マネブログ

東京大学漕艇部マネージャーが語るボート部の日々

浅野杯


こんにちは
2年スタッフの國崎です。 
今回は、昨日行われた新人の学内レースである浅野杯について書きたいと思います。

遡ること約二週間。新人の浅野杯合宿が始まったのは、7/28から。
新勧の甲斐もあり、新人選手+マネージャーで34人が合宿入りし、艇庫が賑やかになりました。

合宿入りした頃は元気いっぱいだった新人ですが、
浅野杯直前の土日の新人は本当に死にそうな顔をしていました。
J部屋では阿鼻叫喚だったらしいです。お疲れ様。

厳しい練習(詳細はチーフトレーナーの田口さんのコーチブログをお読みください)
に耐えて迎えた浅野杯。
当日は、新人の熱意が表れたような猛暑。最高気温は37度。暑すぎ。
ちなみにこの日は、浅野杯の由来にもなっている浅野先輩の命日だそうです。

レースに関しての講評はきっと他の誰かからあるので、
4月当初とは比べ物にならないくらい逞しい身体つきになった新人の姿を載せておきます。 

DSC_0046





DSC_0048





DSC_0074





DSC_0075





DSC_0079





DSC_0077





DSC_0069





DSC_0072





DSC_0068






写真がたくさん!

ちなみに、今年は新人の保護者の方々に、艇庫見学&レース観戦のツアーを組み、
新人が頑張っている姿を見ていただきました。
今年から始めた新しい取り組みではありましたが、弊部への理解を深めていただけたら幸いです。

私は、初めて大会の幹事というものをさせていただきましたが、
このような活動はたくさんのOBの方々や、保護者の方々に支えられているのだと改めて感じました。
運営にご協力してくださった皆様に感謝いたします。

さて、私はこの文章を戸田(とだ)のマネ部屋から投稿していますが、
新人は戸田(へだ)についたころかと思います。
大学生活最後の(?)夏休み、楽しんできてください!!!

まとまりはないですが、暑いのでこのへんで。

ユッタリ・ローイング

4年の岡です。



今回は近況報告 & ぷちDIYブログです。

昨晩からとても涼しく、今朝はポンドに出ている艇も少なかったので
同期マネの高橋と一緒にダブルを漕ぐことにしました。


高橋も1年ぶりの乗艇ということで、どうなることかと思って蹴り出しましたが、
2人とも漕手時代はスカルの期間が長かったこともあってか、意外とまともに漕ぐことが出来た印象です。


フィニッシュワーク、パドルアップ、スタ練(どこで使うんだ…)などいつものW-upメニューとUTでポンドを1周漕ぎました。


いい汗をかいてとても楽しかったので、マネージャーになってもたまにこうやって漕げるといいと思います。
(ここ2年やってませんが、女マネ試乗会も復活させたいですね)




さて揚艇後、高橋と昼飯を食べにいったついでに、艇庫修繕用アイテムの買い出しに行きました。


今回直すのは風呂場シャワーホース。今年の春からホースの途中に亀裂が入り、最近は穴が広がってシャワーを使うたびに水が横に飛び出してしまう状況でした。
(灰色のホースに、誰かが白色のビニールテープで補修した跡がありますが、それでも水が漏れてしまいます。)

午後はパパッとこれを直してしまいたいと思います。


ネットで調べると割と簡単に取り替えられるようなので、蛇口のメーカーを確認し(TOTO)、ドイトで取り替え用ホースを購入しました。税抜1,880円です。



まずはシャワーヘッド、および蛇口を取り外します。蛇口は金属のナットで固定されているのでプライヤーを使いました。


パッケージ裏の対応表を見ながら適切なアダプタを接続し、新しいホースを取り付けます。


完成。ホースの長さも1.6mとちょうどいいものでした。これで安心してシャワーを使うことが出来ます。

引退まで残すところ40日弱、暇を見つけてどんどん艇庫の不具合を直していきたい思います。





取り留めのない内容になってしまいましたが、以上です。




女子マネージャーの私から見た京大戦

こんばんは、2年女子マネージャーの杉山です。
今回は先日、行われた京大戦について書きたいと思います。
もうみなさんご存知の通り、わたしたち31のエイト、無限は京都大学に勝ちました。
私はスタート地点から伴チャしていたので、最初から最後までレースを見届けたのですが、もう記憶があるような無いような…。
前半京大に負けていた所で、ここで終わって欲しくない。と#Sの小川の名前を叫びまくった記憶がうっすらあるくらいです。普段おちゃらけていて31のムードメーカーの小川ですが、やる時はやる男、しっかり勝利に導く漕ぎをしてくれました。
私達31は人数も少なく、鉄門ボート部の方の力を借りてエイトを組む形でした。途中1000切ったくらい?でまだ負けてはいましたが、何故か勝てる。きっと勝てる。と勝利を確信したんです。そして勝利し、先輩方、OBの方々、東大関係者のみなさんが、31の勝利を本当に心から祝ってくださり、本当に本当に、嬉しく涙が止まりませんでした。
30の先輩方に、俺らの借りを返してくれてありがとう、本当に嬉しい、と言われたこともとても嬉しかったです。ぜひ32のみなさんにも来年、勝っていただきたいです。
私は本当に31の同期みんなを誇りに思いましたし、
今回の京大戦の勝利は幹事の笠木さんや鉄門ボート部のみなさん、コーチ、スタッフ、マネージャー、漕手の先輩、本当に沢山の方々の支えで、勝ち取ったメダルだと思います。

この場を借りて、本当にみなさまありがとうございました。

懇親会では30対校のh川さんにとってもタメになるお話と選手がマネージャーに求めていることをそれはそれは熱く語っていただきました。笑
私自身、いまだにマネージャーに向いていないのではと思うことも多々あります。しかし、そんな時は普段選手が言ってくれる、様々なありがとう、や懇親会等で話す機会のあったOBの方々の女マネには感謝している、そんな有難いお言葉を思い出して頑張ろうと思います。そして少しでも勝ちに貢献できたらと思います。

まずは8月の献立を考える担当なので、美味しいごはん作りからですね!

こんな時間に記事を書いてしまい、深夜のラブレター現象起こるんだろうなぁと思っています。
長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。
IMG_0599

IMG_0600
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ