ナガマツが日本勢初のV2 バドミントン世界選手権


【バーゼル(スイス)=共同】バドミントンの世界選手権最終日は25日、スイスのバーゼルで各種目の決勝が行われ、昨年と同じ顔合わせの女子ダブルスは第1シードの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が第2シードの福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)に2-1で勝ち、全種目を通じて日本勢初の2連覇を達成した。福島、広田組は3年連続の準優勝。

1