魚釣りdiary



いつもポチっと、ありがとうございます (*゜ー゜)ゞ


 ↓      ↓       ↓





日本ブログ村 鮎釣りブログへ





付知解禁から1週間後の日曜は

レディース大会の日でもあった。


今年は思うことがあって、エントリーしなかったんだけど

まめちゃんが出ると言うんで、応援がてら付知へ向かった。



さすがに大会会場へ着くと

なんで出なかったの?って、色んな方から聞かれたりして


ちょっとその場から離れたくなり


橋の上からまめちゃんにエールを送り


大会が終わるまで、他のポイントで時間を潰そうと思った。







は??(〃∇〃)


相変わらず、綺麗だこと。

この景色をぼーっとみてるだけでいいや!って思えてくる。









まだ着替えてなかったので

サンダルだけ脱ぎ

石に座り、足をダランと水に浸ける



ぼーっとしてるだけでいいや!って思っていたけど


鮎師さんたちが

しゃがんで鮎にハナカン通したりしているのを見てると


やっぱり、「鮎と戯れたい!」って思ってしまう










あと3時間くらいで大会は終わりそうだったんで

その間、ちょこっとやってみよう (・∀・)


そう思って、着替え

準備し、張り切って川に立ったのだけど…



渋い渋いって言われているこの時期の付知


渋いから釣れないのか

私がよう釣らんのか


まったく、釣れないY(>_<、)Y



1時間やって、なんとボーズ!!!??ヾ( ̄0 ̄;ノ



これではいかん!と思い

いつものあゆっぺポイントへ向かうも






日曜なのに、いつもの常連さんもいない( ̄□ ̄;)!!


嫌な予感
あせる


1週間前より、だいぶ水量も減ってるし

色もちょっと悪い気がする。



この前よく掛かった、鉄板のヘチを狙ってもピリっともせず








まめちゃんがプチ入れ掛かりした、瀬をやっても

うんともすんとも反応なし \(゜□゜)/


なんと、ここでも2時間ボーズ ??ヾ( ̄0 ̄;ノ



今日、レディース大会、厳しいやろな…って思いながら

大会会場へと向かった。



会場だったポイントへ向かうと

まめちゃんがてっちゃんと川に立っていて







えとちゃんが満面の笑みで、迎えてくれて

ちょうど今から釣りをするところだった。


聞くところによると


1位、2位の方は、なんと込み12匹の好釣果((((((ノ゜??゜)ノ

3位の方も、込み11匹、接戦だった。



えとちゃんのお弟子?さんの高校生の子は初参戦で

しかも鮎釣りも始めたばかり。

付知の解禁の時に、形にしないと!って、

えとちゃんが特訓していたくらいだったのに


なんと9匹釣って、堂々の6位入賞だとか
クラッカー


そりゃあ、えとちゃん嬉しいはずだわ??と


見ていなかったけど、結果に興奮してしまった。



今日の付知だったら、私はよう釣らんかったと思うので

本当に、この釣果にはびっくりした。




3時間ボーズを食らってる私
あせる


入賞された方の好効果に触発され

よく釣れたという大会エリアの空いてるところで、竿を出してみる。









…  …( ̄ー ̄)


つ、釣れないんですけど…( ̄ー ̄)



あ、鮎って、どうやって釣るんでしたってけ…。((((((ノ゜??゜)ノ



途方に暮れそうになった時に

やっとこさ、待望の1匹が掛かるも

その後続かず、1時間で3匹しか釣れなかった( ̄▽+ ̄*)



今日は、ツぬけも、させてもらえませんかの??。(´д`lll)



そんな、私の背中が、よほど哀愁漂っていたのか

後ろから声をかけてくださった鮎師さんが

どんどん、私に向かってこちらに来られて


「オヤ、使ってください」と、私のタモに

ピチピチのオヤを、数匹入れてくださったのだ(T_T)



「いいんですか\(゜□゜)/」 と私


「はい、解禁でたくさん釣ったので…」 と、YASさん(優しい鮎師さんの略、DAIGO風)


「全然、釣れなくてトホホでした」


color="#0000ff">「今日は、さっぱりですから、もう帰ります」


さっぱりって言っても、結構、舟に入ってるいるそうだけど


「あの…いつもは、どこで釣られるんですか?」


「いつもは郡上が多いんですけど…

あ、そうそう。

板取、あゆっぺさんのブログで見て行きたいなとずっと思ってました。

どこがいいですか?」


「あ、去年、サルと会った場所ち
??K

color="#ff0000">よく行った場所は、○○ってポイントです。

バンガローさんで一度聞いてみてください!

川もむちゃくちゃ綺麗だし、鮎もきれいなんで

きっと、お気に入りの場所になると思います!」


「ありがとうございます!

本当にいつも写真が綺麗で気になってました!

今年は、是非、行ってみようと思います(・∀・)」



そんな会話をして、その名前もわからないYASさんは

爽やかに去っていった・°・(ノД`)・°・


color="#800080">


この囮で循環が始まるかな?



そう思うとワクワクしてきた。



せっかくだから、場所も変えよう!(`・ω・´)ゞ




この日は、水深のあるところがピンポイントに釣れていた。


ちょっと下っていくと、水深があって

流れがぶち当たって渦になってるポイントが、ポカンと空いていた。







こんないい場所で

こんないい囮で釣れないなら

修行しなおしじゃ!(゛ `-´)/



そう自分に言い聞かせ

ピチピチの囮にハナカンを通す。


なんて事はない。


出し掛かりっていうの?

すぐに1匹目が掛かった (・∀・)




color="#800080">やっぱり、囮と場所って大事やなぁ


わかりきっていた事を、再確認する。



さっきまでののは、なんだったん?


そう思えるくらい、順調に掛かる。


入れ掛かりって感じではないけど

こんなに掛かる事が嬉しいなんて



数時間前まで

泣きそうだったのに

この数分の出来事で、帳消しになってるんだもん。


鮎釣りってマジックやな


てか、自分って単純やなー(*v.v)。







目印が見えなくなるまで、夢中に釣り

竿を収めた








あの親切な鮎師さんの囮から循環が始まった


あの囮がなかったら

今日の釣果も

この充実した気持ちも味わえなかっただろう。





そんな事を思いながら

眠い目をこすって、ハンドルを握る。


途中、あまりにも眠いので

仮眠のつもりで横になったのだけど

本気で寝てしまい\(゜□゜)/


家に着いたのは10時だった( ̄□ ̄;)





名もわからない鮎師さん

大事な鮎を分けてくださって、ありがとうございますm(_ _)m


板取でお会いできたらいいですね。




その時は、私が「オヤありますか?」って、言いたいな。 о(С
????▽<)y





















いつもポチっと、ありがとうございます (*゜ー゜)ゞ


 ↓      ↓       ↓





日本ブログ村 鮎釣りブログへ






フェイスブックなどで

有田の解禁情報を

他人事のように読んでいた私。


いつも解禁は付知って決めてるし

解禁3日目くらいの平日って、今年も思っていた。


付知の解禁は5月14日の土曜だった。


3河川同時解禁とあって、いつもより空いていたようだけど

銀座には、夜中でもまるで昼のように明るかったという。




この時期にしては型のいい鮎がたくさん釣れたとの情報が

あちこちで聞こえる


あえて、耳を塞ごうとしたけど


1年ぶりの鮎友からのラインに胸が高鳴る



「久しぶり、あゆっぺ!

color="#800080"> 明日の日曜、付知行くんだ。

color="#800080"> あゆっぺも来てる?」


まめちゃんからのラインだった。


まめちゃんとは1年に数回、釣行した事がある。

解禁とレディース大会の時くらいだけど。


付知の解禁は2回、一緒に竿を出した。


去年は、まめちゃんが忙しくて

レディースに出れなくて

中央で会ったきりだったので、実に1年ぶりの再会だ。


この機会を逃したら

まめちゃんに、1年会えないかもしれない。


そんでもって、月曜に今年の初釣行を予定したけど

天気予報では雨だという。



これは、行かなあきまへんな


そう思ったら、居てもたってもいられなくなった。


なんも用意してなかったけど

仕掛けは、1年分くらい作ってある。


p>ベストの中を整理し

>真夜中の指差し確認をし

早めに寝た



*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆



朝、6時


今年から何故か師匠になって特訓したると意気込んてる、Oさんから

「今どこらへん?」って、連絡が入って飛び起きた


「今から出るとこでやんす

現地に付くのは、8時くらいかも!」っていうと


「重役出勤ですな」と言われ、慌てて車を走らせる。







原満さんで、日釣り券を買い

目の前の淵がどんな感じなのか、ちょっくら拝見
音譜







相変わらず、ここっていいポイントだな。


お?

あのお方は?







セシリアさん!


セシリアさんも、レディース大会か上州屋の大会くらいしか会わないから

ちょこっと話したかったけど


後ろ姿に、「よ、女前!」っと軽くエールを送った。







そのすぐ下流は、こんな風に混み合っていて

解禁だなーって、実感が沸いてきたのだった(・∀・)








Oさんと、Hさんとの待ち合わせ場所は、道の駅だったんで

通り道である島田橋で、一旦ストップ


この光景も、解禁ならでわですね
音譜







水が高いって聞いていたけど

平水に戻りつつある。


残り垢でらいやで!って、前日、行った人に釘刺されたけど

ちょっと白っぽい気がするような、そんな感じの川の色



私の苦手な、残り垢ねらいですかぁ!!!



心の中で不安の雄叫びをあげ

待ち合わせ場所へGO (σ・∀・)σ


Oさんも、Hさんも

昨日、釣った場所は動けなくて、面白くなかったと言う。


あまり釣れんでも、人の少ないとこがいいというんで


あそこしかない!って思って

いつものポイントへ、私がナビした。









ほら


ほらほらほら








囮缶が沈めてあるだけで

向こうの方に、数人鮎師さんがいるだけで


ここは、いつ来ても貸切き状態




釣れるかは別として… ヾ( ´ー`)








しかしまあ、綺麗だこと。(〃∇〃)


あの奥の色の濃いとこが釣りたくなったんで

竿を伸ばし、仕掛けを穂先につけた。


曳舟の紐を腰につけ

川の真ん中までズンズン進む。


水が綺麗だから、勘違いするけど

こう見えて結構深かったりする。






腰の位置まで水が来て

ドライだけど、ひんやりした。


残り垢って

あの、奥の色の濃くなってるとこやんな。( ̄ー ̄)



一昨年

残り垢って言葉は知っていても

どこ狙うん?って、わかっていない事を分かってしまって

むちゃくちゃ悩んで


しらっかわの郡上で、何度も何度も練習したっけ。


今も分かっているとは言えないと思うけど

なんとなくあの辺な気がするなーってところへ

そーっと囮を誘導させる。




シーン


color="#800080">( ̄ー ̄)


嫌な予感がする


(・_・ 三・_・)


あかんあかん


囮に自分の意思をい押し付けるんじゃなくて

自由に行ってもらえるように、サポートするくらいの操作をしなくちゃ。




そして、開始数分


目印がギュギュって、走る。ヽ(゜◇゜ )ノ


一気に頭が真っ白になった。ヽ(゜◇゜ )ノ


取り込みは相変わらず、下手っぴだけど

へんてこ取り込みでいいから、

記念すべき1匹目を何がなんでも回収したい。( ̄ー☆




color="#800080">よいしょ!


流れが強くなかったせいもあって

スムーズに鮎がタモに収まってくれた。







おおおお



解禁から、こんないい型の

追い星くっきりの鮎に出会えるなんて!



初鮎との感激のご対面を果たしたあとは

スリスリしたい衝動をくっとこらえ、囮を送った。


入れかかりタイムに突入するかも!という、期待感で

竿を持つ手もプルプル震えてきた。



すると、同じ様な場所で4連チャン、パタパタっと掛かり

ぴたっととまる。( ̄∇ ̄+)







少し下流へ横歩きすると

こんな風になっていて

この下は急な段々瀬になってる。


岩のきわきわと、その奥が黒い


真ん中は、かなり深そうなんで

黄色い大きな石の上にのって

ズームを伸ばし、竿を85にして、

仕掛けもちょい長めにして、泳がせてみた。



キュイーン
音譜


竿は弧を描くように、曲がり

思い切り、のされそうになるけど

お腹で固定するようにぐっと、耐える。(゛ `-´)/


問題はここからだ。


あの下は、キツイ段々瀬

落ちたら、取り込めないだろう。

鮎とのやり取りに時間かかりすぎても

身切れするだろうし


この体制で、えらいこっちゃ\(^_^)/


どうにかこうにか、やっとの思いで取り込んだ鮎も

color="#000000">綺麗な真っ黄色の鮎で写真に収めたかったが

この体制では、流石にアイフォンをポケットから出せない。


すかさず、すぐに送り出す。


こんな感じで、9時から始めて

1時間くらいでなんとかツ抜け


この調子やったら、帰る頃は曳舟満タン??( ´艸`)


そう思って場所を移動しようとした時

まめちゃんから、連絡が入る。


一旦、川原に出て

まめちゃんと1年ぶりの再会を果たし

再び川へ。



日も照ってきて >

color="#000000">手は焼けそうなくらい、日差しはあったかいんだけど

どうも、体が冷えてしょうがない。


腰まで入っていた時は

水の冷たさで麻痺していてわからなかったけど


どうも、ボンドで修理したはずのお尻の部分から

水が染みて来ていたらしく


興奮してプルプル震えてると思ったけど

寒さでプルプル震えていたのだったヽ(゜◇゜ )ノ


ウェーダーは持ってきていないんで

これで今日やるしかない。


身体をあっためるために、車で暖房をつけちょっと休??
????笑)


color="#000000">まめちゃんが2時間しか一緒にできないって言うんで

再び川に戻る。


無理して奥まで入ることない、川原でやればいいんだ( ̄ー ̄)


まめちゃんの下に入らせてもらって

ちょっと竿を出すんだけど

竿を持つ手の震えが止まらない(笑)


この微妙なバイブレーション釣法?が良かったのか

ここで3匹追加。


楽しい時間はあっという間にすぎ

まめちゃんが帰る時間になった。






キツイ瀬で、コンスタントに掛けていたまめちゃん。


竿頭ちゃう?って思って、鮎を見せてもらうと


「半分くらいバラしちゃった」と、チョット悔しそう。







立派なアマゴも釣れ

また会おうねって、約束し

大満足な感じで帰っていった。


私は、体の震えがいよいよMAXになってきたので

休憩がてら、

てっちゃん&えとちゃん達のいる田瀬の方に行ってみることにした。



結構上流まで車を走らせ

グルグル回って、いつものてっちゃんポイントでてっちゃんを見つけ

女子高生を指導しているえとちゃんも見つけ


color="#000000">のんびりした時間をすごし


再びあの場所へ。







ちょっと日が陰ってきた頃

Oさんが、私の入ってた場所でプチ入れ掛かりしていた。


もう1回だけ、やってみようとまめちゃんポイントで竿を出してみるが

3匹追加できたのがやっとで

寒さに勝てず、リタイヤ・°・(ノД`)・°・



前半、順調すぎるって思っていたけど

寒いのは、釣りにならないって改めて思った。(ノ◇≦。)


OさんとHさんは、温泉にいくと言うんでここでお別れする。


color="#000000">皆、似たりよったりの釣果だったけど

のんびり、いい釣りができたって言って貰えて嬉しかった。



帰りの車の中

アクセル踏む足が

異常なほど、ガタガタ震えるんで

コンビニであったかいコーヒーを飲んで、暖房つけて運転した。









夕日に染まる付知川を見ながら

今年も始まったんだーって、しみじみ思った。





帰り道


付知峡があまりにも綺麗だったので、途中で車を留め

本日、出番のなかった一眼レフを首にぶら下げ、トコトコ歩く。









もう5年も付知に来ているが

ここを歩いたのは初めてだ。










木漏れ日がやさしい








綺麗…!



しばし言葉を失う。


釣りだけして帰るのではなく

その道中も楽しむ事も、鮎釣りの醍醐味だ。


あまり釣れなかったけど

身体は冷え切っていたけど


一気に温まった気がする。(*゜ー゜*)






さあ


アツイ、シーズンが始まりだ。


いつも、あっという間に終わってしまうんで

今シーズンは

color="#000000">1回1回の釣行を、本当に心から楽しもう!



そう心に言い聞かせ

眠い目をこすり、家路に着いたのでした。




*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆





久々の投稿で

ロングになってしまいましたが


今シーズンも、笑顔で釣りできたらと思います。(*゜ー゜*)


綺麗な川

やさしい囮屋さん

川に凛と立つ、たくさんの鮎師さんの姿

追い星くっきりの鮎を

color="#000000">なるべくたくさん、写真に収めたいと思います。




皆さんにとっても

楽しい濃いシーズンでありますように m(_ _ )m


















いつもポチっと、ありがとうございます (*゜ー゜)ゞ


 ↓      ↓       ↓





日本ブログ村 鮎釣りブログへ







すっかり春ですね??


相変わらずののんびり更新で

イベントで、色んな方から


「いつブログ更新するの?」

「楽しみにしてるよ」


そんなお声をたくさん頂きまして


書きたい気持ちと

書かなきゃいけないような気持ちと

書きたいときに書けばいいやって気持ちがごっちゃになって


なかなか

ブログと向き合えずにいたけれど


この間、冬眠していたようで

ちゃっかり、イベントには出没してました










3月のダイワフィッシングショー


会場が家から10分なんで、行ってきた





Fショーで、気になっていたけど、触れなかった袋タモ


思う存分、触ってきた( ´艸`)


赤がお気に入り









会場も広かったんで

竿も思う存分、ブンブンしたり




4月にはフィッシング遊さんのイベントへ行き
















初日、小沢兄弟さんのトークショーを聞いたあと


お楽しみ抽選会に参加し


珍しく?景品GETできなかったんで


リベンジするがごとく、翌日もフィッシング遊さんへ。





イベントの前に


我が家恒例の、桜と猫の撮影会を決行











天気が悪かったけど

次の週まで桜が持たなさそうだったので

嫌がる猫たちをケージに押し込んで

撮影ポイントをグルグル巡る








片手で抱っこしながらの撮影



動き回る猫の奇跡のショット









桜と猫って合いますな。



ちょっとは、腕があがったかな?と思ってたけど

天気が悪かったら、今のカメラではこれが精一杯







竿より、ウェアーより

カメラが欲しい!って、思ってしまった( ̄▽+ ̄*)




そんなこんなで

急いで、家に戻り

また、フィッシング遊へGO (σ・∀・)σ


余裕だと思ってたけれど

日曜とあってか、道が混んでていて

着いた頃にはトークショーが始まっていた ((((((ノ゜??゜)ノ






ものすごい人でびっくり\(゜□゜)/


抽選会、危うし ((゜m゜;)






村田満さんのトークは、相変わらず面白くて

ずっと笑いっぱなしだった。


前日より人が50人ほど多かったんで

抽選会の倍率も上がってしまったわけだが


ちゃっかり、景品GET
グッド!





あちこちで、鮎まつりがあったり

渓流の釣果報告があったり


予約した竿を取りに行くよという話や

そろそろ仕掛け作りますといった話を聞くと


またこの季節になったのだなーって思う。



私の解禁は、いつも6月なんで

まだ他人事のようだし

いつも、エンジンがかかるのが遅いけど


今年はとにかく楽しく

去年行けなかった川、できなかった事

体験してみたい事、挑戦したい事を

やっていきたいなーと思う。













このページのトップヘ