東大漕艇部コーチブログ -共に闘い、共に創る-

東京大学運動会漕艇部の学生コーチが、その活動を綴る。

こんにちは。田畑です。

自分のモーションとの兼ね合いで更新が遅くなってしまいましたが、一昨日シングルスカル合宿の締めくくりとなる6000mTTがありました。
DSC_0096
実施した組によってコンディションが異なり、思うようなタイムを出すことができなかった人もいましたが、まずは無事に終えられてよかったという気持ちです。
DSC_0106
今年はシングルスカルの数に対して新人の部員数が多く、1杯の船を数人で使用するという形式で練習を執り行ったため、シングルスカルを漕ぐ回数は十分に取れませんでしたが、一回の練習で人よりも多く漕いでやるといった姿勢や、新人同士でアドバイスし合ったりする空気ができてきて、例年と比べてもかなりの好タイムを出してくれました。
DSC_0130
ここで一息付けたいところですが、すでにあと3週間に迫った東日本新人に向けて、すでに昨日からエイトでの練習が始まっています。こちらの様子も追って報告していきたいと思います。

まずは2週間お疲れさまでした!
DSC_0135
新人チーフトレーナー
田畑和樹



こんばんは。田畑です。

週末に台風が来るそうで少し心配ですが、新人のみんなは元気に漕いでいます。
少しずつシングルスカルにも慣れてきて、漕ぎの改善に取り組む余裕も生まれ始めているようです。

さて、ボートを上手くなるためにはコーチに言われたことを実行することももちろん重要ですが、自分自身で研究することもまた大切な要素です。

研究と一口にいっても手法は様々で、例えばボートに関する本や記事、ブログを読み漁ることもそうですし、自らの練習の動画を見ることもそうですが、僕自身は最近静止画を見ることが多いです。

動画では動きが流れているので意外と把握しにくいですが、静止画になると体の使い方や力のかかり具合、わずかな動きのズレまで事細かに見て取れます。

新人選手にも研究の一手段として、静止画をチェックする習慣を持ってくれればと思います。という訳で、研究素材としてスカル合宿中に撮った写真をいくつか、、、
(全員分ないです、ごめんなさい汗)

DSC_0071
DSC_0055
DSC_0050
DSC_0046
DSC_0041
DSC_0037
DSC_0035
DSC_0029
DSC_0023
DSC_0018
DSC_0011
DSC_0005
DSC_0001

なかなかいい漕ぎしています。
頼もしくなってきました。

新人チーフトレーナー
田畑和樹
DSC_0013


こんばんは。田畑です。

昨日、今日と、OX盾エイトに参加していた4名を除く新人全員がシングルスカルデビューを果たしました(OX盾の4名は来週から合宿に参加します)。
IMG_4917

もちろん毎年恒例ですが、沈も続発です(事故には至ってないので、ご安心ください)。
IMG_4916

まだたどたどしい漕ぎっぷりですが、乗艇を重ねるごとにメキメキと上達しています。

シングルスカルはボートで唯一の個人種目ですので、自分の漕ぎが良くも悪くもダイレクトに艇の動きとなって現れます。

慣れてきたら色々と試行錯誤しながら、いかに艇を速く効率的に進められるかを、”自分で考えながら”練習に取り組んでいって欲しいところです。

新人チーフトレーナー
田畑和樹

↑このページのトップヘ