所も既に先客がいて

どこに入ろうか、本当に悩んでしまった。
DASH!


結局、降り口がわかった場所が一箇所あったので

そこから竿をだしたのだけど、ウグイが釣れただけ。(´д`lll)


ものすごく釣り難く、水量も結構あって

そっこー囮を弱らせそうだった。


開始30分で竿をいったん仕舞い

10分ほど歩いて、空いてる場所に入って竿を出した。


この時も

遠くから監視がついた。

数人が双眼鏡で監視している。

size="3">ある人は、囮配布の時から後ろをついてこられて

その人は、対岸側でずっとこちらを見ていた。


何かやるのではないか

白川大会でルールが変わったのは

私のせいだとさえ言われた


そんな事を言わせないために

大会前日、わざわざ宮川まで行ってきたのに。


結局、信用されていないのだ。


板取大会で何もなかったと

主催差側もその事実を認め、除名もされず

こうやって堂々と出ているのに。


ont>

size="3">大会で何かいわれたり、疑われたのは

今に始まったわけではないけれど

ここまでされると、情けなくなる。


屈辱的というよりは

もう、どうでもいいやって気持ちになって

何がなんでも釣らなきゃって思えず

涙ばかりこぼれて、まともに釣りができなかった。



込み3
あせる


最後にしようと思って出た大会で、この成績って

ある意味、諦めがつくかな。













ひとり、抜け殻のように

決勝をみていた。


シマノジャパンカップに出続けて5年


最初の大会は、まだ鮎釣り歴1年もなっていなくて

わけのわからない時だった


2010年に鮎釣りを2ヶ月だけ経験した私は

2011年に愛知に引越してきて、単独釣行をはじめた


初めてのメジャー大会がジャパンカップだった。


そして、その記念すべき初めての大会が白川大会だった。

nt size="3">

size="3">


途中、しんどくて

もう大会を出るのをやめようと

何度も何度も思ったけど

この大会だけは出続けた。


それだけ思い入れのある大会だし

出ないのは、自分の5年間を否定する気がしたからだ。


1回目の大会では、込み7まで行ってたのに、

鮎逃亡と、検量前に舟をひっくり返し、込み2で撃沈
叫び


2回目の大会は、試合中に、開始40分で穂先を折って
あせる

折れた部分を、したの太い部分に突っ込み

クシャクシャになった天井糸を再利用し

超??硬い竿で頑張るが、やはり撃沈 
叫び


3回目の大会は、初めて釣果ありで、込み5

この時の大会は、ボーダー6だったため、あと1匹に泣いた。(ノ_・。)


4回目の大会は、それなりに頑張って込み8という好成績
目

でも、ボーダー10だったため、まだまだだなーと思ったけど

念願のレディース賞をGETでき
音譜


去年の大会でやっとこさ、予選突破した思い入れのある大会。


正直、去年から、JCもやめようかと真剣に思った。


色々言われたり、影で書かれたのは初めてじゃない。

でも、なぜ、ここまで言われなきゃいけないのか

本当に不思議だった。


そして、言う人たちは

決して、私に直接いわない。


噂を広げて、悪いイメージを他の人に言い回って

size="3">大会やイベントで孤立させようとする。


現に、その噂を聞いた人が

さーっと距離を置くのがよくわかった

だから、去年の末に少し意味深な記事になってしまった。


なぜここまでされるのか。



私がブログをしているからなら

大会の記事を書いてるからなら


どっちかをやめたらいいのだ。


大会?

ブログ?


size="3">そして鮎釣りも?


何回も考えたけど

鮎釣りは趣味だし、やめる必要はない。


鮎釣りを楽しくしたいなら

大会をやめる事だ、と思うようになってました。


ムキになって、出続ける事は

面と向かっては言えない人たちに対して

私は堂々としてるって意思表示だったけど


でも、それがなんになる?って


ちっとも大会を楽しんでいない、自分は冷めていたのも確か

!
size="3">

その人達に対し

私は堂々としてますよって見せたいだけの大会だなんて。


皆の見てる前で

むちゃくちゃ、釣れたらよかったのだけど

釣れなかったら、


「ほらね、やっぱりね」

「しょせん、そんなもん」とも思われ


私はいつしか、笑うことも

愛想笑いもできなくなってしまった。


大会に出始めた頃の

!

color="#0000ff">「普段の釣りを楽しくしたい=上手くなりたい」
と言う目的から、今は随分変わっている。


頑張れば頑張るほど
楽しい釣りから離れて行く。


??今年はJCだけに焦点を絞ってでたけど
続けてみよう!って気分にもはならなかった。
このの白川のJCを機に、

メジャー大会はやめ!


やっと踏ん切りがついた。






このページのトップヘ