こんにちは。3期五月祭正責任者の山本です。
昨日に引き続き五月祭の活動報告です。今回は、

  1. 別府温泉地獄めぐりの泥を用いた看板の作成
  2. シロップで使用する大分の特産品視察

の豪華二本立てでお送りします!
本日は温泉の話は少なめ(ほぼない)で、宣伝チックな内容となっておりますが、暖かい目でご覧ください。

なお、この記事は前日に載せました副責任者大矢の記事の続きです。まだ読んでない人は、是非チェックしてから読んでください。

1 泥で看板作り
昨日の記事で紹介した別府訪問では、1日目に「鬼石坊主地獄」さん、2日目に「血の池地獄」さんを訪れ、地獄谷の泥を用いて看板を書き上げました。

beppu01
▲「鬼石坊主地獄」 灰色の泥と吹き出す泥が印象的

beppu02
▲「血の池地獄」 真っ赤な泥を、副責任者がシェイク!

季節外れの冷たい雨風に襲われたり、友人が泥カクテルを作り始めていたりと
、ハチャメチャな現場でしたが、とても楽しく貴重な経験をすることができま
した。

2 特産品視察
友人のコネで連絡を取ることができた(マジ有能!)、大分一村一品様のご紹介で、トキハ百貨店の地下にある特産品コーナーで視察を行いました。
コーナー内ならどの商品でも使えるということで、自由に商品を吟味。さまざまな魅力的な商品に、心奪われます。

また、南光物産のお土産直売所にも訪問させていただきました。

そして、五月祭では次のような商品を取り扱う予定です。視察で取り揃えた選
りすぐりの商品をご覧ください。


beppu07
▲製造元:かぼす本家 「かぼす原液」

beppu05
▲製造元:南光物産 「ざぼん漬けコロ」

beppu09
▲製造元:八鹿酒造 「かぼすリキュール」

beppu10
▲製造元:かぼす本家 「かぼすハチミツ」

二日間にわたりお送りした別府訪問兼小旅行ですが、休息あり、商談ありのメリハリのあるとても良い行程であったと思います。OKRが、五月祭にも真剣に取り組んでいるという魅力的な一面を、それとなく垣間見てくだされば幸いです


というわけで、最後に宣伝です!

明日からスタートする『五月祭』では、『おける亭』という店名で、別府の温泉水と大分県の特産品を用いた、かき氷やドリンクを販売します!そのほかにも、入浴剤ガチャなど楽しい企画を準備して皆様の訪問をお待ちしています!
五月祭に来られる方は、赤門付近に店を構える『おける亭』に足を運んでみて
はいかがでしょうか。



談、山本



人気ブログランキング