東大漕艇部コーチブログ -共に闘い、共に創る-

東京大学運動会漕艇部の学生コーチが、その活動を綴る。

こんにちは。トレーナーの田口です。

ご存知の通り、新人は8/9(水)の浅野杯を無事終了させました。結果は東大ボート部HPをご覧ください。ここでは簡単にレース展開のご説明をいたします。

まず、ダブルについて
全クルーが浅野杯合宿で初めてダブルを漕ぎ始め、練習当初は毎出艇でどれかが沈するというなかなかハラハラする状態でした。しかし、対校学生コーチの関口や松垣さんをはじめとするOBの先輩方に一人一杯付きっ切りで指導していただき、なんとかまともに漕げるようになりました。
レース展開としては、500mまでは全艇横並び、600mあたりでPROMETHEUS(海洋大学様から借艇)がブイパコして減速、2Qあたりからergo値で少し負けている翡翠もバテ始め、烏騅がトップに飛び出す展開でした。
烏騅はお世辞にもうまい漕ぎではありませんでしたが、レース中も積極的に声出してコミュニケーションを取り、なんとかして相手の船を離そうという気概がとても伝わってきました。優勝した三浦・浅山は8/14(月)から再び艇庫入りしてOX盾レガッタに出場します。

IMG_1904

そしてクォド
こちらもデッドヒートを繰り広げてくれました。700mまではほぼ1艇身以内の横並びでしたが、残念ながら6レーン祥雲はおそらく藻が引っかかり700m以降大減速してしまいました(インカレ大丈夫でしょうか・・・)。ほかの4艇に関しては、じわじわと柏葉が頭を取り始め、東雲・SEI-1・彩雲のアタックを躱してゴール。
レース中常に横に船が並んでいるという特別な緊張感の中、自分たちのリズムを見失わずに淡々と漕げた柏葉クルーはさすがでした。大差が開くことの多い浅野杯において、このように競ったレースを経験できたことは大きな財産になったのではないかと思います。

IMG_1901


また、私事ですが浅野杯を区切りに僕は新人チーフトレーナーの任を退き、インカレ終了後からは同期の田畑(現対校学生コーチ)に引き継ぐことになりました。今後も(頻度は落ちてしまいますが)引き続き関わらせていただこうと思うので、よろしくお願いいたします。

浅野杯合宿中、日に日に漕技が向上していき、そしてその結果ユニフォーミティーや艇速が伸びる過程を存分に楽しんでいる様子を見て、非常に頼もしく思いました。これからは、もっと自分の頭で考えて最適解を探しに行かなければなりません。いろいろなOBの方の指導を頂いた新人は、その蓄積をどのように使えるかがカギとなります。ただ教えられたとおりにやるのではなく、自分たちで勝てる漕ぎを作って欲しいと強く期待します。

ほぼ毎週更新していたブログ新人トレーニング編もこれで一区切りとなります。
ボートに限らずですが、大学スポーツにおいて各方面(OB,保護者,etc.)からの注目がなくなるというのは、そのチームが死に近づいていることに等しいと思います。厳しい目で、温かい目で、「見てるぞ」というのが選手に伝わってこそ一体となったチーム東大ができると思いますし、新人トレーナーとしてそういう媒体を提供できればと願い続けてきました。
どれだけの方が読んでくださっていたのかは知る術ありませんが、このブログを通じて少しでも今年の新人チームに関心を持っていただけたのであれば嬉しいです。ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
IMG_1898


H25入学
田口航太郎



こんばんは。トレーナーの田口です。

浅野杯合宿も折り返しを通過し、残すところあと5日となりました。長いようで一瞬ですぎるので、一つ一つのモーションの意義を高めていって欲しいところでです。

今回は、浅野杯出漕クルーのクォド部門について、写真とともにクルー紹介(という名の下馬評)をご紹介します。僕は毎練習モーターに乗ってるので、簡単なみどころも。

祥雲 (#C浅尾 #S志賀 #3山崎 #2三本松 #B竹熊)
DSC_0421
組んだ当初は最も遅かったこのクルー、漕ぎ自体はそれほど壊滅的ではないのになぜか船が動かない。しかしあるモーションで遂に「力こそパワー」という真理に到達。何を言ってるのかは良く分からないが、それ以降は脚の潰しを全員で揃えてグイグイ船を進めるようになった。見所は、#B竹熊をはじめとして全体的に絶叫するところ。


彩雲 (#C岩崎 #S野村 #3李 #2笹野 #B八島)
DSC_0434
整調に浜松北出身の経験者野村を擁する彩雲は、素直な船の進み方が特徴的で、対校の学生コーチも感心していたほど。ただいかんせんパワー不足感は否めないので、レースでどれだけcrazyになれるかどうかが勝負の分かれ目か。見所は、ブレード水中固定して船を"運んでいる"ような動き。

東雲 (#C田畑 #S野田 #3山田 #2副島 #B堀江)
DSC_0531
彩雲とはある意味で対極にある東雲クルー。ミドルペアの身長・パワーは新人随一だが、問題はいかにそれをユニフォーミティー意識しながら船の動きに活かせるか。整調のリズムとバウの声掛けを起爆剤として、大幅な躍進が期待できる。見所は、ユニフォーミティーがどこまで保てるか。

SEI-1 (#C石井 #S向井 #3伏木 #2田上 #B外山)
DSC_0526
整調のフィニッシュレンジに後ろ3人がついてこられずリズムが崩れるという問題を克服しつつあるSEI-1クルー。フィニッシュが揃ってきたら一気に艇速を伸ばしてきたダークホース的存在。レースまでにどこまでその完成度を上げられるか。見所は、レース終盤に全体的に発狂するところ。

柏葉 (#C石神 #S太田 #3阪本 #2綾野 #B西村)
DSC_0499
こちらも彩雲と同じく会津高校出身の経験者太田を整調に置き、漕ぎは素直。ただ、キャッチでしっかりと水を掴みぶら下がる点に関してはまだまだ発展途上。リズムコントロールを整調に任して、あとは後ろ3人が2000mビビらずに自分の力を絞り切る事ができるかが鍵となる。見所は、ゴール後のぶっ倒れ具合。

以上です。
これとは別レースで、ダブルが3杯出漕します。こちらは勝ったクルーがジュニアとともに8月末のOX盾レガッタに出場する予定です。
※以前ご紹介したクルー編成(クォド6杯+ダブル2杯)とは変更がありました。

さて、どのクルーが勝つのか。見ている僕でもあまり予想がつかない状態になってきました。良いレースを期待しています。浅野杯、クォドは8/9(水)11:00発艇です。是非ご来河ください。

また、明日はいよいよエルゴ2000m測定を行います。浅野杯合宿に入ってから1000m×4、500m×6をそれぞれやっていますが、ハードスケジュールにも関わらず大多数がベスト・目標越えを達成してくれました。こちらも大きく期待しています。エルゴ2000mは15:30から順次発艇予定です。

また次回、ダブルについてもご紹介させて頂きます。

新人チーフトレーナー
田口航太郎

こんにちは。田口です。

浅野杯合宿も本日で4日目が終了しました。少々バタバタしましたが、徐々に軌道に乗ってきた頃です。(というか乗ってて欲しい)

今週の平日の新人の動きは以下の通りです。
早朝練習 乗艇(18km)
am練習   体幹
pm練習      エルゴ・ランなど

IMG_1813
早朝練習の前に、新人全員で円陣を組みます。


最近、新人艇のコックスをしたりモーターでコーチングをしていると、彼らの中でボートに関する「引き出し」ができつつあるなと思います。「俺が○○先輩に教えてもらったのは・・・」「××先輩が言ってた△△を意識したらこれは良くなった」というやり取りを、水上・陸上問わず耳にします。

クルーボートでなにかうまくいかないことがあった場合、
「この問題はこれが原因だ」
「それを直すためにはここを意識しよう」
といった思考のプロセスが必須となりますが、ボートを始めたばかりの時期は「問題がある」ことは認識できても「何が原因で」「どうすればよいのか」はなかなか体得しにくいものだと思います。そういう時期に、OBの先輩方と一緒に乗ることでまずは頭の中に引き出しを作ってもらえたのは非常に貴重なことだったと改めて思いました。今年度の新人乗艇に参加してくださった先輩方、改めて御礼を申し上げます。

浅野杯合宿ではOBの先輩は乗ってくれません。これからは、クルー全員の引き出しの中身から試行錯誤して問題解決に取り組むという、一段上のプロセスを楽しんでいって欲しいですね。

新人チーフトレーナー
田口航太郎

↑このページのトップヘ