こんにちは、3期の菊池です。山梨県にある泉質自慢のディープな温泉を巡る旅、第4湯は「フカサワ温泉」を紹介します。

♨ ♨ ♨

 日が傾き始めるなか、4湯目の「フカサワ温泉」さんを探す一行の目に、カラフルな文字の看板が飛び込んできました。

PC160135
▲外観。ここも駐車場は広々としています。

こちらは現在は姉妹で経営されているそう。 深沢小夜子さんにお話をうかがいます。

──ここの温泉の特徴を教えてください。
泉質は「ナトリウム - 炭酸水素 - 塩化物泉」です。入ると泡がつくお湯ですが、45℃以上あって泡がつくのは珍しいです。近くにある山口温泉も泡がよくつく炭酸泉ですが、あそこは温度が低めですよね。
冬になると山口温泉で「こっちはぬるいからフカサワ温泉に行きなさい」と言われて来たというお客さんもいらっしゃるんですよ(笑)。うちはどちらかというと、冬のほうがいいですね。でも、サッパリ感はあるんですよ。汗をかいた後にサッパリするんです。だから、夏もいいですね。源泉はもう少し熱めで、湯量だけで温度を調整しています。私たちのカンでお湯を出しているんです。

──どんなお客さんがいらっしゃるのですか。
小さい子も来るし、お年寄りも結構来ます。先代が「お年寄りは苦労しているから」と75歳以上の入浴料金を270円にしたんです。大人料金の450円に比べて、破格の安さです。
それから、全国からお客さんがいらっしゃいますよ。北海道や九州からも来ています。東京から「九州の炭酸泉にわざわざ行かなくても、ここで入れるじゃないか」と言われて来たというお客さんもいました。

──いつ頃から温泉をはじめたのですか。
昭和63(1988)年に祖父が温泉を掘削して、平成2(1991)年に今の建物ができました。当初はしいたけハウスの中だったので、簡易風呂を置いて無料で入ってもらっていました。それでもクチコミで結構お客さんが集まってきて、「しいたけ湯」なんて言われていたんですよ。それで、建物を建てて温泉をして営業するようになりました。
整形外科の先生が勧めているみたいで、リハビリにといらっしゃる人も多いです。皮膚に効くとも言われていて、父も「肌のキメが整う」なんて言っていました。昔、アトピーの子どもが東京から毎週通っていました。来られないときは、山梨に住む親戚がお湯をボトルに詰めて持っていきました。「これからは小学校に入るので来られなくなります」と最後に来たときは、すっかりアトピーが治っていました。

──お客さんの声があってこそ続けられているのですね。
私たちは元々他の仕事をしていました。でも、温泉を始めて7年で父が亡くなってしまいました。父は私たちにやれとは言わなかったけれど、お客さんが続けてほしいと言っていたのできょうだいでやることにしたのです。お客さんを相手に仕事をするなんて、考えてもいませんでした。
今では野菜の差し入れを持ってきてくれるお客さんもいます。うちは小さい温泉ですが、常連さんが多いのでなんとかやっています。中には、週6日うちに通っているから家のお風呂が錆びついているなんて人もいるほどです。木曜日は定休日で、その日だけ他の温泉に行っているようです。

──フカサワ温泉に来るお客さんにメッセージをお願いします。
山梨はけっこう温泉天国なんですよ。転勤で山梨に来た人も驚くほどです。何年か前に愛知県から転勤で来たお客さんも、いろいろとまわってこの温泉を気に入ってくれて、今はまた戻ってしまいましたが文通は続けています。常連さんはお風呂の中で「次はどこの温泉に行こうか」なんて話しているみたいですね。お客さんには、色々なところを試してみていただきたいです。

PC161039
▲お話をうかがう前代表

 地元の方を中心として全国的な人気がうかがえるエピソードを聴き、期待を高めながら浴場へ。中は小さなあつめの浴槽と大きなぬるめの浴槽とがあり、濃い茶色のモール泉がかけ流されています。露天風呂もありました。
IMG_0293
▲紅茶色の新鮮なお湯がかけ流されている(提供:フカサワ温泉)


 入ってみるととろみがあり、そして何と言っても細かい泡が肌にびっしりとつきます。気持ち良い感覚です。近くにある泡つきの良さで有名な山口温泉や韮崎旭温泉にも訪れましたが、それよりも高温でこれだけの泡つきがあるのはすごいことですね。
 一行が極上のお湯にとろけている間にも、地元の方が入れ替わり立ち替わり入ってこられます。こんな良いお湯に気軽に入れるなんて、羨ましいなぁ、甲府


「フカサワ温泉」の基本情報
・入浴料金 一般450円、子供230円、75歳以上270円
・営業時間 9時~22時
・定休日  木曜日
・電話番号 055-275-5361
・アクセス 甲府駅から車で約20分

談、菊池

山梨県・甲府周辺のディープな温泉巡り!他の温泉の紹介記事はこちら
まとめ「【東大温泉サークル一押しVol.2】山梨県の温泉は鮮度が命!おすすめ極上の温泉」
第1湯「国母温泉」
第2湯「玉川温泉」
第3湯「新遊亀温泉」
第5湯「竜王ラドン温泉」




人気ブログランキング