みなさんこんにちは、こんばんはたまです。
今回はタイトルにあるように
・住み込み温泉旅館バイトに行くまでの経緯、
・住み込みバイトの実態
・思いついたかのような美容コラム~入浴中の乾燥対策編~を少し書きます。
温泉要素がかなり薄れていますがご容赦ください。

というわけで遡ること一カ月…

もうすぐ年末年始か、実家に帰って何をしようかな、とベッドでごろごろしながら考えていた時
ふっとあるアイデアがひらめいた。


 そうだ、鬼怒川にいこう

(例のあのBGM) 

なぜ鬼怒川なのか、それはとあるアニメのとあるキャラクターの影響なのです。(リンクを開いて少しでも興味を持ったら1話だけでも見てほしい)
まあ簡単に言うと推しキャラの名字と一致しているということ。
このアニメは各キャラクターの名字がすべて温泉地の名前からとられているユニークなアニメで、特にお勧めの回は・・・と続けたいところではありますが、全く関係のないジャンルの話になってしまうので泣く泣く割愛します。ちなみに私は3年生コンビの由布院くんと鬼怒川くんが好きです。

ところで、鬼怒川に限らず年末年始を有名観光地で過ごすとなると、財布の中から諭吉さんが何人も羽ばたいていくことになりますよね。でもお金がない!どうしよう!と、なんだかんだまあ、そういうことで温泉地に住み込みでバイトをしようと思い立ったわけです。
そして温泉地に限らず、観光地に住み込みでバイトをすることをリゾートバイト、略してリゾバといいます。 
今回年末年始のリゾバで私は通算2回目のリゾバでした。
1回目は2016年の夏、友人と軽井沢でリゾバをしました。灼熱のコンクリートジャングルTOKYOを離れて朝早起きして涼しい空気の中友人とともに働くのは大変でもありましたが今振り返るといい思い出です。友人もいい思い出にしてくれてるかどうかは謎ですが。
そんな感じで今回のリゾバも結構期待して行ったわけです。
そして、結論から言いましょう。

【栃木県】住み込み温泉旅館バイトは温泉三昧の天国だとおもってた!〜怒涛の年末年始5連勤『鬼怒川温泉』一週間滞在日記Vol.2〜

見事にタイトルを裏切るというね。ごめんなさい。
でもまあつらかったです。ただ、個人差があるとは思いますが私はつらかったです。好奇心で行ってみて2度とやりたくない!とならないためにも是非読んでほしい失敗談です。今現在はリゾバは2度とやりたくありませんが条件によってはちょっと揺らぐくらいリゾバは楽しくもなるのでそこは念頭に置いておいてください。

まずはじめに
ここがダメだった今回の仕事選びの基準
これが滞在先でのすべてを左右します。今回はここで失敗しました。
・休みはどれくらいもらえるか聞いておくべきだった
・そもそも年末年始の旅館の忙しさをなめていた 
・個室かどうかをもっとしっかり確認すべきだった
・どんな部屋かをしっかり聞いておくべきだった




・休みはどれくらいもらえるか聞いておくべきだった

私のリゾバの目的は冒頭にある通りお金稼ぎではなく、観光目的だった。まずこれがいけなかったんですね。
・個室かどうか
・場所は鬼怒川限定
・温泉があるかどうか
・時給は問わない
こんな条件でお仕事を派遣会社さんに見つけてもらいました。
そして、前回2週間は軽井沢に観光目的で滞在し4日間お休みを貰い友人といろんなところへ出かけました。 
今回は年末年始を含む1週間滞在しましたが、愚かなことに休みがもらえると思い込んでいたんですね。ところがどっこい、年末年始は1番の書き入れ時。現地の方ですら5連勤を超えている中、派遣ごときが休みをもらえるはずがないんですね・・・。ここは本当に事前にお休みを貰えるかどうか聞いておくべきでした。
今回直接上の方と掛け合って、午後休みを1回だけいただきましたが多分黙っていたら観光どころではなかったでしょう・・・。

・そもそも年末年始の旅館の忙しさをなめていた 
もうこれはこの一言に尽きます。まあ忙しい。お盆の軽井沢の忙しさなんて比ではない。普段、受付のようなアルバイトをしている私にとっては地獄でした。文字通り鬼のような忙しさ。
忙しいと14:30~21:30すぎまで求刑らしい休憩もないときも。ここより忙しい居酒屋さんなんかは山ほどあるかとは思いますが、中高と美術部、茶華道部運動経験ほぼゼロの私が初めて挑むには過酷過ぎました。

・個室かどうかをもっとしっかり確認すべきだった
・どんな部屋かをしっかり聞いておくべきだった
これは派遣会社を通してよかったと思いましたね。最初は旅館の客室を1部屋個室として借りられる(画像は実際の物)と聞いていたのに


現地について通された部屋が!
バン!


ババン!

なんでも客室が空いてないらしく(来る前に行ってくれよそういうのは)こちらの別棟に通されたらしいです。暖房をつけていてもなんか寒い、冷蔵庫にはかびたお漬物?があり・・・あまりにびっくりして悲しくなり派遣会社に連絡をしたところ、相部屋でいいなら、ということで客室に相部屋で滞在することができましたが何とも言えない気分でした。リゾバで怖いのは現地に行くまで実態が分からない、これに尽きると思います。
まずいぞ、ほとんど愚痴しか書いてない、趣旨から外れている。

というわけで逆にここさえ気をつければ、またこういう人ならいいリゾバになるんじゃないかなということも書いておきます。
・稼ぎたい人向け
・車がある人向け
・年末年始GWを外す
・2週間は滞在する
・しつこいほど派遣先の様子を確認する


・稼ぎたい人向け
・車がある人向け
まず、周りに何もないので散財せずに済みます。これは大きい。また場所にもよりますが寮費、光熱費、食費無料なので一人暮らし勢にはありがたい。
そして周りに何もないので移動手段も限られます。バスが1日一本のところとかざらにあります。そういうところで過ごすには車は必須。

 ・年末年始GWを外す
 上記にある通り、まあつらいのが嫌なら避けるべきです。時給は高いけどね。休みなんてありません。

・2週間は滞在する
これも上記にある通りですが2週間以上いれば結構お休みももらえるので観光できます。事前に休みの希望は伝えるべきですね。

・しつこいほど派遣先の様子を確認する
これも(以下略)少なくても1週間~滞在するんですから入念に調べておかないとその期間泣きを見ます。 

リゾバのいい点は何と言ってもお金が浮くことなので終わった日はルンルン気分でかりんとう饅頭を15個買い一人ですべて平らげましたとさ。あれ、メリットほとんど書いてないよ。リゾバ楽しいですよ。説得力がないけど。

かりんとう饅頭美味しいよ。



さてさて、かなり行を消費したので美容コラム?については簡単に 
美容コラム(?)

~入浴中の乾燥対策編~
好評だったら続きます、でも多分これで今回で終わり。
話がかなり変わって私は乾燥肌です。温泉に入っているとどうも肌が突っ張ったり乾燥してお風呂上がりの化粧水乳液をつけてもなんだかイマイチ。
そこで偶然にも新見千昌さんにお話を聞ける機会があったためそのことを相談したところ
乾燥肌の人は入浴前に化粧水をつけるとよい
とのことでした。入浴後にはつけていましたが入浴前につけるのは
目からうろこ(ここまで読んでいただいたのに知ってるわ!ってひとがいたらごめんなさい) でした。
私も最近実践していますがお風呂上がりの肌の突っ張り具合が全然違います。
ぱさぱさすることが減って心なしかお肌ももっちりしたような気がします。
お手持ちの化粧水一本で始められるので入浴中の乾燥にお悩みの方は試してみてくださいね。

談、たま

人気ブログランキング