マネブログ

東京大学漕艇部マネージャーが語るボート部の日々

令和3年度 女子マネージャーチーフ挨拶

令和3年度 女子マネージャーチーフ挨拶

今年度女子マネージャーチーフを務めさせていただきます、大滝志織です。
今回は今年度初めてのブログということで、私が今感じていることをお話させていただきたいと思います。


ありきたりな言葉ではありますが、ここに来るまで一筋縄ではありませんでした。

自分がこの部にいる意味とは何か、モチベーションを見失いながらも、強くあらねばと仲間と涙を流したこともありました。自分自身の不甲斐なさと、どうしてよいかわからない状況に正直部活を辞めようと思ったこともあります。

そんな私が、今このブログで自分の想いを語り、チーフとして、マネージャーとして、そしてチームの1人として突き進んでいきたいと思えるのには理由があります。

それは紛れもなく、“仲間”がいるからです。

新年度を迎えるにあたってこの部で何を掲げていくべきか、話し合いを重ねました。
それぞれが描くチームの姿、勝利のために取り組むべきこと、そして甘くはない勝利という目標への想い。
簡単に答えが出ないときもありましたが、悩みながらも一つ一つ自らの言葉で紡いでいくその姿からは、これまでの3年間自分には見えていなかった、部員一人一人の表情が見えたような気がしました。

その時覚えたのが「楽しい」という感情でした。

ここまで一緒に来た仲間たちは、それぞれが想いをもってここまで来ている、そしてそれを実現するため、勝つために必死に動いているということを痛感しました。
“仲間”と勝利を追求する時間は楽しく、濃いものであり、そう感じれば感じるほど皆の表情やそれぞれのカラーが鮮明に見えてくる気がしています。

決して簡単には手に届かない目標に向かって、チームの一員として走る「楽しさ」を今は体いっぱい、心いっぱいに感じています。

今こうして突き進むことを「楽しい」と思えるのは、間違いなく“仲間”がいるからです。
ここで感謝を…とまとめたいところですが、今ふさわしいのは「絶対勝つチームになろう。」この言葉であるように思います。

「常識の更新」を一秒たりとも忘れず、毎日進化していけるよう走り続けて参ります。

長くなりましたが、以上になります。
拙文ながら、今の想いをつづらせていただきました。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

最後に、まだ未熟で至らない点も多くあるかと存じますが、日々精進を重ねて参ります。
今後とも応援のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。


追伸.
感謝をお預けにしていましたが、ここで今活動できているのは紛れもなく苦楽を共にした仲間がいるからです。
真剣に取り組む時間も、くだらないことで笑いあう時間も、限界だー!と互いに吐き出す時間も、どの時間もかけがえのない時間であると感じています。
今こうして共に活動できることを幸せに思います。
絶対勝つチームになりましょう!そして、いつもありがとう。

令和3年度 女子マネージャーチーフ 大滝志織

こんばんは。女子マネージャーの佐藤です。

「コロナ禍での生活」というテーマですが、皆さんは以前の生活リズムのをキープ出来ていますか?
私は自粛期間中、家にこもりすぎて生活リズムが崩れに崩れていました。

学校・部活・バイトなどで構成されていた私の日常がいきなり予定がない休日に一変してしまい、今までにないほど自分の好きなことを行える時間が生まれました。なので気になっていた映画を見始めたのですが 夜更かしして見る→朝は起きれない の連続でいつの間にか昼夜逆転です。

朝に用事がある時は早く起きれますが、ほとんどないので自粛期間はずっと睡眠、睡眠、睡眠、、



1〜2週間家でずっと過ごしていた後に外に出て、太陽の光はこんなにも眩しかったのか....と感じるほど巣ごもりマスターでした。

以上の話は4〜5月ぐらいの出来事で、今は自粛期間中より規則正しい生活を送れてい(ると思い)ます。



9月以降は光を浴びて、QOLのさらなる向上に努めたいと思います。

最後のブログ?


こんにちは。
4年マネージャー中山すみれです。


これが最後のブログかな、と書いてから意外とブログが回ってくるなと思いました。
締め切りから過ぎてしまい、申し訳ないです。

艇庫に行けなくなってからもう半年くらいが経とうとしています。こんなに長く艇庫に行かないなんて思っていませんでした。
私の通う大学は、課外活動許可が下りていないため、未だ艇庫に行くことができません。

コロナが流行ってから、あのお店に行っておけば…あれやっておけば…とふと思い出しては悲しくなります。大学近くの行きたかったお店が閉店していたり。

この場合の「やればよかった」の後悔はこんな状況になるなんて思いもしなかったので、自分ではどうにもできない問題です。

一方部活で考えると、インカレはもう日程も決まって、限られた時間がどれくらいかも分かっています。インカレが終わったときに、「やればよかった」の後悔をしないために自分が出来ることはたくさんあると思います。

艇庫でご飯作りはできないけど、今自分が関わっているサポートチームとして、選手が怪我をせず練習に取り組める知識を増やしたり、トレーナーの方との連携を図って選手が万全の状態でインカレに臨めるサポート体制を強化したり、頼もしい後輩たちにきちんと仕事を引き継いだり…。
考えればまだまだたくさんあると思うので、今自分ができることを一生懸命行って、勝利につながっていけばいいなと思います。

ご飯作りが再開できるようになったときに焦らないために、ごはんづくりスキルも磨いておこうと思います。家で料理をしないので、今のままだと和田さんに合わせる顔がありません…

最後に、まだまだコロナ感染者が増えていたり、梅雨が明けたと思ったら暑い日が続いているので皆様お体にお気をつけください。
私は最近昼寝をして、ちょっと暑いと思ったらいつのまにか室温が33度まで上がっていて慌ててエアコンをつけました。熱中症にならなくてよかったです。


最後に最後に、早く艇庫に行きたい!!!!

以上です。
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

utrc_mgr

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ