東大漕艇部コーチブログ -共に闘い、共に創る-

東京大学運動会漕艇部の学生コーチが、その活動を綴る。

トレーナーの田口です。

最近、一週間はものすごく短く感じるのに、一か月はものすごく長く感じます。めまぐるしく日々のやることを片付けているといつの間にか土曜が来て新人練習し、いつの間にか日曜の朝になっています。こういう感覚は、現役の時も良くありましたが、往々にして目の前のことだけしか見えなくなってしまい大局的な思考を失いがちでした。もちろん選手もそうですが、トレーナーの身としても、何のために今これをやっているのかを見失わずにいきたいところです。

ただ一方で、こういう考えもあります。僕の同期の豊間根の淡青会報(H28年度)の記事からの引用ですが、レース中の脚蹴りを例に出してこう言っています。
『自分がやっているその瞬間には、わけもわからずただ頑張るだけなのだが、すべてが終わった後、誰かに指摘されたり自分で振り返ったりして、なるほどあそこがよかったのだな、と思う。(中略)そして私は、レース後の懇親会で、あの足蹴りが良かったのだ、「脚蹴りをしていない奴ら」とは違ってあれをやったから「勝てた」のだと、クルーや部員、大先輩と語らえるように、これからもストレッチャーを蹴り続けるつもりだ』

新人には、ボート生活以外にも、いろいろな選択肢があります。本当に、いろいろな。「ボートに打ち込むことが結局何になるの?将来へのビジョンが見えないよ」という疑問をこの時期に持つのはもっともだし、いまそれについて自信をもって答えられる新人はいないでしょう。

けれど、大学4年間で『脚蹴り』をした先輩方がその経験をフルに生かしてその後のレース展開を有利に進めているのは明白だし、そういう方は絶対に脚蹴り中に無心で、ただ勝つことだけを考えていたはずです。

大局的思考も勝つためには必要ですし、一つのことに無心で取り組み続けることも、一つの強さの形でしょう。その二つは排反ではないと思います。



さて、前置きが長くなりました。
今回は、初の秋ヶ瀬往復でした。果たして楽園は拝めたのでしょうか。
IMG_1598
出艇します。さすがにもう出艇手順も覚えて、すんなりいくことができました。当日は社会人選手権が行われていたので、川が結構混んでいました。

IMG_1601
秋ヶ瀬鉄橋が見えてきました。下を通過するとき、ちょうど電車が通ると轟音に囲まれるので、そういう時はコールするのあきらめます。聞こえるわけないし、のどの節約です。

IMG_1602
着きました!メニューの都合上、直ぐに転回し川を下ります。秋ヶ瀬鉄橋より上流にいたのは1分くらいでした。
まあ、楽園と言っても何もないんですが。テトラポッド暗いですね。
楽園はきっとみんなの心の中にあります(適当)。

IMG_1608
揚艇します。川の水位が低いので、泥を歩くことになります。最初は泥のあの感触にぎゃーぎゃー騒いでいた新人も、今では黙々と迅速に片づけられるようになってきました。

IMG_1611
昼飯の時間を使って、H25対校主将の関谷哲先輩にボート力学のレクチャーをしていただきました。効率的にストレッチャーに力を伝える意味や、自分の身体の状態を把握する大切さなどを30分にわたり説明していただきました。関谷先輩、ありがとうございます。


IMG_1615
午後乗艇が終わった時の写真です。今日の午後は新人・対校の乗艇時間が近かったため、艇庫前が結構混雑しましたが事故なくしまうことができました。
対校・京大戦エイト・新人のためにモーターが3杯出る、という過密オペレーションでしたが、マネージャー陣の連携により滞りなく進められています。


来週は漕手は新人のみでクルーを組んでの練習です。いままでいかに先輩に押してもらっていたかが良くわかるでしょう。今まで以上に主体的に押していってほしいと思います。


以上です。駒トレのメニューなども結構変わっているので、その様子も次回紹介できたらと思います。

新人チーフトレーナー
田口航太郎

こんにちは。新人トレーナーの田口です。一週間が経つのが非常に早く感じます。

今週も新人トレーニングは(強度をじわじわ上げながら)しっかりと行いました。水没の危険を冒して今回は自分のiPhoneを艇にもっていったので、たくさん写真が撮れました。思えば現役時代は(当たり前ですが)練習にカメラ持っていくことがなかったので、あんまり写真を持っていないんですよね。言葉に表せないような朝焼けも、恐怖すら覚える波浪のコンディションも、自分の記憶にしか残っていないというのはこのパシャパシャカメラインスタ時代においては貴重な経験なんだろうと思います。



IMG_1550
今日が9回目の乗艇練習でしたが、いまだにオールの付け方間違えたり、もたもたしたりとなれていない様子です。一度注意されたことはその都度乗艇ノートに書き込んで次はしないように意識付けをしていきたいです。


IMG_1555
今回は大曲上流1km付近までいきました。来週はいよいよ秋ヶ瀬です。新人には「秋ヶ瀬は楽園」と伝えてあるので、楽しみにしておいてほしいですね。きっと素晴らしいものが待ってるはずです。武蔵野線とか。

IMG_1557

並べが終わった後の写真。なんというか、もう少し乗艇でも追い込んでほしいのですが、一番しんどそうにしているのは一緒に漕いでくださるOBの先輩の方だったりします・・・。この辺はトレーナーの指導不足なので、来週以降伝え方を工夫します。何か良い案あればご教示ください。


IMG_1564
昼飯の様子。新人はクルーでまとまって食べるようにしています。新人乗艇をサポートしてくださるOBの方の分もご飯を作ってもらい、いろいろなコミュニケーションの場になっています。(マネージャーのみんな、ありがとう)

IMG_1562
そして満員の食堂でカメラ目線で飯をつける対校日比谷。

IMG_1565
午後乗艇リギング。船は並ぶといいですね。


IMG_1567
艇を運ぶのはだんだんと慣れてきたみたいです。今年は、おかげさまで大きな事故はまだ起こしていないので、このまま安全への意識を強く持ちながら練習していってほしいです。サポートしてくださるOBの方は、些細なことでもどんどん注意してあげてください。


IMG_1571
そして並行してergo15分漕。エルゴの記録としては、僕が把握している限り近年5年の中では平均値比較でも最高値を保っています。だんだんと追い込みの仕方もわかってきたようで、エルゴが実は殺人兵器だということもわかってきたようです。でも友達だからね。

IMG_1573
今回もベスト多数でした。


IMG_1574

締めの体幹。この、腹横筋を鍛えるサイドクランチは新人のN村によると他の体幹とは「別腹」らしいです。ということは、これはいくら増やしても良いということですね。良いことを聞きました。



以上です。写真ばかりで中身あんまりありませんでしたが、簡単なトレーニングの様子の紹介でした。

新人チーフトレーナー
田口航太郎







いよいよ夏が本格化してきました。艇庫でT部屋の前を通りかかった時の独特のT部屋の臭い、もとい香りで夏のボート部生活が想起されるほどにはボート部員です。こんにちは、トレーナーの田口です。

さて、昨日も新人乗艇を行い、先週に引き続き大曲往復を行いました。大体距離にして9kmぐらいでしょうか。

気温が25度を超え午前中は日差しも強かったのでなかなかタフなコンディションになりましたが、帽子や日焼け止めなどの対策をしてしっかりと練習してくれました。


IMG_1515

まずはオールのリギングから。午前中に行ったオールリギングがすこし適切でないとのFBをいただいたので、午後はさらに変更して乗艇に臨みました。


IMG_1517
いま使っている5杯のうち3杯は桑野造船の舵手付クォドルプル※(規格艇)です。高校生がよく使っていますが、シェル艇の中では比較的バランスがとりやすく、ボート未経験者が練習するには最適の船です。東大ボート部は夏にこの船をクォドルプルとして使い、冬にはフォア※にリガーを換装してスイープ練習用に使っています。僕も大変お世話になりました。ちなみに彩雲・祥雲・東雲の中では東雲が好きです。浅野杯で乗ったのが東雲だったので。

※クォドルプル・・・漕手が2本の短いオールを持ち、漕手4人が乗る船
※フォア・・・漕手が1本の長いオールを持ち、漕手4人が乗る船


IMG_1520

午後乗艇、SEI-1クルーのリギング様子。シェル艇リギング3回目なのでそろそろ慣れてきたみたいです。いまはPtoH以外は統一したリギング値を指示していますが、そろそろ自分に最適なリギング値にアジャストしてもらおうと思います。



午後乗艇が終わった後は、新人コーチ会議を開き、今後のことについて話し合いました。様々なOBの方にお手伝いして頂いているため、新人トレーニングの進め方・気を付けるべきことなどのご意見を普段からいただいています。それらを参考にしながら、改めて方針固めを行いました。

今後も東大漕艇部総力戦で勝ちに行くためにも、新人へのサポートも継続的にお願いいたします。


新人チーフトレーナー
田口航太郎


↑このページのトップヘ