オリキャラ喫茶一刻館

世間一般からアレなモノまで、わたしが知る限りのニュースを扱います。 無論、お話とかもあるかもしれません。 尚、記事の内容は拡散可です。

アイコンキャラ朗読

【アイコンキャラ朗読】浦添反物商毒殺事件【寸劇上等】

ラクス
浦添反物商毒殺事件(うらそえたんものしょうどくさつじけん)とは、
1967年9月22日にアメリカ占領下の
沖縄の浦添村(現浦添市)で発生した殺人事件。

ラクス
事件の概要
1967年9月22日から反物商が行方不明になり、
家族から琉球警察に捜索願が出されていた。
反物商は他人から預かった大金を持ったまま行方をくらませたため、
持ち逃げ事件として捜査を開始した。

9月29日、密航を企てて名護警察署に逮捕された男が、
この反物商から金を持ち逃げされたと名乗り出たため、
身柄を那覇警察署に移して取り調べた。
訊問を続けているうちに、この男の供述が二転三転することから、
反物商の失踪について何らかの事情を知っているものと睨んだ。

そして、青酸カリを所持しているという決定的な証拠が出たことにより、
犯人は遂に観念し強盗殺人を自白した。

ラクス
事件の動機
犯人は、被害者の反物商と一緒に米軍物資のブローカーをやっていた。
犯人は「払い下げ物資がある」と反物商からお金を騙し取った。
反物商は、その物資の引渡しを求めていた。

9月22日に反物商を呼び出し、車内で青酸カリを無理やり飲ませて毒殺、
1万2000ドルを奪い逃走した。反物商の遺体は那覇空港近くに埋めた。

ラクス
つまり、こういう事です。


icont11
警察にお願いです。

葛木
どうした?

icont11
反物店を営んでいるウチの兄が
この前から行方知れずになって困ってるんです。
兄さんは他人から預かった多額のお金を持ったまま
何処に行ったのか皆目判らないんです。

葛木
それは大変だ。
捜査課であるこのお兄さんにお任せください。

ラクス
こうして、持ち逃げ事件として捜査された。

それから5日後。
ひとりの男が逮捕された。

葛木
貴様、日本本土への密航を企てていたとはどういう事だ!?

士郎 2
だって、知り合いが金を持って逃げちまったんだから
追いかけない訳には行かないじゃん。

葛木
持ち逃げされた?(そういや、彼のご家族からもそんな話があったな。)

ラクス
こうして別の警察署で事情を聞く事になった。

だが訊問をしている間に
この男の供述が二転三転したため、段々と辻褄が合わなくなり
反物商の失踪について何らかの事情を知っているものと睨んだ。

葛木
どうも話の内容がおかしいな。
お前、さては何か隠しているな?
ホントの事を言った方が身の為だぞ?

士郎 2
う・・・そ、それは。

葛木
念のためにお前の私物を確かめさせてもらった。
何やら興味深いのを持ってる様だな?

毒物1

士郎 2
!!?

葛木
こちらで調べた所、コレは青酸カリの様だ。
お前が、何でこんなモノを持つ必要がある?

士郎 2
・・・・・・。

葛木
そろそろ、本当の事を言ったらどうなんだ?

ラクス
とうとう観念した男は供述をした。
彼の供述によると、彼は反物商と組んで
米軍物資のブローカーをやっていた。
無論、その中には銃器や手榴弾などの物騒なモノもあり
それを駐留米軍の横暴ぶりに反感を持っていた者や
市井のヤクザやゴロツキなどに
売りつけ本業を大幅に上回る利益を得ていた。

あるときこの男は、米軍の物資管理がそろそろ厳格になって
昔のような取引も難しくなり、この辺を潮時と考えていた。
そして日本本土へ渡って新境地を拓こうと思ってたが
そのためには今まで裏家業に手を染めていた
かつての仲間である反物商が邪魔になった。
そこである事を考えついた。

士郎 2
実は最近、米軍の払い下げ物資の中で一番いいモノが
手に入りそうなんだ。

icont01
え?そうなの?

士郎 2
だが、仕入れのためのお金が足りなくてな?
済まんが出してくれないか?

icont01
ああ、判った。
何とか都合して見せるよ。

ラクス
それから数日後の夜。

icont01
んで、その物資は何処にあるんだ?

士郎 2
・・・・・・・。

icont01
なあ、見せてくれよその物資を。

士郎 2
まあ慌てるなよ。
それよりも一杯、飲むかい?

(青酸カリの入ったビールを飲ませた。それから数分後。)

icont01
ぐわっ!く、苦しい・・・ちきしょうめ・・・謀ったな!?

(こうして反物商は死んだ。)

士郎 2
許せ。
これも仕方ない事なんだ。

(こうしてまんまと反物商の持参した大金をせしめたのである。
そして反物商の遺体を那覇空港の近くの空き地に埋めたのである。)


ラクス
裁判
翌年4月19日、犯人に対して死刑の判決が言い渡された。


icont11
兄さんはバカよ。
あんなヤバイ事に手を出して。
その結果、裏切られて殺されてしまったんだから。

ラクス
ここまでご覧していただきありがとうございました。
お楽しみいただけましたらツイートや
記事の拡散などを宜しくお願いします。

【アイコンキャラ朗読】おせんころがし殺人事件【寸劇上等】

ムルタ・アズラエル4
おせんころがし殺人事件(おせんころがしさつじんじけん)は、
1952年(昭和27年)10月11日に千葉県安房郡小湊町(現在の鴨川市)にある断崖、
通称「おせんころがし」で起こった殺人事件である。
母親が1人の男に強姦され、母子3人が殺害された。
また、この事件の同一犯人の起こした合計8人の連続殺人事件の通称でもある。


登場人物
バスク・オム1
栗田源蔵役

ムルタ・アズラエル4
この事件の犯人である栗田 源蔵(くりた げんぞう、1926年11月3日 - 1959年10月14日)は、
秋田県の極貧家庭に12人兄弟の三男として生まれた。
川漁師だった栗田の父親は病弱だったため母親が家計を支えていたが、
典型的な「貧乏人の子沢山」で、栗田は両親から放置されながら成長した。

さらに栗田は夜尿症が小学校就学期になっても直らず、
学校では尿臭が原因でいじめに遭っていた。

icontht12b
うっわ、くせぇ。

icontht01a
アンタ、臭いからこち来ないでくれる?

バスク・オム4
ちきしょう。(T.T) 

ムルタ・アズラエル4
小学校を3年生で中退し、農家に下男として奉公するものの、
やはり夜尿症に加え手癖の悪さが原因で嫌われて追い出され、
1年間に10回以上も奉公先を代わらざるを得なくなる。

ムルタ・アズラエル4
19歳だった1945年に徴兵されて弘前の歩兵第31連隊へ入隊するが、
ここでも夜尿症が原因でわずか2カ月で除隊となった。
この夜尿症は後の死刑執行直前ごろまで栗田を悩ませ、心身を蝕んでいった。

ムルタ・アズラエル4
終戦後は北海道の美唄炭鉱で炭鉱夫となって
荒くれ男たちと過酷な肉体労働の日々を過ごし、
それまでひ弱で内向的だった栗田は
周囲の男たちと同様の粗暴な荒くれ男となっていた。

ムルタ・アズラエル4
1946年の8月に、
窃盗と物価統制令違反および
食料管理法違反で逮捕され

懲役1年6ヶ月もの実刑判決で服役していた。

ムルタ・アズラエル4
1年で仮出所した
1948年2月に、米や落花生のヤミ屋を生業にしているときに
N子さん(当時17歳)と知り合い、やがて結婚を誓い合う。

凛 1
源蔵さんのことが好き。

バスク・オム3
ほっほっほ。
そうか。実は僕もキミの事が好きなのだよ。

ムルタ・アズラエル4
ところがである。

この男は、N子さんの友人であるY子さん(当時20歳)とも
結婚の約束をしていたため三角関係を招いてしまった。

ティル=パンタブルグ
ねえ。私の事、好きなんでしょ?
なら結婚してくれるわよね?

バスク・オム2
おお、いいともさ。

ムルタ・アズラエル4
ヤミ商売のブローカーとして生計を立てていた栗田は、
三角関係のもつれから静岡県において交際女性を2人とも殺害した。
つまり、この三角関係での果てに起った件はこうだ。

凛 4
ちょっと、あのY子のこと

ティル=パンタブルグ
何処に隠したのよ?
Y子とはちゃんと別れてよね。

バスク・オム3
好きなのはお前だけさ。
Y子は邪魔になったから殺して、
そこら辺に埋めた。この事は黙ってろよ。

凛 4
それは大変、警察に知らせなきゃ!

バスク・オム2
まあ、待てや。
お前も可愛がってやる。

ムルタ・アズラエル4
などと言ってなだめ性交した。
その後、警察に密告されるのを懸念した
男はすぐさま、手ぬぐいを用いて
絞殺した。念のためにそこら辺にあった
石で頭部を何度も殴打し止めを刺した。

そして遺体を先に葬り去ったN子の所から
さして離れていない位置の砂浜に深く埋めた。

そのあと酒に酔った勢いで他の客と
ささいな事から言い合いの果てに殴り合いの結果、
殺人未遂と傷害で懲役2年の実刑判決を受け
1年で仮出所した。

ムルタ・アズラエル4
そして1950年には
窃盗罪で懲役10ヶ月で服役。

1951年に仮出所したあと、
仙台、福島で窃盗をしながら生活していた。

ムルタ・アズラエル4
同年の8月8日、この男は
栃木県の小山駅で途中下車。

昼間は盗んだ酒を飲み、いい気分になっていた。

日が暮れて盗みに入る家を物色した所、
とある家の中を覗いていた。

するとそこに居たのは蚊帳の中で
乳児とそれを抱いていた母親(当時24歳)が寝ていた。
しかも寝る前まで乳児に授乳していたのか、横になって
寝ていた際に上半身の浴衣が、はだけて片方の乳房が露出していた。

それを見て思わず欲情した男はズボンを脱いで侵入した。


バスク・オム3
こりゃ、いい。やらせて貰うとするかい。

西園寺世界1
ちょっ!アンタ誰よっ!?
何するのっ!?やめてーっ!?


ムルタ・アズラエル4
驚いたF子は悲鳴を上げて助けを呼んだが
男は布団に押し倒し布で首を絞めながらレイプし、
そのまま絞殺したのである。

ちなみに乳児は無事であった。

その後タンスにあった着物や帯など
質入れして金に換えれそうなモノをリュックに
詰め込むと、死体に布を被せて屍姦した。

そのあと勝手口にて排便したのである。


ムルタ・アズラエル4
ちなみに、こういう排便行為は
自分を落ち着かせるための行動であり、

当時の犯罪者の多くにありがちである。


ムルタ・アズラエル4
10月10日の午後11時頃、
自転車に乗って犯行に及びそうに所を物色していた男は、
千葉県の上総興津駅の待合室にて
3人の子供を連れていた主婦(当時29歳)を見つけた。

バスク・オム3
お?3人も子連れとは思えない程
若くて美人でいい身体をしているな。
これは、もうやりたくて堪らないくらいだ。

ムルタ・アズラエル4
そこで何かを思いついたのか、男は

バスク・オム3
お兄さんが送ってあげよう。


ムルタ・アズラエル4
などと、言って
3人居る内、長男を自身の自転車に乗せて押し歩き

母親は次女の背中に背負い、長女の手を引いて歩くという
方法で送った。

桜 1
ありがとうございます。

バスク・オム3
いえいえ。これくらいお安い御用です。
目的地も一緒ですし。

ムルタ・アズラエル4
これが後にとんでもない事になるのも知らずに
母子3人は男と歩きながら談笑していた。

途中、この男は


バスク・オム3
いい身体しているなあ。
やらせて欲しいぜ。


ムルタ・アズラエル4
などと頻繁に言い寄るが、彼女は

桜 1
ダメですよ、こんな所じゃ。
お家に帰ってからね?


ムルタ・アズラエル4
などと、巧みにあしらいながら家路を急いだ。

10月11日午前1時頃、
安房郡興津町(現在の勝浦市)にある
「おせんころがし」にさしかかった。

ちなみに「おせんころがし」とは
太平洋の荒波が洗う急峻な断崖絶壁のある道で
一歩足を踏み外すと命の保証は無いとされる。

ムルタ・アズラエル4
その昔、その地の土豪の娘である「おせん」という少女が
土豪の主である父親がこの上ない強欲で住民に対し
搾取に任せる程の圧政を敷き、住民たちから反感を買っていて
我慢の限界に達した住民たちの一部が領主である、
おせんの父親を拉致し緊縛して断崖から蹴落とそうと企んでいた。
その事を知ったおせんは父親に忠告したものの欲に溺れていた父親は
それに対し一向に聞く耳を持とうとしなかった。
そこで彼女は、父の身代わりとして怒りに燃える住民に
投げ落とされる事で住民の怒りを鎮め、それを知った住民たちに
手厚く葬られたという事から、この断崖絶壁に
この名前がついたとされるのである。

ムルタ・アズラエル4
そのおせんころがしにおいて、
この男は、突如豹変した。

バスク・オム1
おのれッ!
この期に及んでやらせないっていうのなら、
お前らをこのままにしてはおかんッ!!

ムルタ・アズラエル4
自転車を止めて、子供らの母親に襲い掛かる。

桜 1
いきなり何をするんですか!?
やめてくださいッ!!

ムルタ・アズラエル4
母親が襲われるのを見て
子供たちは当然、泣き出し男を非難する。

士郎 2
お母さんに何するんだッ!?

イリヤ1
この人でなしッ!

セイバーたん01
我に対する愛は無いのかーっ!?

バスク・オム1
やかましいわボケッ!!

(ごすっ!ごすっ!ごすっ!どかっ!ばきっ!)

士郎 2
うわ、何を・・・げはっ!

ムルタ・アズラエル4
甲高い声で怒鳴るや、
長男を自転車から引きずり下ろし
そこら辺にあった手ごろな大きさの石ころで
頭を滅多打ちにし、両手で抱え上げると
断崖から十数メートルもの下の海めがけて投げ落とした。

士郎 2
うわぁぁぁぁぁぁぁっ!!

ムルタ・アズラエル4
それから次に、母親にしがみついていた
長女を掴んで引き離し、
頭と顔を思いっきりフルボッコしまくった後、
断崖から突き落とした。

バスク・オム1
このこのこのーっ!!

(ぼごっ!x8 ごすっ!x7 どげしっ!x8)

セイバーたん01
ぐはっ!げはっ!あぐっ!

バスク・オム1
これでもくらえーッ!(断崖から突き落とした)

セイバーたん01
きゃぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!

桜 1
お願い。やめて。何でもするから。

ムルタ・アズラエル4
男は、腰を抜かしてへたり込んだ
彼女を押し倒して草むらでレイプし
布で首を絞めてから
抱え上げて断崖から放り投げた。

最後に次女を右手で首を絞めながら
左手でフルボッコした後、
断崖から放り投げた。

イリヤ1
ち、ちきしょぉぉぉぉぉ!

ムルタ・アズラエル4
だが、崖の途中に留まっているのに
気づいた男は、自転車用ランプを片手に
崖下に下りて3人を見つけると手に持ってた石で
殴打し完全に息の根を止めた。

ちなみに長女は崖の茂みに身を隠していたため
探し出されずに助かった。

男はその場から立ち去った。

セイバーたん01
あ、あんにゃろう。
この恨み、晴らさでおくべきか。

ムルタ・アズラエル4
そして、年が明けた1952年1月13日の夜。

この男は千葉県剣見川町の家に侵入する。

フレイ・アルスター
ちょっ!アンタ誰よッ!?

ムルタ・アズラエル4
目を覚ました主婦(当時24歳)が騒いだため
タオルで首を絞め窒息死させた。
一緒に居た叔母(当時63歳)も物音に気づいて
騒ぎ出したため出刃包丁で刺して殺害した。

そのあと、既に死亡した主婦を屍姦した。

事件があったとき、この男は千葉県剣見川町の
妹夫婦が暮らす家に寄宿していたが
1月13日における事件で主婦の家に残された
指紋が残されていた事で、この男の犯行だと判り
1月17日に千葉県警によって、遂に逮捕となった。


バスク・オム4
ぬうぅぅ。何と我ながらしくじったとは。


ムルタ・アズラエル4
この男(当時26歳)は逮捕されるまでに
女6人幼児2人の計8人を殺害していたのである。

最後の千葉県剣見川町の事件のみ千葉地裁で審理され
後の残りは宇都宮地裁で審理となった。


ムルタ・アズラエル4
1952年8月13日、
千葉地裁で死刑判決が下り

1953年12月21日、
宇都宮地裁でも死刑判決が下った。
1審で2度の死刑判決が下るという珍しいケースとなった。

この男はそれぞれの判決に対して控訴したが、
急に動揺し始め、医務部で癇癪を起して
大暴れする事もあったという。

その後、控訴は取り下げ、宮城刑務所仙台拘置支所に押送された。
判決後の栗田は衰弱がひどく、再審を繰り返した。

1956年には死刑を廃止か存続かの問題で国会で論争になった際には、
死刑存置論者に「凶悪無比な特殊な極悪人」として槍玉に挙げられた。

栗田は「懺悔録」という手記を書いている。
曰く、「女と寝る時は叩いたり、締めたりすると、とてもいいぞ」と
9歳の頃老人に言われたとの事である。
栗田本人はこの書物を売ろうとしたが断られた。

1959年10月14日に宮城刑務所において、栗田の死刑が執行された。


ムルタ・アズラエル4
ここまでご覧していただきありがとうございました。
お楽しみいただけましたらツイートや
記事の拡散などを宜しくお願いします。


【アイコンキャラ朗読】岐阜高校教師教え子殺人事件【寸劇上等】

マリエル
岐阜教師教え子殺人事件(ぎふこうこうきょうしおしえごさつじんじけん)は、
1986年(昭和61年)に岐阜県で発生した殺人事件。

登場人物
ムルタ・アズラエル4
美術担当の高校教諭

カテジナ・ルース
共犯の元看護師

西園寺世界1
元モデル

マリエル
1986年(昭和61年)10月14日夜、岐阜県羽島市の中古車販売店の駐車場で、
通行人から「何かが燃えている」と119番通報があり、
消防署が駆けつけると、若い女性の黒焦げた焼死体が発見された。
岐阜県警羽島署(現・岐阜羽島署)が、焼死体の指紋などを採取した結果、
女性は元モデルのS(当時22歳)であることが判明。
手首を縛られていたことから、警察は殺人の可能性が高いと見て捜査した。

10月19日、Sの銀行口座からキャッシュカードで現金36万円が引き出されており、
警察は防犯カメラの映像から、現金を引き出した男を犯人と断定。
その結果、岐阜市の県立岐阜西工業高校に勤務する
美術担当の高校教諭K(当時38歳)であることが判明し、
Kと共犯の元看護婦H(当時22歳)を殺人、死体遺棄容疑で逮捕した。

マリエル
Kは1979年にSとHが通う高校に赴任してきた。
この時Kと2人は教師と生徒という関係になる(Sの後輩がH)。
Kは一般の教諭とは異なり、派手な服装で授業を行う目立つ存在だった。
ルックスが良く生徒に人気があったその一方で、
生徒に対する依怙贔屓が激しく、美術教師という立場を利用して女子生徒に
「デッサンのモデル」と称してヌード写真を撮り、
それをネタに脅迫する等、裏の顔を持つ問題教師でもあった。

Sは高校を卒業する1982年頃にKと愛人関係になる。
Kの勧めでモデルクラブに就職するが、僅か8ヶ月で退職。
OLになるも1年で退職した。その後、Kの強い要請でソープランドで働くことになるが、
Sは売れっ子になり人気はトップでかなりの高給を得た。
しかし、Kが高級車や高級腕時計などを購入するなどして全て使い果たしてしまった。
これに業を煮やしたSはKに対し、今まで貢いだ金銭を返済するか、
「奥さんと別れて一緒に暮らしてほしい」と結婚を迫るが、
これを拒否すると「今までの関係を奥さんや学校にすべて告白する」と
言い出したため、KはSに殺意を抱くようになる。

1986年10月11日夜、Kは自宅近くでSを車に乗せ、
「妻に見られたら困る」と騙して事前に購入した
木箱(縦1m、横56cm、高さ70cm)に入れ、
隠しておいた金槌で背後から頭などを数回殴打、
さらに紐で首を絞めようとしたが抵抗されたため、
箱に押し込めて施錠する。
その後、勤務先の学校の美術室まで木箱を運んで蓋を開けたところ、
Sはまだ意識があり、「何でも聞くから、命は助けて」と哀願するSに、
Kは非情にも睡眠薬を飲ませ、両手首をビニール紐で縛ったうえ、
タオルやクッション等を押し込み窒息死させた。

Kはそれから3日間、木箱を美術室に置いたまま平然と授業を続けるが、
やがて死臭が気になったため、もう一人の愛人であるHを誘って手伝わせ、
木箱を羽島市内の中古車販売店まで運び、
Sの遺体を木箱から出してガソリンをかけて火をつけた。

マリエル
私の勝手な想像ですが
恐らくこうなのでしょう?


ムルタ・アズラエル4
僕は、この度ここの学校の美術の担当でもある。
先生の言う事を聞かないと、月に代わってお仕置きよ?

桂言葉1
先生って面白いですね?

西園寺世界1
ホント、楽しそう。


ムルタ・アズラエル4
はっはっは。(とりあえず、掴みはオッケーの様だ)

シン
んで、その一方で碌な事をしないヤツでもある。

レイ
ですな?

ムルタ・アズラエル4
うるさいよ、そこのアホ二人。

シン
(けっ。やはり二重人格だったか)

レイ
(ふん。せいぜい、粋がってろよサイコパスめ)

西園寺世界1
アタシ、先生の事が好きです。(乙女らしく純粋に)

ムルタ・アズラエル4
そうかそうか。
僕もキミの事が好きだよ。(将来の金づるとしてw)


マリエル
そしてそれから月日が経ち、Sさんにも卒業の時が訪れる。


西園寺世界1
アタシ、今後の進路はどうしようかな?

ムルタ・アズラエル4
なら、モデルクラブはどうかな?

西園寺世界1
じゃあ、そこに行く。

(卒業してそこに行くものの、わずか8ヶ月で辞めてしまい
OLとして中堅どころの会社に勤めるも一年しか続かない)

西園寺世界1
アタシってどうも職場に恵まれないのよね?

ムルタ・アズラエル7
なら、ソープはどうだい?
あそこなら今のキミだったら
並みの者じゃ稼げない程の収入があるから。

(こうして、ソープ勤めする結果に。
そこでは超売れっ子になり、大いに稼いだ。)

ムルタ・アズラエル4
こんだけ稼いでくれたんだ。
こちとら大いに楽をさせてもらおう。

(そして彼女が必死の思いで稼いだお金を
自分名義の口座に密かに移して使い込む。
やがて、それが発覚するとは知らずに)

西園寺世界1
変ねえ?アタシの口座にはビタ一文も無いわ?
さては、あのヤロー!?

西園寺世界1
ちょっと?アンタに訊くけど
アタシが必死の思いで稼いだお金を
何処にやったのよ?

ムルタ・アズラエル4
な、何の事かなぁ?(^o^;)

西園寺世界1
とぼけるんじゃ、ないわよ。
じゃあ、今まで預けてきたお金を全額返すか
今の奥さんと別れてアタシと一緒になるかのどちらかを選んで。

ムルタ・アズラエル4
う・・・そ、それは困ったなぁ。

西園寺世界1
あっそ。なら今までのこと
奥さんと勤めている学校に言うから。

ムルタ・アズラエル2
ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

ムルタ・アズラエル7
(もはや、こうなったらコイツとの関係を清算するしかない。)

シン
(くくく。効いてる効いてる)

レイ
そして運命の日を迎える。
1986年10月11日夜にKは自宅近くでSを車に乗せた。
「妻に見られたら困る」と騙して事前に
購入した木箱(縦1m、横56cm、高さ70cm)に入れると。

ムルタ・アズラエル4
・・・許せ。

西園寺世界1
え?

ムルタ・アズラエル1
アンタが悪いんだ!
アンタが強請るからッ!!?

レイ
隠しておいた金槌で背後から頭などを数回殴打した。

西園寺世界2
うっ!

レイ
さらに紐で首を絞めようとしたが

西園寺世界2
いやあぁぁぁぁぁぁぁっ!
やめてーっ!?

レイ
激しく抵抗されたため、ここでは木箱に押し込めて
鍵をかけて出られなくした。
その後、勤務先の学校の美術室に密かに持ち込んで
箱を開けるとまだ意識があった。

西園寺世界2
お願い。
何でも言う事聞くから命は助けて・・・・・・。

ムルタ・アズラエル1
悪いがもう遅い。
お前にはここで終わってもらうしか他に無い。

レイ
そういって無理矢理、睡眠薬を飲ませてぐったりさせると
ビニール紐で両手首を縛り上げ、
タオルやクッション等を押し込み窒息死させた。
それから三日間ほど何食わぬ顔で授業を続けた。
やがて死臭を気にし始めたため、Hを誘って手伝わせる事になった。

ムルタ・アズラエル4
実はかくかくしかじかで。

カテジナ・ルース
判ったわ。
手伝ってあげる。

レイ
木箱を羽島市内の中古車販売店まで運び、
Sの遺体を木箱から出してガソリンをかけて火をつけた。

そしてSの口座から現金を引き出したが、それが防犯カメラに
バッチリと映ってしまった。
事件を捜査していた警察はそれを元に調べ
遂にKとHによる犯行と断定した。

葛木
殺人と死体遺棄容疑で逮捕する。

ムルタ・アズラエル2
何てこったぁ!?

カテジナ・ルース
こんな羽目になるとは。

マリエル
裁判
・1987年12月8日 - 岐阜地裁はKに対し懲役15年、
 Hに対し懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の判決。
 Kの両親が遺族に慰謝料を渡したことが
 大きな理由であったが、検察側は不服として控訴。
・1988年6月21日 - 名古屋高裁は慰謝料が貢いだ金銭の
 返済分でしかないと認定し、
 一審の判決を破棄。改めてKに対し無期懲役の判決。
 だが、Kが不服として上告。
・1990年2月23日 - 最高裁はKの上告を棄却し、無期懲役が確定した。

ムルタ・アズラエル1
これで終わったと思うなよっ!?
アイシャルリターンッ!!

マリエル
ここまでご覧していただきありがとうございました。
お楽しみいただけましたらツイートや
記事の拡散などを宜しくお願いします。


【アイコンキャラ朗読】日本航空1402便客室乗務員スカート内盗撮事件【寸劇上等】

ぽるぽる

日本航空1402便客室乗務員スカート内盗撮事件
(にほんこうくう1402びんきゃくしつじょうむいんすかーとないとうさつじけん)とは2012年の事件。

事件の概要としては
2012年9月10日朝、高松発羽田行き日本航空1402便の機内で
34歳の男が27歳の客室乗務員のスカート内を
ボールペン型のカメラで盗撮したとして、
同日警察に兵庫県迷惑防止条例(盗撮)容疑で逮捕された。

盗撮行為を取り締まる迷惑防止条例は都道府県ごとに規定しているため、
飛行中の航空機における盗撮はどこの上空での行為か特定が難しく、
条例の適用が困難とされてきた。
この事件ではベルト着用サインが消えた時間や目撃者から
犯行時刻を午前8時9分とし、航跡図から盗撮時の飛行位置が
兵庫県篠山市上空と特定できたと警察が判断して逮捕につながった。
飛行中の航空機内の盗撮行為で逮捕したのは全国初。

男は「制服が好きで、つい盗撮してしまった」と容疑を認めた。
また、押収された男の自宅パソコンから
盗撮したとみられる画像が大量に見つかった。

しかし、篠山市は兵庫県の東端に位置し、
分速約15キロで飛行する航空機なら約1分で兵庫県外に移動可能であり、
また実際に時計を見ていた乗客がいないなど盗撮が
あった時刻を裏付ける証拠が不十分だったため、
「篠山市上空との特定が不十分」と検察に判断され
同年10月に処分保留で釈放され不起訴処分となった。

ぽるぽる
恐らく、こうだったのだろう?

P6190005

マリュー・ラミアス1
当機は日本航空1402便です。
高松空港を離陸して羽田へ行きます。


ぽるぽる
その時の旅客機に
コイツが居た。

ムルタ・アズラエル4
はあ。羽田までの間、少し退屈なんだよね。
おろ?この航空会社の制服、結構な好みのデザインじゃねーか?
おまけに、割と美人だし。


ぽるぽる
んで、コイツは
飛行機が兵庫県の篠山市上空辺りで
懐からボールペン型の小型カメラを
取り出して盗撮をやらかした。

マリュー・ラミアス2
ちょっと、お客様!
そんな所で何をやってるんですかッ!?

ムルタ・アズラエル4
うげ!し、しまった!?

ぽるぽる
こうしてコイツは逮捕となったものの
盗撮行為を取り締まる迷惑防止条例は都道府県ごとに規定しているため、
飛行中の航空機における盗撮はどこの上空での行為か特定が難しく、
条例の適用が困難とされてきたため
この事案で目撃者の証言と離陸時におけるベルト着用サインが消え
ある程度の自由が得られた状況から推理した所
離陸からの飛行機の分速度を計算した結果
兵庫県篠山市上空での犯行と判断した。

ただ、篠山市は兵庫県の東端に位置し、
分速約15キロで飛行する航空機なら
約1分で兵庫県外に移動可能であり、
また実際に時計を見ていた乗客がいないなど
盗撮があった時刻を裏付ける証拠が不十分だったため、
「篠山市上空との特定が不十分」と検察に判断され、
同年10月に処分保留で釈放し不起訴処分とするしかなくなったのである。

ムルタ・アズラエル4
ふう。あぶないあぶない。
今回はギリギリセーフだったぜ。

ムルタ・アズラエル7
次回からは要領よくやらないとイカンよねぇ?

ぽるぽる
ここまでご覧していただきありがとうございました。
お楽しみいただけましたらツイートや
記事の拡散などを宜しくお願いします。

【アイコンキャラ朗読】よかろう亭殺人事件【寸劇上等】

レイ
よかろう亭殺人事件(よかろうていさつじんじけん)とは、
1952年9月15日にアメリカ占領下の
沖縄の嘉手納村(現嘉手納町)で発生した殺人事件。

レイ
事件の概要

1952年9月15日午前4時、
嘉手納村の居酒屋「よかろう亭」に二人の男(NとY)がやってきた。
そして、ラストオーダーの時間は既に過ぎているのにも関わらず、
無理やり中に入ってビールを注文し、飲み始めた。

午前5時30分頃、Nは米軍基地から盗んだ拳銃を取り出し、
女性従業員に向けて発砲する真似をし始めた。
女性従業員は驚いて逃げると、Nは逆上して本当に発砲した。
この銃弾は運悪くトイレから戻ってきた別の男性に命中した。
ほとんど即死状態であった。NとYは青ざめて、そのまま逃走した。

琉球警察コザ警察署(現沖縄警察署)は、
即座にNとYの身元を割り出し、Yをまもなく逮捕した。
しかし、Nは依然として逃走中であった。
そのため嘉手納村一帯を山狩りすることになった。

9月19日午後2時20分ごろ、Nは遂に観念し、
潜伏していた小屋の中で自殺、事件は5日目にして解決した。

レイ
要するに、こういう事だろう?


ラクス
あの・・・お客さん。
もう既に、閉店時間が近いんですけど?

ヤザン・ゲーブル2
まあ、堅い事を言うなってばよ。

ムルタ・アズラエル4
取り敢えずビールを出してくれないかな?

ラクス
もう。それを飲んだらさっさと帰って下さいね?

(そして無理矢理来店して飲食を始めてから一時間半ほどして)

ヤザン・ゲーブル2
実は、いいモノを
探して見たんだ?
(そういってS&W M10をカウンターテーブルの上に置く)

ムルタ・アズラエル4
おぉ!それって、S&W M10の米軍仕様の中でも
100丁に1丁しか作られないっていう特別仕様じゃん!?

ヤザン・ゲーブル2
ほうら、お兄さんに愛想よくしないと撃っちまうぞ?
(そう言って、銃口を向け撃とうとする仕草をして見る)

ラクス
きゃあああああ!
(驚いて逃げ出す)

ヤザン・ゲーブル2
あ!テメー、そういう態度取るならこうだぞ!?
(思わず、引き金を引く。)

(そしてそれが運悪く、トイレから出て来た男性客に弾が命中してしまう。)

刺されて死んだ誠
ぐっ!(俺ってこんな役ばっかだな?)

ヤザン・ゲーブル2
・・・・・・・・・・・・( ̄ロ ̄lll)

ムルタ・アズラエル2
・・・・・・・・・・・(゚д゚;)

(そしてとうとう二人は逃げ出してしまった。)

葛木
探し出せ!
犯人は必ずこの周辺に潜伏しているはずだッ!?

(そして、すぐに相方を見つけた)

葛木
よかろう亭での拳銃発砲殺人の容疑で逮捕する!

ムルタ・アズラエル2
ボクはピストルなんか持ってないってばよ!?

(それから数日後、潜伏していた小屋の中)

ヤザン・ゲーブル2
もはや、これまで。
(持っていたピストルで自殺した)

レイ
因みに犯人の生い立ち。

犯人のNは、以前は米軍の軍作業の仕事をしており、妻や子どももいた。
しかしNは不良との付き合いがあり、軍作業を辞めてからは、
不良仲間とともに戦果アギャー(米軍基地に忍び込み、物資を盗むこと)で
生計を立てている状態であった。

事件1ヶ月前、基地に忍び込んだNは米兵に見つかり、
発砲されて右足を負傷した。
この頃から夫婦喧嘩が始まるようになった。
そして事件当日も喧嘩して家を飛び出し、
友人のYとともに「よかろう亭」に行って事件が発生し
やがて警察の捜査に進退窮まり
潜伏していた小屋の中での拳銃自殺へと追いやられた。

レイ
ここまでご覧していただきありがとうございました。
お楽しみいただけましたらツイートや
記事の拡散などを宜しくお願いします。

レイ
あと、その「よかろう亭」というお店が
その後どうなっているのかご存知の方は
コメント欄にてご一報くださいませ。

【アイコンキャラ朗読】広島港フェリー甲板長事件

ラクス
1994(平成6)年1月4日朝、
前年12月20日未明以降失踪していたフェリー「石手川丸」甲板長(41)が、
広島港内の通称1万トンバースで、失踪当時の服装のまま溺死体(浮遊死体)で発見された。
失踪期間中に、同居のT.F(26)が、
甲板長名義の預金合計35万6000円を引き出していたことから
警察の取調べを受け、強盗殺人の犯行を認める「上申書」を書いたことにより、
1月5日に逮捕。遊興費欲しさに、甲板長が飲酒酩酊して帰宅した際、
「フェリー船内」(船の特定せず)でさらに飲酒しようと
宇品港(広島港の内港、通称)県営第一桟橋まで誘い出し、
桟橋に繋留中の「四万十川丸」に乗り込もうとする
被害者の背中を背後から両手で押して海中に突き落し、
溺死させて殺害したうえ、銀行預金を引き出したとして、1月26日起訴した。

1997年(平成9)年1月26日広島地裁で強盗殺人無罪判決。


2001年(平成13)年4月24日、広島高裁でも無罪判決を勝ち取り、無罪が確定した。

裁判では、1、2審とも、事実上、強盗殺人のみが攻防の対象となった。
そして、甲板長の溺死体からは、法医学鑑定の結果をふまえても、
海中に転落した原因(事故、自殺、他殺等)はまったく不明であり、
仮に他殺とした場合、T.Fさんをその犯人であるとする「直接証拠」は、
その捜査段階における自白が唯一のものであったので、
自白の信用性が最大の争点となった。

ところが、その捜査段階における供述は、
警察官に対する自白と検察官その他に対する否認とが、
長期にわたって並行するという特異な経過を辿っていました。
しかも、自白は、客観的状況と決定的に矛盾し、
自白どおりでは犯行は不可能であることが
明らかであるばかりか、奇怪な変遷を重ねていた。 

この事件は、警察により深夜に酒に酔って帰宅した「石手川丸」甲板長を
「同船」内でさらに飲酒しようと桟橋まで誘い出し、
船に乗り込もうとするところを海中に突き落として溺死させたという、
証拠もない見込みにもとづく捜査でTさんに自白させたものの、
翌日には既に、その場所に停泊していたのは
「四万十川丸」という別の船であることが判明して、
見込みにもとづく筋書きが崩れ、
さらに検察では犯行を認める供述を得ることができなかったという事案であり、
本来起訴されるような事件ではなかった。

それを、警察が強引に自白の内容を変遷させ、
無理な起訴に加えて、1審無罪判決に対して控訴までして争った検察も、
強引な警察の捜査とともに、厳しく批判されなければならない。
また、この事件では、任意の取調べで自白しており、起訴前弁護が、
現在その整備が進みつつある逮捕以降の体制では不十分であることも警告している。

【アイコンキャラ朗読】寝屋川夫婦殺害事件【寸劇上等】

レイ
寝屋川夫婦殺害事件(ねやがわふうふさつがいじけん)とは、
1975年8月に大阪府寝屋川市で発生した殺人事件である。

レイ
【概要】

運転手の男Wが運転するタクシーに、
男性客が家の鍵をタクシーに忘れてしまった。

運転手によからぬ思念が湧き、その男性客の家を確認すると、
高校生と中学生の息子がいる5人家族が住むマンションだった。

Wは確認だけして鍵を返さないまま、何事もなく時は流れる。

それからしばらくしWは失業保険の不正受給が発覚し、
返済を迫られていた。また愛人に泣きつかれ、
多額の金が必要になった時、

鍵を拾ったあのマンションを思い出しWは夜、
その忘れ物の鍵を使い強盗を試みる。

高校生の息子、中学生の息子、
父親の男三人に対抗するため、 斧を携え、鍵を開け中に入る。

しかし、当時の男性客は転勤しており、
その部屋は新婚夫婦が男性から借りていた。

Wは夫を斧で斬りつけ、妻も斧で切りつけられた上で金の在処を吐かせる為に、
指や足首を切断され性的いたずらもされていた。

性的被害が「いたずら」で済んだ理由は
床が血で滑るため事に至れなかったためである。

犯人が去ったあと妻が警察に通報し事件が発覚した。

駆けつけた警察は、玄関に鍵がかかっていたため、
隣の部屋のベランダを通って窓から入り、二人を見つけた。

発見した時には妻はすでに死亡しており、
夫は重体で病院に運ばれたが、翌日に死亡した。

夫婦の死因は斧で切り付けられたことによる出血多量。

逮捕されたWは
「チェーンが掛かっていたら諦めたのに・・・被害者も悪い」と供述した。

レイ
【事件の経緯と犯人の動機】

1975年8月23日早朝、
寝屋川警察署に妻から通報があり
警察が駆け付けたところ事件が発覚。
ベランダや窓からの侵入した形跡がないことから
当初捜査は難航したが、警察が部屋の所有者に
事情聴取したところ以前タクシーに乗った際に財布と一緒に
部屋の鍵を落としていたことが判明。
当日勤務していたWが逮捕された。
落とした遺失物の鍵を使用した犯行だったため社会に衝撃を与えた。
調べた結果、当日勤務だった当時39歳のWが捜査に浮上、
12月7日にクレジットカードの不正使用による遺失物横領、
詐欺容疑でWは逮捕された。 取り調べの結果Wは犯行を自供し、
詐欺、住居侵入、強盗殺人、遺失物横領、窃盗容疑で起訴された。

Wは犯行の動機として職安に
失業保険の不正受給が発覚し、その返済を迫られていた。
また愛人に泣きつかれ、
多額の金が必要になったWは客の落とした鍵を思い出し犯行に及んだ。

レイ
つまりこうだ。

ムルタ・アズラエル4
はあ~やれやれ。
今日もタクシーの仕事は疲れるなぁ。

ムルタ・アズラエル4
ん?
お客さんが忘れていったモノかな?
(後部座席の鍵を見た。どうやら自宅の鍵であるらしい)

(んで引き返して見て、その家を確認する。)

ムルタ・アズラエル4
ほほう。これは立派なマンションの様だな?
この鍵はこのマンションの鍵らしい。

(そこで、何やら良からぬ思考をめぐらせたのか
そのマンションを確認だけして、その鍵を家主を
訪ねて鍵の返却に到らなかった。)

レイ
そして何事も無く時は流れる。
それからある日の事。


ぷるるるるるる!(電話の事)

ムルタ・アズラエル4
はいはい。何かな?(がちゃと受話器を取る)

マリュー・ラミアス1
こちら職業安定所の者ですが
貴方、失業保険の不正受給をやってますね?

ムルタ・アズラエル2

ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!

ムルタ・アズラエル4
な、何の事かなぁ?(^o^;)

マリュー・ラミアス1
とぼけないでください。
貴方、四ヶ月以上前に現在お勤めの
タクシー会社に就職なされているのに
それを隠して失業中を装ってますね?

今すぐ、過去に不正受給した分を
三倍にして返してもらいますよ?いいですね?

もし、応じなければ詐欺罪で警察に訴えると同時に
損害賠償請求の民事訴訟を起します。(がちゃ!ツーツーツー)

ムルタ・アズラエル2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。( ̄□ ̄;)

ぷるるるるるるる!

ムルタ・アズラエル4
ん?こ、今度は何かな?

桂言葉1
ごめんね、お仕事中に電話なんかして?

ムルタ・アズラエル4
ど、どうしたのかな?

桂言葉1
実は、急に多額のお金が必要になったの?
お願い、助けて。

ムルタ・アズラエル2

Σ( ゜д ゜;)

桂言葉1
どうしたの?

ムルタ・アズラエル4
し、心配するな。
何とかしよう。

桂言葉1
それじゃ、お願い。(がちゃ)

ムルタ・アズラエル2
ううむ。これは困ったぞ?
何とかせねば。

ムルタ・アズラエル7
ん?そういや、あの日の晩に
客が忘れて行ったマンションの鍵を
まだ持っていたな?

(ポケットの中からその鍵を取り出した。)

ムルタ・アズラエル4
なら、チャンスはあるよな?

レイ
そして、強盗をやろうという考えに思い至る。

その際に、万が一そこの家人と鉢合わせになった際の
携行武器を用意する。

ムルタ・アズラエル4
この武器を用意すれば大丈夫。

ヒートホーク

レイ
そして犯行の日を迎える。

Wは凶器を片手に、そのマンションの鍵を開けた。
だが、そのマンションに居たのは、鍵を忘れた
かつての男性客とその家族では無く
見知らぬ新婚の若い夫婦だけだった。
何故なら、その男性客と家族は転勤していたのか
そのマンションには居なかったからだ。

その事を知らぬWは寝ていた新婚夫婦に襲い掛かった。

ムルタ・アズラエル1
オラァァァァッ!

伊藤誠
な、何をするだァッ!?

ムルタ・アズラエル1
うるせぇっ!
(斧を力任せに振り下ろした。)

刺されて死んだ誠
げは・・・・(何か俺って、こんな役ばっか)。

西園寺世界1
ちょっと貴方、誰よ!?
ウチの亭主に何するのッ!!?

ムルタ・アズラエル1
うるせぇッ!
(斧で斬りつけた)

西園寺世界1
きゃあっ!

ムルタ・アズラエル1
金は何処にある?

西園寺世界1
し、知らないわよ。

ムルタ・アズラエル1
しらばっくれると、こうだぞ!?
(斧で指や足首を斬りつける)

西園寺世界1
いやああああああ!!

レイ
その上で、強姦しようとしたが
身体を触る程度で済まされた。
それというのも床が血糊で汚れてしまったため
性行為をしにくくなったのである。

この新婚夫婦からは何も得られぬと判ったWは
すぐに犯行現場のマンションを立ち去った。

この家の妻は、すぐさま警察に電話した。

そして前述のように

駆けつけた警察は、玄関に鍵がかかっていたため、
隣の部屋のベランダを通って窓から入り、二人を見つけた。

発見した時には妻はすでに死亡しており、
夫は重体で病院に運ばれたが、翌日に死亡した。

夫婦の死因は斧で切り付けられたことによる出血多量。

レイ
そして、前述のように警察はWによる仕業である事を
突き止めWを逮捕するのであった。

葛木
遺失物横領、詐欺容疑で逮捕する。

ムルタ・アズラエル2
ちきしょぉぉぉぉぉっ!!

(そして、警察の追及後)

葛木
詐欺、住居侵入、強盗殺人、
遺失物横領、窃盗容疑で再逮捕する。


ムルタ・アズラエル2
もう好きにしてくれ。

レイ
【その後】

Wは1980年11月6日に最高裁で被告側上告棄却、
死刑が確定した。1988年6月16日、死刑執行された。

レイ
ここまでご覧していただきありがとうございました。
お楽しみいただけましたらツイートや
記事の拡散などを宜しくお願いします。

ムルタ・アズラエル2
何か、何気に犯人役や被害者役の多くね?

シン
(くくく。効いてる効いてる。)

【アイコンキャラ朗読】百田駐在所巡査殉職事件【寸劇上等】

マリエル
百田駐在所巡査殉職事件(ひゃくたちゅうざいしょじゅんさじゅんしょくじけん)とは、
1947年(昭和22年)3月15日に
山梨県中巨摩郡百田村(現:南アルプス市)で発生した殺人事件である。

マリエル
【事件の概要】

1947年3月15日午後8時、山梨県中巨摩郡百田村の雑貨商宅に
「県刑事課の藤森」と名乗る男が来た。
「藤森」は雑貨商の預金について聞いたり、
辺りを見回すなど不審な行動をとっていたため、
雑貨商の妻は「この男は刑事ではない」と直感し、
裏からこっそりと雑貨商の兄に連絡した。
雑貨商の兄は駐在所に行き、この事件の被害者となる巡査に事情を説明した。

巡査は直ちに雑貨商宅に駆けつけ、「藤森」に警察手帳の提示を求めた。
「藤森」は黒い手帳を出したが、警察手帳ではなかった。
巡査は「藤森」を追及すると、「藤森」はいきなり拳銃を取り出し、
至近距離から巡査に発砲した。弾は巡査の心臓を貫通し、
巡査は即死した。雑貨商の妻はこの場面を目撃して逃げようとしたため、
「藤森」は雑貨商の妻にも発砲したが不発だったので、
雑貨商の妻を殴打し重傷を負わせた。

銃声と悲鳴を聞いた雑貨商と近所の男性が現場に駆けつけ、
何とか「藤森」を取り押さえることに成功した。

マリエル
つまり事件の内容は、こういう事です。

ムルタ・アズラエル4
どうも、こんにちは
山梨県刑事課の藤森という者です。

西園寺世界1
あら、何の用です?

ムルタ・アズラエル4
実はとある事件がありましてね?

西園寺世界1
事件?そりゃ確かに最近、金目のモノと食べ物を
狙った事件は増えているけど?


マリエル
この時代は確かに日本の敗戦後の時期であるだけあって
お金やお金に換えられるモノや食料を狙った事件が多発していた。


ムルタ・アズラエル4
それで、お宅の現在の預金残高や
ご自宅の現金の内部留保の事を窺がってます。
        
西園寺世界1
あら、どうして?

ムルタ・アズラエル4
予め把握しておけば、もし何かあった場合
すぐに警察(こちら)の方でも対処出来ると思いまして。

西園寺世界1
あら、そうだったの?

西園寺世界1
(変ねえ。何で警察がこんな事を尋ねる必要があるのかしら?)
     
ムルタ・アズラエル7
(チッ。警戒されてるなぁ?
もし、ここが無理なら適当に誤魔化して
他を当たらないとな?)

西園寺世界1
(やだ。何かそわそわしてる。
それに他の所も見渡している。
これはもう怪しいわね?)

西園寺世界1
(こりゃ、この人は少なくとも警察の人じゃ無さそうね?)


マリエル
そしておトイレに行くふりをして
裏の雑貨商の兄に連絡した。


ドモン・カッシュ03
何?店先に居る者が刑事では無い?
どれどれ?

ムルタ・アズラエル4
・・・・・・・・・・・・。

ドモン・カッシュ01
確かに見た所、胡散臭い。
あれは刑事では無さそうだ。

ドモン・カッシュ01
俺は駐在所に今から行って来る。
お前は出来る限り、時間稼ぎしてくれ。
必ず駐在を連れて戻って来る。

西園寺世界1
ええ。でも早く戻って来て。
相手はもう、こっちの事を疑ってるのか
すぐにでも他に行きそうなの。

(そして駐在所に駆け足で辿り着く。)

伊藤誠
何?我が署員を騙っている不審な男が店先に居る?

ドモン・カッシュ04
急いでくれ!
このままだと、最悪な場合
ウチの妹に危害を加え店にある売り上げを奪って
他へ行かれては拙い!?

伊藤誠
ああ、判った。


(そして駐在所の巡査は現場の雑貨店前にやって来る)


伊藤誠
お前か?我が署員を騙っている不審な人物とは!?

ムルタ・アズラエル4
べ、別に不審な事などしていないぞ?

伊藤誠
なら、手帳を見せられるはずだ。
手帳を示せ!

ムルタ・アズラエル4
ふん。これでいいんだろ?


(一冊の黒い手帳を手渡す)


伊藤誠
ッ!これは警察手帳では無いッ!?
貴様、ふざけるのもいい加減にしろ!

さては署員では無いな!?
さあ、本当の事を言って貰おうッ!!

ムルタ・アズラエル1
もはや、これまで!?
これでも喰らって死ねぇッ!!


(懐から取り出された拳銃の弾は巡査を撃ち抜いた)


刺されて死んだ誠
俺って、こんな悲惨な役ばっか・・・・ぐはッ

ムルタ・アズラエル1
このアマ、てめえもウゼえっ!

西園寺世界1
きゃあああああああッ!!

ドモン・カッシュ08
き、貴様ぁッ!

ムルタ・アズラエル1
あ?てめえも死にたいのか?

ドモン・カッシュ09
警察の名を騙り、我が妹まで傷つけた
貴様を俺は絶対に許さないッ!!

ドモン・カッシュ10
俺のこの手が光って唸るッ!

貴様を倒せと輝き叫ぶッ!

喰らえッ!愛と怒りと悲しみのォッ!

シャイニング・フィンガー・ソォォォドッ!

メン!メン!メェェェンッ!


ムルタ・アズラエル2
な!?


マリエル
こうして犯人は身柄を取り押さえられました。

マリエル
【犯人と事件のその後の顛末】

犯人の自称「藤森」は咸鏡北道出身の在日朝鮮人で、
当時上野に住んでいた。犯人は戦時中、
この近辺の工事現場で働いたことがあり、中巨摩郡の地理に詳しかった。

犯人は、殺人等の罪名で起訴され、
一審の甲府地方裁判所で死刑判決が下った。
犯人は直ちに控訴したが、
二審の東京高等裁判所でも死刑が言い渡された。
1948年4月8日、最高裁判所は上告を棄却し死刑が確定した。

同年12月8日に宮城刑務所で死刑が執行された。

マリエル
ここまでご覧していただきありがとうございました。
お楽しみいただけましたらツイートや
記事の拡散などを宜しくお願いします。


ムルタ・アズラエル7
どうも、何気に犯人役の比率が多い気がする。


シン
(くくく。このオレがブログ主に頼んで
小細工して貰った事も、知らんで振り回されよるわ?)

【アイコンキャラ朗読】宇都宮毒入りジュース事件【寸劇上等】

ぽるぽる
宇都宮毒入りジュース事件(うつのみやどくいりジュースじけん)とは、
1962年(昭和37年)4月6日に栃木県宇都宮市で起こった殺人事件である。
父親の毒殺を企む青年が用意した毒入りのジュースを
全く無関係の一家が飲んでしまい、子供3人が死亡した。

ぽるぽる
【事件の経過】
昭和37年4月6日の早朝、宇都宮市で農業を営むA(35歳)は、
自宅近くのあぜ道で新聞紙の包みを発見した。
中にはポリエチレン袋入りのジュースが4袋あり、
捨てておくのはもったいないと考えた彼は家に持ち帰った。
朝食の席でA、Aの子供3人(9歳、7歳、4歳)、
Aの母親の計5人がそのジュースを飲んだところ、
一同はまもなく苦しみ始めた。
飲まなかった祖父と妻が慌てて救急車を呼んだものの、
到着した頃には3人の子供は絶命していた。
Aと母親は飲んだ量が少量だったため、一命をとり止めた。

ぽるぽる
まあ、要するにこうです。

ミカムラ博士1
ふう。朝の一仕事が終わった。
ん?道端に何かが落ちてるな?

(その道端にあるモノを調べて見る)

ミカムラ博士1
おやおや、このポリエチレン袋の中身は
オレンジジュースだ。これは誰かが置いて行ったのだろう?
このままにして置くのは勿体無い。

(そしてその拾ったポリエチレン袋にある
オレンジジュースを食卓のコップに注いだ。)

宇都宮毒入りジュース事件

オルガ・サブナック1
お?オレンジジュースじゃん。

クロト・ブエル1
これ、朝から嬉しいや。

シャニ・アンドラス
なら、早速飲もうぜ。

ミカムラ博士1
これこれ。まずはご飯を食べてからじゃ。

マスターアジア1
そうだぞ。

ライラ・ミラ・ライラ
そうですよ?お義父さんの言うとおりです。

ナタル・バジルール1
ささ、早くご飯を食べましょう。

(そしてご飯を食べた上でそのジュースを
飲んだところ、祖父と奥さん以外が苦しみ出した)

ミカムラ博士1
ぬぅ・・・く、苦しい!

オルガ・サブナック1
な、何じゃこりゃ!

クロト・ブエル1
た・・・助けて・・・。

シャニ・アンドラス
な、何なんだ・・・・くっ・・・・。

ナタル・バジルール1
うぅ・・・く、苦しい・・・・!

マスターアジア1
何という事だ!
早く救急車を呼べッ!?

救急車1
こうして救急車を呼んだが、残念な事に3人のお子様の命が失われた。
ちなみに、この救急車は1962年当時の車種じゃないだろっていう
ツッコミは無しでいてくれると助かるんだが?(^_^;) 

ぽるぽる
被害者の嘔吐物や残りのジュースからは、
有機リン系統の毒物が検出され、
さらにジュースの袋には注射針を差し込んだような穴が発見された。
その毒入りジュースが拾い物だという証言を得た警察は、
聞き込みの末に近隣の農家・B家の娘も同日の同時刻に、
同じようなジュースを2袋拾っていたとの情報を得る。
そのジュース袋にも注射器の穴があり、中には毒物が混入されていた。
しかし、B家ではそのジュースを放置していたため被害を免れていた。
捜査陣は不特定多数の殺害を狙った凶悪犯と推理したが、
農業組合で要職に就いていた
B家の一家皆殺しを図った、怨恨による犯行の可能性もあった。

一方、ジュースの入手経路を探って聞き込みを重ねる捜査員は、
現場近くの菓子屋で「若い男が、同じジュースを6袋買っていた。
しかもその男は、事件後に再度やってきて
『ジュースを買ったことをしゃべるな』と、口止めを頼んでいった」との証言を得る。
菓子屋の主人はその男の顔を覚えていたことから、
犯人が逮捕される。犯人はB家の長男・C(20歳)だった。

ぽるぽる
【犯行の動機】
CがA家の子供たちを死なせたのは全くの手違いで、
彼が狙っていたのは自身の父親(49歳)だった。
農業を嫌がるCはサラリーマンになりたがっていたが、
頑固で専制的な父に強制され、仕方なく家業を手伝っていた。

そんな彼にも女友達ができたが、
彼女は「農家の嫁にはなりたくない」という。
彼女と一緒になるため農業を辞めたいが、父親に許されるとは思えない。
思い悩むCは父親の毒殺を企み、
殺虫剤を混入したジュースを自宅そばの路上に置いた。
それを自身のきょうだいに拾わせ、父親に飲ませる算段だった。
しかし、偶然に通りかかった
隣家の主人が拾ってしまい、思わぬ事態になったのである。

ぽるぽる
要するに、こういう事だ。

ムルタ・アズラエル4
もう、こんな農業は嫌だ。
収穫した農作物の買い取り価格は
ここ数年、大幅に値下がりしていてボクの代でやって行けるとは
とても思えない。こんなジリ貧が将来的に判り切ってるくらいなら
見切りをつけて宇都宮に進出してきた東京の上場企業で
働きたい。そっちの方がボクに向いてる。

(んで、その事を父親に言って見る。)

バスク・オム1
この大バカタレッ!
ウチは室町時代から続く農家だッ!?
今更、上場企業に勤めたいだと?
寝言も大概にしろッ!?

いいか?農業以外の職業は人の財布から
お金を口八丁手八丁で誤魔化し出す卑業ばかりだ!
そんな職業に携わるなど、犯罪に加担するのと何ら変わらん!
農業以外の聖職にあらずんば卑賎と思えッ!!

ぽるぽる
と、こんな感じで
農業以外の職業は犯罪者による詐欺行為としか思わないため
時代の流れに合わせた生き方をしたい息子さんとは
どうしても平行線になる。
そんな体たらくの家主が専制的独裁家庭で不本意ながら
農作業をしていた息子さんではあるが、
その農作物の市場価格は値下がりする一方で
このままだとジリ貧は必定なのも息子さんの考えは間違って無かった。
そんな息子さんにも遂に将来の結婚を前提にした異性との
付き合いが生じた。だが、彼女は息子さんと考えは同じで

フレイ・アルスター
アタシ、農家の嫁なんて嫌だからね?

ぽるぽる
と、日本の当時の農家に
未来が無いのを理由にしていた。

無論、息子さんの方も我が意を得た思いだが
専制的な父親は聞く耳を持たないのは判り切っていた。
半ば思い悩んでいた彼は、毒物を用いて
毒殺するか、それに及ばなかったとしても
自分の我が子に対する頑固で専制的なやり方が招いた結果である事を
身体で判らせてやるつもりだった。そのため有機リン系統の
毒物と注射器とを用意した上で、
事件の現場近くの菓子屋に赴いてポリエチレン袋を容器にした
ジュースを買ったりである。

ウォン・リー
はいはい、毎度あり。

(んで、その後に戻ってきて)

ムルタ・アズラエル4
ボクが買ってたの、内緒だからね?

ウォン・リー
あ、ああ。


ぽるぽる
んで、その仕込んだモノを
自宅そばの路上に置いた。
それを自身のきょうだいに拾わせ、
父親に飲ませる算段だった。
しかし、偶然に通りかかった隣家の主人が
それを拾ってしまい、思わぬ事態になったのである。
その事態が前述の隣家の一家に起こった出来事である。

葛木
殺人の容疑で逮捕する。

ムルタ・アズラエル2
ちっきしょぉぉぉぉぉぉっ!!!!


ぽるぽる
ここまでご覧していただきありがとうございました。
お楽しみいただけましたらツイートや
記事の拡散などを宜しくお願いします。

【アイコンキャラ朗読】成田ミイラ化遺体事件/荒川放水路バラバラ殺人事件/生体腎移植臓器売買仲介事件

マリエル
成田ミイラ化遺体事件(なりたミイラかいたいじけん)は、
1999年(平成11年)11月11日、千葉県成田市のホテルで発生した
殺人・保護責任者遺棄致死事件。不真正不作為犯に関する
リーディングケースとして、刑法学上著名な判例である。

マリエル
【経緯】
自己啓発セミナー団体であるライフスペースの高橋弘二は、
頭部を手で軽く叩く「シャクティパット」と呼ぶ方法
病気を癒すことができると喧伝していた。
これを信じた男が、高齢の家族を病院から連れ出し、
成田市のホテルで高橋弘二によるこの治療法を試みた。
この家族はそのまま死亡したが、
高橋弘二はこの家族はまだ生きていると主張し、
男をはじめとした周囲もこれを信じた。

1999年11月11日、ホテルから
「4ヶ月以上も宿泊している不審な客がいる」と
通報を受けた成田警察署署員が、
ホテルの部屋を捜索してミイラ化した遺体を発見した。

事件の異常さや、高橋弘二が記者会見で「定説」として
「(被害者は)司法解剖されるまで生きていた」などと
主張したことから、ワイドショーなどで大きく報道された。

翌2000年に高橋弘二と男を含む11名が保護責任者遺棄致死で逮捕され、
高橋弘二が殺人で、男が保護責任者遺棄致死で起訴された(残りの9名は起訴猶予)。

マリエル
【裁判の経過】
裁判でライフスペース側は無罪を主張して争ったが、
男は2001年9月28日に懲役2年6月・執行猶予3年の判決で確定。
高橋弘二は、裁判でも「定説」を訴えて争ったが、
1審で懲役15年、2審では不作為犯と認定され懲役7年の判決を受けた。
高橋弘二は上告したが、
最高裁判所は2005年7月4日に上告を棄却し、懲役7年の判決が確定した。

マリエル
【記者会見】
高橋弘二は事件を受けて記者会見を開くも、
以下に挙げられる主張を繰り広げたため、
会見に集まった記者や撮影陣から失笑の渦が起こった。

・警察がホテルに家宅捜索に入った時点では被害者は生きていたと断言できる。
・被害者の死因は司法解剖をしたことが原因である。

・自分の体内には血液は巡っておらず、空気が循環している。
・6000年前から自分はサイババと関係していた。
・10歳は成人である。
・以前は税理士だった事を問われるや「過去世です」と発言。
・事件に対する報道が激化し自己の責任を強く問われた際、
「はっきり言って私はサイババとは何の関係もないんですよ」と
6000年前から関係しているはずなのに矛盾した回答をしている。

マリエル
【裁判後】
2011年12月、ライフスペース関係者は「千葉成田ミイラ事件①の再審支援の会」を
発足させ、再審請求へ向けた活動(毎週都内で、シンポジウム&ライブの夕べを開催)をしている。

2012年1月、「千葉成田ミイラ事件①の再審支援の会」は、
本件事件のきっかけを弁護士紀藤正樹の発言やリークにより、
作り出されたと主張して懲戒請求を申し立てたが、却下された。

これを受けて、2014年7月14日、
日本弁護士連合会に異議申立を行っている。

マリエル
荒川放水路バラバラ殺人事件(あらかわほうすいろバラバラさつじんじけん)とは、
1952年5月10日に東京都板橋区で発生した殺人・死体損壊事件(バラバラ殺人)。
「巡査バラバラ殺人事件」(じゅんさバラバラさつじんじけん)とも呼ぶ。

マリエル
【事件の概要】
1952年5月10日、東京都足立区にある荒川放水路(通称:日の丸プール)で、
新聞紙にくるまれた胴体だけの男性遺体が浮かんでいるのを、
近くで遊んでいた少女が発見。
5日後には同じ放水路で頭部が、その翌日には両腕が発見された。

発見された頭部からモンタージュ写真が作成されると、
被害者と思われる警察官の男性が捜査線上に浮上。
そして、しばらく前に行方不明となっていた
板橋警察署の巡査(当時28歳)とわかった。

5月17日、捜査により小学校教諭である被害者の妻(当時26歳)が
事情聴取され、犯行を認めたため逮捕。
妻の母親(当時51歳)も死体損壊に関わったとして逮捕された。

供述によると、酒好きで乱暴者の夫(多額の借金に加えて暴力団との交友関係があり、
上司が素行を監視していたという)に常日頃から加害者である妻は
暴力を振るわれており、犯行当夜も泥酔して帰宅した夫に
意見したところ暴力を振るわれ、前途を悲観した妻は
夫が寝入ったところを紐で絞殺。
目を覚ました母親と共に遺体をバラバラにして荒川放水路に遺棄した。
バラバラにしたのは遺体の処理を容易にするため。

10月(12月とする資料あり)、東京地裁において妻に懲役12年、
妻の母親に懲役1年6月(4年とする資料あり)の判決が下された。
ともに栃木刑務所に収監された。妻の母親は翌1953年病気のため獄死。

マリエル
生体腎移植臓器売買仲介事件(せいたいじんいしょくぞうきばいばいちゅうかいじけん)とは、
暴力団が臓器売買を仲介していた事件。

マリエル
東京都江戸川区の内科医院院長は慢性腎不全を患っていたが、
人工透析による治療に負担を感じたため、
暴力団関係者を介して臓器を買うことを決意。
2009年10月から2010年4月に暴力団関係者を介して
臓器提供者を虚偽の養子縁組として役所に届け、
親族同士の生体腎移植を装って腎臓の提供を
受ける約束をしてドナー紹介の見返りとして
暴力団関係者に現金1000万円を支払った。
しかし、追加報酬で折り合いがつかなかったため途中で頓挫し、
別のドナー男性と虚偽の養子縁組をした上で、
2010年7月に紹介者の暴力団関係者に現金800万円を支払い、
宇和島徳洲会病院で移植手術を受けた。

2011年6月に事件が発覚し、レシピエントの内科医院院長、
2人のドナー(1人はドナー候補)、仲介役関係者など計10人が逮捕された。
1人を除く9人が起訴され、5人の実刑判決と
4人の執行猶予付きの有罪判決が言い渡された。

日本における臓器売買において
暴力団の関与が明るみに出た初めての事件である。

マリエル
ここまでご覧していただきありがとうございました。
お楽しみいただけましたらツイートや
記事の拡散などを宜しくお願いします。

【アイコンキャラ朗読】宇都宮主婦散弾銃射殺事件/江田島中国人研修生8人殺傷事件

マリエル
宇都宮主婦散弾銃射殺事件(うつのみやしゅふさんだんじゅうしゃさつじけん)とは、
2002年7月4日に栃木県宇都宮市に発生した殺傷事件である。

マリエル
【事件の内容】

この事件では、加害者A宅と被害者B宅との
ちょっとしたトラブルから両家の隣人戦争が勃発。
当初は一方が庭の芝生を張り替えたらもう一方も芝生を張り替える、
一方が自動車を購入したらもう一方も
自動車を購入するといった程度だったが、
A宅で加害者の妻が脳卒中で介護が必要になった事が
事態を悪化させ、加害者の妻がある日B宅の布団を叩く音に
不快感を示したのに気づいた加害者が散弾銃で
B宅を銃撃しB宅の主婦を殺害、B宅主婦の娘にも
銃撃を加えて重傷を負わせた。その後、加害者がA宅内で
散弾銃を口にくわえて自殺しているのが発見された。
この事件は、銃規制の厳しい日本で隣人戦争の末に
加害者がA宅に銃撃を加え、一人を射殺したという
衝撃的な事件として社会に受け止められ、
日本における銃規制の強化につながった。(これまでに、
日本において隣人トラブルが殺人事件に発展することはあったが、
ほとんどの場合凶器は包丁などの刃物であり、
散弾銃などの銃を凶器として使用した例はなかった。)

マリエル
江田島中国人研修生8人殺傷
事件(えたじまちゅうごくじんけんしゅうせい8にんさっしょうじけん)とは、
2013年3月14日に広島県江田島市のカキ養殖加工会社で、
中国人の技能実習生により同工場の
日本人経営者を含めた社員8人が殺傷された事件。

マリエル
【概要】

2013年3月14日、遼寧省大連市出身の中国人研修生(以下、研修生)が
工場の従業員を襲撃、工場の男性経営者社長(以下、経営者)と
女性従業員の2名が死亡、工場の従業員合わせて6名が
重軽傷(6名のうち1名は2013年3月14日報道によると重体)を負った。
研修生は現場にて現行犯逮捕された。
経営者は胸などに多発刺傷、多発外傷があり、
スコップで頭を何回も殴られ殺害、
女性従業員はスコップで頭を殴られて殺害された。

研修生は犯行直後に通りかかった軽トラックを
スコップで襲撃しフロントガラスを損壊していた。

日中友好経済協同組合(江田島市大柿町)に紹介されて
来日した研修生は日本語が理解できず、周囲から孤立しており、
殺害された経営者と日頃から言い争いが絶えなかった。
広島県警への取材によると、研修生は経営者からの叱責や、
低賃金に恨みを募らせていたと供述。
研修生は体調不良と称して怠業し、
無断外出しようとしたところを経営者に叱責され逆上し、
その直後に犯行に及んだ。
犯行時は激高してではなく、無言で被害者を襲撃した。

研修生は犯行後、カキ用の工具やスコップで自らを傷害しはじめた。


経営者と研修生は争いが絶えなかった一方で、
逆に研修生の面倒を見ていたとの証言もある。

事件の背景には過疎化、高齢化が進む同島内で、
カキ工場等における労働力の調達を外国人研修生に
依存していたことがあると見られている。
日本テレビ放送網広島テレビ放送の作製した
ドキュメンタリー『名ばかり実習生 外国人実習制度の光と影』で
遼寧省大連市を調査したところ、研修生を見たことがあるという人や
住民としての公文書の存在が確認できなかった。
番組内では技能実習制度は祖国で就いている職業の技能を
向上させる目的で先進国日本の技能を学ぶ制度である為、
海に近く漁の盛んな遼寧省大連市出身と
偽装したのではないかと推察している。

農林水産業への中国人研修生を巡っては、2006年に千葉で、
2009年に熊本でそれぞれ受け入れ先などが
中国人研修生に殺害される事件が生じていた。

マリエル
【犯人】

働く者の相談室くれ代表の米今達也は2015年に始まった裁判の
傍聴のため来日した研修生の母と姉に会って
研修生の生い立ちと来日の経緯を調査した。
研修生は丘陵地帯に市域が広がる遼寧省阜新市の
農家出身で実家の農業を手伝っていた、
北京市で2か月、内蒙古で2か月、トラックの運転手をしていた
経歴がありその後は再び農業に従事。
その後、とある女性が技能実習制度の話を持ってきた。
6,000元(当時1人民元=13円、6,000元=78,000円)を払い、
不足分の15,000元(101,400円)を
年利18%の利子(1年の利息2,700元=35,100円)で借り入れる。
日中関係史情勢も悪かったが止めようにも
既に払ってしまった金は返らず借金も残った事から
技能実習生になる事を決意、家を担保に入れ、
姉と姉の夫も連帯保証人となった。
更に、送り出し機関が20,000元(260,000円)を要求、
母は身内から借金して分割で支払う。
技能実習制度を利用出来るようになるために
総額41,000元(533,000円)支払った計算となる。
事件後、送り出し機関の社長と思われる人物より母に
「マスコミの取材は断るように。
本人が農民であることを言わないように。言うと、罪が重くなる。」と忠告の電話が入った。

研修生は謝罪の言葉を口にすることは無かった。

マリエル
【裁判】

2015年3月13日、広島地裁の裁判員裁判は被告人に
無期懲役判決を言い渡した。動機については、
「さみしさや言葉の壁から精神的に追い詰められていた」として
計画性を否定し、外国人実習制度については
目的通り運用されていない部分があると指摘しつつも
被告人が稼ぐ目的で来日し、帰国の時期が近づいていたことから、
制度の不備と事件との関係については否定した。
検察と被告人は控訴しなかったため、無期懲役判決が確定した。

マリエル
【事件後の影響】

江田島市では事件後に「外国人市民支援会議」を設置。
2013年9月に実習生を招いたフットサル大会を、
2014年3月9日には住民と実習生の交流イベントを開催した。

マリエル
ここまでご覧していただきありがとうございました。
お楽しみいただけましたら
記事の拡散などを宜しくお願いします。

【アイコンキャラ朗読】佐賀替え玉保険金殺人事件【寸劇上等】

ラクス
佐賀替え玉保険金殺人事件(さがかえだまほけんきんさつじんじけん)とは
1981年(昭和56年)1月22日に発生した殺人事件。


登場人物
伊藤誠
水産会社経営のS役

桂言葉1
その妻役

西園寺世界1
事務員で愛人役

ムルタ・アズラエル4
替え玉の男性役


ラクス
大体のあらましは、こうです。
多額の借金を負った北九州市の水産会社社長Sが
自らに掛けた数億円もの生命保険金をだまし取ろうと、
妻・K美や愛人・T子と共謀、
無関係の第三者を身代わりとして殺害したというものです。


伊藤誠
うーむ。最近、会社が経営不振で借金が多く
このままだと倒産する以外、他に無い。
何とかしなければ。

伊藤誠
(何かをひらめいた)ならば、あの方法しか無い。

西園寺世界1
何よ?

桂言葉1
どうしたのですか?

伊藤誠
実は、かくかくしかじか・・・

西園寺世界1
アンタ、気は確かなの?

伊藤誠
だが、これしかないんだ。
もう他からの融資は不可能だ。

桂言葉1
でも、その方法しかないかも?

西園寺世界1
アンタねえ。

桂言葉1
じゃあ、貴女は他に貸してくれる当てでもあるのですか?


ラクス
そして事件は、それから数日後に起こりました。
犯人のSは競艇場で親しくなったお目当ての男性を
あらかじめ用意しておいた自分の車で連れ回した。

そしてその日の夜の漁港の護岸。
そこには誰も居なかった。

ムルタ・アズラエル4
ふう。やっぱり、夜の海は静かで落ち着くなあ?

伊藤誠
・・・・・・許せ。

ムルタ・アズラエル4
は?

ハーレム天国だと思ったら1
これも仕方が無い事なんだよ。

ムルタ・アズラエル2
うわっ!いきなり何を!?ぐはっ!がはっ!

ハーレム天国だと思ったら4
ごめんね?
キミには罪は無いんだが、
こうするしか無かったんだ。

ラクス
こうしてこの男性はSによって殴打された。

そしてその後、車の運転席に乗せられ
エンジンをかけた車ごと夜の海へと落とされた。

夜の海へ車が転落


伊藤誠
さて、後はどうするかだな?

ラクス
そしてSは用意した別の車で去って行った。

事件が発覚し捜査に当たった佐賀県警も
交通事故を偽装した殺人だと即座に見抜いたが、
被害者の身元については、まんまとだまされた。
所持品の中にSの名刺があり、
連絡を取ったK美が夫だと認めたため、
それ以上の確認をしないまま
「S殺害事件」として福岡県警と合同捜査を開始した。

間もなくSの会社の従業員であり、愛人でもあったT子が逮捕され、
殺害を自供したが、もう一人、重要参考人として事情聴取を
受けたのが妻のK美だった。本来は相いれないはずの女二人が
手を組んでSを殺害した疑いが浮上し、地元は騒然となった。
だが、事件にはさらなるどんでん返しが待ち受けていた。
連日の事情聴取にK美がついに、事件を計画し、
実行したのがS本人であり、遺体は別人であることを自供したのだ。

伊藤誠
もはや、これまで。
生きて虜囚の辱めを受けるなかれ。

ラクス
潜伏中だったSはこれを知って逃げられないと悟り、
国鉄新下関駅で列車に飛び込んだ。

S自殺の急報が警察に入ったのは、
替え玉殺人だったことを発表する
記者会見の直後だったと当時の新聞は伝えている。

ここで佐賀県警の致命的失態が問題となった。
K美の「遺体は夫」との言葉を鵜呑みにし、
指紋照合さえ怠っていたことが明らかになったのだ。
遺体の身元さえきちんと確認していれば、
最初から替え玉殺人としてSの関与が疑われ、
結末は違っていた可能性があるだろう。
哀れなのは身代わりで殺害された男性とその遺族で、
男性はすでにSとして弔われていたため、
本来の葬儀の際には遺骨さえなく、
遺族は「警察がしっかりしてさえいれば…」と泣き崩れたという。

佐賀県警はこの後も多くの事件の捜査において失態が目に付き
“仕事が捌けない”ことを相次いで露呈し、地元からは
佐賀県警察本部の略称を
もじって「さばけんけい」と揶揄されることになりました。

ラクス
ここまでご覧していただきありがとうございました。
お楽しみいただけましたら
記事の拡散などを宜しくお願いします。

【アイコンキャラ朗読】門司餓死事件

マリエル
門司餓死事件(もじがしじけん)とは、
福岡県北九州市門司区で2006年4月から5月にかけて、
2ヶ月間で3名の餓死者が出た事件。

一件目は4月21日、市営団地で78歳の母と49歳の長女がともに餓死しており、
二件目は5月24日、市営団地で次男からこれ以上の支援を拒否された
56歳の男性が餓死していた。後者のケースでは、
男性は生活保護の受給申請に2度赴いていたが、
市は次男へ頼るよう求めていた。

マリエル
【事件の背景】

NHKの報道によれば、北九州市は昭和前期に鉄鋼業などにより、
大量の人口が流入したが、その後エネルギー革命で隣接する
筑豊地区にある筑豊炭田の炭鉱が閉鎖されたことにより、
大量の貧困者が発生した。このため、生活保護の増加により
市財政が圧迫されることを防ぐため、
北九州市保護課では数値目標を決め、生活保護件数を抑えていたとされる。

マリエル
その後の顛末

この問題はマスメディアの報道によって全国的に知られることとなり、
直後の市長選挙では生活保護行政の改善を訴えた候補者が当選した。
2007年8月24日に弁護士や福祉関係者らによって
福岡地検小倉支部に告発が行われた。
被告発人は小倉北区福祉事務所長。
告発人は364人4団体(後に追加され合計680人)であった。
また2007年10月には「北九州市の生活保護行政を検証する第三者委員会」が
北九州市の生活保護行政の抜本的な改善を勧告し、
市長もこれを大筋で受け入れる意志を表明した。

マリエル
ここまでご覧していただきありがとうございました。
お楽しみいただけましたら
記事の拡散などを宜しくお願いします。

【アイコンキャラ朗読】東大阪クラクション殺人事件 【寸劇上等】

アスラン
東大阪クラクション殺人事件(ひがしおおさかクラクションさつじんじけん)とは、
1977年(昭和52年)に発生した殺人事件である。
別名を東大阪警笛殺人事件ともいう。
なおクラクションとは事件発生の原因であるが、
被害者に過失があるものではなく、いわゆる逆ギレであった。

登場人物
ムルタ・アズラエル4
事件の犯人役


アスラン
【事件の概要】

1977年8月27日の夕方5時ごろ、
大阪府東大阪市内の市道は幹線道路の抜け道で
あったため帰宅ラッシュで混雑していた。
この時、前が進んだにもかかわらず一台の
ライトバンが進もうとしなかった。
そのため自宅まで100mであった帰宅途中の会社員の男性(当時37歳)は、
前のライトバンに警笛を鳴らした。この行為は日常どこにでも
見られるものであった(ただし厳密には法律上警笛の目的外使用にあたる)。
実際に目撃者のなかには、拳銃の発射に気付かず、
帰宅後に証言のために警察へ出頭した者もいたほどだった。

しかし、ライトバンを運転していた元暴力団員(当時32歳)は
警笛を鳴らされたことに腹を立て、
会社員のライトバンに詰め寄り、
所持していた拳銃で会社員の首に発砲し、
助手席にいた愛人(当時33歳)と逃亡した。
会社員は病院に搬送されたが午後6時に死亡した。
この事件は「クラクション殺人」として
大きく報道され、社会問題化した。

警察は被疑者の愛人を割り出し、8月30日に同行を求めた。
愛人は服毒自殺しようとしたが救命措置で助かり、
元暴力団員の犯行を認めた。
被疑者は傷害と覚せい剤取締法違反などで逮捕歴18回、
前科5犯の常習犯であったが、殺人の前科はなかった。
犯行に使用した拳銃は六連発で弾丸が残っており
同様の事件を起こす恐れがあったが、
9月2日に潜伏先の大阪市内のホテルで逮捕された。

アスラン
恐らく、こうだろう?



ムルタ・アズラエル4
まーったく、背後からプップーとうっせー。

(だが、それでも鳴らされまくった。)

ムルタ・アズラエル1
あーもー!
いい加減、我慢ならんッ!!

ジェリド・メサ1
あ?何だ、いきなり。

ムルタ・アズラエル1
おめえ、いちいち後ろからプップープップーうるせえんだよ!?

ジェリド・メサ1
アンタがもたついて、一向に前にすすまないからだろうが?

ムルタ・アズラエル1
んだと、コノヤロー!
これでも喰らいやがれッ!!

(こうして、拳銃を発射し運転者を殺した)

ムルタ・アズラエル1
はあはあはあ。

フレイ・アルスター
ちょっと、どうしたの?
顔色がおかしいわよ!?

ムルタ・アズラエル1
何でもねえ、行くぞ!

(そして警察が捜査に乗り出す)

葛木
命を粗末にするのはイカンな。

フレイ・アルスター
・・・・・・・。

葛木
それであの件は彼の仕業なんだね?

フレイ・アルスター
ええ。

(そして潜伏先のホテルに居る所を見つけ出す)

葛木
銃刀法違反と殺人の容疑で逮捕する。

ムルタ・アズラエル2
あーんまりだー!

アスラン
被疑者は刑事裁判では犯行時に覚醒剤を服用しており、
その幻覚作用の影響下にあり心神耗弱であったことを主張したが、
犯行後に大阪府内を逃亡したことから責任能力に問題はないとされた。
検察側から無期懲役が求刑され、
一審の大阪地方裁判所は無期の判決を下した。
二審の大阪高等裁判所は1979年7月28日に、
心神耗弱は認められず犯行動機も身勝手であると非難したものの、
当時の有期刑では最長の懲役20年に減刑した。
その理由は、無期でも量刑不当ではないが反省しているというものであった。

アスラン
なお、被害者遺族に対し労働省(現在の厚生労働省)は
勤務先から帰宅途中の労働災害と認定し
1977年12月に遺族年金支給を決定した。労働省の見解は
「ピストルを持った無法者の横行は、
キバをむいて街をうろつく野犬と同じ」というものであった。

アスラン
ここまでご覧していただきありがとうございました。
お楽しみいただけましたらコメントと
記事の拡散などを宜しくお願いします。

【アイコンキャラ朗読】西成区麻薬中毒者殺人事件【寸劇上等】

ムルタ・アズラエル1
あんにゃろう。
人のことを女児にいたずらする性犯罪者役とか
強盗殺人を犯して刑務所で死刑になるまでの間、
歌人としての日々を過ごしたてた役とか
ウイスキーに一服もって不倫相手の亭主を殺った役だの
散々、やりたい放題の限りを尽くしやがって。

どうしてくれようか?

ムルタ・アズラエル4
ん?丁度いい話があった。
これは仕返しに打ってつけだ。

ムルタ・アズラエル4
西成区麻薬中毒者殺人事件(にしなりくまやくちゅうどくしゃさつじんじけん)とは、
1982年(昭和57年)に大阪市西成区で起こった無差別殺人事件である。

登場人物
シン
無職の粗暴で野蛮で卑怯な薬物依存症の犯人役

ムルタ・アズラエル4
【概要】

1982年2月7日午前9時45分、
Hは自宅のアパートで妻A子をめった刺しにして殺害。
息子のBも刺して重傷を負わせた。
さらにアパートの住人も次々と包丁やハンマーなどで襲い、
結果的に5分の凶行で4人が死亡し、
3人が重軽傷を負う大惨事となった。
その後、Hは路上をうろついていたところを
警察に取り押さえられて逮捕される。

ムルタ・アズラエル4
【犯人について】

このアホは学生時代から
暴力、詐欺など様々な事件を起こしては警察に補導された。

シン
あ?てめえ、このオレとやり合ってのか?
ボコボコにしてやんよ。

(早速、暴行に及ぶ)

シロッコ1
あべしッ!ひでぶッ!

シン
けっ!ヘタレの分際で調子こくからだ。

葛木
警察だ!
橋田忠昭!今度という今度は署へと、しょっ引いてやる!

シン
ふん。税金泥棒の走狗めが?

ムルタ・アズラエル4
15歳の頃に先輩から

山口隆史
そんなキミに、いいモノをあげる。

シン
お?どれどれ?
凄く、気分が良くなるぜ。

ムルタ・アズラエル4
もらった覚醒剤を使用し、以後は中毒に陥った。

そんなのが両親に知られる。

西園寺世界1
ちょっと、忠昭!
アンタ、何持ってるのッ!?

伊藤誠
それって覚せい剤だろ!?
早く、警察に電話!

シン
おっと、やべやべ。
逃げるが勝ちだ。

ムルタ・アズラエル4
とうとう半ば逃げ出す形で家出した。

その後場所を転々としながら
とある街の雑踏においては

凛 4
ちょっとヤダ!
アタシの財布が無いッ!?

シン
けけけ。いただきいただき。
結構お金を持ってんな?

ムルタ・アズラエル4
そして閑静な住宅街においては、
裕福な留守宅に潜入しては

シン
我ながら目をつけただけの事はあるな?
少なく見積もっても二百万や三百万どころじゃねえ程
貯えを持ってたとはな?

ムルタ・アズラエル4
てな感じで
スリや空き巣を繰り返して5回逮捕、3回刑務所に服役している。

葛木
アホが悪さばっかりしやがって!
今度という今度は最大手の刑務所で頭冷やしてもらうからな!?

シン
ふん。

裁判長
映姫_怒り
これで何度目ですか!?
まったく懲りないんだから。

シン
けっ!

ムルタ・アズラエル4
そしてこのアホが
妻A子と結婚したのは、A子が当時ホステスだった頃だという。
A子がHの本当の姿を知った頃には息子も生まれ、
籍も入れていたために後戻りのできない関係になっていた。
Hは覚醒剤を買う金欲しさに妻にソープランド勤めをさせたという。

フレイ・アルスター
ちょっと、何でアタシが
そんな所に勤めないといけないのよッ!?

シン
うるせえ!
又しばかれたいんかッ!?

ムルタ・アズラエル4
妻の収入だけでは不安を覚えたアホは、
両親に対して「更生した」、「息子(両親から見れば孫)が生まれた」と
述べて、「色々生活費がかかるから援助してほしい」と
言葉巧みに預金通帳や家の権利書を持ち出して家を売却し、
その金を覚醒剤のために使った。
父親はこれが原因で精神病院に入院する羽目になり、
やがて後に死亡したという。

伊藤誠
あんなアホに裏切られたとは。
鬱だ死のう。

ムルタ・アズラエル4
このアホは覚醒剤の長期にわたる乱用が原因で、
幻覚や幻聴に襲われるようになった。
それが原因による被害妄想で妻を切りつけ、
殺人未遂で逮捕され、懲役3年の実刑判決を受けた。

裁判長
映姫_怒り
又アンタですか!
アンタはどんだけ道徳や倫理が欠けているんですかッ!?

まったく、障害者就労支援制度による国からの
給付金の詐取が目的で一度は雇った
ここのブログ主を追い出そうと
暴力を振るい怪我までさせた
解体業の経営者ですかアンタはッ!?

シン
反省してまーす(チッ、うっせーよ)。

ムルタ・アズラエル4
このアホは出所後も妻の収入や生活保護による援助などで
覚醒剤を乱用していた。
このため、幻覚や幻聴に襲われるようになり、
妻や息子に対して暴力を振るうなどしていた。
このような奇行を周辺住民も不安視し、
警察に通報したりしている。
そして前述の1982年2月7日の凶行となった。

このアホは取り調べの際、動機について

シン
アパートの住民が自分に嫌がらせするから復讐した。
妻も息子も宗教に凝りグルになっていたからやった。

ムルタ・アズラエル4
と供述している。

ちなみに妻は、
このアホの奇行に対し自殺未遂を起こし、
そのため宗教に救いを求めたという。

1984年4月20日、大阪地裁は覚醒剤による心身衰弱状態であったとして、
無期懲役の判決を下し、控訴しなかったために刑が確定した。

裁判長
映姫_呆れ
はあ。ここまで
治療方法が実在しないレベルのアホとなると
もう怒る気もしないわ。

ムルタ・アズラエル4
ここまでご覧していただきありがとうございました。
記事の拡散などを宜しくお願いします。

シン
てめえ、このオレを侮辱し舐めきった態度
後で支払いきれない代償を払うことになるぜ?

【アイコンキャラ朗読】首里幼女誘拐殺人事件【寸劇上等】

シン
首里幼女誘拐殺人事件(しゅりようじょゆうかいさつじんじけん)とは、
1964年7月21日にアメリカ占領下の沖縄の那覇市で
発生した誘拐殺人事件のことである。

ムルタ・アズラエル4
犯人役

桂こころ
被害者の幼女役

シン
【事件の概要】

1964年7月21日未明、那覇市首里崎山町の住宅街において
就寝中の幼女(5歳)が誘拐され、
同日午前10時半に園比屋武御嶽で遺体で発見された。

遺留品として自宅から約150m離れたところから
幼女が身に着けていたショートパンツと下着が発見され、
遺体発見現場近くには犯人のものと
思われる下着と下駄が発見された。

シン
【捜査】

琉球警察は、土地鑑のある変質者による犯行として捜査を進めた。
当日、犯行現場近くで二人組の男がうろついていたという
住民からの情報を入手し、早速その2人を取り調べたが、
2人はシロであった。しかし2人は遺留品の下駄を見て、
犯行前日に犯人と思われる男と酒を飲んでいたことを証言した。
この証言から警察は近所に住む男(27歳)を逮捕した。

犯人は以前にも婦女暴行を起こした
性犯罪の常習犯で、2ヶ月前に出所したばかりであった。


犯行前日、犯人は取り調べられた2人と一緒に酒を酌み交わした。
2人が帰った後に、以前に夜這いをかけたことがあった
被害者宅に侵入し幼女を誘拐した。

しかし、幼女が泣き出したので首を絞めて殺害し、
園比屋武御嶽で性器を
刃物で抉り取って屍姦した後、放置したという。

シン
つまり、こうだ。

ムルタ・アズラエル4
ひっく。
ちょっと飲みすぎたかなあ?

でも長い間、収監されていたから
(性欲が)溜まっちまって、何処かの家にでも
夜這いかけたいよなあ?

ムルタ・アズラエル4
お?そういや、以前に夜這いかけた家があったな?

シン
そしてこのアホは、その以前にやらかした事がある
家に行き、不法侵入して
寝ている奥さんなり、その妹なり誰かを探し出す。

ムルタ・アズラエル4
お?結局この家に居るんはこの寝ているガキだけか?
まあいい。この際、贅沢は言ってられないか。

桂こころ
え?何?誰、この変なオジサン!?

シン
こうして拉致し、いたずらをやろうとした。

桂こころ
やだーっ!怖いッ!
変なオジサンなんて嫌ーッ!?

ムルタ・アズラエル1
ボクは志村けんかぁッ!?

変なおじさん

シン
こうして幼女の首を絞めて殺害し、
園比屋武御嶽で裸にして
性器を刃物で抉り取って屍姦した後、放置した。

そして後に逮捕となった。

シン
【裁判と犯人の自殺】

中央巡回裁判所で初公判が開かれ、犯人は起訴事実を認めた。
しかし弁護側より精神鑑定が請求されたため、
公判を一旦中断して精神鑑定をすることになった。

1965年3月10日、犯人は沖縄刑務所内で首吊り自殺を遂げ、
裁判は被告死亡で公訴棄却となった。

ムルタ・アズラエル1
この野郎!この前から何なんだッ!?

シン
ここまでご覧していただきありがとうございました。
記事の拡散などを宜しくお願いします。

ムルタ・アズラエル1
てめえ、後で覚えていろッ!?

【アイコンキャラ朗読】那覇毒入りウイスキー殺人事件【寸劇上等】

シン
那覇毒入りウイスキー殺人事件(なはどくいりウイスキーさつじんじけん)とは、
1963年1月15日にアメリカ占領下の沖縄の那覇市で発生した殺人事件である。



ムルタ・アズラエル4
犯人役

フレイ・アルスター3
被害者の妻役

シン
【事件の概要】

1963年1月15日、那覇市の販売店店主が旧正月(1963年の旧正月は1月25日)の
お歳暮であるウイスキーを一杯飲んだところ、
悶え苦しんだ後に死亡した。
ウイスキーから、青酸ソーダが検出された。

捜査の結果、3日後に
被害者の妻の愛人が殺人容疑で逮捕された。

シン
【犯行の動機】

被害者の妻と犯人は愛人関係にあり、
犯人は常日頃から被害者の悪口を聞かされていた。
そこで、犯人は被害者を殺して
被害者の妻と一緒になろうと思い立ち犯行に及ぶ。

フレイ・アルスター3
アイツっていつもアタシの事をいじめてばかりのサイテーなヤツなのよ。

ムルタ・アズラエル7
ふむふむ。
なら、ボクが何とかしよう。

シン
そして、事件は起こる。

ムルタ・アズラエル4
このお歳暮に贈りつけるウイスキーに
コイツを仕込んでやろう。

青酸カリ

ムルタ・アズラエル4
これで、出来上がり。d(^-^*)

シン
やがて、旧正月を迎える。

キラ
いつもみんなお歳暮もありがとう。
ん?何かいいウイスキーが届いてる。

なら早速、中身を空けてグラスに注ごう。

那覇毒入りウイスキー殺人事件1

キラ
んぐんぐんぐ。
あー美味しかった。

フレイ・アルスター
・・・・・・・。

キラ
くあっ!く、苦しい・・・!

フレイ・アルスター
a665ba5894b0d09e4796d6d428057849_400


シン
こうして販売店店主は死んだ。

だが、那覇警察署はウイスキーを中身と容器を調べ
わずかについた指紋から犯人を特定し逮捕した。

葛木
殺人容疑で逮捕する。

ムルタ・アズラエル2
ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

シン
そして。

葛木
奥さん。
貴女も殺人の教唆で逮捕します。

フレイ・アルスター4
ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

シン
【裁判】

同年6月11日、中央巡回裁判所は、犯人に懲役15年の判決を言い渡した。

無論、被害者の妻も遠回しに犯人に
被害者の謀殺を依頼した結果としてタダでは済まされなかった。

シン
ここまでご覧していただきありがとうございました。
記事の拡散などを宜しくお願いします。

【アイコンキャラ朗読】島秋人【寸劇上等】

シン
ちなみにこの記事は亡き故人を貶めたり
冒涜したりする事を目的とはしていません。

その辺をご理解している方のみ、ゆっくりしていってね?

登場人物
ムルタ・アズラエル4
島秋人役

伊藤誠桂言葉1
襲われた農家の夫婦役


葛木
刑事役


シン
島 秋人(しま あきと、本名中村 覚(なかむら さとる)、1934年6月28日 - 1967年11月2日)は、
新潟県で強盗殺人事件を引き起こした元死刑囚であり、
1960年の一審の死刑判決後、1967年の死刑執行までの7年間、
獄中で短歌を詠みつづけた歌人である。1963年に毎日歌壇賞を受賞。

シン
生い立ち

のちの島秋人こと中村 覚は1934年朝鮮で生まれた。父は警察官で、
仕事の関係で千葉の幼い頃から朝鮮や満州を転々とした。
終戦を迎える頃、一家は故郷・新潟県柏崎に引き揚げる。
ところが終戦を境に父親が公職追放となり、
肺結核を患っていた母親は過労がたたったのか
栄養失調で亡くなってしまう。
母は今際の際に食べたいと言ったタラコと塩じゃけの
小さな切り身も半分も食べずに、幼い子らに分け与えて逝ったという。
まだ幼い彼や弟妹たちは家事もろくにできぬまま、家に残された。

恵まれない生活のなかで蓄膿症、百日咳、中耳炎などを患い、
そうしたことも関係あってか集中力や根気に欠け、
学校での成績は落第点。教師やクラスメイトからは「低能児」と呼ばれた。
小学校5年の時には試験で0点をとり、
教師から棒で殴られるなどして、ほうほうの体で逃げ回ったこともあった。

中学卒業後、千葉はガラス工場やクリーニング店で働き始めるが、
いずれも長くは続かなかった。千葉は次第に自殺願望を持ち荒れ果て、
強盗殺人未遂などを犯して特別少年院に入れられた。
さらにそのあと放火で懲役4年を言い渡されている。
服役中にヒステリー性性格異常と判断され、
医療刑務所から新潟県長岡市の県立療養所に入れられた。

ムルタ・アズラエル2
ちきしょょょぉぉぉぉおおおお!
何でボクの人生は碌でもないモノばっかりなんだぁッ!?

シン
1959年2月、療養所を出て父親のいる三条市に戻り、研磨工場で働き始める。
だが3月下旬になると突然に家出、ぶらぶらしながら上京を決意した。
しかし、そのための資金などどこにもなかった。

やがてこれが後の身の破滅へと繋がる事件を起すとは
誰も知らない。無論、当人も。

シン
そしてそれは4月に入って5日目に発生する。
ただでさえ空腹で不眠状態なのに
新潟県小千谷の寺で宿泊を住職に願い出たのだが、
住職からすれば薄汚れた身なりの胡乱な青年に
一宿一飯を施すなど寺の沽券にかかわると思ったのか
それを断られたのが動機の発端だ。

ムルタ・アズラエル1
あんの、クソ坊主め!
何が御仏の教えに背くだッ!
困ってる者を助けない方が御仏に背いてるじゃねえかッ!?

シン
アンタはもうすぐ、地獄へ堕ちるための
裁きを受けるだけの事件を起すのにw

ムルタ・アズラエル1
うるせーよバカ!

シン
んで、遂に事件の舞台となる
とある農家へやって来た。

ムルタ・アズラエル7
うーむ。何とか食い物とお金を手に入れないとな?

ムルタ・アズラエル4
おろ?あそこに大きな農家がある。
あそこへ行って見よう。
これはラッキー♪

シン
そしてその農家の軒先にしゃがみ込んで潜む。

桂言葉1
いやあああ、ドロボー!!

シン
その時、人の気配に気づいた奥さんが顔を出し、
千葉の姿を認めてそう叫んだ。
驚いた千葉はあわてて奥さんを追って、
家の中に入っていった。
そこでこの家の家族全員を縛りあげ、
始発電車が出るまでの5時間近くねばっていた。

伊藤誠
お前は誰なんだ!
何でこんな事をやるッ!?

ムルタ・アズラエル1
悪いが、この家の食い物と金を頂いてもらう。

シン
明け方になって、一旦Sさん宅を出たものの、
100mほどした所で舞い戻り、
金づちでSさんを殴り、
止めに入った妻・M子さんをタオルで絞め殺した。
そして家にあった現金2000円と時計などを奪った。

ムルタ・アズラエル1
世の中がいけないんだッ!
世の中がボクを不幸にするからッ!!

シン
だが数日後、三条市内で

葛木
警察だ、逮捕する。

ムルタ・アズラエル1
ちきしょょぉぉぉぉおおおおおおおッ!!

シン
1960年3月に新潟地方裁判所長岡支部は
「数多くの凶悪事件の前科と長期の服役という前歴があるうえ、
さらに本件を起こし、情状酌量すべき点はない」として死刑判決、
1961年3月に東京高等裁判所で控訴棄却、
1962年6月に最高裁判所で上告棄却され、死刑判決が確定した。

シン
1960年の新潟地方裁判所での死刑判決後、
拘置所で開高健著の「裸の王様」を読み、
絵を描くことによって暗い孤独感の強い少年の心が
少しずつひらかれてゆくという話から、
絵を描きたい、そして童心を覚ましたい、
昔に帰りたい思いがよぎるものの絵を描く事は出来なかったため、
せめて児童図画を見たいという思いから、
かつて自分の人生で唯一、中学1年生時の担任が図画の時間に
「君は絵は下手だが、構図が良い」と褒めてくれたことを思い出し、
その教師に児童図画を求め手紙を送る。
教師は差出主の元生徒を覚えてはいなかったが、
手紙に返事を書き、その際教師の妻が短歌を3首同封した。
しばらく文通を続け、この妻から勧められたことを
きっかけに短歌を詠みはじめる。
松山刑務所で得た俳句の素養が助けにもなり、
1960年末に小説新潮歌壇で佳作となり、
1962年からは毎日歌壇の窪田空穂選に投稿を開始。
同年1月28日に初入選を果たし、
その後も入選を繰り返し、
その存在が広く知れ渡ることとなる。
島の短歌に感銘を受け、
励ましの手紙を送った女性と養子縁組をし、
中村姓から千葉姓に変わる。
ちなみに名前の島秋人とは投稿する際のペンネームである。

シン
1967年11月2日、小菅刑務所(現在の東京拘置所)で死刑が執行された。
33歳没。この時の法務大臣であった田中伊三次は
同年10月16日に一度に23人の死刑執行を命令したが、
島もそのうちの一人であった。刑事訴訟法476条の規定では、
法務大臣の死刑執行命令5日以内に死刑を執行しなければならないが、
小菅刑務所では5人が執行対象者であったことから、
執行の準備ができないとして、
法務当局は死刑執行命令を検察が受け取った日を
「5日」の起点と解釈したという。

シン
という顛末であった。

ムルタ・アズラエル1
ひどいわッ!!!!

シン
ここまでご覧していただきありがとうございました。
記事の拡散などを宜しくお願いします。

ムルタ・アズラエル1
無視するなぁぁぁぁっ!

話を聞けやぁぁぁぁぁぁぁっ!!





【アイコンキャラ朗読】長崎市長銃撃事件/長崎市長射殺事件

マリエル
長崎市長銃撃事件(ながさきしちょうじゅうげきじけん)は1990年1月18日、
当時長崎市長であった本島等が右翼団体幹部に銃撃され、
全治1か月の重傷を負った殺人未遂事件。

マリエル
【事件の背景】

本島は3期目の任期中であった1988年12月7日の長崎市議会において、
自身の体験などから「(昭和)天皇にも戦争責任はあると思う」と発言した。
当時は昭和天皇の容体が悪化しており、
日本国内ではこのような天皇の評価に関連する発言に対して
自粛ムードが漂っていたため、この発言は大きくクローズアップされた。
元々は「天皇にも戦争責任はあると思う。
しかし、日本人の大多数と連合国軍の意志によって責任を免れ、
新しい憲法の象徴になった。
私どももそれに従わなければならないと解釈している。」という
趣旨の発言であったが、
マスコミ各社は「天皇の戦争責任はあると思う」と
言う部分だけを強調する形で報道した。

本島の支持基盤であった自由民主党は本島に対して
発言撤回を求めたが、本島が「良心を曲げることはできない」として
拒否したため、自民党長崎県連は本島を県連顧問から解任した。
また多数の保守系組織が本島を非難し、
多くの右翼団体(最大62団体80台の街宣車と260名の構成員)が
街宣車で長崎市に集結、本島に対して「天誅」を
叫ぶなど大々的に抗議活動を行った。
脅迫事件も13件発生し、6名が逮捕された。
また、本島を支持する署名活動も行われ論争状態にあった。
このような右翼による活動の対象は菊タブーと呼ばれるものであり、
言論封殺とされるものであった。
最終的に本島は右翼からの要求を拒否し、
この発言を撤回しなかった。発言から1年が経過し、
昭和天皇も崩御し右翼団体による抗議活動も
終息したかのように見えたため、
市長側から要請で長崎県警察による
身辺警護を解除して間もなく事件が発生した。

マリエル
【事件の概要】

1990年1月18日午後3時ごろ、
本島が長崎市役所玄関前で公用車に乗り込もうとしたところ、
背後から近付いてきた右翼団体正氣塾幹部の若島和美に
背後1メートルの至近距離から銃撃された。
弾丸は左胸部に命中したが、
肋骨に当たったため弾道が変わり心臓や大動脈などを外れ貫通したため、
全治1か月の重傷を負ったものの、一命を取り留めた。
なお、被疑者は銃撃直後倒れている
本島市長に「大丈夫か?」と声をかけている。

若島は、かつて本島が長崎県議会議員時代には
タカ派で日教組打倒を主張していたにもかかわらず、
市長になって「転向」したことから、
話し合いを申し入れたが拒絶されていたという。

マリエル
【裁判と事件後の動き】

市長を銃撃した若島は殺人未遂罪等で起訴された。
弁護側は、「銃撃は1発のみで左肩を撃っているから、殺意は無かった」として
刑罰が殺人未遂よりも軽い傷害罪の成立を主張したが、
動機からみて殺意があった事にまちがいないとして、
1審も控訴審もこの主張を認めず、
福岡高等裁判所が1991年9月7日に控訴を棄却し懲役12年が確定した。
若島は2000年に刑期満了で出所し、
その後2003年4月に長崎市長選に立候補したが落選している。

なお、正氣塾はその後も1991年3月1日に意見広告掲載拒否をめぐる
トラブルから長崎新聞社と長崎地裁に対する
銃撃事件などのテロ事件を起こしている。
また2006年8月に発生した加藤紘一宅放火事件を
正当化する趣旨の声明を発表している。
このテロ行為賛美の姿勢であるが
『自分らはテロ行為を否定できない。
話し合いだけなら、市民団体になってしまう』という
理論を主張している。現在でも団体のウェブサイトは、
「過去の主な活動」とするコーナーにこれらのテロ行為を「実績」としている。

マリエル
長崎市長射殺事件(ながさきしちょうしゃさつじけん)とは、
2007年4月17日に伊藤一長長崎市長がJR九州長崎駅近くの
歩道で山口組系暴力団幹部の男に銃撃され、死亡した事件。

マリエル
【概要】

2007年4月15日、長崎市長選挙が告示され、
4選を目指す現職の伊藤と新人3人のあわせて4人が出馬した。

4月17日午後7時51分、選挙運動の遊説をしていた伊藤が
JR九州長崎駅近く(長崎市大黒町)の自身の選挙事務所前に到着した。
待ち構えていた記者たちと会見を開く予定だったため、
事務所スタッフが記者らに市長が帰ったと
告げた直後の午後7時51分45秒ごろ、男に銃撃された。

使用された拳銃は5連発式の回転式拳銃で、
男は伊藤の背後から2発を発射し、
2発とも伊藤の背中に命中した。
伊藤は救急車で長崎大学医学部・歯学部附属病院に搬送されたが、
心臓と肺が裂けて既に心肺停止状態に陥っていたため、
心臓血管外科江石清行教授を中心とした医療チームが
人工心肺を用いて懸命に治療するも、
翌4月18日午前2時28分、胸部大動脈損傷による大量出血のために死亡した。

伊藤を銃撃した男は現場で直ちに通行人に取り押さえられ、
駆けつけた警察官に殺人未遂の現行犯で
逮捕された(後に容疑を殺人に切り替え)。

被疑者の男は指定暴力団山口組系水心会の幹部(会長代行)で、
逮捕時20発程の弾丸を所持していた。
報道によると、市が発注する公共工事を巡って市を恨んでいた、
あるいは自身の運転する車が市の発注した道路工事現場で
事故を起こした際に車両保険が支払われなかったため、と報道されている。
犯行当時の目撃証言により後日、送迎を行った者と
報道機関へ送った書面の代筆を行った者が逮捕されたが、
不起訴処分となっており、事件は幹部の男が単独で
行ったものと見られているが、動機には不明な点が残っている。
なお、事件の直前に被告人の知人男性からの電話が警察にあり、
6月27日の長崎県議会総務委員会では
警察の対応がまずかったのではないかとして議員らに批判された。

一方、男と30年来の付き合いがあり、
彼の弁護を務めたことのある弁護士の松尾千秋は、
市道工事現場での事故をめぐり、
同容疑者から市側を告訴する相談を
受けていたことを明らかにしている。
また男は、1989年7月に当時の長崎市長であった本島等に対し
「公表すれば問題になる写真を持っている」などとして、
1000万円を要求した恐喝未遂事件を起こして逮捕されている。

長崎市で市長が銃撃されたのは、
1990年の銃撃事件以来、2代連続で2度目であった。
銃撃した経緯が違うことから、
警察関係者は「この2つの事件は全くの無関係で、
直接的関係は一切ない」としているが、
1990年の事件の銃撃犯(右翼団体「正氣塾」の若島和美)は
容疑者の知り合いであったということが判明している。

マリエル
【政界の反応】

安倍晋三首相は、事件を受けて直後のインタビューで
「捜査当局において厳正に捜査が行われ、真相が究明されることを望む」と語った。

久間章生防衛大臣は、市長が治療を受けまだ存命中であった17日に
「万が一のことも考えないといけない」として
「投票日3日前を過ぎたら補充がきかず、共産党と一騎討ちだと
共産党(推薦)の候補者が当選することになる。
法律はそういうことを想定していない」と
補充立候補について発言、この発言に対しては
志位和夫日本共産党委員長が批判したほか、
塩崎恭久官房長官が不適切との認識を示し、
小沢一郎民主党代表は
「選挙が共産党だ、自民党だ、民主党だというレベルで論じる問題ではなく、
暴力で自分の不満や思いを遂げようとする何でもありの風潮を憂え、
きちんと考え直さないといけない」と述べるなど、与野党から批判を受けた。

翌18日には「選挙期間中に凶事があった時、
補充立候補ができるからまだよいが、できない時にどうなるのか。
制度の問題としてきちんととらえないといけない。
そういう話をするのは不謹慎だが、本当にそう感じた」と
選挙制度の問題について改めて言及した。

前任の長崎市長であった本島等は、
銃撃で伊藤が死亡したことについて
「2代にわたり市長が銃撃されるのは異常」とコメント(毎日新聞)した。

国際的には、平和市長会議の副議長であった伊藤が
死亡したことを受け、潘基文国連事務総長が遺憾と哀悼の意を表明している。

マリエル
【各メディアの反応】

当日はバージニア工科大学銃乱射事件が発生していたが、
日本国内のメディアでは本事件の方を大きく取り扱った。

当日は選挙期間中で報道関係者が
多数事務所や周辺地域で取材していたため、
各局の反応は早く、事件後の午後8時台には事件の第一報が流れている。
またNHK長崎とNBC長崎放送は現場の周辺地域に放送局を
構えていたことから撮影体制をすぐに整えており、
倒れた伊藤の姿、選挙事務所員や警察官に取り押さえられた犯人の姿など、
事件発生から余り時間の経っていないときの様子を報道している。
さらに、現場のすぐ近くにあるNHK長崎放送局では、
気象予報カメラの音声に2発の乾いた銃声が記録されていた。

犯行当日、テレビ朝日『報道ステーション』宛に、
容疑者から伊藤市長に対して告発をしている
手紙やカセットテープ、併せて3通の書面が4月15日消印で届き、
犯行当日の番組内において番組キャスターの
古舘伊知郎が紹介した。その際、視聴者から
「容疑者から手紙を送りつけられたのだから犯行を未然に防げたはずだ」と
抗議され、番組放送中に「これらが到着したのは今晩だった」と
古館が釈明した。しかし、放送翌日にはテレビ朝日に
犯行当日の午前中にこれら書面が届いていたことが明らかとなり、
「書面は容疑者の名前が判明するまで知らず、開封してなかった」と釈明した。

テレビ朝日はその後、警察から書面の任意提出を要求されたが拒否し、
これを受けて長崎県警察は裁判所からの令状を
持って差し押さえを行っている。
これについてテレビ朝日の君和田正夫社長(当時)は、
状況を見て提出すると判断したまでであり、
令状を持って差し押さえられても
場合によってはそれを無視することも辞さないという考えを明らかにした。

毎日新聞長崎支局記者の長澤潤一郎(のちに共同通信社に転職)は
銃撃を受けて倒れた伊藤の姿を撮影し、
その写真は4月18日付の毎日新聞朝刊の1面で大きく掲載された。
その写真報道は2007年度の
新聞協会賞(日本新聞協会主催)の編集部門を受賞した。

KTNテレビ長崎は夜9時前のニュースをフジテレビから急遽ネットし、
現場から中継を行ったため、
通常では長崎で放送されることのない
フジテレビのニュース映像が見られるという珍事があった。

NCC長崎文化放送では24時から九州のテレビ朝日系列で
放送されるブロックネット番組の『ドォーモ』は
急遽番組内容を変更して、この事件の放送をした。
また、NIB長崎国際テレビを含め長崎県内の各局は
通常終夜放送を行っていないが、
ほぼ夜通しでこの事件を随時放送した。
NCCでは午前4時30分から通常では放送されない(本来はこの時間はまだ放送休止中)
『やじうまプラス』を放送したが、
CMに入ると長崎市内のお天気カメラに切り替わり、
5時ごろカラーバーになり、
その後「朝のテレショップ」、
5時50分から再び『ANNニュース』という変則的な放送となった。

マリエル
【事件後の動向】

長崎市長選挙

事件の後の選挙戦においては、4月19日に補充立候補受付が行われ、
横尾誠(元新聞記者、殺害された伊藤の娘婿)と
田上富久(長崎市企画部統計課長、自動失職)が立候補した。
両名とも超短期間の選挙活動しか行えなかったが、
いわゆる弔い選挙となり、結果的に田上が当選した(横尾は次点)。
伊藤を支援していた自由民主党は、
当初松本紘明副市長を補充候補として擁立する予定であったが、
副市長本人が拒み、遺族側の後押しも得られなかったため、
推薦を断念して自主投票という形を取った。

この選挙において田上は「市政は私物ではなく、市民のものである」との
趣旨の主張を行った。横尾の落選は世襲であるとの批判や、
長崎にあまりゆかりのある人物ではなかったことが
要因との分析が有力である。
また、横尾の落選が決定した時、横尾の妻(伊藤一長の娘)は
「このような仕打ちを受けては、父が報われない。
皆さんにとって『伊藤一長』はその程度の人間だったのか」と号泣した。

この選挙においては、公職選挙法の規定により、
期日前投票や不在者投票での「伊藤一長」票が
すべて無効票となったことや、
補充立候補から投票日までの
期間が短かったなどの問題が噴出し、
公職選挙法上の問題として取り上げられることとなった。

故人に対する補償

この事件は選挙運動中(すなわち職務外)の遭難であり、
本来であれば公務災害が適用されにくいケースであるが、
地方公務員災害補償基金長崎県支部は
「市長という立場で狙われた事件で、公務との因果関係が認められる」との
理由から、2008年2月21日付けで伊藤の遭難について
公務災害として認定とする決定を下した。

また、日本政府は伊藤を従四位旭日中綬章に叙した。

マリエル
【裁判】

本事件の刑事裁判においては、2008年5月26日に長崎地方裁判所は、
「選挙を混乱させるなど民主主義の根幹を揺るがした」と指摘し、
被告人に死刑判決を言い渡した。殺人の前科がなく、
強盗殺人や身代金誘拐殺人ではない状況下では、
被害者1人での殺人事件での死刑判決は近年では極めて異例であり、
弁護側は「市長への不満をぶつけただけで、民主主義を否定したわけではない」と
即日控訴し、有期刑への軽減を求めた。

2009年9月29日、福岡高等裁判所で控訴審判決があり、
一審判決を破棄し、改めて無期懲役が言い渡された。
選挙期間中の現職市長が射殺されるという特異な事件で、
二審の高裁が永山基準に鑑み、
被害者1人での死刑の適否が最大の争点となった。
死刑を回避した理由について松尾昭一裁判長は
「被害者が1人にとどまっていることを十分に考慮する必要がある」と指摘。
その上で、「民主主義に対する挑戦であるが、
動機は被害者に対する恨みであり、選挙妨害そのものが目的ではない」と判断し、
「死刑選択は躊躇せざるを得ない」と結論づけた。
これに対し、被告人は直ちに上告して10月9日、
検察庁もこの判決を不服として最高裁判所に上告した。
2012年1月16日、最高裁判所第3小法廷(寺田逸郎裁判長)は、
検察と被告双方の上告を棄却する決定を下して、無期懲役が正式に確定した。

マリエル
ここまでご覧していただきありがとうございました。
記事の拡散などを宜しくお願いします。


【アイコンキャラ朗読】中国国際郵便覚醒剤密輸事件/羽曳野発砲事件/取手駅通り魔事件

ルナマリア
中国国際郵便覚醒剤密輸事件(ちゅうごくこくさいゆうびんかくせいざいみつゆじけん)とは、
中国籍の男が国際郵便を使って
覚醒剤を密輸入しようとしたとして起訴されたが、無罪となった事件である。

ルナマリア
【概要】

中国籍の男性が2010年4月13日朝に観光ビザで日本に入国してから、
4月13日に東京都内で香港から国際郵便で発送されてきた
覚醒剤約4.5キロ(約3億6600万円相当)入りの段ボールを
受け取ったとして逮捕されてその後に起訴された。
捜査段階から被告は中身が覚醒剤と知らなかったとして容疑を否認。
2011年1月24日に1審・東京地裁は無罪の判決を下した。
検察は、入国後に携帯電話で関係者と連絡を取った履歴がないため、
郵便受け取りを事前に把握していたこと、
受取人名義に偽名を用いたことなどの間接証拠を主張したが判決は、
「携帯は押収後に発信履歴があり、不透明な操作が加えられた疑いが残る」として
捜査の問題点を指摘、また、郵便物をホテル室内に置いたまま
外出しようとしたことについて密輸グループの一味なら
部屋を無人としないことが自然と述べた。
また、被告自身に資産があり動機が不明で、
被告自身が覚醒剤を認識していたとみられる発言についても
広東語を日常に使う被告の通訳が英語と北京語を介して行われていたため、
信用性に欠けるとした。裁判員裁判の全面無罪は3例目で、
1部無罪を含めると5件目。検察は控訴を断念したため、
裁判員裁判としては初の全面無罪判決確定となった。

メイリン
羽曳野発砲事件(はびきのはっぽうじけん)とは、
2010年1月12日に大阪府羽曳野市で発生した銃発砲による殺人事件である。
49歳の男が銃を発砲し、犯人を含め4人が死亡した。

メイリン
【概要】

事件当日、羽曳野市河原城にある居酒屋にて離婚について
容疑者と元市議会議員の義母と話し合いをしていたが、
激高して店を出た後に猟銃を持ち戻って発砲した。
義母とアルバイト店員の男性が死亡し、
居酒屋の大家は重体となっていたがその後死亡した。犯人は直後に自殺した。

当時、犯人は妻に暴力をふるうなどの問題を起こし離婚調停中で、
娘の親権をめぐってトラブルになっていた。
また、犯人は猟銃(ライフル銃)と散弾銃合わせて5丁所有していた。
2008年11月の銃刀法改正で、配偶者等暴力をした者の
猟銃の所持を認めないことになっていたが、
2009年6月に銃の所持許可を更新した際に大阪府警の調査において
妻らは「問題はない」と回答したとしている。

事件を受けて安藤隆春警察庁長官は1月14日の記者会見にて、
改正された銃刀法を浸透させ、
銃砲規制の厳格化を進めていくと言及している。

ラクス
取手駅通り魔事件(とりでえきとおりまじけん)とは、
2010年(平成22年)12月17日に茨城県取手市で発生した通り魔事件。

ラクス
2010年(平成22年)12月17日午前7時40分ごろ、
茨城県取手市のJR・関東鉄道取手駅の西口ロータリーにて
停車中の関東鉄道の路線バスに男が乗り込み、
突然包丁を取り出して通学中の
江戸川学園取手中学校・高等学校の女子高生ら14人を次々に刺した。

この事件で高校生9人、中学生3人、一般人2人が負傷した。
うち、女性1人が重傷を負った。

事件当時、取手駅西口バスロータリーにバスは2台在線しており、
関東鉄道取手営業所所属の7時45分発の
中央タウン経由江戸川学園行きのバス(以降、1台目と呼称)と
守谷駅東口から到着し、7時50分発の中央タウン経由江戸川学園行きになる
バス(以降、2台目と呼称)が居た。
男はまず前に止まっていた1台目のバスに侵入し、
刃物を取り出した。車中で刃物を振り回し、
女子高生を殴るなど暴力を行う。
2台目に移動したのち、乗客に取り押さえられ、
茨城県取手警察署の警察官に殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。

事件を巡っては、事件現場の周囲にいた通行人が
twitterを用いて現場の状況を速報するなどの行為も見られた。

2011年(平成23年)5月27日、水戸地方検察庁は男を
傷害と銃刀法違反の罪で起訴した。
逮捕時は殺人未遂罪であったが、
被害者の怪我の程度が1〜3週間と比較的軽く、
殺意の認定が難しかったことから傷害罪等での起訴となった。

同年9月12日、水戸地方裁判所(菱田泰信裁判長)において
懲役3年6月の判決が言い渡された。

ルナマリアメイリンラクス
ここまでご覧していただきありがとうございました。
記事の拡散などを宜しくお願いします。



【アイコンキャラ朗読】波上騒動

マリエル
波上騒動(なみのうえそうどう)とは、
1971年8月11日にアメリカ占領下の沖縄の那覇市で発生した暴動事件。

マリエル
【事件の概要】

1971年8月11日午前1時30分、軍道1号線(現国道58号)の那覇軍港前で、
客待ちをしていたタクシーに向かってアメリカ兵が投石し、
運転手を負傷させた。アメリカ兵はまもなく拘束され、
琉球警察那覇警察署山下派出所に連行された。

すると、近くに居合わせた被害者の同僚のタクシー運転手や
通行人約100人が山下派出所に集結し、「米兵を出せ!」と騒ぎ出した。
そのため警察は、那覇市泉崎にあった那覇警察署に米兵の身柄を移した。
そして群衆も那覇署に移動し、那覇署前交差点(現県庁前交差点)は、
野次馬も含めて約400人の群衆で一杯になった。

那覇署では非常招集をかけ、不測の事態に備えると同時に、
群衆に向かって「被疑者の引渡しはできない」と根気強く説得した。

午前3時30分頃、群衆の中から
「外人は波上にいるぞ!」という声がでて、
タクシーに分乗して当時外人バーがあった
波上地区(那覇市辻付近)に移動した。
そこで、黄色のナンバープレート(当時の米軍関係者車両に付いていた)の
乗用車をひっくり返して火を付けて炎上させたり、
通りがかりの外国人を袋叩きにした。

まもなく機動隊も駆けつけて、騒ぎは午前4時過ぎ頃に沈静化した。

なお事件の発端となった米兵は、その後憲兵に引き渡された。

マリエル
ここまでご覧していただきありがとうございました。
記事の拡散などを宜しくお願いします。


【アイコンキャラ朗読】琉球銀行若松支店強盗事件

ラクス
琉球銀行若松支店強盗事件(りゅうきゅうぎんこうわかまつしてんごうとうじけん)とは、
1968年7月5日にアメリカ統治下であった
沖縄県那覇市の琉球銀行若松支店で発生した銀行強盗事件。

ラクス
【事件の概要】

1968年7月5日午後3時10分(15時10分)頃、
賊2人が乱入し女性行員に発砲して重傷を負わせた。
もう1人の賊がカウンターに近づき、
現金5万1500ドルを奪って逃走した。
琉球警察は直ちに緊急配備を敷いたが、犯人はまんまと逃走した。

事件から1ヶ月が経った頃、
「ある暴力団員が不相応の新車を乗り回している」という情報が入り
捜査を進めた結果、今回の事件の犯人であることが判明したため、
その暴力団員を逮捕した。暴力団員の供述により、
残りの犯行グループのメンバーも相次いで逮捕された。

ラクス
【犯人】

社会に衝撃を与えたのは、
犯行グループの主犯格が元検事で
当時は現職の弁護士だったことである。
この弁護士は普天間派の顧問弁護士であった。
弁護士は当時、女性に金をつぎ込んで
金銭的に厳しい状態であった。
そこに普天間派の幹部らが
一緒になって犯行を企てるようになった。

犯行グループは那覇を中心に銀行を物色し、
琉球銀行若松支店を襲うことにした。
主犯格の弁護士は、犯行時に使う凶器として
那覇地方裁判所名護支部の証拠品倉庫から
軽機関銃を盗み出そうとしたが失敗し、
やむなくナタと拳銃を準備したという。

ラクス
【判決】

那覇地方裁判所は、主犯格の弁護士に懲役13年、
その他のメンバーに懲役6年-12年の判決を下した。
また沖縄弁護士会は主犯格の弁護士を除名処分にした。

ラクス
ここまでご覧していただきありがとうございました。
記事の拡散などを宜しくお願いします。


【アイコンキャラ朗読】芦原病院

ぽるぽる
芦原病院(あしはらびょういん)は
大阪市浪速区にあった民間病院である。
住所は浪速区浪速東2-3-19。浪速医療生活協同組合が運営。

2005年に経営破綻、
大阪市が融資した138億円が回収不能となった。
2006年に医療法人弘道会に経営を譲渡した。

ぽるぽる
【設立及び運営経過】

・1957年 芦原診療所が開設
・1958年 芦原診療所の運営組織として浪速医療生活協同組合が設立
・1963年 芦原病院と改名
・1968年 大阪市が芦原病院に補助金支給を始める
・1969年 同和対策事業特別措置法が施行
・1970年 芦原病院が同和地区医療センターと位置づけられる
・2002年1月 地域改善対策財政特別措置法が失効
・2005年10月18日 關淳一大阪市長の辞職が市議会で同意される
・2005年12月1日 浪速医療生活協同組合が民事再生法の適用を申請
・2006年3月31日 浪速医療生活協同組合芦原病院廃院
・2006年4月1日 医療法人弘道会に営業を譲渡し医療法人弘道会芦原病院として開院
・2006年6月1日 浪速生野病院に名称を変更

ぽるぽる
【補助金支出の経緯】

・1968年から2001年までの補助金の総額は154億円528万4000円。
・1974年から1979年までの貸与金の総額は93億3200万円。
・1980年から2001年までの特別貸付金、いわゆるヤミ融資は72億4100万円。
・2004年度で6億3000万円の補助金を支出。
・関淳一大阪市長は、彼が環境保健局長と助役であった頃に、
  無担保融資130億円のうちの約46億円を決裁している。
・2006年4月28日 大阪市が2002年から2004年迄に備品及び
 工事補助金として4億8900万円を不正支出していたこと、
 そのすべてが補助金申請書や清算報告書通りに
 使われていなかってことが発覚。
 病院の総勘定元帳に記載された別の使途が
 総額で1億7000万円であったことから、
 差額3億1800万円の使途が不明となっている。
・2006年4月29日 芦原病院が大阪市に対し、
 138億円の債権を放棄するよう要請していたことが発覚。
・2006年10月13日 大阪市会、再建計画案への同意を否決
・2006年11月1日 浪速医療生活協同組合の債権者集会で、
 再建計画案が否決。10月13日の市会議決に基づいて
 市が不同意に回ったことが理由である。
 これにより、浪速医療生活協同組合は破産手続に入った。

100億円を超える金が消えたにもかかわらず、
この問題で逮捕者が出なかったことについて、
飛鳥会事件の小西邦彦は地元の保守系代議士の
名を挙げて「あれはたまたま○○がおったから
(捜査が)止まっただけのことやがな」と語り、
芦原病院側がいくらかを議員に渡し、
事件を握り潰してもらったことを示唆している。
この握り潰しについて小西自身の関与を疑う向きもある。

ぽるぽる
【部落解放同盟との関係】

芦原病院は部落解放同盟との関係が深く、
かつてその外壁には解放同盟のシンボルマークで
ある荊冠旗が大きくペイントされていた。
しかし、不正融資発覚後の現在は塗りなおされている。

芦原病院には、同和対策事業によって地元雇用された人間が多く、
1990年前後に芦原病院に勤務していた看護婦は
「看護婦や事務員は地元を中心に採用されてて、
普通の病院の1.5倍もいた。仕事が楽になるはずやろ? 
なれへんねん。そのうち何割かがサボるから。
看護婦は靴の後ろを踏んでガムを噛みながら歩いてる。
事務員は残業の時間帯にテレビを見て遊んでる。
点滴を落とす時間が計算できひん看護婦もいた。
これは命にかかわることやろ」と語っている。

ぽるぽる
ここまでご覧していただきましてありがとうございました。
記事の拡散などを宜しくお願いします。

【アイコンキャラ朗読】小田原ジャンパー事件

アスラン
小田原ジャンパー事件(おだわらジャンパーじけん)は、
2007年より10年にわたり生活保護業務を担当する小田原市職員が
不適切な文章が記載されているジャンパー等を着用し、
業務を行っていた不祥事。

アスラン
【概要】

2007年に小田原市で生活保護を打ち切られた男が
カッターナイフで市職員を切り付ける事件が起きて以降
職員が自腹でジャケットを作成[、
騒動発覚時には33人いた職員のうち28人が
ジャケットを着用して業務を行っており、
生活保護世帯への訪問時に着用したケースもあった。
また、後の調査ではジャンパー以外にポロシャツ、
Tシャツ、ボールペン、マグカップ、携帯ストラップなどの
8点のグッズも作成していたことが発覚した。

アスラン
【文面】

該当ジャンパーの左胸部分には
「HOGO NAMENNA」(保護なめんな)とローマ字で記載し、
「悪」を二本の刺又で交差させ、
×印を付けたように模すエンブレムがある。

背面には生活(S)保護(H)悪(A)撲滅チーム(T)の
頭文字を取り「SHAT TEAM HOGO」と大文字で書かれており、
下部に英語で以下の文章が記されている。

原文

We are "the justice" and must be justice,
so we have to work for odawara.

Finding injustice of them,we chase them and
Punish injustice to accomplish the proper execution.

If they try to deceive us for gaining a profit
by injustice,“WE DARE TO SAY,THEY ARE DREGS!”

日本語訳

我々は『正義』である。そして正義であらねばならない。
ゆえに、我々は小田原市の為にこそ働かなければならない。

適正な給付を達成するため不正を見つけ、追いかけ、罰する。

もし不正受給を得る為に我々を騙そうとする者がいるのなら、
「あえて言おう、『奴らはカスである!』」

アスラン
【反響】

発覚後、不正受給を行っていない生活保護受給者を
威圧するものであると小田原市に900件以上の批判が殺到した。
また受給者のプライバシーに配慮していないとの批判もあった。
一方「不正を許さない気持ちは大事」といった
擁護意見も多数寄せられた。

小田原市側は該当文章が不正受給を行っていない
生活保護受給者を非難するものでなく、
他部署の職員に対するメッセージだったと釈明。
そのうえで同市長の加藤憲一が謝罪。
「生活保護行政のあり方検討会」と
名付けた現役受給者や元受給者も含む
有識者会議を開き、再発防止に当たるとした。

mako1
まず生活保護について正しく知ろう

不正受給は犯罪です

公務員の不祥事として発生した小田原ジャンパー事件の裏側には、
生活保護の不正受給や生活保護関連業務の過酷さがあることが分かりました。

不正受給、と言葉は聞きますが、
実際にはどのようなパターンが不正受給になるのでしょうか。
まずは、生活保護の内容について見てみましょう。

生活保護を受けるには条件がある

まず、生活保護のシステムについて理解しておきましょう。
そもそも生活保護とは、
「資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、
困窮の程度に応じて必要な保護を行い、
健康で文化的な最低限度の生活を保障し、
その自立を助長する制度」となっています。

つまり、病気などで仕事がなくなり、収入がなくなった時。
かつ、貯金や資産の元になる不動産なども手元にない時。
頼れる身内などもいない時に、生活に困っている時に、
日本国民として最低限の生活を送れるようにお金を給付する、
そして自立の手助けとする制度の事です。

生活保護を受けるのには、色々な条件があります。

・資産の活用…貯金がある時や、売却できる不動産などは活用して生活費にする
・能力の活用…体が健康で働けるなら働く
・あらゆるものの活用…頼れる身内がいる、
 他の年金制度や加入していた保険など他に活用できるものがあれば活用する

これら全てが不可能であるときに、初めて生活保護を受ける事ができます。

mako1
不正受給とは?具体的なケースを見てみよう

タンス貯金など、資産を隠しておく

生活保護は、持っている資産を活用しても
生活が困窮している場合に受けられます。
タンス貯金や不動産の所有、貯蓄性の高い生命保険の加入などが発覚した時には、
受給を打ち切られるだけでなく、今までの生活保護費を返却しなければいけません。

また、生活保護費を貯金する事は禁止されていません。
就職のため、老後の費用のためなど、
ケースワーカーにきちんと用途を説明でき承諾される事、
月々の生活保護費の用途も一緒に開示する事が条件です。
ちなみに、子供の塾の費用や大学進学のための費用など、
学費の為の貯金は認められています。

偽装離婚など、扶養家族を偽る

夫婦が書類上は離婚をして、
生活保護費を受け取る悪質なケースがあります。
また、シングルマザーが内縁の夫と籍を入れずに、
生活保護費だけでなく母子手当なども
受給し続けるなどのケースもあります。

内縁の夫との子供ができるケースもあり、
困窮世帯の悪循環にもなっています。


収入があるのに申告をしない

キャバクラなどの水商売、
風俗の仕事をしているのに申請をしないケースです。
これらのお仕事は給料が手渡しの所も多く、
通帳振り込みなどで収入の証拠がつかめなくなっています。
また、近年ではブログアフィリエイトや動画投稿サイトの利用などの
ネットワークビジネスも発展した事により、
不労収入も多くなりました。
古くからのケースでは、
ドヤと呼ばれる日雇い派遣労働を利用して働く人もいます。

生活するだけの収入がある時には、
もちろん生活保護の受給はできません。
それでも、収入を隠し続けて、不正受給をしている場合も多いです。

生活保護の二重給付を受ける

生活保護は、ホームレスなどで住所不定の場合でも
受給を受ける事ができます。それを利用して、
複数の自治体の生活保護を二重・三重に受けていたケースもあります。

アスラン
ここまでご覧していただきましてありがとうございました。
記事の拡散などを宜しくお願いします。

【アイコンキャラ朗読】教育に名を借りた暴力その3 風の子学園事件

シン
風の子学園事件(かぜのこがくえんじけん)とは、
広島県三原市にあった不登校もしくは
問題行動をする児童・生徒の更生を目的とした
情緒障害児更生施設で1991年(平成3年)に発生した
監禁致死事件である。この事件では、
施設を紹介した教育委員会の責任も認められた。

シン
【概要】

1991年7月29日午後9時、
広島県三原市の瀬戸内海に浮かぶ小佐木島(当時住民26名)にあった
「風の子学園」(事件により廃園)から警察へ
「姫路市の会社員の長男(当時14歳)と三原市の自営業者の長女(当時16歳)が
コンテナ内で熱射病(現在の熱中症)で死亡している」との通報がなされた。
2人は喫煙したことに対する戒めとして、
前日の28日午前1時ごろ以降、
国鉄から払い下げられ同施設内にあったコンテナ(C20形コンテナ)内部に
手錠でつながれて監禁状態にされていた。
2人の死因は炎天下に44時間監禁されたことにより
脱水状態に陥ったためであった。

この事件で、監禁致死罪で同施設の
学園長の男性(当時67歳)が起訴された。
1997年7月15日に一審(広島地方裁判所)で
懲役5年の有罪判決がだされ、
控訴および上告したが後に実刑が確定した。

シン
国家賠償訴訟

少年の遺族は、施設の実態を調べずに紹介した
姫路市教育委員会もまた少年の死について
法的責任を負うべきであるとして、
姫路市を相手に損害賠償を求める民事訴訟を起こした。
市は遺族が自発的に少年の入園を決定したものとして、
全く法的責任が無いとの見解を表明していたが、
裁判では教育委員会の担当指導主事が
入園を強く勧めた事実が認定され、
一審の神戸地方裁判所姫路支部(1997年11月17日)
・控訴審の大阪高等裁判所(1998年12月11日)は原告勝訴の判決をし、
被告の姫路市が上告したが最高裁判所が1999年10月1日に棄却し、
姫路市の法的責任が確定した。

シン
事件のその後

元学園長は服役後の2001年10月に
オーストラリア旅行に際して、知り合った女子高生に対する
猥褻行為により広島県警に逮捕され、
2002年6月に広島地方裁判所で懲役2年の実刑判決を受けた。

風の子学園の施設は何も使用されず放置されており、
事件が起きたコンテナも残されているという。

シン
ここまでのご拝読ありがとうございました。


【アイコンキャラ朗読】教育に名を借りた暴力その2 不動塾事件

キラ
不動塾事件(ふどうじゅくじけん)とは、
1987年6月9日から6月10日にかけて起こった監禁・傷害致死事件。

キラ
【概要】

埼玉県秩父郡吉田町(現、秩父市)の私塾「不動塾」は、
塾長香川倫三が営む不登校や障害を持つ
15歳から25歳の青少年が親元を離れて
集団生活しながら「自立を促す」ということを目的としていた。

被害者の少年は漢方医薬の卸問屋の娘だった母と
その養子の父と少年の弟の裕福な4人家族の
家庭の元で幼少期を過ごし、小学校3年の時に両親が離婚し、
母親の元で育った。少年は小学5年~6年頃から不登校となった。
育児をあまりせず、さらに一方的に離婚した
母親の事を好きではなかった少年は、
母親に対して反抗的な態度を取り家庭内暴力を起こしていた。
中学2年時に、母親はそんな少年を、
埼玉県浦和市にある神経サナトリウムに連れていき、
精神科医の勧めで少年は3週間精神病院に強制的に鑑定入院させられた。
これが少年の母親に対するさらなる不信感と憎しみを抱く様になり、
母親に対して暴言を吐いたり
家庭内暴力するなど非行行為が酷くなっていた。
母親は「家庭内暴力・不登校を矯正する」ために少年を
1985年12月不動塾に預けた。不動塾に預けられた少年は
塾長香川倫三(当時40歳)からの暴力による体罰指導や、
塾生からいじめの標的にされたり、
塾生が不動塾に持ち込んでいたたばこや酒を
進められ覚えたりして過ごす。
不動塾に預けた少年は1986年3月に
「再び家庭内暴力を起こしたり不登校になった場合、制裁する」との
条件で、一旦退塾した。

キラ
その後、自宅に戻った被害者の少年は、
堀越学園に入学し中学3年になり、
まじめに登校を続けた。しかし1986年5月初め、
「身だしなみ点検」の際、些細な理由で教師から体罰を受ける。
同級生が髪の毛が長い事で丸刈りにしろと
怒鳴られて言われていたのを横で見ていた少年が
「そんなの関係ないとよ」と同級生を庇って激怒した教師が
少年の頭を強く殴ったという。
少年は鼓膜に穴が開く被害を受ける。
病院で手術をするが鼓膜に穴が開いたため治らず
片耳に難聴の後遺症が残った。
それをきっかけとして少年は大人に対し
不信感を抱く様になり再び不登校になり、
飲酒やたばこを吸うなどの非行や家庭内暴力に再び走って行った。

その後の1986年7月、
母親は少年を山梨の大酢なり学園が営む横浜にある
フリースクールに連れて行き、
その一方で母親は再度、少年を不動塾に入れようと図る。
少年は大酢なり学園主催のサマースクールに参加し、
そこで少年は不動塾から逃る為に学園の入寮を希望したが
代表者が少年が反抗的で協調性が欠けると判断し、
さらに少女売春疑惑など少年が入っていた
不動塾の悪い噂を聞いていたので関わる事を嫌って
少年の入寮を拒否した。その代わりにフリースクールに
通う事を勧めたので少年はフリースクールに通い続けた。
心許したフリースクールの所長に将来の夢を聞かれ、
アメリカの高校で勉強して漢方薬の卸問屋を引き継ぐ為に
アメリカで日本の漢方薬を広める事業の仕事したいと
中学を卒業したらアメリカ留学の夢を語り、
そこを頼り快方に向かっていった。
一方、不安から不動塾に頼っていた母親は、
塾長の香川から数百万円の高額な壺など買わされる等しており、
母親は塾長香川を熱狂的に信じる親密な仲となっていた。
そんな母親は突然、失踪し不動塾の塾生の家族の家におり、
少年は回復していないと母親と塾長香川は決めつけ、
母親に依頼された不動塾塾長香川と塾生は強制連行未遂を
東京都千代田区神田の実家へ繰り返し行う。
その後、少年は身の安全確保の為、
フリースクールで寝泊まりなどもしながら過ごしたが、
1987年4月被害者の少年は難を逃れるため幼少の頃から
よく可愛がってくれた母方の祖父を頼り、
母親に所在を知らせずに神奈川県鎌倉市大船近くのアパートで、
一人暮らしを始め、
アメリカ留学の為にパスポートも申請し英会話教室に通い続けた。

キラ
母親と不動塾により所在を突き止められ、
1987年6月9日午後9時半頃に、
塾長香川倫三(当時41歳)や塾生5人が
バールを使いシャッターをこじ開け侵入し、
エアガンなど凶器を使い、殴る蹴るの暴行を加え
衰弱した状態にして拉致・連行した。
1987年6月10日深夜0時過ぎ、塾に到着後、
罰として被害者の少年(当時15歳)を
1階の土間にあるバーベル用のベンチにうつ伏せに縛り上げ、
口に軍足を押し込んだ状態にして、1人10回ずつ金属バットで
臀部を手加減無しに叩くよう塾生らに指示し、
塾長と塾生で合計約220回殴打した。
その後2階で塾生による塾長黙認の鉄パイプ、
熱湯などを使った執拗な暴行が未明まで続き、
被害者の少年は1987年6月10日午前6時頃、外傷性ショックで死亡した。

その後、塾長と塾生2人が監禁・傷害致死で逮捕された。
塾生2人が不起訴となったが、塾長は起訴された。
1989年2月14日、浦和地裁は塾長に求刑5年に対して、
懲役3年6ヶ月判決が下る。
1989年12月5日、東京高裁は一審を破棄、懲役3年が確定。

キラ
ここまでのご拝読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】教育に名を借りた暴力その1 戸塚ヨットスクール事件

アスラン
戸塚ヨットスクール事件(とつかヨットスクールじけん)とは、
1983年までに愛知県知多郡美浜町の
ヨットスクール「戸塚ヨットスクール」内で
発生、発覚して社会問題に発展した一連の事件。

アスラン
戸塚宏により設立された戸塚ヨットスクールは、
当初は「戸塚宏ジュニアヨットスクール」の名称で、
ヨットの技術を教える教室だった。その後情緒障害等に
戸塚の指導は効果があるとマスコミでブームがおこったことで、
親元からスクールに預けられる生徒が増加し、
指導内容を、ヨットの技術養成から情緒障害児の更生へと切り替えた。
当時は教育界のカリスマとしてマスコミは
好意的にとりあげていたが、後に事件が発覚した。

のちに、この事件を題材とした「スパルタの海」が
ノンフィクション小説として中日新聞に掲載され、
映画版(伊東四朗主演)も制作された。

アスラン
【概要】

一般児童・青少年向けのヨットスクール・戸塚ヨットスクールにおいて
訓練生の死亡・傷害致死・行方不明といった事件が
1980年代を通じてマスコミに取り上げられ、
スクールの方針が教育的な体罰というより
過酷な暴行だったことが司法判断によって確定した。

・1979年から1982年にかけて、
 訓練中に訓練生の死亡・行方不明事件が複数発生。
・1982年に起きた少年の死亡に関し、
 愛知県警察は当初は過ぎた体罰による事故と見ていたが、
 遺体から無数の打撲・内出血の痕跡・歯2本の損壊などが確認された。
 警察は捜査の時期を窺っていたが、
 1983年の5月にスクール前の道路を走っていた暴走族に対して
 一部のコーチが暴行して逮捕されたのをきっかけに、
 傷害致死の疑いでスクール内の捜査が始まった。
 その後、指導員が舵棒(ティラー)と呼ばれる
 ヨットの艤装品(舵取りのための道具。一部では「角材」と報道された)で
 少年の全身を殴打し、その後ヨットでの訓練を続けていたことがわかり、
 組織ぐるみの犯行として6月には校長が、
 その後もコーチや元訓練生、
 そして支持者等の関係者が逮捕され、
 他の死亡事件についても起訴された。

アスラン
訓練中に発生した死亡・行方不明事件

・1979年 少年(当時13歳)が死亡

・少年が激しい腹痛を訴えていたにもかかわらず、
戸塚らは医師の診察を受けさせずに暴行を加え、
訓練を強制した末、少年は死亡した。
戸塚側は「低体温症によるもので体罰との因果関係は無い」と主張。
病死として不起訴扱いにされた。

・Yさん事件

1980年11月4日、特別合宿生として同年10月31日から
入校していた青年(当時21歳)が、
早朝体操、穴掘り作業、海上訓練などの際
にコーチらから暴行を受け、死亡した。
戸塚及びコーチらは傷害致死罪で起訴された。

・あかつき号事件

1982年8月14日未明、奄美大島での夏期合宿を終えた
少年2名(当時15歳)が、体罰から逃れるため、
高知県沖の太平洋を航行中の船から海に飛び込んで行方不明となり、
その後、死亡が確認された。
戸塚及びコーチらは監禁致死罪で起訴された。

・Oくん事件

1982年12月12日、少年(当時13歳)が特別合宿中に死亡した。
入校一週間で早朝体操、
自主トレーニングなどの際に暴行を受け、
海上訓練の際には、戸塚宏とコーチらがヨットから何度も海に落とした。
少年は、12月9日頃からは食事もほとんど摂らなくなり、
12日に死亡した。この間、一切治療は行われなかった。
戸塚及びコーチらは、傷害致死罪で起訴された。

アスラン
当時13歳だった少年の母親は週刊現代(2006年11月18日号)の
実名インタビューで「出所後も焼香や謝罪は無かった。再犯が懸念される」と
いう旨のコメントをしている。
また、1982年にフェリーから海に飛び込んだとされて
行方不明となっている少年の父親は同じく実名で
「息子が本当に船から海に飛び込んだのかどうか未だにわかっていない。
本当は突き落とされたのではないか」とコメントしている。

一連の事件は、日本において体罰の是非を問う討論等で
たびたび参考として出され、
また個人の教育論の展開(講演会や商業書籍の執筆など)のために、
引き合いに出されている。

アスラン
【公判】戸塚及び元コーチ9人の公判

・1992年7月27日、名古屋地方裁判所(小島裕史裁判長)は、
Yさん事件、Oくん事件についてそれぞれ傷害致死罪の成立を認め、
あかつき号事件について監禁致死罪の成立を認めた。
その上で、戸塚宏に懲役3年、執行猶予3年(検察側の求刑は懲役10年)、
コーチらA~Iに懲役1年6ヶ月から2年6ヶ月、執行猶予2年から3年を言い渡した。
執行猶予となったのは、戸塚と、C以外のコーチ8人について
起訴後の勾留期間が1100日を超えていること、
Cについても起訴後の勾留期間が1000日近いことが量刑上考慮されたためである。
弁護側は、体罰が正当業務行為であると主張していたが、
この主張は退けられた。この判決に対して、
検察側と戸塚、A、B、C、D、Fの6人が双方で控訴した。
なお、Fは、強制わいせつ罪についても起訴されていたが、
これについては無罪となった。

・1997年3月12日、名古屋高等裁判所(土川孝二裁判長)は
「訓練は人権を無視。教育でも治療でもない」として
一審判決を破棄し、戸塚宏に懲役6年、Aに懲役3年6月、
Bに懲役2年6月、Cに懲役3年の実刑判決を下し、
D、Fについて執行猶予判決を下した。また、一審判決では、
Yさん、Oくんの死因について外傷性ショックであるとの
認定がなされなかったが、二審判決では、
いずれも外傷性ショックが死因であると認定された。
戸塚、A、B、Cの4人は即日上告。

・2002年2月25日、最高裁判所(福田博裁判長)は
二審判決を支持して、戸塚らの上告を棄却。
これで戸塚宏の懲役6年とコーチ陣ら起訴された
15人全員の有罪が確定判決となった。
起訴から結審まで19年を要する長期裁判となった。

・2006年4月29日 - 満期で戸塚が静岡刑務所を出所。
今後もヨットスクールを続ける意向を語った。

アスラン
他のコーチの公判

・1983年11月10日、名古屋地方裁判所(卯木誠裁判官)は、
元支援者1人に対して懲役8月、
執行猶予2年(求刑懲役1年)を言い渡した。

・1983年12月19日、名古屋地方裁判所(早瀬正剛裁判官)は、
元コーチ1人に対して懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を
言い渡した。元コーチは、控訴をせず、有罪判決が確定した。

・1985年2月18日、名古屋地方裁判所(橋本享典裁判長)は、
元コーチ1人に対して懲役2年、
執行猶予2年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。

アスラン
【事件後】

・2006年10月 - スクールからいなくなった訓練生の25歳男性が、
知多湾で水死体となって発見される。
警察は自殺と事故の両面で捜査を行っていると報道された。
男性はうつ病で通院中であり、父親もスクールで共に寝起きしていたが、
目を離した隙にいなくなり、
スクールから3キロ離れた地点で水死体になって発見されている。
同男性の遺体に目立った外傷はなかった。

・2009年10月19日、訓練生の女性が寮の3階より飛び降りて死亡した。
愛知県警半田署は自殺とみて捜査している。

・2011年12月10日、訓練生の男性が
寮の3階より飛び降りて重傷を負った。
愛知県警半田署は自殺未遂とみて捜査している。

・2012年1月9日、訓練生の男性が寮の3階より
飛び降りて死亡した。
愛知県警半田署は自殺とみて捜査している。

アスラン
ここまでのご拝読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】新宿替え玉事件

松田和美
新宿替え玉事件?何それ?
新宿のラーメン店で、客の一人が一杯の
ラーメンを替え玉した分の飲食代を
踏み倒そうとして警察を呼ばれた事件か何か?

シン
アホかっ!
そんな事やるのは、ここのブログ主に
仕事も碌に教えず暴力振るったり
暴言吐いたり無視したりした
解体業の従業員ぐらいなモノだ!( ̄∩ ̄#

シン
新宿替え玉事件(しんじゅくかえだまじけん)とは、
1968年(昭和43年)7月7日に
行われた第8回参議院議員通常選挙に際して、
公明党や支持母体の創価学会陣営が
不在者投票制度を悪用し
本来投票権の無い人間を有権者に仕立て上げ、
不正投票を行い逮捕者を出した事件だ。

シン
【発覚】

選挙当日までに事件の舞台になった東京都では
都内在住の有権者に対して郵送されるべき投票所入場券が
本人に届かなかったことや、投票日当日、
有権者が投票を行うため投票所に訪れたところ、
すでに不在者投票済であったことから不正が発覚、
警視庁による一連の調査で、替え玉による
不正投票容疑や(投票所入場券の)窃盗罪で36人が検挙された。
また東京選挙区内で約10万通の入場券が行方不明となり、
その半数に相当する約5万通で不正が行われた
可能性があることが明らかとなった。
朝日新聞によれば「もっとも一般的な手口はアパートの状差しなどから、
郵送された他人の投票入場券を抜取り、
その名義人と同年輩の知人を使って投票させるもの」としている。

シン
【未着となった入場券の数】

選挙当日までに「入場券が届かない」という
有権者の苦情が選挙管理委員会に相次ぎ、
選挙当日に再交付を行った。
一例を挙げると東京都世田谷区では
再交付を行った数がおよそ8000人にものぼった。
最終的に東京都の選挙委員会では都内で
約10万枚の投票所入場券が紛失、本人へ未着、
または行方不明と公表している。
この当時の東京都内の有権者数は約734万人である。

「入場券が届かない」という苦情は郵便局へも寄せられたため、
郵便局による調査が実施された。
当時の郵便局には郵政監察官による郵政監察制度があり、
郵便について発生した事件の
取り調べを行うことや逮捕権も持っていた。
およそ8000枚にわたる入場券再交付を行った世田谷区では、
郵政監察官による調査の結果、半数のおよそ4000枚が
「宛所尋ねなし」等の理由で郵便局に返戻されたが、
残りは行方不明となったことが明らかにされた。

世田谷区選挙管理委員会係長の
田中昭二は毎日新聞の取材に対し、
都内の投票所入場券の不明分10万枚のうち、
不在者投票および選挙当日に行われた替え玉投票を含め、
およそ半数の5万票程が不正投票に
用いられた疑いがあると発言した。

シン
【第8回参議院選挙における替え玉投票、逮捕者数】

朝日新聞では、開票から10日後の状況として、
前回は替え玉で検挙されたのは85人であったが、
今回は10日間だけで60人の検挙、
そのうち25人が逮捕されたと伝えた。
そのうちの半分は計画的犯行であり創価学会関係者で、
東京だけでなく北海道など6道県で摘発が進められた。

毎日新聞は、7月31日までの捜査状況として
今回の選挙は替え玉投票と自由妨害が
大幅に増えたのが特徴の一つであると伝えた。
さらに、替え玉投票で検挙された者36人中34人が
公明党候補を支持した創価学会員であったと報じた。

シン
新宿における替え玉投票

このうち新宿では、創価学会員のA子が
創価学会員のBとC子に他人の入場券を入手するように指示。
二人は創価学会とは関係の無い会社員Dさん夫妻の入場券を盗み、
Dさん夫妻になりすまして投票し、
後日3人とも逮捕された。この事件は国会でも取り上げられた。

東京地方検察庁は、
創価学会新宿第9男子部総ブロック長のEら8人を起訴。
8人で13人分の替え玉投票を自分でやったり、
他人にやらせた容疑としている。

諸君!によると、Eが指揮官となり、
さらに副将を創価学会欧州第二本部フランクフルト部隊長のFが務め、
末端幹部から選抜して実行班を結成して犯行に及んだ。
同年10月11日、東京地方裁判所でE、Fに禁固1年執行猶予4年など、
8人に有罪判決が出た。

シン
新宿以外での替え玉投票

豊島区では、Gが死んだHさんの入場券をI(女性)に
渡し替え玉投票をさせた。
Hさんの夫が不審に思い選管に連絡し、
警戒態勢が敷かれていたところにIが現れて逮捕され、
Gも翌日に逮捕された。
前述の諸君!では、Gは公明新聞の記者であるとしている。

諸君!によると、江東区在住で事件当時創価学会員だったJは
この前年の昭和42年の衆院選で2票替え玉投票に成功していた。
当時Jは世田谷第一総ブロック大原大ブロックの
男子部大ブロック長をしており、
昭和42年の衆院選では、壮年部総ブロック長のKか
その家族の誰かに替玉を指示されて早朝に
2か所の投票所で替え玉投票を行い、
夕方に自分の投票をしたと言う。
その頃、Kの家には投票券が10枚以上あり
それぞれ生年月日が分かるようになっていたと証言する。
しかし、翌昭和43年の第8回参議院選挙でJの大学の先輩Lが
替え玉投票を指示して逮捕され新聞に載り、
自分にも捜査の手が及ぶのではないかと心配になった。
Jは創価学会を辞めた後、当時を振り返って
「正直言って辛かった。
  今考えると馬鹿馬鹿しい。踊らされていた。」と語った。
毎日新聞によると、Lは、19歳の学生Mに他人の投票入場券を渡し、
公明党の候補に投票するよう指示した容疑で逮捕された。
Mが投票しようとしたところ投票入場券の正当な所有者本人によって
既に投票済みであったためMはその場で逮捕され、
警察が背後関係を捜査したところLが浮上し逮捕された。

シン
しかし、諸君!によると、
替え玉投票に失敗して逮捕されたのは稀な例で
圧倒的多数が成功していたとしている。

同じく諸君!によると、当時川崎市在住のNは替え玉投票の他に
投票入場券の抜き取りも行っていた。
当時Nはブロック長をしており、
総ブロック長の指示で自分のアパートの6世帯8人分の
投票入場券を抜き取り、大ブロック長の家に持って行ったと言う。
大ブロック長の家には他の人が抜き取った
投票入場券を合わせて20枚ほど集まった。
「仏法は王法より重い、
  王仏冥合だから多少国法を犯しても罪は消える。」との指導があり、
集めた投票入場券で替え玉投票をすることになった。
第8回参議院選挙当日の朝は自分の投票所でもある小学校で
他人に成り済まして替え玉投票を行い、
続いて2km程離れた小学校でまた別人の替え玉投票を行うために移動した。
しかし、投票の順番が回ってきたところで受付の有権者台帳を見た時、
自分が成り済ます人の名前に投票済みの印が付けてあるのが見えたと言う。
これはヤバイと思い、待ち行列を離れたが、
係員から「どこへ行くんです?」と制止された。
Nは捕まっては大変と思い「トイレに行ってくる」と言って抜け出したが、
抜け出した時はなんとも言えない気持ちになったと言う。
当日はNのブロック長仲間のOとPも替え玉投票を行ったとNは証言する。
OとPは二人で受付の列に前後に並んでいた。
Oが他人の投票入場券を出して通ったので、
Pは自分も通ると思い込んで他人の投票入場券を出したところ、
投票済みであった。係員が「ちょっと待ってください」と言ったが、
Pはその場を逃げ出し、Oも真っ青な顔をして拠点に帰って来たと言う。

シン
替え玉投票は日本国籍以外の人も行っていた。
同じく諸君!によると、当時江戸川区在住のQは
台湾の男性と結婚して台湾国籍になっていた。
第8回参議院選挙当日、大ブロック長から
「選挙に行かないか?Qさんと同じ年頃の人の入場券があるんだ。」
と言われ少しでもお役に立てればと思い替え玉投票を引き受けた。
大ブロック長と共に葛飾区の投票所へ行き、
大ブロック長と一緒に替え玉投票を行った。
Qは見つかったら大変だと思いどきどきして、
投票券に候補者の名前を書く時は完全に震えていた。
投票所を出てホッとしたが、
大ブロック長は手馴れた感じで平気な顔をしていたと言う。

また、月刊・宝石によると、東京在住の女性Rは
自身は替え玉投票を行ったことはなかったが、
Rには甥がいた。Rの甥はRと同居して住民票を
東京に置いたまま東北地方で仕事をしていた。
そこで学会幹部がRの甥の投票入場券を
もらいに来ていたと言う。Rは最初は「選挙違反だから」と断っていたが、
幹部は「その一票が大事なんだ」と言って持って行って
Rの甥に成り済まして替え玉投票をしていた。
それは昭和43年頃から約10年間、全ての選挙で行っていたと言う。

シン
また、しんぶん赤旗によると、
練馬区のSは1967年(昭和42年)から
約10年間全ての選挙で替え玉投票を行っていた。
その時の方法は地域の創価学会員を熱心さでABCにランク分けし、
Cランク(公明党への投票が不明確な会員)を
投票券抜き取りの対象に絞るというものであった。
会員以外の投票券を抜き取るより発覚リスクが少ないからである。
当時練馬区内の学会員は約8000人で、
半数近くがC会員であった。当時、隊長のSは
上部からの替え玉投票の指示を受け、
自身の指揮下の十数人の班長に指示を出して
C会員宅を総当たりさせた。集めた替え玉の票数は毎日上部に報告した。
Sは初めて替え玉投票を行った1967年の総選挙では、
投票所の受付係の交代時間を狙って眼鏡をかけ、
服を変え、1回の選挙で13回の投票を行ったと言う。Sは
「選挙という法戦に勝つのが一番の功徳。
  法戦に魔はつきまとう。もし捕まっても勲章(法難)だ という
  指導があり、怖いとは思わなかった。」
「十年間、組織的に替え玉投票をした。
  票は無いところから取ってくるのだと洗脳されてやったが、
  いま思うとゾッとする。上の指示だとか
  時効だといっても、残るのは後悔ばかり。」と当時を振り返る。
また、朝日新聞に連載された竹入義勝元公明党委員長の
「替え玉投票事件では、警視庁の幹部にも陳情に行き、
さんざんしぼられた。東京地検にも行った。」との手記を読んだSは、
「おかげで私達は助かったが、人生に悔いを残した。
  竹入氏は創価学会を守るため、池田先生(大作名誉会長)を守るために、
  権力に土下座したんだろうが、
  犯罪の隠蔽はその後の学会のためにはならなかった。」と語り、
その思いが自分の体験を告白する動機になったと言う。

シン
【創価学会元幹部山崎正友の暗躍と反論】

この不正投票事件で創価学会側の弁護士を務めた
元幹部山崎正友は事件から25年後の1993年、
自民党が主催した民主政治研究会の勉強会に講師として呼ばれ話をした。
このとき新宿区で起きた選挙違反事件に言及。
新宿区で投票券を郵便受けからかっぱらってきまして、
それを公明党の区会議員が選挙人名簿に照合しまして、
年齢とか本籍とか調べて、そして替え玉を仕立てて
不在投票で替え玉をやりました。
新宿区だけでおそらく5000票を超えていると思います。
投票を全都で2万票近い、
私が掌握したのは、それだけで集団替え玉投票をやりました」
と発言した。この発言に作家の北林芳典は
東京都選挙管理委員会が公表した
『昭和43年7月7日執行参議院議員選挙の記録』で
公表された東京都全体の不在者投票数が2404票だったことに着目、
山崎正友が主張する「5000票を超えている」などというのは、
数字の上からも絶対にあり得ないことと反論、
全くのでたらめであると山崎を批判した。

シン
ここまでのご拝読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】糸満町集団殺人事件【寸劇上等】

マリエル
糸満町集団殺人事件(いとまんちょうしゅうだんさつじんじけん)とは、
1967年2月10日にアメリカ占領下の沖縄の
糸満町(現糸満市)で発生したリンチ殺人事件である。

シロッコ2
事件の被害者役

マリエル
【事件の概要】

1967年2月10日午前0時、糸満町武富集落で
旧正月の年始回り(1967年の旧正月は2月9日)を終えて
帰って来た被害者(40歳)を集団で待ち伏せし、
集落内のムイガー広場に連行し、
木材で滅多打ちして殺害するリンチ殺人事件が発生した。
被害者は顔貌が崩れるほど滅多打ちにされ、
頭蓋骨は粉々に砕かれていたという。

マリエル
【犯行の動機】

この事件の被害者は、
1961年に傷害致死で約4年間収監されたことのある前科者であった。
出所後は真人間になろうと努力し、
1966年には『遥かなる空』という本を月刊沖縄社から出版していたこともあった。
普段は大人しかったが酒乱の気があり、
酔うとしばしば暴れるので集落の「鼻つまみ者」として嫌われていた。

そこで、集落の青年会で被害者の殺害を計画し、実行に移されることになった。

そして前述の1967年2月10日午前0時に到る。


シロッコ3
ん?何だ?私に何か用か?

ムルタ・アズラエル4
ちょっと、面を貸せや。

ユウナ・ロマ・セイラン1
そうだよ。


マリエル
そういって、集落内のムイガー広場に連行し
前述の結果に到るのでした。

シロッコ1
ぐわあぁぁぁぁッ!
一体、この私が何をしたっていうんだッ!?

ムルタ・アズラエル1
うるせー!
テメーの胸に聞いて見ろっ!?

ユウナ・ロマ・セイラン1
そうだそうだ!

マリエル
こうして男は村の青年団の13名によって
悲惨な末路を辿りました。

その後、集落の青年会長ら13人が逮捕されたが、彼らは

ムルタ・アズラエル1
決して後悔していない

ユウナ・ロマ・セイラン1
あんな者がいなくなって喜んでいる

マリエル
と嘯いたという。
この件を知った琉球大学助教授の伊江朝章は、
この事件を「後進性の表れ」だと評し、
シマ社会の閉鎖性を強く批判した。

マリエル
ここまでのご拝読ありがとうございました。


【アイコンキャラ朗読】附属池田小事件【寸劇上等】

マリエル
附属池田小事件(ふぞくいけだしょうじけん)は、
2001年(平成13年)6月8日に大阪府池田市の
大阪教育大学附属池田小学校で発生した小学生無差別殺傷事件である。

本事件の犯人・宅間 守(たくま まもる)元死刑囚は、
以降“宅間”と呼称する。


ムルタ・アズラエル4
宅間 守役

イリヤ1
襲われた児童その1役

桂こころ
襲われた児童その2役

伊藤止
襲われた児童その3役

マリエル
【概要】宅間の生い立ち

宅間は1963年11月23日に生まれた。幼少時代の宅間は度々問題行動を起こし、
3歳の時点で三輪車で国道の中央を走って渋滞させたり、
小学校では自分より強い児童にはいじめられていたが、
自分より弱い児童に対しては徹底的にいじめるなどした。
即ち、いじめられっ子であると同時にいじめっ子でもあった。

また乱暴者で、小学校時代のあだ名は『ゴン太』であり、
猫等の動物を新聞紙に包んで火をつけて殺害したこともあった。
中学入学後も弱いものいじめは継続して行っており、
本人が事件後鑑定医に語ったところによれば、
「好意を抱いていた女子生徒の弁当に精液をかけた」こともあるという。
小学生の頃から自衛隊に強い関心を持っており、
「将来は自衛隊入るぞ~」と大声で叫んだり、
一人で軍歌を大声で歌っていたこともあり、
高校生になっても周囲の同級生に
「俺は自衛隊入るからお前等とは後少しの付き合いや」と
発言していたこともあったという。
また、高校時代に停学処分を受けた際、反省文にも
「自衛隊は内申書一切関係無しの一発勝負」等と綴っていたこともあった。
宅間は幼い頃から「高学歴・高収入のエリート」に対する
屈折した羨望、嫉妬を抱いていた。

マリエル
尼崎市内の工業高校を2年で中退した後、
定時制高校に編入学するもすぐ退学し、
数ヶ月間ガソリンスタンドでのアルバイトを経て1981年末、
18歳の時航空自衛隊に入隊したが
1983年1月に1年強で除隊させられている。
除隊の理由について、鑑定書は
「家出した少女を下宿させ、性交渉した」ために懲罰を受けたと記述している。

除隊後、宅間は運送会社やトラック運転手、
引越し業者等十数社転職を繰り返していたが
いずれも数週間から半年以内で辞職しており、
精神的に荒れ、家族に暴力をふるったり、
傷害、暴行などに走り、また高速道路を逆走するなど
非行を行うようになっていった。
1984年、マンション管理会社に勤務していた時には
家賃の集金と称して女性の部屋に上がり込んで強姦事件を起こしている。
事件後、宅間は母親を伴い精神科を受診、入院するが、
入院中に5階から飛び降りて重傷を負う。
この出来事の後、統合失調症の診断を下されている。
また、のちに母親に宛てた手紙によれば、
入院したのは警察から強姦事件で追及されるのを回避するためで、
5階から飛び降りたのは「親に嫌がらせをするため」であったという。
初犯の強姦事件では1985年に懲役3年の実刑判決が確定し、
翌1986年春から1989年春迄奈良少年刑務所に服役し、
1989年の出所後父親が宅間の私物を下取りに出し
その金を詫間本人に手渡しして父親は本人を勘当している。

1993年、30歳の時非常勤の地方公務員になり
市営バスの運転手やゴミ収集、
小学校の用務員等を務めていたが、
この間も市バスの運転を務めている最中に乗客の女性に
「香水の匂いがきつい」ことを理由に言いがかりをつけて
トラブルを起こし懲戒処分を受けている。
1999年4月に小学校教諭等が飲む茶に
精神安定剤を混入させる行為をしたとして
分限免職されたものの、刑事処分は「責任能力なし」として受けなかった。
その後再度職を転々とするが、
その度に暴行事件等を起こした為長続きしておらず、
2000年末頃から最終的に池田小の
通り魔殺人事件で逮捕された当時は無職であった。

十数社の職歴の内ある程度長続きした(1年以上)のは
航空自衛隊と非常勤の地方公務員の2ヶ所のみであり、
それ以外は何れもおよそ半年以内で辞職したり解雇されたりしている。
また、初犯の強姦事件を除き全て精神障害を理由に
15犯にわたる前科や不起訴処分を経験している。

マリエル
【宅間の家系・家族とその環境】

宅間の先祖は旧薩摩藩の下級武士で、
宅間の家系では事件発生前まで代々誇りにしていた。
宅間家の男子にも代々受け継がれ、法律や警察関係の仕事を行う者が多かった。

武士だった宅間の曽祖父は、明治維新の直後に丁髷を落として警察官に就任し、
鹿児島県から奄美大島に渡った後、大阪・河内へ移住した。
宅間の祖父は、宅間の父親が17歳になった年の春に死去している。
宅間の父親は小学校で学歴を終え、
宅間家一家の大黒柱として6人の家族を養ってきた。

宅間の父親は、宅間の祖父と幼い頃から
自宅の庭で木刀を打ち合っていたといい、
「自分は薩摩武士だ」との強烈なプライドを生涯持ち続けていた。
父親によれば「『誰にも迷惑をかけない』というのは、
大きな私のテーマでありました」と語っている。
また、「(宅間家の男子は)何代にも渡って
厳しい修身教育(道徳)を受けてきたため、
(宅間家の男子は)『真のサムライたれ』と教育された。
ワシも父親に厳しくそれを仕込まれたし、
どんな出身地や身分にも関係無く『教育勅語』というものがあった。
これがあったから日本人はちゃんとしとったんですよ」という。
父親は極めて平凡な頑固親父で、
人生の勝利者にはなり得なかったけれども
自分の人生にプライドを持っていたという。

宅間の父親は、家族全員に対して激しい暴力をふるっており、
宅間自身も父親から厳しく
接せられていた(なお、父親自身も放任されて育っていた様子である)。
宅間は暴力をふるう父親を憎悪し、
寝ている間に包丁で刺殺してやろうと思ったこともあると述懐している。
宅間が自衛隊を退職して非行に走るようになると親子関係はさらに悪化し、
取っ組み合いをして父親が宅間を何度も石で殴打する出来事もあった。
事件後、父親は宅間のことを「
物事が上手くいかないとすべて人のせいにする人間」と評している。

宅間の母親は、家事、育児が苦手であり、
家事のほとんどは父親が担当し、
一種のネグレクト状態であったと指摘される。
宅間を身ごもった時、父親に「これはあかん」「おろしたい」と語っていた。
また、母乳をあげることも嫌がっていた。
さらに、宅間が中学を受験する際には、
「お前なんか産まれてこなければよかった」と罵詈雑言を浴びせられたと、
事件後に宅間のマンションから押収されたノートに書かれていた。

宅間は両親に対して、喧嘩をした際に、
「ヤクザを使ってお前らの生活滅茶苦茶にしてやる」
「死ぬまで苦しめてやる」と語っていた。

宅間には実兄が一人居たが、破綻した実弟の存在に心を病み、
起業の失敗と偽って小刀で首を斬って40代前半の時自殺している。
宅間の母親も長期に渡って心を病み、長らく精神病院に暮らし、
2016年末に亡くなっている。父親は事件後酒乱となり入院しているが、
獄中の宅間によると「宮崎勤の父のように自殺して欲しかった」と語っている。
 
マリエル
【事件の概略】

2001年6月8日10時20分頃、大阪教育大学附属池田小学校に凶器を持った宅間が侵入し、
次々と同校の児童を襲撃した。

ムルタ・アズラエル1
オラオラァッ!
逃げる子供は悪い子供だっ!
逃げない子供はよく教育された子供だっ!!

イリヤ1
な、何なのよっ!?

桂こころ
やめてーっ!
このオジサン怖いッ!?きゃぁぁぁぁっ!!

伊藤止
誰か助けてッ!
変なオジサンが襲って来るッ!?

マリエル
結果、児童8名(1年生1名、2年生7名)が殺害され、
児童13名・教諭2名が傷害を負った。
宅間は、校長や別の教諭にその場で取り押さえられ、現行犯逮捕された。
宅間は最後の一人を刺し終えた瞬間、凶器である出刃包丁を自ら落として、

ムルタ・アズラエル4
あーしんど!

マリエル
と呟いたという。
その後、宅間は殺人罪などで起訴された。

逮捕当初、宅間は精神障害者を装った言動を取っていた。
しかし、被疑者に対して起訴前と公判中に2度行われた精神鑑定の結果で、
2度とも「情性欠陥者で妄想性などのパーソナリティ障害は認められるが、
統合失調症ではなく、責任能力を減免するような精神障害はない」とされ、
責任能力を認める結果が出た。宅間は逮捕直後に
「薬を十回分飲んだ。しんどい」と供述して医師の診察を受けたが、
宅間が飲んだとされる薬は通院先の病院などを調べた結果、
抗精神病薬「セロクエル」と抗うつ薬「パキシル」、
睡眠剤「エバミール」の三種類と判明した。
仮にこれら全部を宅間の供述通り10回分服用しても眠くなるだけで、
奇怪な行動を起こしたりすることはないとされる。
また、宅間の自宅を調べると睡眠薬や抗精神病薬など10数種類、
約200錠の薬物を押収したが、
これは宅間が複数の病院に通院しては、医師に「眠れない」などと
睡眠障害・不眠症を偽って(いわゆる詐病の一種)薬を処方してもらい、
飲まずにため込んでいたものだった。
さらに、逮捕後に宅間の血液や尿を採取して仮鑑定した結果、
精神安定剤の成分が検出されなかった。
捜査員がこの事実を宅間へ突きつけると、
「すみません。薬は飲んでいません。作り話でした」と
偽証していたことを認めた。

マリエル
【公判】

「下関事件の模倣犯になりたかった」「命を以って償います」と
初公判でのみ反省・謝罪の弁を口にしていた。
このことに対し、大阪地方検察庁の検事が週刊新潮のインタビューに対して
「この反省と謝罪の弁は本物だった」との証言をしている。
公判後は「何も言えないよりは良かった。
本当ならば4人の遺族を名指しで批判するつもりだった」
「刑事責任能力がそこまで
認められたなら(控訴しても)仕方ない」と述べている。

2003年8月28日、大阪地方裁判所は被告人の宅間守に
対して死刑判決を言い渡した。
死刑判決を言い渡す場合には主文を最後に述べる慣例があるが、
今回はそれを破って主文を先に言い渡した。
また、すでに宅間は開廷時に騒いだことで退廷命令を受け、
拘置所職員によって連れ出されており、
死刑判決を読み上げる裁判長の声を自ら聞くことは無かった。
また、この判決公判では傍聴希望者が多かったことから、
特別措置として法廷にテレビカメラを設置し、
別室に設けたテレビモニターで傍聴できた。

その他、宅間は公判中にあくびや貧乏揺すり、
遺族や裁判長等を睨みつけたりする行為を行い、
これに対し傍聴席からは
「早く死ね」「一人で死ね」等の怒号が飛び交っていた。


マリエル
【死刑確定後】

控訴期限の同年9月10日に弁護人が控訴したが、
9月26日に宅間自ら控訴を取り下げ、死刑判決を確定させた。
宅間は主任弁護人に送った文書で、
刑事訴訟法第475条第2項で規定された
「死刑確定後の6か月以内の死刑執行」を訴えていた。

宅間は、死刑が6ヶ月以内に執行されないと
精神的苦痛を理由とする国家賠償請求訴訟、
および法務大臣・野沢太三に対する特別公務員暴行陵虐致傷罪での
刑事告訴を起こす準備をしていた。
告訴した場合には、たとえ受理されなかったとしても手続きが滞って
死刑の執行が遅れる可能性があったが、
告訴の依頼を受けた弁護士によれば、
実際に告訴の手続きを行うつもりはなかったという。
また担当弁護士に届いた2004年の年賀状には
「ケジメをつけるためにご協力お願いします」としたためており、
宅間は一刻も早い処刑を望んでいた。

この事件の判決確定後、宅間は死刑廃止運動家の女性と出会い、
文通を経て獄中結婚をした。晩年は宅間自身の姓を女性の姓に改名している。
この他、愛知県出身の既婚女性から愛情の告白を受けており、
その女性とも文通を行っていた。
最初は愛情や支援に対して頑なに心を閉ざしていた宅間だったが、
自分に対する理解者が現れるに連れて、
少しずつ彼女に対して心を開いていった。

死刑確定から約1年後の2004年9月14日8時16分、
宅間は大阪拘置所で死刑が執行された。
結果的には宅間の望んだ通りの早期執行となった。
執行当日の朝食は摂取することが許されなかったが、
宅間は執行直前に刑務官から
受け取った煙草とリンゴジュースをゆっくり味わってから、
拘置所の奥へ消えていったという。40歳没。
宅間が最期に残し、妻が死刑執行後に刑務官から伝えられた言葉は
「『ありがとう、と僕が言っていた』と、妻に伝えてください」とされている。
妻に対しては感謝の気持ちを表すまでには至ったものの、
事件によって犠牲になった被害者の児童や
その遺族への謝罪は最期まで一切無かったとされる。

なお、葬儀はマスコミが押しかけることと、
費用面など経済的事情もあり難航し、
結局は信者ではなかった大阪市内の
キリスト教関係の施設で行われたという。

マリエル
【事件の影響】

【犠牲者に対する対応】

この事件で死亡した2年生7名は、
2006年に同級生と共に特別に卒業証書を授与され、
「小学校を卒業」という形になった。
さらに、2007年にはこれと同様に、死亡した1年生1名に卒業証書が授与された。
また小学校を管理する文部科学省は、
被害者遺族らに総額4億円の慰謝料や賠償金を支給した。

【学校側の対応不足】

文部省(当時)は、1999年に京都市立日野小学校で
発生した京都小学生殺害事件の後に
「安全管理に関する通知」を出しているが、
附属学校を設置管理する文部省および大阪教育大学では、
各附属学校の安全措置の状況を把握していなかった。
通知に関しては、教官に対して一度口頭で伝えたに留まり、
それ以外の格別の対応をとっておらず、
事件当日も不審者に対して、
教官による十分な対応がされていなかったことが、
被害児童の救助の遅れや犯人逮捕の遅れにつながった。
犯人を取り押さえてから警察による犯人逮捕までの間、
学校側による状況把握ができず、
管理職や教務主任は混乱の中で事件の全容をつかめなかったほか、
組織的な対処行動(児童に対する組織的な避難誘導、救命活動、搬送処置など)が
できなかったため、死亡した8名の児童は20分前後も放置されてしまった。

混乱の中、教員が救急車に乗らず児童に付き添わなかったため、
保護者への児童の搬送先病院の連絡も遅れていた。
事件直後、ある死亡児童の保護者は、
早い段階で来校したにもかかわらず、
学校内で負傷していた児童に会うことも付き添うこともできなかった末、
自力で探し回った病院で死亡した我が子と対面することとなった。
さらに事件後において、学校からの説明や弔問が遅れただけでなく、
教員の心ない表現、発言および行動が遺族の心を大きく傷つけた。

【学校の安全対策】

この事件をきっかけに、学校(小学校など)、
幼稚園、保育所などの児童・生徒・幼児が頻繁に
利用される教育関連施設にも「警察官立寄所」の
看板(プレート)またはシールが貼り付けられたり、
学校にも部外者の学校施設内への立ち入りを厳しく規制したり、
警備体制を強化するなどの方策を主張する声も増えた。
また、防犯ブザーを携帯する児童も増加したほか、
保育士や学校の教職員が防犯や心肺蘇生を学ぶ機会となった。
この事件は、日本の学校がそれまでの「地域に開かれた学校」から
安全対策重視の「閉ざされた学校」に方針転換するきっかけとなった。
それまで小学校は、地域のコミュニティに重要な役割を果たし、
校庭は子供たちの遊び場にもなっていた。
この事件後、学校に監視カメラを設置したり、
部外者の立ち入りを原則禁止したりする傾向が強まった。
小学校などの学校への警備員配置、集団登校時に保護者や
地域のボランティアによる見守りも行われるようになった。
また、この事件を境に、小学校においては児童の名札を廃止したり、
あるいは校内のみの着用に限定したりする学校が増えるようになった。

マリエル
【触法精神障害者に対する対応】

心神喪失と認められ、無罪あるいは不起訴処分となった者に対する、
処遇のあり方について議論された。
それまでは、精神障害者に対して
司法機関が関与して処遇が行われることは、
一部の団体が保安処分に対して、
極めて抵抗感が強かったが、この事件以降に
『心神喪失等の状態で重大な他害行為を
行った者の医療及び観察等に関する法律』が制定された。
保護観察所に社会復帰調整官(精神保健福祉士)が置かれ、
社会復帰調整官が中心となって医療観察が実施されることとなった。
もっとも、この措置は保安処分であるとの指摘もある。

【被害者の精神的な障害】

児童や教職員・保護者の中には、
心的外傷後ストレス障害 (PTSD) に未だかかっている人もいる。
また、「あの時ああすれば
この事件が起きなかったのに(または被害を抑えられたというのに)」
というサバイバーズ・ギルト、いわゆる「見殺しにしたという自覚」ともとれる
自責の念に駆られている
教員もいる(一審の最終弁論で現行犯逮捕に携わった教員の証言)。

【精神障害者における報道被害】

精神障害者のうち、
統合失調症や気分障害などの者の家族らで運営する、
精神障害者家族会のかつてあった全国連合組織、
財団法人全国精神障害者家族会連合会(全家連)が、
精神科医を通して、事件後の精神障害者に対する
報道被害の様子の変化を調査している。

1.自分の病気や障害について深く考え悩むことがあった患者がいた (73.9%)
2.他人の目が気になったりして外出が嫌になった患者がいた (63.0%)
3.再発というほどではないが症状が不安定になった患者がいた (57.6%)
4.眠れなくなったりするなど生活のリズムが乱れた患者がいた(50.0%)

深刻な事例として、精神科医から挙がった声としては

1.自殺した患者がいた(1.1%、2人)
2.入院・再入院した患者がいた(16.3%、24人)
3.再発した患者がいた(13.0%、21人)


となった。

【全家連から報道機関への見解と要望】

全国精神障害者家族会連合会(全家連)は、報道機関に対し
「大教大池田小児童殺傷事件の報道について」(2001年6月8日付)と
「小学校児童殺傷事件報道について」(2001年6月18日付)を送付している。
前者では「この事件で逮捕された男には、
精神病院の通院歴があったと報じられていますが、その記述については、
私たち身内に精神科治療を受ける者を持つ立場から見て、
重大な疑義を感じざるをえません。記事(番組)の中で報道されている
『男は、精神病院に通院中で…』という部分は、
その表現 (以下、病歴報道)によって、読者(視聴者)には、
『精神疾患』が本事件の原因であり、動機であると理解されてしまいます。
その結果、「精神病者(精神障害者)はみな危険」、という
画一的なイメージ(=偏見)を助長してしまうと考えるからです」

と、安易な病歴報道の問題点を指摘し、
「妄想や幻聴などの症状は、薬物療法でコントロールしやすいといわれています」と
精神科治療の実情を説明、
「なぜこんな事件が起きたのか、服薬はきちんとしていたのかなど、
事件の背景をきちんと取材し、今後の教訓となるような報道をしてください」

と要望している。
後者では「安易な報道によって、「精神障害者は危険だ」という
社会の偏見がより強くなりました。(中略)これは
『報道被害』であるといっても、過言ではありません」

と、報道によって受けた報道被害を訴え、

1.事件の報道をする場合、警察発表であったとしても、
 事件の背景、病気の状態などが明らかになっていない段階で、
 特定の病名や通院歴・入院歴を報道するべきではないこと。
2.法的責任能力の問題を精神障害に置き換えて報道しないこと。
3.この事件と触法精神障害者の処遇問題を安易に結びつけないこと。

の三点を要望している。

マリエル
【捕捉】

精神鑑定書

2013年に本件の鑑定人の一人、精神科医の岡江晃は、
宅間の名を冠した『(犯人名) 精神鑑定書 精神医療と刑事司法のはざまで』を著した。
その本の内容は下記によりなる。

・鑑定書前文
・第1章 家族歴
・第2章 本人歴(生活歴、精神科治療歴、生活歴精神科治療歴にかんする宅間の陳述)
・第3章 本人犯行(宅間以外の供述、鑑定時に述べたこと)
・第4章 現在症(精神所見、心理検査所見、身体所見)
・第5章 診断(精神医学的考察、本件犯行とその心理、精神能力)
・第6章 鑑定主文

資料として各種検査、判決要旨が追加されている。
鑑定人は H.T.と岡江晃で、ほかに鑑定助手として医師2人、
臨床心理士1人が協力した。鑑定主文を要約すると、
宅間はいずれにも分類できない、特異な心理的発達障害があり、
この延長線上に青年期以降の人格がある。
本件犯行時、本人は情性欠如者であり、
穿鑿癖、脅迫思考を基盤とした妄想反応である、嫉妬妄想があった。
本件犯行そのものに踏み切らせた決定的なものは情性欠如であり、
著しい自己中心性、攻撃性、衝動性である。
本件犯行が極めて重大な犯罪であるという認識は、犯行直前、直後、現在もある。
診断の中の精神医学的考察の中で、
過去の精神科医の診断が述べられている。
それによると過去に診察したすべての精神科医は程度の差はあれ、
精神分裂病(現在は統合失調症)の可能性があると
考えたという事実が記録されている。
診療録の診断名は精神分裂病のみならず、
精神神経症、敏感関係妄想、神経症などとなっているが、
それらは単に暫定診断であり、保険請求のための診断であった。
唯一、約2年間にわたって主治医であった精神科医YMのみが、
本件犯行より以前に精神分裂病から、
妄想性パーソナリティ障害へと診断変更した。


マリエル
ここまでのご拝読ありがとうございました。


【アイコンキャラ朗読】葛飾区偽装誘拐殺人事件【寸劇上等】

マリエル
葛飾区偽装誘拐殺人事件(かつしかくぎそうゆうかいさつじんじけん)とは、
1974年10月に東京都葛飾区で発生した事件。


桜 1
犯人の小町役

士郎 2
会社の社長役

イリヤ3
社長の娘役

葛木
刑事役


マリエル
【概要】
この事件の犯人の女(当時25歳)は
「小町」と地元で呼ばれるほどの色白美人だったという。
21歳のとき、サッシの加工販売会社の事務員として就職し、
その社長(当時37歳)と不倫関係となった。


桜 1
しゃ・ち・ょ・う。ウフフ。

士郎 2
おいおい。他の社員が見ているぞ?


マリエル
しかし社長の妻に関係が露見し
社長としては困った事になった。


凛 4
志郎、アンタ浮気しているでしょ?

士郎 2
ソ、コンナワケナイジャナイデスカヤダー。

士郎 2
(このままじゃマズイな。ならアソコを会社の経費で落として借りて
彼女を匿おう。それしかない。)


マリエル
こうして社長は妻を恐れて葛飾区西亀有のマンションに女を匿った。
そして2人の関係はその後も続くが、
社長が妻と離婚して自分と結婚するという約束を
履行しないことに次第に不安に駆られていく。

社長は妻と離婚する気はなく、
そればかりか女に「あんたももう結婚したらいいじゃないか」と
他人事のように言い出す。
さらに社長の長男の非行が原因でこの夫妻は仲直りし始めており、
知人の結婚式で社長夫妻が
仲良く媒酌人を務めているのを見て、遂に女の怒りが爆発した。


桜 4
あんにゃろうめ、今に見てろ。


マリエル
【凶行】
1974年10月17日、女は社長夫妻の不在を見計らって社長宅に侵入し、
葛飾区の小学生の社長の娘(当時8歳)を自分のマンションまで連れ出した。
そして娘の首を紐で絞め、さらに包丁で頭部と背中を何度も刺した。


桜 4
君はいいお嬢ちゃんだったが、
君の父上がいけないのだよ。フフフフ、ハハハハハ

シャア・アズナブル
コラコラ、私の台詞をパクらないように。

イリヤ1
・・・謀ったな!

桜 4
何とでも言え、ここで引導を渡してやる。


マリエル
こうして社長の娘は死んだ。

マリエル
【偽装誘拐へ】
社長は帰宅したとき、
娘がいないことに不安を覚えて女のマンションに駆けつけたが、
そのときには娘は殺されていた。女は社長に自首すると述べたが、
それを聞いた社長は怒りだす。
自らの不倫が原因で我が子が殺されたなどとなれば、
社会的信用を全く失い、会社も自らも破滅すると考えたからだといわれる。
社長は女に自首を思い止まらせ、娘の遺体の遺棄を命じた。

自らは警察に娘が誘拐されたと通報し、
さらに身代金目的と見せかけるために
自宅に200万円を要求する脅迫状が届けられたとまで偽装した。
また、女が埼玉県大宮市(現在のさいたま市)に
遺体を遺棄してきたのを知ると、
「50センチの深さに埋めただと。
 犬でも掘り起こしてしまうから1メートル以上掘って埋めて来い」と
身勝手にも命じたという。

マリエル
警察は女の供述に曖昧な点が多いことから調べを進め、
社長と不倫関係にあったことを掴む。
結局、女は殺人を自供して10月30日に逮捕。
社長も娘の葬儀が終わった直後の11月2日に死体遺棄の容疑で逮捕した。


葛木
お嬢様が亡くなられてお気の毒ですが
貴方に逮捕状が出てます。

士郎 2
ガビーン Σ(゚д゚;)


マリエル
【裁判】
裁判では、身勝手な不倫相手である社長に
翻弄された女に対して世論から同情が集まり、
裁判所に対して1760名の署名のある減刑嘆願書が提出された。
これに対して東京地裁は女に懲役13年、
社長に懲役1年、執行猶予3年が宣告されたが、
あまりに軽すぎる社長の判決に世論から非難が上がったという。


四季1
これじゃ彼女が可哀想だ!
日本の司法はどういう基準でモノ決めてんだッ!?

ジェリド・メサ1
あの社長こそ恥を知れッ!?

士郎 2
(´・ω・`)ショボーン


マリエル
ここまでのご拝読ありがとうございます。

【アイコンキャラ朗読】奈良長女薬殺未遂事件【寸劇上等】

マリエル
奈良長女薬殺未遂事件(ならちょうじょやくさつみすいじけん)とは、
2000年7月16日に発覚した事件で、「奈良県奈良市の准看護師が、
保険金目当てに15歳(当時)の長女に
硫酸サルブタモールを飲ませ薬殺しようとした」殺人未遂事件である。


カテジナ・ルース
准看護師のY子役


ジェリド・メサ1
Y子の長男役


桂言葉1
Y子の長女役


西園寺世界1
Y子の次女役


ヤザン・ゲーブル1
Y子の父親役


ライラ・ミラ・ライラ
Y子の母親役


マリエル
【事件の概要】
2000年7月16日、奈良県奈良市の
準看護師のY子(当時43歳)が殺人未遂で逮捕された。
保険金目当てで高校1年の長女・A子さん(当時15歳)に
薬物を飲まそうとして殺そうとしていたというもので、
A子さんの体内からは硫酸サルブタモールが
検出されたが命に別状はなかった。

※硫酸サルブタモール・・・・気管支拡張剤。1度服用したくらいでは
入院に至ることはなく、Y子は連日服用させ続けていたものと思われる。
せっけんのような味。点滴には利尿薬が配合される場合が多いが、
硫酸サルブタモールと併用すると不整脈や心停止を起こす危険が非常に高まるという


マリエル
Y子について。

1957年奈良県天川村で、4人姉妹の次女として生まれる。
父親はアルコール依存症で、加害者はその父親から近親姦を受けていた。
また、複数の男性からも性的虐待を受けていた。


1981年看護師の男性と結婚。以後、3人の子供(長男、長女、次女)を儲けた。


1993年夫と離婚。その後は両親と子供3人とともに、奈良市内の団地に住んでいた。


マリエル
【前兆】
1997年、Y子の二女(9歳)と長男(15歳)が
相次いで「肺水腫」(※)、「脳浮腫」(※)という
病気で亡くなっていた。2人とも保険金がかけられていた。

ジェリド・メサ1
ぐはっ!ロリコン強姦殺人の犯人役の次はコレかい。

西園寺世界1
あ、あのBBAめ。謀ったな・・・・がはっ!

長男の臓器からはサルブタモールが検出されたが、
これは治療にも使用されていたため、証拠が不充分だった。

※肺水腫・・・心疾患の代償不全、有毒ガスの吸入などにより肺が鬱血し、
肺胞内に液体がたまった状態。強い呼吸困難をきたし、泡沫状の痰が多量に出る。

※脳浮腫・・・・脳組織内の水分が増え、脳の容積が増大した状態。
外傷・中毒・血管障害・腫瘍などに伴って起こる

1997年末、A子さんは同級生の母親に

桂言葉1
「お兄ちゃんも妹も同じ病気で死んだ。今度は私が死ぬのかな」と
つぶやいたという。二女、長男が
相次いで死亡したことを不安を覚えていたらしい。


マリエル
続いて、Y子の父親(65歳)も不審死していた。


ヤザン・ゲーブル2
な、何てこった・・・。


マリエル
父親は99年10月から、持病の腎不全のため、
月に3回ほど診療所に通院してステロイド剤の投与などの治療を受けていた。
00年2月になって、動悸と不整脈が多発し、診療所で検査したが、
原因は分からなかった。ステロイド剤は、
Y子がA子さんを殺害するために飲ませたとされる
硫酸サルブタモールと併用した場合、
不整脈など重大な副作用が出る。
そしてこの時点で母親も死亡している。


ライラ・ミラ・ライラ
な、何で私がこんな目に。


マリエル
【長女への殺意】
2000年3月から7月にかけて、
今度はA子さんが市内の病院に3回入院した。
3回ともY子が用意した弁当などを食べた直後、発作を起こして入院していた。
症状はいずれも手の震えや動悸といったものだった。
A子さんにもまた約3000万円の保険金がかけられていた。


カテジナ・ルース
くっくっく。最後はあのヤンデレめを・・・


マリエル
1回目の入院日は3月8日で、
自宅でY子が用意したシュークリームを食べ、
お茶を飲んだ祭、変な味がしたので飲食をやめようとしたが、
Y子は強く勧めたという。入院したA子のもとに、
父親、つまりY子の前夫が見舞にやってきた。
A子は「お母さんの出したお茶や食べ物は変な味がする」と訴えたため、
前夫は医師に相談していた。

2回目のケースは5月8日で、
Y子が自宅で作った弁当を食べたら、
味がおかしかった。入院したA子にY子がスポーツ飲料を手渡すが、
そこから局所麻酔薬「リドカイン」(※)が検出されていたことが分かった。

※リドカイン・・・・局所麻酔薬。歯科や眼科など幅広い治療で使用され、
毒性は比較的低いが、投与し過ぎると不整脈などの副作用が表れる。
味は苦味がきつい。リドカインに含まれる「エピネフリン」と
利尿剤や硫酸サルブタモールを併用した場合、危険な副作用を引き起こす。



マリエル
3回目は6月15日、Y子の作ったラーメンを食べると
酸っぱい味がしてA子は食べるのを拒んだ。
この時Y子は「(退院をしたばかりだから)栄養をつけないといけない。
スープだけでも飲みなさい」と強要していた。
A子は翌日入院したが病名の診断はつかず、4日後退院した。

事件後、A子さんの尿などから、
硫酸サルブタモールとリドカイン以外に、
添加剤ベンザルコニウム(※)、
かん腸液のグリセリン(※)、
皮膚薬に含まれる尿素の5成分を検出された。

※塩化ベンザルコニウム・・・・・商品名=「オスバン」、「ヂアミトール」。
殺菌・消毒薬。陽イオン界面活性剤で、水溶性として外用、器具の消毒に用いる。

※グリセリン・・・・油脂の加水分解によって、
脂肪酸とともに得られる無色透明で甘みと粘り気のある液体。
三価アルコールで、医薬品・爆薬・化粧料・潤滑剤など広く用いられる。グリセロール。



マリエル
また、2000年12月に亡くなったY子の母親の尿からも
サルブタモールが検出されたことで、
母親殺害の容疑でも再逮捕されたが、
これも「充分な証拠がない」として処分保留となった。

Y子はそうした薬物をインターネット上のホームページなどで
情報を集めており、硫酸サルブタモールの性質や効能が
書き込まれている医学系のホームページのコピー数枚を所持していた。

Y子の勤務先である京都府の病院では、
薬品類の在庫管理が不完全で、
Y子が持ち出しても分からない状態だった。
同病院では硫酸サルブタモールの小瓶を
院内の薬局に5~10本常備。
各科の責任者がサインした伝票と引き換えに
1本ずつ配られる仕組みだった。
だが、4月までは婦長の机の引出しに薬局のカギが入っており、
Y子がそれを持ち出すことは可能だった。



桂言葉2
あのBBAめ。いつか呪ってやる。


マリエル
【母親の男遊び】
Y子は離婚後、テレホンクラブで知り合った
複数の男性と親密な交際を続けていた。
20代の男性とも付き合っていた時期があるという。
 
1997年に二女と長男が死亡して以降、精神的に不安定となり、
自宅で自殺を図るが未遂。
98年6月から翌年9月にかけて勤務先の病院を休職し、
甲府市内の病院に一時入院した。
この病院でも何度か手首を切ったりしたという。
当時、大阪府内の40代の男性と交際していたが、
入院の際、新たに山梨県内の40代の男性と知り合った。
入院中、この男性が付き添っていた。
退院後、坂はA子さんにかけていた生命保険を3倍の3000万円に増額。
A子さんは「お母さんが夜帰ってこないことがよくある」と友人に話していたが、
Y子は男性と金沢市の温泉へ出掛けるなど、
Y子は2人の子供の保険金2000万円のうち、
1000万円をこうした男性との交際費に使っていたという。

 Y子はこの山梨出身の男性と再婚を考えていた。
知人に「結婚を考えている人がいる」と話している。
また近所が人には「子供が大変。何もかも忘れて出直したくなる」と話し、
前夫との子供が邪魔になったことを匂わせている。
Y子の家族殺害、殺害未遂はY子1人によるもので、交際男性の共犯性はなかった。


カテジナ・ルース
「生活苦で娘を殺し自分も自殺しようと思った」
 
事件後、Y子はこう語った。だがY子は二女と長男の
2000万円以上の保険金を手に入れており、
月々25万円の給与所得のある準看護師で、
貯金も数百万あった。当面の生活費には困らなかったはずだが、
逆に考えれば2000万を上回る保険金が
数百万円しかのこっていないことから、
かなりの金をこの短期間で使用していたことになる。
近所の人によると、
Y子一家の生活ぶりは決して派手でなかったというから、
金のほとんどは男に貢いでいたのだろうか。


マリエル
【裁判】

2002年3月15日、懲役3年の実刑判決。刑は確定した。

父親、母親、長男、二女の家族4人が
不審死したものの証拠が不充分で、
A子殺害未遂の件でのみ裁かれることとなった。
またA子さん自身も母親の処罰を望んでいない事情から、
判決は軽いものとなった。

またこの裁判では殺害の動機がはっきりしないことや、
Y子が心の病気から睡眠薬を乱用していたことから
弁護側が「心神耗弱状態であった」と主張、精神鑑定が行なわれた。
それによると、

「代理ミュンヒハウゼン症候群」(※)という概念が「疑いとして」認定された。

※ミュンヒハウゼン症候群・・・・ミュンヒハウゼンとは18世紀に
ドイツに住んでいた伯爵の名前からとったもので、
その伯爵は「ホラふき伯爵」と呼ばれた

演技などで自分を病人に仕立てて病院めぐりをする人を
伯爵の名を借りてミュンヒハウゼン症候群と呼ぶ。
保険金詐欺などに利用されたりする。

※代理ミュンヒハウゼン症候群・・・・77年にイギリスで初めて発表された児童虐待のタイプ。
母親が毒物を与えるなど、子供の病気をつくりだすもので、
目的は献身的看病をする母親として周囲に認められたいためだという。
薬物などの精通してなければなかなかできないので、医療関係の職をもつ母親が多い。



マリエル
【その後】
2007年10月25日、大阪市西成区の地下鉄御堂筋線の
動物園前駅構内で、ふらふらとあるいている女が
警官の職務質問を受け、覚せい剤所持で逮捕された。Y子である。

Y子は2004年に出所した後、
家族と暮らしていたが、やがて一人暮らしを始めた。
覚せい剤は同棲していた男から勧められ、
計17回使用したと12月の初公判で証言した。
法廷ではY子は「普通のおばさんになりたい」と述べた。

マリエル
ここまでのご拝読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】札幌・女性餓死事件/池袋・母子餓死事件

mako1
札幌・女性餓死事件とは
1987年1月、札幌市白石区の市営住宅の一室で、
女性(39歳)が衰弱死しているのが発見された事件のことである。


mako1
【許しておくれ、母さんを】

1987年1月22日、札幌市白石区の5階建て市営住宅の一室で、
ある女性が死んだ。栄養失調による衰弱死だった。女性はF子さん(39歳)という。

母さんは負けましたこの世で親を信じて生きた
お前たち3人を残して
先立つことはとてもふびんでならないが
もう、お前たちにかける声が出ない
起き上がれない
なさけない
涙もかれ、力もつきました。
お前たち空腹だろう 許しておくれ 母さんを・・・・


 この日は冷えていた。この家のガスは料金滞納により止められ、
ストーブの灯油もすでになかった。
あるのは八畳の居間に置かれた電気ごたつだけ。
冬の間、母子4人はそこに寄り添って、寒さをしのいでいた。

 23日早朝、F子さんの小学5年の二男(当時11歳)と、
4年生の三男(当時9歳)が階下の知人宅に母親が
息をしていないことを知らせに行った。
中学生の長男(当時14歳)は友達の家に泊まっていて不在だった。

 知人がF子さんの様子を見に来ると、
バンザイをしたような姿勢で横になって
こたつの布団を胸までかけた彼女がいた。
しかし知人の知るふっくらしたF子さんの顔ではなく、
骨に皮が張りついただけのような状態で、
目を大きく見開いたまま死亡していた。

F子さんはもともと身長160cmで60kg。
それが死亡時には30kgほどになっていた。
子供らに呼ばれて部屋にやってきた知人は、
すぐにこの死体がF子さんと結びつかず、
ハッとすると子供達に「なんでこんなになるまで黙ってたの」と怒鳴った。

部屋は異臭がたちこめていた。
寝たきりとなっていたF子さんの
嘔吐や排泄物が処理できていなかったためである。
子供らが言うには、もう1ヶ月以上も前から寝たきりの状態で、
食事もとらずに水ばかりを摂っていたという。
子供達が無理に食べさせようとしても、
首を振って拒否し、激しく嘔吐した。
最初のうちは這ってトイレにも行っていたが、
次第に動けなくなっていた。死の3日前には長男を呼んで、
哀しそうな表情で何かを訴えた。それは言葉にはならなかったが、
長男にはその意味が理解できるような気がしたという。

こたつの上には2、3000円分の小銭が散らばっており、
部屋は荒れ、汚れた衣類の他、
紙くずや空き缶などのゴミが散乱しており、
台所もしばらくは使った形跡がなかった。
その他、ゴミにまぎれて公共料金の請求書、
サラ金の督促状もあった。
石油販売店からの請求書には、
「今後、お宅にはいっさいお売りしません」とサインペンで大きく書かれていた。


mako1
【或る女性の一生】

F子さんは1947年に日高管内の町で生まれた。
十人兄弟の6番目の子だった。
父親の勤め先が倒産してからは収入が不安定で、
F子さんは他の兄弟と同じように地元の中学を出ると、
半年だけ地元で働いたのち札幌へ出た。

札幌では製菓会社の工場に勤めた。
父親も札幌の木材工場に出稼ぎに来ていたので、
その工員寮に同居している。
この工場には3年勤め、他の職場に移ったのち、
20歳から24歳ぐらいまでのあいだは地元に戻って家事手伝いをしていた。
 
1971年、F子さんは再び札幌に出て、市内の映画館に勤めた。
札幌に来て2ヶ月後の11月、F子さんは結婚をしている。
相手はラーメン屋の店員をしていて、彼女より5歳下だった。
その翌年には長男が誕生した。その後も次男、
三男と子宝に恵まれたが、夫はギャンブルが好きで、
酒を飲んでは子供に手を上げるというような男だった。
1976年には夫が仕事を辞め、建築現場の日雇いなどをしていたが、
やがて仕事を休みがちとなって、競馬や麻雀に明け暮れた。
そのため、F子さんがパートに出なければならなかった。

三男が生まれてからも、夫は変わらず、
ギャンブルに凝った彼のつくる借金は増え続け、
百万円ほどになった。
F子さんの父親名義で金を借りたりすることもあったようだ。
1978年2月、借金は夫がすべて引き受けて返済すること、
3人の子供はF子さんが引き取って育てることを条件に
協議離婚が成立。この時F子さんは30歳、
一番下の子は0歳児だった。

3月、母子4人は札幌市中央区の母子寮に入り、
生活保護も受給してもらった。
この母子寮での生活はF子さんにとっては楽しい日々だったという。
長男が小学校に入ったのを契機に、
区内にある精神病院で働き始め、
1981年4月にパートから正職員に採用された。
それでも一家4人の生活費を稼ぐのは難しいので、
生活保護を受給していた。
同年8月には福祉事務所の後押しにより
白石区の市営住宅に入居している。
ここがF子さんの遺体が発見される場所である。

市営住宅に移って4ヶ月後の12月、
白石区福祉事務所がF子さんの生活保護を廃止した。
その理由は4月からF子さんが正職員になっており、
10月には冬の燃料手当、
12月にはボーナスが出るということが見込まれたためである。
この要否判定は6ヶ月を基準に行われ、
不本意であったが「F子さんは辞退届」に名を書かされた。
中央区から白石区に変わったとたん、
生活保護が打ち切られたことになる。
F子さんの勤める病院には、
他に2人の職員がやはり母子家庭で、
生活保護を受けながら働いていた。
そんなことがあってF子さんは福祉事務所へ直談判したが、相手にされなかった。

生活保護が廃止されたことで、
一家の家計は大変苦しいものとなった。
F子さんはそれまでの電車通勤から、自転車通勤に切り替えている。
しかしいくら切り詰めていても、
毎月不足が出てくる。以前のF子さんは
金を貸して返さない人を軽蔑するような人物だったが、
次第に周囲の人たちから借金をするようになっていた。
几帳面な性格だったから最初はちゃんと返済していたけれど、
そのうちにそれも出来なくなっていた。
そんなことがあって、友人とも疎遠になり始めた。

金がないから周囲の人に借りに行くのだが、
当初はちゃんと返していた。
その返済する金はサラ金を利用してのものだった。
F子さんはサラ金の2つの会社から約1000万円を借りていた。
こうなってくると、もはや生活を立て直していくのは
、よっぽどのことがないと出来なくなってくる。
利息の支払いすらできなくなっている。

1985年冬、F子さんは病院の他に夜の居酒屋のアルバイトを始めている。

事件の1年前、三男が朝になると「お腹が痛い」と言い出し、
学校を休みがちとなった。
F子さんはそれを上司である医師に相談したところ、
家族とのスキンシップが大事だと言って休職をすすめられた。
もちろんその間は生活保護を受けよという医師のアドバイスだったが、
生活保護は認められなかった。

 F子さんは2月から病院を休み、その後3月から喫茶店で働いていた。
 しかし6月にはガス料金滞納のためガスが止まり、
その頃から居酒屋のパートをかけもちするようになる。
喫茶店と居酒屋にはサラ金からの電話があった。

7月、休職中だったF子さんに病院は、
従来の半額ではあるがボーナスを支給した。
上司がそれを自宅まで届けに行ったところ
、居間にサラ金の請求書の束があるのが目についた。
心配する上司にもF子さん「生活保護を受けているので大丈夫」と嘘をついた。

9月、F子さんは勤め先の居酒屋の常連客から10万円を借りていたが、
それも返せなくて、やがて職場に来なくなった。
そしてまた別の飲み屋で働くようになって、
それまで勤めていた店の人に怒られてしまう。

やがてF子さんは体調を崩し、喫茶店も辞めた。
風邪をこじらせて寝込むようになったということだが、
仕事に出られず、一家の収入は途絶えた。
それからF子さんの死まで、ガス料金だけではなく、
水道料金、電気料金も滞納していたが、こちらは供給され続けていた。

11月半ば、F子さんが勤めていた喫茶店の主人が、
彼女を心配して福祉事務所に電話をした。
その翌日には地区担当のケースワーカーがF子さん宅に様子を見に来て、
事情を話した喫茶店の主人は
「生活保護を受けさせてやってほしい」と頼んだ。そのケースワーカーは
「明日にでも福祉事務所まで来なさい」と言って帰ったが、
翌日F子さんが病をおして福祉事務所の窓口まで出向くと、
面接担当のケースワーカーは事情も聞かずに
「まだ若いのだから働きなさい」
「別れた夫から子供の養育費をもらうか、養育できないという証明をもらってきなさい」
 と話し、受給は認められなかった。
 がっかりしたF子さんは「もう二度と福祉事務所には行きたくない」と話したという。

 痩せこけたF子さんの遺体が発見されるのは、それから2ヵ月後のことであった。

 この年の10月26日、東京・荒川区で生活保護を
「辞退」させられた女性が自殺している。
福祉事務所への抗議の遺書を認めていた、
「二度生きて福祉を受けたくありません」
「あなたは満足でしょう。あなたが死ねと言ったから死にます」
「福祉は人を助けるのでしょうか。苦しめる為の所でしょうか」


3年前の1984年4月には、同じ札幌市白石区の母子家庭で、
火災により小学2年生の男児が焼死するということがあった。
この家では生活保護廃止となって
電気も止められたために電灯がわりにローソクを使っていたという。
火事の時、母親は働きに出ていた。


mako1
池袋・母子餓死事件とは1996年4月27日、
東京・豊島区池袋のアパートの一室で、
この部屋の無職・A子さん(77歳)と寝たきりの
長男・Bさん(41歳)が餓死しているのが発見された事件。


mako1
【アパートで見た夢】

1996年4月27日、東京・豊島区池袋のアパートの一階の角の部屋で、
無職・A子さん(77歳)と、
寝たきりの長男・Bさん(41歳)が死んでいるのが発見された。
死後20日が経過しており、死因は餓死だった。

母子は1985年にこのアパートに越して来たが、
1992年3月にA子さんの夫が病死している。
部屋には食料も現金もほとんどなかった。
 
唯一、部屋にはA6判のノート10冊が残されていた。
A子さんがこの年の3月11日までつけていた日記である。
日記には天気、その日に買ったもの、支払った公共料金、
夫へのお供え物のことなどが細かく書かれていた。
律儀かつ几帳面な人物だったのだろう。
1993年~1994年頃はそうした事柄が淡々と書かれているだけの日もあったが、
後半には現状の苦しさや、将来への不安などのことで長文になっている。


mako1
【母の日記】

(全文より抜粋)

▽1993年12月31日
「ただ心配なのは、来年、私しと、子供はどうなるのでせうか。後少しのお金で、一年持つか、持たないかの不安と、同時に、其の後は、どんな生活に、成るのでせうか」

「相談する人もないし、役所などに相談した所で、最後は、自分で、決めねばならない。子供が、病人である丈に、非常に、心配で、たまら無い。私しが、働けるとよいけれど、今の所、全身が悪いのでどうする事も出来ない」

▽1994年1月1日
「後、少しのお金を、やりくりして使っても、外に収入が無いので、この先、どんな生活を、するのでせうか、お正月、早、早、すみませんが、今後の私共の行くべき道を、お教え下さい、毎日が、どうしてよいかわかりません」

▽1994年1月8日
「私しは、毎日、毎日、全身がきつくて、動くのが、大変苦しい」

▽1994年1月15日
「昨年十二月から、今年にかけて、寒さがきびしく、冷えがひどい、暖房がないので、手など、たまらない程冷える」

▽1994年2月26日
「私しは全身のきついのが、どうしても、良くならない。かえって、悪るく日増にひどくなり、耳なりなどはめちゃくちゃに、両耳に、あらゆる音の雑音で、気がくるいそうにひどすぎる。鼻の中のカサ、水分不足などで、痛いのと、苦しい、家の中で一寸動いても、きついので、外を歩くのはたまらない程苦痛がひどい。良い所は、一つも無く、すべてが、悪いので、どうしようもない。何時までこの苦痛の毎日は、つづくのだろうか。早くこの世を去りたい」

▽1994年3月4日
「毎日、毎日、こんな風で今後は、どう成るのだろうか、家の中でも、立ったり、すわったりに、一ぺん、一ぺん、痛い苦しいと、うめき通しで、子供が病人丈に、手伝しても、もらえ無い所か、私が、仕手やる方が多くて、苦しいのをガマンして、子供に、いろいろと、仕手やっているが、この状態で、どう成るのだろうか、どうしたらよいのか、今は、ぜんぜん分から無い」

▽1994年3月7日
「食後に、子供が、足の爪を切ってくれと言って、その後、今後は、ヒゲを切ってくれと次々させられたが~(中略)、不安な毎日で、自分の身体をもてあましている上に、子供の病人の世話で、つかれきっている」

▽1994年3月23日
「現状の様子では、今年が、最後に成るのではないかと、不安で、たまらない、後少しのお金で、毎日の生活も、はら、はら、だけれど、来年はまた(アパートの)再契約をしなければ、おられないし、収入が無いので、私しの少しの年金では食べて行く事さえ出来ない。再契約すると、一時出すお金だけでも、三十万以上は入るのに、どうして今後、子供と、私は生活して行くのだろうか、外に家を借りるお金もない。第一、貸してもくれないだろう」

▽1994年7月11日
「そして私しは、八、九年ぶりに、自分の体をお湯でふけた。お風呂は、八、九年間一度も入らないのでアカがぼろぼろで困る。子供は、それ以上に、十何年間一度も風呂も、身体もふいていない、私共の現状はひどい」

▽1994年8月18日
「私は、本当に、生まれが、悪く、生きてゆく事が、苦しい。死にたい」

▽1994年11月18日
「どこもだけど、特に、私共の周囲には、強い因縁をもった人が多くて、(間違った事)(自分本位の事)(人に迷惑をかけても、平気な人)悪の世の中で、結構な生活をして、楽しみ、金使いもあらく、つまらぬ者を、みくだし、こちらから、アイサツしても、知らぬふるどころか、カタキの様な態度を取られたり、人間の道はずれても人々から、ちやほやされるなど、どうしても、私には腑におちないが」

「子供は、二十年ばかり、外出した事なく、世間の事は何一つ分からないし、自分のおる所さえ、知らないので、私は、子供を守ってやらぬと可哀想で、子供は欲が無いし、悪が無いので、人をうたがったり、けいかいしないから、人を信じて、だまされは仕無いかと、何時も、頭から片時も、不安が取れない」

▽1995年1月26日
「私は、一月一七日(火)より、十日にもなるのに、具合の悪いのが、一向に良くならない。ふらつき、頭痛、熱、心臓と、どうも、こうも全身がきついし、水でひやしても熱が一向に取れない、一寸動いても、たまらない程の苦しさで、身体がふら、ふらして、真すぐに歩けない。何だろうか、わけがわからない、どうしたらよいのだろうか。家も三月までしかおられないし、心配である」

▽1995年2月21日
「私と子供は、来月三月までで、一応、期限が来るけれども、行く先もないし、又、再契約すれば、大金が入り、家賃も上り、いくら、無理しても、夏頃までしか、お金が、つづかなくて、その後の事が又心配である。それに、子供の年金を、おさめると、生活が出来ないし、免じょの手続きを出しても、受付けてはくれないだろうし、あれも、これもと、心配が多くて、今後のこと、どうしたらよいか、毎日、その事で、不安が一ぱいである」

▽1995年2月25日
「お陰様で、三月分まで、無事、家賃を、すまさせて頂きまして、有難うございました。外に家が無いので、無理でも、しばらく、おらせて貰うために、再契約を、たずねたところ、家賃は、今まで通りでよいとの事で、契約更新料一ヶ月分と、不動産の手数料が、半月分で、42500円、家賃85000円、更新料85000円、手数料42500円、合計212500円の由、五年にもらった契約書を、もって行く由」

▽1995年3月16日
「(長男の国民年金督促を受け)朝9時10分頃、国民年金課に電話して、免除の用紙をたのんだ。無事にきます様に、お願します」

▽1995年3月29日
「朝、年金係の人からの手紙が入っていた、昨日来たのだろう、うちが、お金に困り、後、暫くしか、ここにおれないのを読まれて、相談する様にと、区役所と、西福祉事務所など、教えて、かいてあるが、私共はここが、最後と言って有るし、自分で、家さがしも出来ないし、家に入らないとも言ってあるので、それに、良い人が、世話されると、よいが、悪い人に、あたったら大変と、聞いているので、今は、最後まで、ガマンする」

▽1995年4月29日
「私と、子供は、お金が無くて、家賃を、払えないので、八月か九月までしかおられない。少しでも長くと、節約しているけれども、家賃が高いので。少しでは足りない、お金がさえあれば、後二年は、おられるけれども、後、私共は、どこに行くのだろうか。不安である」

▽1995年8月11日
「子供の平成七年四月から平成八年三月までの間の免除の通知書がきた」

▽1995年8月25日
「家賃は、おさめさせて頂きましたが、生活費がありませんし、来月も、家賃をおさめたら、後、生活費がないので、不動産のかえりに、質屋をさがして、たずねたが、何んでもは出来ない、電気品丈と、言われたが、うちのは十年以上の品で、お金にはならないし、今後どうやって、生活したらよいか、毎日、不安で、何時まで、ここに、おられるのだろうか」

▽1995年10月6日
「又、何時まで、ここに、おられるのか、家賃を上げたら、生活費がありませんので、食べて行けないし、二ヶ月に一ぺん(85650円)年金を頂いても、全部家賃に出して仕舞って、又、二ヶ月だから、毎月の家賃が、払えません。今年一ぱいも、おられるかどうか、不安で、毎日、毎日、心配しております」

▽1995年10月14日
「子供は、今月10月1日(日)よりきついてと言って朝、一回食事に起きた後は、すぐにフトンに、やすんでいるが、一寸起きては、すぐに、フトンにやすみ通しで、どこが悪いのか、ただきつい丈言ってはっきりしない、ひどい病気にならぬとよいけれども」

▽1995年11月30日
「いよいよ今年も終わりの月になりました。私と、子供は、今後、どんなにして、生活してゆくでのせうか、毎日、生活費がたりなくて、ハラ、ハラして使っておりますが、いよ、いよ、十二月で生活費は、もう年金からは、入りませんし、一月家賃分丈でも、おさめられたらよい方ですが。家賃は上げても、生活費がありません。十二月分の生活費でも、十分ありません中から、無理に、少し残して、一月の始丈でも、何んとか、食べて行かれる様に、しようと頭を、いためておりますが。それも、ほとんど、あてにならぬ程の、お金ですから、それが、一銭も、無い様になくなってしまったら、後は、のまず食はずで、どんなにしたらよいのでせうか、役所などにたおむさまにと、おしえられましたが、私共は、普通と違う丈に、一般の人、同様には、してもらえないでせう。今後どうして生きて行くのでせうか早く、死なせて下さい。子供と私を一緒に死なさせて下さい。外に方法がありません。子供は病気で何一つ出来ません、まして私は腰から下の激痛で、毎日、毎日苦しんでいる状態で、家の内でも満足に歩いたり、動けない上に、外出して歩くのが全然できません」

1995年12月7日
「朝9時半すぎに、電話を買ってもらうために、日本電話通信センター株式会社に電話して、5万5千円で買取ると言われ、先に電話を電話局に、止めてもらう様にして、書類がきたら、印かん証明も取りよせて又、電話してくれと言われたので、すぐに電話局に、(一一六番)にかけたところ、すぐに止めるけれど、書類は、来週か次の週になるだろうと言われ、電話器を取りに、来週月曜日の夕方、五時頃来るからと言われた」

▽1995年12月18日
「今日、私は、七十七才の誕生日を、迎えさせて頂きまして、有難うございます」

▽1995年12月24日
「明日は、無事に、来年一月分の家賃を、おさめさせて下さい、これが、最後の家賃になりました。私共は後、どこに行き、どんなになるのでせうか、家賃どころか、生活費も有りません。電話は、連絡先がないから買っては、くれないでせう。後は、今少し丈のお金で、一月はお金が無く生活できません。こんな風で、子供も、毎日、食事が足りなく、お腹をすかしており、私もお腹がすきどうしですが、もうこれ以上はのぞめません。一日も早く、死なせて下さい、もう食事もあまり出来ませんから」

▽1996年1月11日
「私は、入院しながらのこの家に、転宅して来たが、ここに来たのと同時に、三人共、病気、病気でお掃除どころではなく、毎日病院通いを、主人と私はするし、子供は来た日から、寝込んで、動けないし、その後は主人が、六年間寝たぎりになられた後、亡くなられるし、私は、二人の看病と、自分の病気を、無理してきた結果、具合は、ひどくなるし、腰は、動けなく、買い物に歩くのに、大変な苦痛をガマンして来た結果、今年一月二日から又、又、腰は、ぜんぜん、動かなくなって、フトンは敷どうし、何一つ出来なく、家の中はホコリだらけで、子供もきつい、ふらつくとて、一日中毎日休んでいるし、台所に、立てないので、少しづつ、お菓子等ご飯がわりに、二人とも食べているが、おかずも、果物もないし、本当に苦しい」

▽1996年1月28日
「二月分の家賃を、すぐには、おさめられません。これが、どんな風になるのでせうか、やかましく言ってこられて、追出されるのでせうか、それが心配です。それに、三月分からは、家賃も、生活費もありません。どんなに、私と子供は、なるのでせうか、行く所もありませんし、区役所に、たのんでも、私と子供は、生活できませんでせう、運命がちがうので、共同生活も出来ませんし、今後私と子供は、どんなになるのでせうか、不安でたまりません、私も子供も、病人ですし、どうしたらよいのでせうか、何卒お助け下さい、お願いたします」

▽1996年2月7日
「私も子供も気分が悪く、長い事、同じお菓子ばかりで食事をしてきたが、どうもいけなくて、何か変わったものをほしくて仕方がない。ミカンを初めて食べた」

▽1996年2月24日
「今日は、主人の命日だけど、十一月から、とうとう、別のお台に、お供えが出来なくなって、毎日の私共と一緒の、お供えになってしまってすみません。私は、すべて、出来なくなってしまいました」

▽1996年3月8日
「私共は、もう長い間、まともな食事を、していない上に、子供も、私も、一寸丈のお菓子で、一日を、過ごしているが、無理に、日数をのばしているので、いよ、いよ、明日か、明後日が、私共の食事の終わりになる。毎日、毎日、子供も、何かほしい、も少しほしいと言うのを、ガマンさせてはいるが、私自身も、子供より、大分少なく食べているので、その苦しさは、たまらない。きれいに、食べ物が、なくなった後は、お茶丈で、毎日何も食べられないが、そのお茶も、後少し丈になってしまった。(28円)丈、残しているが、これでは、何一つ買えない。子供が、すいじゃくして、死ぬのではないかと、それが心配である」

「区役所等に、たのんでも、私共は、まともには、世話してもらえないし、どんな所に、やられて、共同生活をしなければ、出来ないかを考えると、子供も私も病気で苦しんでも、だれも、分かってもらえそうにないので、今の自由のきく生活のままで、二人とも死なせて頂きたい、ただ、子供一人丈先に死んだら、どうしようかと、それが、心配である。二人共一緒に死なせて下さい」

▽1996年3月9日
「何も、良い目を受けたいとか、特別に成りたいとか、子供も、私も、望んではおりません、平凡な一生を送らせて頂けなかったのは、何か私共に、原因が、有りましたのでせう、最後に、不足ばかり、のべまして、申しわけございません」

▽1996年3月10日
「後、きれいに、なくなったら、気が狂うのではないかと、思う程、私は、毎日、毎日が、何んでもよい(食べたい)、(食べたい)と、言う気持ちで、何時も、頭から食べ物の事が、はなれなくて困る、なぜ、こんなになったのだろうか、20才の頃は、三年間、ほとんど、私は、食事はしなかったが、ぜんぜん、どうもなかったのに」


▽1996年3月11日
「とうとう、今朝までで、私共は、食事が終った。明日からは、何一つ、口にする物がない、少し丈、お茶の残りがあるが、ただ、お茶丈を毎日、のみつづけられるだろうか」

「もう長い間、昨年1月17日からの病気が、直らない上に、次、次と、病気、病気が、その都度、新しくおこって、私は(ふらつき)が、どうしても、取れない、夜、フトンに、休んでからは、一寸横を向いても、ふらつくので苦しい」

「私は、今朝、夢の中で(歯が、全部ぬけた夢)を見ているが、これは身内に死人がある知らせと、聞いているので、子供が、先に、死ぬのではないかと、心配である。一緒に、死なせて頂きたい。後に残った者が、不幸だから」


これが最後の日記となった。
3月12日から死亡推定日の4月初めまで、
おそらく日記も書けず、横になり続けていたのだろうと思われる。


mako1
【日記から】

最後のノートは69番という番号がついており、
かなり昔から日記をつけ続けていたのものと思われるが、
死後に発見されたのは夫が亡くなった後の
60番から69番までのノートだった。
日記は誰かに報告するような感じで書かれているが、
これは死後世に公表されることを見越していたとは考えられない。
「有難うございました」というような言葉の多用から、
おそらくは信仰する神に対して報告していたようなふしがある。

母子が何年も風呂に入っていないという記述があるが、
アパートには風呂はあった。
ただ指の病気で料理ができないという記述から、
入浴にも何か支障があったのかもしれない。
さらにテレビもあったが、封をしてまったく見ていなかった。
これは光熱費を節約するためとも考えられるが、
テレビは見ずとも新聞だけは直前までとりつづけている。
購読料は月3000円以上はする。
1995年8月以降、きりつめて数百円のお菓子を
食べ続けなくてはならなくなっていた
母子の経済生活からすれば、かなりの出費に思える。

池袋という街ゆえに家賃の85000円というのが高く、
母子の家計には非常にネックになっている。
2年に一度と思われる更新料も合わせて20万を超えている。
当初報道されたようにA子さんが受け取っていた老齢年金が月十万円という金額でも、
このアパートで暮らし続けるにはかなり厳しいが、
実際には1995年10月6日の日記にあるように、
二ヶ月に一度86560円を受け取っていただけである。
これだけでは毎月の家賃にも足りず、
蓄えを切り崩しながら生活をしていた。
他の家賃の安い住宅に移るという方法がもっとも現実的に思えるが、
誰にも相談せず、病気のA子さん一人で家探しをするのも難しいし、
自分たちだけでの引越し作業も厳しいものがあっただろう。

 「病気の子供」とされる息子のBさんは、生まれながらに病弱で、
また20年間外出していないと日記にあるため、
その症状を知る人はほとんどいないが、
寝たきりであるらしいことがわかる。
ところが障害者手帳などの申請もしていなかった。
生活保護という手段があるが、この選択もとられることはなかった。

A子さんのそれまでの人生というのはほとんどわかっていない。
日記には買い物をしたお菓子などのことは詳しく書いているし、
外出時の服装なども西武や
東武百貨店の~のカーディガンとか細かく書いているが、
A子さんや家族の実像のような部分が、
日記からはほとんどわからない。
あくまで覚書なので、思い出話をわざわざ書かないのかもしれないが、
それにしても膨大な文章のなかからA子さんという人間が見えづらい。
ただ、夫に先立たれ、病気の子供を抱え、
自身も病魔にさいなまされていくという流れのなかで、
だんだんと孤立していったのではないかと思われる。


mako1
【その後】

6月14日、プライバシー保護を理由に
日記の公表を拒否し続けていた豊島区は
「餓死した背景を明らかにする社会的意義がある」ということから、
「豊島区情報公開条例」に基づいてこの日記を公開した。

日記を分析した区は
「生活保護の申請など社会に訴える考えはなかったようで、
母親が抱いていた世界観で自ら死を選んだ」との結論をくだした。
しかし、事件が報道されると区への批判が殺到した。
さらに区側のプライバシーの侵害の恐れのある日記の内容公開や、
それについて都議に虚偽の受け答えをしたことから、
区長ら幹部5人が減給などの処分を受けた。


mako1
【トピックス 餓死】

現代日本で死因が餓死というのはニュースになる。
飽食の時代に餓えて死ぬ人というのはかなり稀だからだ。
例えば、子供を虐待して餓死させるという事件がある。
食べ物を与えられないで死んでしまうというケース。
その一方で自ら餓死を選ぶ人々もいる。
そういう意味での餓死は「自殺」と言えるが、そうは言いきれない部分もある。

1977年5月20日、大阪府寝屋川市の主婦(29歳)が栄養不良による衰弱死。
家には9歳から生後3か月までの5人の子供たちがいた。
夫は病気がちで前年から失業、生活保護を受けていたが、
夫が紹介してもらった仕事も長続きせず、
主婦が「このままでは一家は立ち直れない」とこれを辞退し、
内職して家計を助けた。やがて夫にも仕事が見つかり、
建設作業員として名古屋に出稼ぎに行き、
もうあと2日で大阪に戻ってくるという時の主婦の死だった。
内職だけでは生活が厳しく、
自分は水道水でしのぎ、
子供たちには食事をとらせていた。主婦の日記には
きょうも食べるものがなく、10円でパンの耳を買ってくる
塩もお米もなくなった。明日はなにを食べようか
 と書かれていた。ちなみに夫は 
翌年5月、南港の工事現場で重機と重機の間に挟まれ、
7月に死亡した。妻の一周忌で郷里から戻った翌日の事故だったという。

1985年8月には東京・足立区でA子さん(23歳)と
妹のB子さん(20歳)が餓死するという事件も起こった。
この一家は父親が借金をつくって蒸発し、
母子3人がつつましく暮らしていたが、
A子さんが高校卒業後に就職すると生活保護が打ち切られた。
やがて母親が病死し、A子さんもサラ金からの督促を理由に会社を辞めた。
その頃から若い姉妹は家にとじこもり、
ゴミも出さずに(おそらくは、次第にゴミ自体が出なくなった)外の世界との
関わりを絶った。そこで姉妹が何を語り合ったかはわからない。
発見された時にはミイラ化していた。どちらが先に死んだのかわからないが、
おそらくは病気の妹の方だっただろう。
2人は抱き合うように死んでいたという。
A子さんは封筒の裏に「死んでやる」と書いていた。

【アイコンキャラ朗読】文京区小2女児殺害事件【寸劇上等】

ぽるぽる
文京区小2女児殺害事件(ぶんきょうくしょうにじょじさつがいじけん)とは、
1954年(昭和29年)4月19日に東京都文京区の小学校内で起こった
ヒロポン中毒者による性犯罪および薬物犯罪を伴った殺人事件である。

当時は被害者の名前から採られた事件名でも呼ばれ、
世間に大きなショックを与えた。

この事件を機に、覚せい剤取締法が厳罰化され、
全国の学校の安全対策が見直されるようになった。


ジェリド・メサ1
事件の犯人役


桂こころ
被害者の小学生女児役


伊藤止
被害者女児の友達役


伊藤誠
担任の先生役


ぽるぽる
1954年(昭和29年)4月19日、
東京都文京区の元町小学校で、2年生の女児(当時7歳)が、
授業の合間にトイレに行くと友人に言い残し教室から出て行った。


桂こころ
ちょっと、おトイレに行って来るわ。


伊藤止
うん。それじゃ、授業が始るまでに戻ってきてね?


ぽるぽる
授業が始まっても女児は教室に戻ってこなかったが


伊藤誠
おや?細田のヤツ戻ってきてないな?
まあ、恐らく忘れ物でも取りにいってるのだろう?
何たって自宅はこの学校の近くだからなぁ。


ぽるぽる
そう思って担任はあまり気にしなかった。
ところがこの時、この小学校のトイレでは
異変があったのだ。


ジェリド・メサ1
うぅ・・・。こんな時に尿意を催すとはな。
どっか、用を足す所でもねーかな?


ぽるぽる
そこへ、事件の舞台となる
文京区の元町小学校を見つける。


ジェリド・メサ1
お?こんな所に建物が。
上手くすればトイレを借りれるかもしれないな?


ぽるぽる
そして小学校の門をくぐり
そのまま建物内のトイレに向かう。

ちなみにこの男は、
静岡県の療養所で結核治療中だったが、
ヒロポン中毒で問題ばかり起こしており、
事件当日も無断で外出して東京の友人宅に借金に行ったが、
友人が留守だったため、周囲を散歩しているうちに小便がしたくなり
今に到るのであった。

当時、小学校は現在と違い誰でも入れる開かれた施設であり、
特にトイレは公衆便所の役割を果たしていた。


ぽるぽる
この男は比較的裕福な家で生まれ育った。
父親は青果問屋を経営しており、一見幸せな家庭に見えた。
ところが派手好きな母親は愛人をつくるなど、
両親の争いが絶えずあった。
こうしたことから男は母親を激しく憎むようになる。

中学に進んでからは学童疎開し、
敗戦の後に帰ってきた頃にはすでに勉強に対する意欲を失っていた。
次第に不良たちのグループに顔を出すようになる。
こうした息子を心配した父親は栃木県の中学校に転校させたりしたが、
この下宿先にも愛人を連れた母親がやって来るようになり、
彼の憎しみはますます増幅していった。
荒れた男はこの地で傷害、暴行事件を起こして、
保護観察処分を受けている。

この後、両親はついに離婚。父親は後妻をもらったが、
男は新しい母親になじもうとはしなかった。
好奇心からヒロポンにも手を出し、やめられなくなっていた。


ぽるぽる
用を足した男が何気無く横を見てみると、
反対側の便所に戸を少し開けて
お尻を出している鏡子ちゃんが見えた。 
これに欲情したのである。


ジェリド・メサ1
へっへっへ。お兄ちゃんと好い事しようね?


桂こころ
だ、誰っ!?何するの!?やめてーっ!!


ぽるぽる
この女児があまりにも激しく泣き出したため
男はこの女児の下着を口に無理矢理、詰め込みんだ上で
強姦した後、首を絞めて殺害し
何事も無かったかのように、トイレを出ると
他の生徒や学校の職員を警戒しながら学校を後にした。

その頃、あまりにも遅いので心配した担任や生徒たちが
手分けして女児を探し学校中を駆け巡った。
そして生徒のひとりがトイレの中で下半身を丸出しにして
下着を口に詰め込まれた状態で遺体となってた女児を見つけた。

そして警察による捜査でトイレの配管の中から犯人のモノと思われる
イニシャル入りのハンカチを見つけた。

これが決め手となり、
同年4月29日に男を都内の自宅に戻ったところを逮捕した。

・1955年4月15日 - 東京地裁で死刑判決。
・1956年10月25日 - 最高裁で上告棄却。
・1957年6月22日 - 宮城刑務所で死刑執行。享年22。

ぽるぽる
【その後の対応】

5月6日、東京都教育庁は
都内の小・中・高の校長宛てに「新管理方針」を通達する旨を公表した。

・学校長は男女のトイレは別にすること
・トイレに入った時は必ず戸をしめるように学童に注意する。
・来賓と学童のトイレは別にすること。
・授業のない教職員は小使とともに校内を巡視すること。
・外来者の出入りは必ず教職員、小使が見られる通路を通るようにすること。
・学校の垣根や柵を厳重にし、無闇に外来者が出入りできないようにすること。

そして後年の宅間守による事件で、更に防犯カメラの設置や
(学校によっては)警備員の常駐、職員による巡回などの不審者対策によって
例え、その学校の卒業生といえど部外者が
気安く立ち入れる事が難しくなったのである。


ぽるぽる
ここまでのご拝読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】東京都北区幼女殺害事件【寸劇上等】

アスラン
東京都北区幼女殺害事件(とうきょうときたくようじょさつじんじけん)とは、
1979年7月28日に起こった殺人事件である

犯人役
ユウナ・ロマ・セイラン1

被害者の幼女役
伊藤止


アスラン
1979年7月28日夜、東京都北区でS(当時42歳)は、
パチンコ店から付いてきた顔見知りの
幼女(当時3歳)を自宅のアパートに連れ込んで、いたずらをした。


ユウナ・ロマ・セイラン1
へっへっへ。これからお兄さんといい事しようね?


アスラン
すると幼女が帰ると泣き叫んだ。


伊藤止
やだー!お家にかえりたいッ!!・゚・(つД`)・゚・


アスラン
これに焦った犯人は
このままだと自分の犯行が知られるのを懸念してか
首を絞めて殺害し、遺体を近所のマンションの植え込みに遺棄した。

同日夜、幼女が帰宅しないことに
心配した家族が付近を捜すとともに警察に通報。
やがて幼女の遺体が発見されたことから殺人事件として捜査を開始した。
すると、近所の聞き込みで、
Sが日頃から幼い女の子にいたずらしていることを聞きつけた。
そこで、警察はSに事情聴取したところ、幼女の殺害を認めたため逮捕した。


アスラン
犯人Sは1959年に山口県で7歳の幼女に乱暴した上に
殺害して無期懲役判決が下されていたが、1974年に仮釈放となっていた。

1981年3月16日、東京地裁はSに死刑を言い渡した。
1985年9月17日、東京高裁は一審を支持してSの控訴を棄却。
1992年2月18日、最高裁第三小法廷はSの上告を棄却して死刑が確定した。
1999年9月10日、東京拘置所で死刑執行。62歳。

ユウナ・ロマ・セイラン1
ちきしょぉぉぉぉぉぉぉぉっ!・゚・(つД`)・゚・

同日にはこの事件と同様に殺人事件で服役し、
出所後に再び殺人事件を起こして、
1992年に死刑が確定した福島女性飲食店経営者殺人事件と
熊本母娘殺人事件の死刑も執行された。
1999年9月1日、福岡市の死刑廃止運動団体「死刑廃止・たんぽぽの会」代表が、
東京、福岡の拘置所長と仙台拘置支所長を相手取り、
これら3人を含む4人の人身保護請求を福岡地裁に申し立てたが、
9月8日に棄却する決定が出ていた。


アスラン
ここまでのご拝読ありがとうございました。




【アイコンキャラ朗読】徴税トラの巻事件

マリエル
徴税トラの巻事件(ちょうぜいトラのまきじけん)とは
大蔵事務官が秘密文書を漏洩した事件。
「徴税虎の巻事件」とも呼ばれる。

マリエル
概要
1958年(昭和33年)2月12日、
大阪国税局管内堺税務署直税課所得税二係員として
従事していた大蔵事務官が堺税務署長より配付を受けていた
大阪国税局作成の秘密文書であり
通称「トラの巻」と呼ばれた
「昭和三二年分営業庶業等所得標準率表」および
「昭和三二年分所得業種目別効率表」を堺市北新町付近の道路上で
大阪商工団体連合会事務局長に貸与した。

これについて、職務上知りえた秘密を漏洩したとして
大蔵事務官は国家公務員法100条違反(守秘義務違反)で
1958年4月に起訴された。

1960年(昭和35年)4月6日に大阪地裁で無罪判決が出され、
検察が控訴した後に大阪高裁は無罪判決を破棄して
大阪地裁に差戻し判決を言い渡し、
1967年(昭和42年)5月11日に大阪地裁は再度無罪判決を言い渡した。
検察が控訴し、1973年(昭和48年)10月11日に
大阪高裁は無罪判決を破棄して罰金2万円の有罪判決を言い渡した。
被告は上告するも、1977年(昭和52年)12月19日に最高裁は
「国家公務員法百条一項にいう秘密とは、
非公知の事項であって、実質的にもそれを秘密として保護するに
価すると認められるものをいい、
国家機関が単にある事項につき
形式的に秘扱の指定をしただけでは足りない」とした上で、
「トラの巻は国家公務員法百条一項にいう秘密にあたる」として
上告を棄却して有罪判決が確定した。

マリエル
ここまでのご拝読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】ホテル日本閣殺人事件【寸劇上等】

ラクス
ホテル日本閣殺人事件(ホテルにほんかくさつじんじけん)は、
温泉旅館経営者夫婦と元夫の男女3人を
殺害した女性を主犯とする1961年に発覚した連続殺人事件。
主犯の小林カウは日本で戦後初めて死刑を
執行された女性死刑囚として知られる。

ホテル日本閣
ホテル日本閣のイメージ像

小林カウ
小林カウ


ラクス
本来ここは朗読なのですけど、
ただ朗読するだけでは流石にマンネリとお思いになる方も
いらっしゃるかも知れませんのでここは、多くの
キャラに主だった人物の役を演じてもらい
それと合わせながら朗読する形を採らせてもらいますね?

登場人物

凛 1
小林カウ役

四季1
夫の秀之助役

アスラン
中村又一郎巡査役

士郎 2
ホテル日本閣の経営者役

桜 1
ホテル日本閣の経営者の妻役

シン
ホテル日本閣の雑役・大貫光吉役

葛木
刑事役


ラクス
小林カウは1908年、埼玉県大里郡玉井村(現・熊谷市)の
7人兄弟の5番目の次女として生まれました。
ただ、この時代の貧農のご他聞に漏れず
彼女の家は決して裕福ではありません。
むしろ、この時代のこの村の農家でも殊更条件が悪い方です。
小学校を4年で終えて、あとは家事を手伝いだけでした。


凛 4
あーもう!こんな村嫌だ!


ラクス
保守的な年寄りとそれの腰巾着も同然な
同世代に嫌気がさしたのか、カウは5年目のある日
やがて都会に憧れて東京・本郷の旅館に女中奉公に出た。

そこで自らを鍛え上げ、磨きをかけ
見違える程の当時としては洗練された姿となって
玉井村に戻ってきたカウは一際目立つ女だった。

1930年、カウ22歳の時、熊谷の在に嫁いだ姉の口利きで、
新潟県柏崎市出身の林秀之助(当時27歳)と見合い結婚した。
秀之助は身長160cmもない貧弱な体格で、
青黒いような顔をした青年だった。ところが結婚してみると、
秀之助は慢性胃腸病と慢性淋病の持つ主で、
カウは性的にも満足が得られなかった。
夫婦で熊谷市中で雑貨商を営んでいた1931年、
長男が誕生するがまもなく死亡。その翌年には長女が誕生した。


凛 4
まーったく。このアホは使えないったら、ありゃしないわ。
体は弱く病気がちだし、働くのに向いてないし。

四季1
な、なんだよ。


ラクス
そのうち商売がうまくいかなくなり、夫婦は熊谷を離れ、
東京近辺を転々とした。この間、戦争が本格化し、
秀之助も年ながら兵隊にとられるが、ただでさえ体は丈夫な方ではない
秀之助は余計に体を壊して戻ってきた。
以来、秀之助は気力のない中年男になっていた。
 戦争が終わると、夫婦は熊谷に家を建て、
自転車のタイヤのブローカーをする傍ら、
ゴム、米、砂糖などの禁制品も扱い始める。
 またカウは内職的に菓子の五家宝づくりを手がけた。
さらに観光地向けの辛子漬や芋のつるの砂糖漬の
土産物製造卸売りを始め、病みがちな夫に代わって、
カウの働きで生計が支えられていた。
この頃からカウは金を稼ぐ楽しさを知り、物欲が強まっていった。


ラクス
女だてらに精力旺盛なカウは仕事のみならず
アッチの方も強いのか愛人づくりもマメであった。

ある時、近くの交番の若い巡査が戸口調査簿を手に小林家にあらわれる。
この男の名は中村又一郎(当時25歳)。独身ですらりとした男前だった。


アスラン
こんちは。戸口調査に参りました。

凛 1
あら、そうなの?

凛 4
(ちっ。闇物資を扱うウチとしては、
この訪問は何か気味が悪いわ。
それまでにも闇物資を
警察に取り締まられたことがあったし。
何とかここは機転を利かさないとね。
あ、そうだ!?この手の方法があるわ)


ラクス
そこでカウはこの中村巡査に手厚いおもてなしをした。
中村は気をよくして、親しくカウの家を出入りするようになった。


凛 3
今度、取締りの時は教えてね?

アスラン
任された。


ラクス
その後も2人の関係は続き、カウは中村と一緒になりたいと考える。


凛 8
財産は何一ついらないから。暇をもらいたいわ。

四季1
それじゃ、俺は暮していけないじゃんよ。

凛 4
あーもう。普段役に立たないヤツほど
こういう時になって未練たらしくウザいんだから。

アスラン
なら、いっその事
他の兄弟の処へ敢えて逃げるのもいいんじゃね?

凛 8
あ、それいいわね?


ラクス
本当に逃げ出す事もあったそうな。


四季1
あんにゃろう。
後で、アイツの実家や兄弟宅の郵便受けに
ウ〇チを入れてやる。

凛 4
あんなアホとの関係を清算したいわマジで。

アスラン
そんなアナタに
青酸カリ

凛 1
何?まさかそれ、世間じゃ青酸カリって呼ばれてるヤツ?

アスラン
くっくっく。実はな?
とある会社の不法行為をネタに口止め料の代わりに、手に入れたんだ。
これを、アンタのバカ亭主が医者から処方されている
薬に混ぜれば・・・・・・・な?

凛 1
アンタ、やるじゃない。


ラクス
そして最初の事件は訪れた。


四季2
ぐはっ!く、苦しい!何じゃこりゃぁぁぁっ!?がはっ!


ラクス
1952年10月2日、秀之助が突然異様な唸り声をあげて死んでしまった。
その声にびっくりした隣人が駆けつけると、
カウは夫の死に顔を撫でていたという。
秀之助のかかりつけの医師は、
保健所の医師立会いの元で脳出血と診断した。
カウ夫妻はたびたび派手な喧嘩をしていたことから、
近所でもその死を疑う噂が流れたりしたが、熊谷署は捜査を打ち切った。

その後まもなく、カウは中村を家に引き入れて同棲を始める。
けれどその関係も、たった2年で終わった。


凛 4
てめー、アタシの事を裏切るんかいッ!?

アスラン
あー知らんなー。

凛 4
アタシに対する愛は無いのかーッ!?

アスラン
あー聞こえないなー。

凛 4
あんにゃろー。後で後悔する羽目になるからな!?


ラクス
けれど、カウの方もいつまでも
くじけている様な女で居る訳が無く
心機一転し商売に心血を注ぐのであった。

具体的に辛子漬の製造卸を姉の一家との共同事業にしていた。
姉の家を製造工場にして、カウは卸の外交を受け持っていた。
カウの積極的な気性もあって商売は順調にいったようです。
カウは近県の温泉地をまわり、
1954年、本事件の舞台となった栃木県・塩原温泉郷に初めてやってきた。


ラクス
塩原にやってきたカウは土地の人ともすぐ馴染んで、品物もよく売れた。
また、道々で知り合った人の家に泊めてもらう気安さで、
宿屋を使う不経済はしなかった。カウは塩原がすっかり気に入った。
 
1956年春、カウはホテル明賀屋前の小店を一軒、
1年分の家賃をポンと前払いして借り、「那珂屋物産店」の看板をあげた。
ここでカウは最初の一旗をあげた。
カウの商売魂はおさまらず、
翌年春には隣りの店を買いとって、
小食堂「風味屋」をひらいた。
そちらの仕事は姉夫婦にやらせた。
カウは店の売上は伸び、銀行預金を増やし、
土地も買い、資産300万円ほどになっていた。
成功を手にしていながら、カウはさらに上を見る。
「温泉宿をひとつ持ちたい」と思うようになった。
旅館の仕事ならば女中奉公のキャリアがあるし、
女主人はカウの理想であるステイタスだった。
 しかし、古いのれんを誇る塩原に新参者のわりこめるような所はなかった。
この時、カウは見ようによっては30代に見えなくもないが、
すでに50歳に達していた。カウはあせっていた。


ラクス
1958年秋、カウは「ホテル日本閣」が安値で売りに出ていることを知る。
ホテル日本閣は名前こそ立派だが、実際は三流クラスの小旅館だった。
この日本閣が経営不振で3、400万円で投げ出すという噂があり、
カウは飛びつくように交渉した。
しかし、主人である生方鎌助にまるで売る気はなく、話はいったん立ち消えた。

生方鎌助は温泉番頭などを経て、
1957年春、ホテル日本閣の看板を掲げた。
しかし、やや強引に開業してしまったために温泉組合からはじき出され、
引き湯の権利がとれなかった。
自費で送湯管を敷いたが湯が冷えて、ボイラーで沸かしなおした。
当然ながら、経営は厳しく、閑古鳥はなくばかりだった。
鎌助はおかげで一時気がおかしくなり、
宇都宮の精神病院に入院した。
58年夏に退院したが、誇大妄想に悩まされるようになっていた。

いっそのこと温泉宿は廃業にして出なおそう、と鎌助の妻・ウメは言った。
しかし、鎌助は聞かず、創価学会のご利益に頼って、
59年春には新館の増築にかかった。
だが途中で資金が尽き、未完成のみっともない姿に壊そうにも金がかかり、
鎌助は途方にくれることになった。
ここで鎌助は前年交渉にきたカウを思いだし、すぐに融資をもちかけた。


士郎 2
頼む。後生だ。

凛 3
なら、条件があるわ。
アンタん所の奥さんと手を切りなさい。
どうも調べた所によると、奥さん役立たないばかりか
アンタの足を引っ張り邪魔ばかりする悪妻だそうじゃない。
もし別れるというのならその為の手切れ金、出してあげるわよ?


ラクス
そして実際、そのウメを見るなり
器量が大して無さそうと見るや
彼女の足元を見て本来、手切れ金50万円の所を30万円に下げた。


桜 4
バカにしないで下さい。
私をそんな安物扱いするなんて?

凛 4
そっちこそ、役立たずの古女房の分際で
思い上がるんじゃないわよ。

凛 4
もはや、このアホ女は
シメてやるしかないわね。


ラクス
そしてカウが思いついたのがこのホテルの
雑役をしている下男であった大貫光吉の存在であった。


凛 1
ちょっとアンタに頼みたい事があるんだけど?

シン
な、何かな?

凛 1
ここの奥方であるウメをシメてくれるんなら
手間賃で2万、成功したら抱いてあげるわよ?

シン
マジすか?


ラクス
こうして大貫は、カウの美貌にまんまと乗せられました。
2月8日の夜、一度は怖気づいた大貫に対し今度は
主人である鎌助が焚き付けます。


士郎 2
ウメは体が弱っているから
ちょいとやればイチコロだから今度こそ、宜しく頼む。

シン
お、おう。

(そしてウメの寝室へ。)

桜 1
な、何をするのです!?
うっ!

シン
許せ。これも仕事なんでね?


ラクス
こうして生方ウメは、命運を絶たれてしまいました。

遺体は大貫がさらに手間賃1万円を受けとって、
元ボイラー室の土間を掘って埋めた。

塩原の町では「ウメさんは殺された」という噂が流れ始めた。
噂を聞いた大貫はボイラー室の床をコンクリートで塗り固めた。
すると今度は「ボイラー室で埋められている」という噂が流れ、
3人はうろたえた。3月中旬、3人はコンクリートの床を再び掘り返し、
遺体を裏の林の中に運んで埋めなおした。

そうして何くわぬ顔で日本閣の増築工事は再開された。


ラクス
ところがウメ殺害直後、
登記所に行ってみたら自分の名義になってるはずの新館が
旧館とともに近々競売にかけられることになっていたからである。
増築などで200万を注ぎ込んでいたカウは
「騙された」と思い、鎌助への殺意を固めた。


凛 4
あの野郎。このアタシまで騙すとは
いい度胸してるじゃない。
なら、お望みどおりウメの居る冥土へノシつけて送ってやるわ。

凛 4
アンタ、大変な事になってるわよ?

シン
どういう事?

凛 4
実は・・・・・・・・(耳打ちする)

シン
そりゃ大変だ!
そうなりゃ俺は路頭に迷うじゃん!?

凛 4
でしょ?こうなったらあの裏切り者をシメて
アンタがここの主人になるという
一発逆転しかないわよ?

シン
その話、乗ったぜ。


ラクス
まず、毒殺と決めて計画し、1960年の12月中旬、
塩酸を鎌助の食事や酒に混ぜるも、
味がきつすぎたのか吐き出して失敗していた。

そして運命の1960年の大晦日、
日本閣の帳場の炬燵で3人はテレビを見ていた。
午後5時過ぎ、カウは夕食の仕度で台所に立ち、
忍び足で戻ると、背後から鎌助の首を細引で絞めつけた。


士郎 2
うわ、何をするっ!?
何でこの俺までっ!?

凛 4
自分の胸に聞いて見るのね?
この裏切り者っ!


ラクス
そこへ大貫が鎌助にとびかかる。
カウの持っていた細引がぷつんと切れ、
そこで大貫は鎌助を押し倒し首を絞めた。


士郎 2
お、お前もかッ!?

シン
アンタが悪いんだ!
アンタが裏切るからっ!?


ラクス
カウが包丁を差し出すと、
大貫は必死に抵抗する鎌助の首に刺し、殺害した。
そのまま元日がおとずれ、年賀の客がやってきた。
カウはこの時、「鎌助さんは東京に金策に行きました」と話した。

鎌助殺害後、町では前よりも実しやかな噂が流れていた。
新聞もこの旅館経営夫妻の失踪を取り上げ始めた。
そして警察も動いた。


葛木
警察だ。逮捕する。

凛 1シン
何てこったぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!?


ラクス
逮捕されたカウは、前の夫・小林秀之助が
変死した事件についても追求された。
カウは当時の愛人・中村と共謀して、
毒殺したことを認めた。話によると、
中村に「亭主をやっちゃおう」と青酸カリをもらい、
秀之助に風邪薬と偽って飲ませたのである。
(しかし、公判が進むにつれ、カウは証言を翻した。
1審の6回公判では「青酸カリは受け取ったが、川に捨てたので殺していない」、
20何回目かの公判では「中村に精力剤だと言ってたのをもらい、
セックスの弱い夫に飲ませたところ死んだ」と言っている)

 中村がどこで青酸カリを手にすることができたのかも調べられ、
あるメッキ工場主が制服巡査に青酸カリを渡したことがある」と証言したが、
10数年前のことで、中村かどうかはわからなかった。
中村は最初から最後まで容疑を完全に否定した。

 カウは逮捕後も男好きの病気は治らず、
取調官に「死刑だけはかんにんしてね」と愛嬌をこめて言ったりしていた。

1966年7月14日 最高裁、カウと大貫に死刑を言い渡す。
中村は懲役10年を言い渡された。


アスラン
ちきしょぉぉぉぉぉぉぉ!
あの女が言ってた後で後悔するとはこの事だったかぁぁぁぁぁッ!?


ラクス
1970年6月11日、小林カウは東京の小菅刑務所において死刑執行された。
享年61。戦後の女性の死刑はカウが第1号であった。
大貫も同日に死刑執行となった。

ラクス
ここまでの、ご拝読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】林健太郎監禁事件

山口隆史
林健太郎監禁事件(はやしけんたろう かんきんじけん)とは、
1968年11月4日から11月12日まで、全学共闘会議(全共闘)が
東京大学文学部長・教授林健太郎を東京大学構内に監禁した事件である。


山口隆史
事件の経過

当時、学園紛争によりバリケード封鎖されていた東大では、
11月1日に事態の収拾に失敗した大河内一男総長以下学部長全員が辞任し、
加藤一郎総長代行を中心とする新執行部が誕生した。
文学部では五味智英教授を経て、文学部教授の林が学部長に就任した。

それに対し文学部全共闘は、学生との交渉を拒否した大河内総長の辞任は認めず、
従って林学部長の就任も認めないという立場をとった。
このとき全共闘は、学生と大学側の「交渉」のことを、
本来は労働組合と雇用者側との間で行われる交渉である団体交渉に因んで
「大衆団交」、略して「団交」と呼んだが、
この語は以後各地で起った学園紛争で学生側が使う常套句の一つとなった。

11月4日、全共闘は学部長の林以下教授数名を文学部第二号館に呼び、
半ば強制的な「団交」を行った。全共闘側は林の学部長就任の撤回、
学部長選出時等に行われる教授会の討議内容の公開、
学生の処罰の禁止などを主張し受諾を迫った。
しかし林らは教授会の決定は自分たちの一存では撤回できないし、
学生の処罰はしないなどという約束はできないと一貫してこれを拒否。
このため団交は延々と続き、翌5日には
そのまま林が館内にカンヅメにされた状態となった。

事態が何の進展を見せる気配もないまま数日間が過ぎると、
三島由紀夫や阿川弘之らの作家や文化人は林の救出を訴えて全共闘を糾弾、
また警視庁も機動隊による救出を計画するなど事態は深刻化した。

一方林は、全共闘が求めた度重なる団交には嫌な顔一つ見せずに応じ、
そこで彼らの要求に屈するどころか、逆に学生に議論を挑んでは次々と論破。
四回目の団交では学生の中から自由を拘束した形での交渉と
それをかたくなに強要する全共闘を批判する意見が出るまでになった。

結局林は8日後に解放されて東京大学医学部附属病院に搬送されたが、
この間少しも妥協することなく全共闘との対話を続けた。
その姿勢は当の全共闘が後日雑誌などでこれを
称賛する内容の談話を発表するほどのもので、
林は「全共闘を負かした教授」として一躍世に知られることとなった。
林は後に東大総長をへて参議院議員になっている。


山口隆史
ここまでのご拝読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】三ノ輪事件

浮氣光洋
三ノ輪事件(みのわじけん)とは、
1964年(昭和39年)8月2日に日本の東京都台東区で発生した事件である。
警察官の誤射により一般市民1名が死亡した。


浮氣光洋
事件の概要

1964年(昭和39年)8月2日の午後5時50分頃、
台東区三ノ輪の大関横丁交差点近くの商店街で、
日本刀を片手に持ちフラフラと歩く
サングラス姿の男(以後「犯人」)を交番前で立番中だった警官が発見し、
呼び入れた。この時には犯人は、おとなしく交番内に入った。
しかし中にいた警官3名が犯人を銃砲刀剣類等不法所持の現行犯で
逮捕しようとしている事を知ると、日本刀を手に取り逃走した。

警官2名が追跡、交番から少し離れた地下鉄三ノ輪駅近くで
追いついて取り押さえようとしたところ、
犯人は刀を抜き、「やるか!!」と叫びながら襲いかかった。
そこで片方の警官が「抵抗はやめろ」と叫びながら回転式拳銃(5発入り)を2発、
地面に向けて威嚇発射したが、犯人はその警官の頭をめがけて何度も切りかかってきた。
数回は避けたものの、ついには警帽ごと頭を切られた。

そこでもう一方の警官は犯人をめがけ2発発砲、右わき下と左尻に命中し、
頭を斬られた警官も血まみれになりながらも残弾3発を全て発射、
このうち2発が犯人の左わき腹とみぞおちに命中。犯人は即死した。

しかし、1発は犯人から外れてそばにいた靴職人の男性の頭に命中。
男性は病院へ運ばれたが、夜8時過ぎに死亡した。


浮氣光洋
事件後

・この事件は、警官の撃った弾により無関係の一般市民が死亡する戦後初めての出来事である。
・東大病院での検死の結果、犯人はみぞおちに命中した弾が致命傷と思われ、
 靴職人の男性は左マユ上から側頭部にかけて弾が貫通していた。
・犯人は指紋などから三重県出身の元工員で、前年7月に伊勢署に
 傷害罪で検挙されていたことが判明した。


浮氣光洋
ここまでのご拝読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】白山中学校事件

仲丸
白山中学校事件(はくさんちゅうがっこうじけん)とは、
1962年(昭和37年)9月に
愛知県名古屋市立白山中学校で起きた校内暴力事件。


仲丸
概要

1962年(昭和37年)9月21日から9月24日にかけて、
名古屋市立白山中学校の一部の生徒が睡眠薬を服んだ勢いで暴れ、
施設を破壊する騒動が発生。
同校は校区に被差別部落を抱えており、
補導された生徒はすべてが地元の被差別部落の出身であった。
事件の背景には、一般地区出身生徒が多くを占める進学組と、
被差別部落出身生徒が多くを占める就職組との疎隔があった。
しかし、この事件は同校への解放教育の導入には結びつかなかった。

当時の同校に在籍していた被差別部落出身の生徒の一人に、
のち名古屋市女子大生誘拐殺人事件で死刑が確定した死刑囚・木村修治がいた。
木村は、この白山中学校事件によって
初めて自らが被差別部落民であることを知ったという。


仲丸
ここまでのご拝読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】谷中五重塔放火心中事件

メイリン
谷中五重塔放火心中事件(やなかごじゅうのとうほうかしんじゅうじけん)は、
1957年(昭和32年)7月6日早朝に東京都台東区の谷中霊園内の五重塔が、
心中による放火で焼失した事件である。


メイリン
事件の概要

この五重塔は、幸田露伴の小説『五重塔』のモデルにもなった天王寺の五重塔が
1908年(明治41年)に当時の東京市に寄贈されたもの。
東京の名所のひとつで、谷中霊園のシンボルになっていた。

火の手は7月6日午前3時45分ごろに上がり、火の粉は塔から50m離れた地点にも降り注ぎ、
心柱を残してすべて焼け落ちた。
焼失後、焼け跡の心柱付近から男女の区別も付かないほど焼損した焼死体2体が発見された。
わずかに残された遺留品の捜査で2人は都内の裁縫店に勤務していた
48歳の男性と21歳の女性であることが判明した。
遺体から金の指抜きが見つかり、
当時そうした指抜きは洋裁師しか使っておらず、そこから身元がわかったという。

現場には石油を詰めた一升ビンとマッチ、睡眠薬も残されており、
捜査の結果、男女は不倫関係の清算を図るために焼身自殺を図ったことがわかった。

塔は再建されず、現在は礎石だけが残るのみである(2007年に塔の再建計画が報道されている)。

映画監督の舩橋淳は同事件の取材中に明王院[要曖昧さ回避]の元住職、
塩田隆雄が当日の記録映像を所持していることを知り、
その過程をもとにしたドキュフィクション映画『谷中暮色』を2009年に公開した。
塩田住職は、事件当時消防団の副団長で、
消火活動の合間に、コダックエクタクロームのカラー8mmで撮影していた。



メイリン
ここまでのご拝読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】天城山心中

ルナマリア
天城山心中(あまぎさん しんじゅう)とは、
1957年12月10日に、伊豆半島の天城山において、
4日前から行方不明となり捜索されていた
学習院大学の男子学生の大久保武道(当時20歳)と、
同級生女子の愛新覚羅慧生(あいしんかくらえいせい:当時19歳)の2名が、
大久保の所持していた拳銃で頭部を撃ち抜いた状態の死体で発見された。
当時のマスコミ等で「天国に結ぶ恋」として報道された事件。

慧生は清朝最後の皇帝にして、
旧満州国の皇帝でもあった愛新覚羅溥儀の姪にあたり、
溥儀の実弟愛新覚羅溥傑の長女。

母は「流転の王妃」で知られる旧侯爵嵯峨家の嵯峨浩。


ルナマリア
事件の経緯

出会い
1956年、4月。大久保武道と愛新覚羅慧生は、
それぞれ学習院大学文学部国文学科に入学した。

大久保は青森県八戸市出身で、父親の弥三郎は八戸市議、
東北銀行八戸支店長を経て、南部鉄道常務を務め、
八戸の漁具問屋の経営も行う裕福な家庭で育ち、
大学入学を機に上京した。合気道が強く、バンカラを地で行くような学生だった。
一方、慧生は、幼少期を満州国で過ごした後、
母:浩の実家である旧侯爵嵯峨家で育ち、初等科から学習院女子中等科、
同高等科を経て同大学文学部国文科に入学し、
初等科卒業以来、初めて男子と同じクラスになる。

大久保は丸坊主で学生帽を被り、質実剛健、感情と行動に距離がなく、
猪突猛進、愚直な性格で、都会的で洗練された学習院の学生の中では異質な存在であった。
一方、慧生は美しく社交的で快活、いつも学内の中心にいる存在であり、
訛りを気にしてクラスで1人ぽつんといた大久保に声をかけて
気を配るというクラスメイトの関係から始まる。
大久保は優しくしてくれる慧生に感激して女神のように崇めはじめるが、
慧生は学内の華であり、心を寄せる男子学生の取り巻きも多く、
大久保は特別な存在ではなかった。
ただ慧生の周りにはいないタイプの無骨で愚直な大久保の行動は、
上流階級育ちの彼女には新鮮な驚きがあった。


ルナマリア

6月下旬、大久保は初めて慧生と2人で会話をして身の上を聞き、自宅まで送った。
この時、大久保の他の学習院生とあまりに異なる風体に慧生の家族の反応は厳しく、
慧生は大久保の自宅への来訪を禁じ、
次々送られてくる手紙も一方的なものであると家族に説明していた。

大久保は入学当初から「命がけ」という言葉をよく使い、
「ごまかしながら生きるより、清く死を選ぶ」という死に対する衝動が常にあった。
8月頃の大久保から慧生に宛てた手紙にも、
慧生への熱情の中に死を含ませた文章を綴っている。
この頃の慧生は大久保に好意はあるものの、それはあくまでも友情であり、
特殊な生い立ちである自身の今後の人生を考え、
迷いながらも冷静さを保とうとしている。
また慧生に思いを寄せる男子学生は他にもあり、
その男子学生と大久保で決闘騒ぎも起こっている。


ルナマリア
11月30日、元々身体の弱い慧生が体調を崩して大学を休むと、
自宅の嵯峨家に大久保が見舞いに訪れる。病気であるからと家族に面会を断られても、
通された応接室から1日動こうとしない大久保の極端な行動に、
特に慧生の祖母が警戒し、彼との交際を厳しく禁じた。
11月26日に訪ねた際に不在と言われた大久保は翌日慧生に宛て、
慧生の家族に心配をかけたことを詫び、
今までもらった慧生からの手紙は焼却し、以後没交渉とすると宣言した。

12月に入るとに大久保は慧生への思いを断つべく実家に帰省し、
断髪して座禅を組み断食修行を行った。
絶縁状を受け取った慧生は毎日のように大久保に手紙を送り、
体調を崩した事で冷静さを失い、揺れていた気持ちが一気に傾くことになる。
慧生の手紙を見て喜んだ大久保は東京に戻って12月30日に嵯峨家を訪れ、
再び面会を断られて犬に吠えられ一筆書いたのみで帰っている。


ルナマリア
「婚約」

年が明けた1957年2月、2人は蕎麦屋で長時間語り合った後、「婚約」を決める。
しかしその後、冷静さを取り戻した慧生は友人達の猛反対にもあい、
何度か大久保に「婚約解消」を持ち出すが、
その度に彼が自暴自棄になって解消は立ち消えになるという事を繰り返した。
慧生は家族に交際を知られないよう、
大久保との手紙のやり取りを友人の名前で作った封筒で行うなど
行動に細かくルールを取り決めていた。

7月、大久保は大学院進学を諦め、アルバイトをしながら
2人の将来のための貯蓄をはじめる。お金は慧生が預かり、
月に一度は貯金をするという約束をした。慧生は夏に妹と冨士登山をしたり、
友人との手紙のやり取りからも学生生活を謳歌していて、
2年生の秋頃まで言動に陰りは見られない。一方、大久保は10月末頃、
知人にセックスに関する悩みを打ち明けている。
自分の父親が愛人に子供を産ませており、その血が自分にも流れている事を悩んでいた。

事件の1か月ほど前の11月10日には、慧生は大久保に宛てた書簡の中で、
「(前略)昼間屋上のベンチで過ごしたときのことを考えると涙が出てきます。
今もあんなふうに武道様に甘えたい。(中略)武道様が思ってくださると思うだけで
ニャンコは幸せです。ほんとうに幸せ。世界で一番幸せです」と綴り、
「大好きな大好きな大好きな大好きな大好きな大好きな大好きな大好きな武道様、エコより」と結んでいる。
同月13日の書簡には「誰もいなかったら飛んで行ってかじりつきたい」、
15日には「『熱烈な恋愛中』と書いた幟を立てて毎日東京中を歩いてもかまわない」、
17日には「武道様のそういう根本的な暖かさ」に「『ゾッコン参って』います」と書いている[1]。

11月、慧生に思いを寄せていた男子学生が、
秘密にしていた大久保との婚約を知った事による非難の手紙が慧生に送られている。
慧生がまた体調を崩す。11月30日、慧生から大久保宛の最後の手紙には、
月曜日に毎月の貯金に一緒に行く事が書かれていて、死の影は見えない。

12月1日の日曜日、熱を出して休んでいた慧生の自宅に大久保と見られる男から電話があり、
慧生が電話口で「いらしていただいても困ります!」と珍しく声を荒らげていた。
その日の夕方、「自由が丘まで行く」と言って外出した。


ルナマリア
事件前夜

12月2日、慧生は少なくとも3人にSOSのサインを送っていた。
大学で授業の前、親友の「オサト」に、バッグから取り出した拳銃を見せている。
「大久保君が青森のご実家から持ち出されたものなの。
『この銃で自殺する』とおっしゃって。わたくし一生懸命説得してお預かりしましたのよ」
と落ち着いた口調で話したという。クラスメイトは皆大久保の自殺願望を知っており、
オサトは慧生にそんなものを持っていたら危ない、誰かに預けるよう言い、
慧生が「ええ、そうしますわ」と返事をしたため、教室に戻った。
もう1人の親友「木下」も同様に慧生から拳銃を見せられたが、
日頃から2人の揉め事を聞かされていた事から、
それが重大な結果に繋がるとは思わなかったという。

慧生の最後の手紙によると、この日の午後、慧生と大久保は長時間話合い、
自殺するという大久保の決意を覆す事ができず、慧生も同意したとされる。
この前後にも慧生は大久保が暮らしていた
学生寮「新星学寮」(上杉慎吉の元私塾)の寮監で、
大久保の父の旧友であった穂積五一に電話を入れているが、
風邪で休んでおり、
対応した穂積の妻に「大久保さんが近頃・・」と言いかけたまま電話は切れたという。

12月3日、オサトは大学の移動時間に慧生を見かけ、拳銃の事について念を押した。
この時の慧生は「ええ・・」と鈍い反応だったという。
オサトは慧生が特に変わった様子がなく、
銃の件は何らかの形で解決したと考え、2人は笑顔で別れた


ルナマリア
失踪・最期

12月4日の朝、慧生は普段通りに大学へ向かい、午前中には学生達から姿を目撃されている。
午後7時頃、慧生が自宅に戻らない事から、家族が関係各所に電話をかけはじめる。
そのころ同日夕方には、湯ヶ島の静岡県警派出所に、
伊豆の山中で男女を降ろしたタクシー運転手から
「心中でもする気ではないか」という届けが入っていた。

12月5日、穂積の元に慧生からの最後の手紙が届く。
手紙には、思いつめた武道に同行するが強制されたわけではない、といった内容が書かれていた。
大久保と同室の寮生から、2日前に身辺整理をしていた事、
伊豆の地図を見ていた証言が出る。また秋には大久保が1人で伊豆へ旅行していた事も確認される。

12月6日、朝から寮生たちが伊豆方面に捜索に出る。

12月7日、新聞各紙の朝刊に「男友達に同情して“プリンセス”心中行ー元満州国皇帝のメイ家出」という
見出しなどで記事が出る。オサトら学習院の同級生や地元の消防団が
警察と共に伊豆での捜索に加わる。
オサトらは4日の夕方に修善寺駅から2人を乗せたタクシーの運転手の証言を聞いた。
「天城山トンネルまで行ってくれ」と言われ、
女性の方は「帰りましょう、ねえ、帰りましょう」
「今なら、まだ間に合うから、帰りましょう」と言い続けていた。
午後5時頃に下車し、運転手は日暮れも近い事から、待っていましょうかと声をかけると、
男は「この辺りはよく知ってるから」と即答した。
女性は「ああ!こんな時間!」と言って2人は八丁池に通じる道を登っていった。
不審に思った運転手は、その後湯ヶ島の警察に通報した。
慧生はこの登山道に沿って学習院のサークルチラシをちぎっていき、目印を残していた。

12月8日、2人の足跡が八丁池方面三つ叉道付近で発見される。
霧が深く立ちこめて視界がきかず、捜索打ち切りが決定され、同級生らは帰京した。
夕方、大久保家と嵯峨家の話し会いが持たれ、2人に関する一切を穂積に一任し、
穂積は新聞・ラジオを通じて「姿を現せば2人の交際を認める」と呼びかけた。

12月9日、伊豆に残った学生らが樹木の古株の中で着替えや靴などの遺留品を発見。

12月10日、午前9時半頃、天城山頂トンネル入り口から八丁池へ登る
コースを登った標高900mの雑木林の中で、
山道から20mほど入った窪地で地元消防団員が2人の遺体を発見。
百日紅の木の下に2人が並んで横たわっていたとするが、
近年になって遺体の第一発見者が、
慧生は木の根元に凭れかかるようにして死んでおり、
1mほど離れたところに武道が倒れており、2人は別々に横たわっていたとする証言もある。
凶器になった銃は大久保の右手に握られていた。
慧生の遺体は左こめかみに銃弾の穴があり、
右利きの彼女は明らかに撃たれて死亡しており、
右頬には銃弾が掠めたような深くえぐられた傷跡があった。
死亡診断書には「他殺。銃弾による頭部貫通」と記された。
銃は武道が八戸の実家から持ち出した軍用拳銃で、
父親の弥三郎が満州で憲兵をしていた時代のものだった。


ルナマリア
慧生の最後の手紙

慧生は最後の手紙を4日の午前8時頃に学生寮長の穂積宛に記し、
その日の午後に投函したと見られる。
末尾に12月3日夜8時5分と記されたこの手紙は便箋5枚にわたるものだったが、
穂積から預かった嵯峨家が焼却してしまったため、以下は穂積の記憶に基づく。

なにも残さないつもりでしたが、先生(穂積)には気がすまないので筆をとりました。
大久保さんからいろいろ彼自身の悩みと生きている価値がないということをたびたび聞き、
私はそれを思い止まるよう何回も話しました。
二日の日も長い間大久保さんの話を聞いて私が今まで考えていたことが
不純で大久保さんの考えの方が正しいという結論に達しました。
それでも私は何とかして大久保さんの気持を変えようと思い先生にお電話しましたが、
おカゼで寝ていらっしゃるとのことでお話できませんでした。
私が大久保さんと一緒に行動をとるのは彼に強要されたからではありません。
また私と大久保さんのお付き合いの破綻やイザコザでこうなったのではありませんが、
一般の人にはおそらく理解していただけないと思います。
両親、諸先生、お友達の方々を思うと何とも耐えられない気持です。


ルナマリア
事件後

慧生の母・浩や嵯峨家では2人の交際を認めておらず、
事件はピストルで脅され連れ出された上での無理心中であるとしている。
一方、大久保家は2人は合意の上での情死という認識であり、
八戸の大久保家の墓には慧生の戒名が刻まれている。
2人の同級生や関係者がマスコミに様々に証言し、
2人の書簡を発表して1958年に映画化され悲劇の純愛物語として流布されるなどした。

慧生の一周忌を記念して1959年(昭和34年)には母親の浩が自らの半生記『流転の王妃』を出版し、
その中で、慧生には死ぬ気はなく、事件は心中ではないと主張した。
その2年後の1961年には、親友の木下明子と寮長の穂積五一が、
慧生と大久保の書簡を中心にまとめた
『御身を愛す: 愛親覚羅慧生・大久保武道遺簡集』(鏡浦書房)を出版した。
二人の往復書簡は、今まで互いに受け取った手紙をそれぞれが束にして小包とし、
事件の朝に大久保の母・つや子宛てに別々に投函したものという。

慧生の父溥傑は、慧生の死について、結婚を反対されたための自殺と考えていた。
撫順戦犯管理処に収監されていた溥傑は、慧生から手紙を受け取り、
好きな人がいると打ち明けられ、父の意見を求められた。
だが、長い間一緒にいられなかった溥傑は、母の意見に従うように慧生に返信し、
後に慧生の死を知り、あの時自分が同意していれば慧生は死ぬことはなかっただろうと後悔している。
溥傑によると、浩は慧生を中国人と結婚させようと考え、
慧生の選んだ相手のとの結婚に反対していた。
結婚を反対された慧生は父の同意を得ようと手紙を書いたが、
当時そこまで思い至らたなかった溥傑は、
母の意見に従うように返信したため、
慧生をひどく失望させたという。
(『溥傑自伝』「第8章撫順戦犯管理処、16慧生、恋に殉ずる」202頁、河出書房出版社、1995年)
また、伯父の溥儀は自伝『わが半生』で慧生の死について、恋愛問題のために自殺したとしており、
無理心中を主張する嵯峨家に対して、愛新覚羅家では同意の上の心中と認識されている。

事件から50年以上経った2009年に、
それまで一切マスコミに語らなかった慧生の親友「オサト」が、事件について初めて証言している。

オサトは慧生の中高生時代からの親友であり、
大久保との出会いから交際まで相談を受け、
失踪直前にも自殺するという大久保から慧生が取り上げた拳銃を見せられている。
失踪後の2人の捜索にも加わり、慧生の遺体とも対面、
告別式では学生を代表して弔辞を読んでいる。
事件の1ヶ月後に学習院を退学しており、
その後マスコミに事件を語る事はなかった。

オサトは捜索時に、2人をタクシーに乗せた運転手から、
慧生が「帰りましょう、ねえ帰りましょう」
「今ならまだ間に合うから、帰りましょう」と繰り返し
大久保を引き止めていた様子を聞いている。
慧生は最後の手紙を投函した後も、
山に入る直前まで「死ぬつもりはなく」「死にたくなかった」けれども、
帰るに帰れなくなり、死に引きずり込まれて行った状況を伺わせている。

「エコちゃんはいつも大久保君の母親の役割をしていらした。
寮の穂積先生に最後の手紙を書いた後も、
きっと何とか自殺を思いとどまらせようと一生懸命だったと思います。
彼女はどんなときでも、人を拒まない優しさをお持ちでした。
その優しさが命取りになったのだと思います。」
「……助けを求めていたエコちゃんを引き止めることができなくて
申し訳なかったという気持ちでいっぱいです。『エコちゃん、本当は死にたくなかったのよね』。
そう、彼女の亡骸に声をかけてあげたいのです」

—本岡典子、『流転の子 最後の皇女・愛新覚羅嫮生』、2011年11月、p.192 - 215より
エコ:慧生の愛称。


ルナマリア
ここまでのご拝読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】ラズエズノイ号事件

ぽるぽる
ラズエズノイ号事件(ラズエズノイごうじけん)は、
1953年に起こった日本への領海侵犯事件。
海上保安庁が威嚇射撃、射撃応戦されたため船体射撃を実施した。


ぽるぽる
概要

1953年頃に海上保安庁は、樺太から北海道に密入国を繰り返す
ソ連諜報工作員をスパイ船が迎えに来るとの情報を入手し、
巡視船を猿払村知来別海岸に配備して警戒に当たった。

同年8月2日、
樺太在住で前日に稚内に到着した日本人スパイの男を密入国の疑いで逮捕。

そして8月8日、巡視船が知来別海岸に接近したソ連漁業巡回船ラズエズノイ号を発見。
巡視船が停船命令を行うが、ラズエズノイ号は巡視船に火器を発射しながら
逃走したため巡視船もラズエズノイ号に対して射撃し、
弾丸がラズエズノイ号の操舵鎖に
命中し切断したことからラズエズノイ号は逃走を断念した。

海上保安庁は船長ほか乗組員4人全員を出入国管理令違反で逮捕した。
船内からはソ連式の乱数表と現金20万円が発見された。
その後スパイと船長は起訴された一方、船員3名は起訴猶予となり強制送還された。

1954年2月19日に、旭川地裁は出入国管理令違反により
スパイと船長の両名に対し懲役1年・執行猶予2年の有罪判決をそれぞれに言い渡した。
両名とも控訴せず判決は確定し、
船長は2月28日に尾道からソ連船「セグザプレス」に乗船してソ連へ強制送還された。
この事件に関し、ソ連は日本に陳謝した。

なお、これ以降で海上保安庁が威嚇射撃を実施したのは、
冷戦終結後かつ当事件の46年後に北朝鮮船によって起こされた
「能登半島沖不審船事件」のみである。


ぽるぽる
ここまでのご拝読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】日章丸事件

横浜タイヤ
日章丸事件(にっしょうまるじけん)とは、
1953年(昭和28年)に起きた石油の輸入と
それに付随した訴訟および国際的な衝突。


横浜タイヤ
概要

イギリスの影響下にあったイランは、第二次世界大戦後独立していたものの、
当時世界最大と推測されていたその石油資源はイギリス資本の元にあり、
イラン国庫にも、国民にも利潤が充分に回らない状況にあった。
その中で、イランは1951年に石油の国有化を宣言。
反発したイギリスは、中東に軍艦を派遣し、
石油買付に来たタンカーの撃沈を国際社会に表明する。
事実上の経済制裁・禁輸措置を執行するイギリスにイランは態度を硬化させた。
これらはアーバーダーン危機と呼ばれ、戦争が近づきつつある情勢となっていた。

一方日本は第二次世界大戦後、
イギリスやアメリカなどの連合国による占領を受け、
占領終了後も両国と同盟関係にあるために
独自のルートで石油を自由に輸入することが困難であり、
それが経済発展の足かせとなっていた。
イラン国民の貧窮と日本の経済発展の足かせを憂慮した
出光興産社長の出光佐三は、
イランに対する経済制裁に国際法上の正当性は無いと判断し、
極秘裏に日章丸(タンカー・同名の船としては二代目)を
派遣することを決意。イギリスとの衝突を恐れる日本政府との対立も憂慮し、
第三国経由でイランに交渉者として専務の出光計助を1952年に極秘派遣。
モハンマド・モサッデク首相などイラン側要人と会談を行う。

イラン側は、合意しても貿易できないでいる前例と、
当時中小企業に過ぎなかった出光を見て初めは不信感を持っていたという。
長い交渉の末に合意を取り付け、国内外の法を順守するための議論、
日本政府に外交上の不利益を与えないための方策、
国際法上の対策、法の抜け道を利用する形での必要書類作成、
実行時の国際世論の行方や各国の動向予測、
航海上の危険個所調査など準備を入念に整えて、
日章丸は1953年(昭和28年)3月23日午前9時、神戸港を極秘裏に出港する。

イギリスを始めとする、連合国軍による占領下の日本において
連合国軍最高司令官総司令部によって
義務付けられていた正午報告(位置報告)に罰則規定が無いことを見つけ、
それらを行わず、航路も偽装してイギリス海軍から
隠れる形で4月10日イランに到着。この時点で、
世界中のマスメディアに報道され、国際的な事件として認知された。
日本においても、武装を持たない一民間企業が、
当時世界第二の海軍力を誇っていたイギリス海軍に
「喧嘩を売った事件」として報道され、
連日日本では新聞の一面記事で報道された。

4月15日急ぎ石油を積んだ日章丸は、国際世論が注目する中、
イランのアーバーダーン港を出港。浅瀬や機雷などを突破、
イギリス海軍の裏をかき回避する事に成功し、
海上封鎖を突破して5月9日9時に川崎港に到着した。
英・石油メジャーのアングロ・イラニアン社(BPの前身)は、
積荷の所有権を主張して出光を東京地裁に提訴し、
同時に出光に対する処分圧力が日本国政府にもたらされた。

しかし、イギリスによる石油独占を快く思っていなかった
アメリカ合衆国の黙認や、快哉を叫ぶ世論の後押しもあり、
行政処分などは見送られた。裁判でも出光側の正当性が認められ、
5月27日仮差押え処分の申し立てが却下され、
アングロ・イラニアン社は即日控訴するものの、
10月29日になって提訴を取り下げたため、
結果的に出光側の勝利に終わった。
これが世界的に石油の自由な貿易が始まる嚆矢となった。

なお、イラン産石油の輸入は、この事件が石油メジャーの
結束強化を招いたこともあり、1956年(昭和31年)に終了することになった。


横浜タイヤ
ここまでのご購読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】関東朝鮮人強盗団事件

レイ
関東朝鮮人強盗団事件(かんとうちょうせんじんごうとうだんじけん)とは、
第二次世界大戦終戦直後より関東地方を股に掛けた朝鮮人強盗団による連続強盗事件である。
その内1件は強盗殺人も犯していた。


レイ
事件の概要

1949年9月13日、警視庁捜査第三課は、関東一帯を荒らしまわっていた
十数人規模の朝鮮人強盗団の取調べをしていたところ、
ある被疑者が背後にある200人規模の大強盗団の存在を自供し、発覚した。

同年12月1日、警視庁は「集団強窃盗特別捜査本部」を設置するとともに、
東京都や神奈川県など55ヶ所を家宅捜索し、79人を検挙した。
その後の捜査で、最終的に260人(朝鮮人215人、日本人45人)を検挙した。

捜査の結果、強盗殺人1件、強盗45件、窃盗861件の犯行が明るみに出た。


レイ
犯行の手口

犯人は10人前後のグループを組んで、昼間は倉庫を物色し、
深夜になるとトラックで現場に乗り込み、
鍵を壊して倉庫内の物品を積み込んで引き揚げるというものであった。
管理人などに発見された場合は、
拳銃を発砲して脅したり、ロープで縛ったりするなどして監禁した。


レイ
池袋診療所強盗殺人事件

1947年11月4日午後7時頃、強盗団のメンバー3人が、
東京都豊島区池袋の池袋診療所に侵入して、
当時の高級薬品であったペニシリンを盗もうとした。
ところが、当直の看護婦に見つかり大声を上げられたので、
犯人は所持していた拳銃で看護婦を射殺し、逃走した。

警視庁は強盗殺人事件として、
池袋警察署に捜査本部を設置して捜査したが、検挙に至らなかった。

朝鮮人強盗団の摘発で、この事件も解決をみた。


レイ
ここまでのご購読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】津別事件

キラ
津別事件(つべつじけん)とは、
1947年(昭和22年)9月10日に北海道網走郡津別町で発生した抗争事件。


キラ
事件の発端

戦後、在日朝鮮人が道内の露店を荒らすようになった。
露店を仕切る的屋はこの朝鮮人の暴挙に憤り、次第に反感を募らせていった。

1947年の夏になり、道内各所で夏祭りが開かれたが、
的屋側は「このままでは、一般人が寄り付かなくなる」という危機感から、
道内最後の夏祭りを開く津別神社で朝鮮人に反撃を加えることになった。
道内だけでなく本州の的屋も呼び寄せて、津別神社の祭りに備えた。


キラ
事件の概要

1947年9月10日午前11時30分頃、3人の朝鮮人が遊戯場に現れ、金を払わずに遊んだ上に、
露店をひっくり返す暴挙を働いた。この場に居合わせた的屋らは3人を袋叩きにした。
この3人は直ちに在日本朝鮮人連盟北見支部に連絡を取り、救援を求めた。

朝鮮人連盟北見支部では早速約20人の朝鮮人を集め、夕方に出発した。
途中の美幌町では竹槍や棍棒などの凶器も積み込み、
さらに人を集めて最終的には約50人に膨れ上がった。

北海道警察部美幌警察署は両者に分け入って、
双方から3人の代表者を出させて交渉させることにした。
しかし交渉は進展せず、午後11時になろうとした。
そこで警察が再度介入し、解決案として
「朝連は狼藉を働いた3人に謝罪と賠償をさせる」
「朝連は1時間以内に彼らを引き取る」を提示し、
ようやく両者の合意を得た。その頃になると、
一般の津別町民約300人も現場に集まり、これまでの朝鮮人の行状を非難した。

午後11時20分頃、朝鮮人側から打ち上げ花火のようなものが的屋側に落下した。
これをきっかけに両者は激突、
町民も的屋側に加勢して投石した。乱闘は約30分間続いた。
この衝突で、朝鮮人側に死者2人・重軽傷者19人を出した。
的屋側は軽傷者6人であった。


キラ
ここまでのご購読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】首相官邸デモ事件

アスラン
首相官邸デモ事件(しゅしょうかんていデモじけん)とは、
1946年(昭和21年)12月20日に東京都麹町区(現・千代田区)で発生した
在日朝鮮人による暴動である。


アスラン
事件の発端

1946年(昭和21年)11月10日に、在日朝鮮人は在日朝鮮人生活権擁護委員会を結成し、
朝鮮人に対する生活物資の優先配給を行政機関に要求していた。
そして、同年12月20日に皇居前広場で「朝鮮人生活権擁護全国大会」を開催した。


アスラン
事件の概要

1946年(昭和21年)12月20日の全国大会では、約1万人の朝鮮人が結集した。
日本共産党の徳田球一も出席しており、
徳田球一の演説の後、生活権擁護の決議文を採択し、午後1時頃に集会は一旦終了した。

午後1時30分、「朝鮮人虐殺政策絶対反対」「吉田内閣は日本の敵だ」といった
プラカードを掲げてデモ行進を開始。午後2時頃に首相官邸前に差し掛かると、
突如警察官の制止を無視して官邸正門前に殺到した。
警官隊は侵入を阻止するため門を閉鎖しようとしたが、
デモ隊は投石やプラカードを振り回すなどして暴れ、遂に首相官邸に侵入した。

午後2時30分頃にアメリカ軍憲兵隊が出動し、まもなくデモ隊全員を解散させた。

この事件で、警察官23人が重軽傷を負い、拳銃2丁が奪い取られた。


アスラン
その後の顛末

警察は、「在日朝鮮人生活権擁護委員会」の委員長ら10人を、
暴力行為等処罰ニ関スル法律違反で逮捕、身柄を米軍東京憲兵司令部に送致した。

米軍東京憲兵司令部は、彼らを軍事裁判にかけ、
12月26日に全員有罪の判決を下した。翌年3月8日に国外追放処分となった。


アスラン
ここまでのご購読ありがとうございました。

【アイコンキャラ朗読】坂町事件

シン
坂町事件(さかまちじけん)とは、
1946年(昭和21年)9月22日に、新潟県岩船郡保内村(現・村上市)で発生した事件。


シン
事件の発端

終戦直後より在日朝鮮人や在日中国人は、
取締権限の不明確さに乗じて公然と日本の法律を無視し、
食糧管理法に反するヤミ米の流通・販売などの経済統制違反を繰り返していた。

新潟県北部では、在日本朝鮮人連盟が新発田市に事務所を置き、
羽越本線坂町駅を中継基地として、ヤミ米を関西方面に出荷していた。
当時、1日あたり50俵が坂町駅を経由したといわれている。


シン
事件の概要

1946年9月22日午前0時50分頃、
村上警察署の署員8人が坂町駅に赴き、ヤミ米の取締に当たった。
署員が現れるや、約50人の朝鮮人・中国人は一斉に姿をかくした。
警察官がホーム上に置き去りにされたヤミ米を押収しようとすると、
「殴れ!」「叩け!」の叫び声を合図に襲いかかって来た。
警察官が応戦している最中に列車が到着し、
列車内から朝鮮人20人が下車し加勢、
警察官に暴行を加えた後、発車間際の列車に乗り込み逃走した。

この日の午後になり、「また、ヤミ米を運搬しようとしている」との情報が入った。
警察官 10人が現場に向かい取り締まろうとしたところ、
約50人の朝鮮人・中国人が襲い掛かり、殴る蹴るの暴行を加えた。

その後、進駐軍の新潟軍政部の係官が現地に到着し、
朝鮮人・中国人に対して
「日本に在住している限り、日本の法律に服さなければならないこと」、
「警察官のヤミ米取締を拒むことは、
   連合国の指令に反するものであること」を言い渡した。

軍政部のお墨付きが出たことで、
警察は断固とした取締りが可能になり、12人が検挙された。


シン
その後の顛末

検挙された12人は新潟軍政部に移され、取り調べを受けたが、
新潟県外への追放とヤミ米の買出しをしない旨の
誓約書提出だけで全員釈放された。
またこの事件を報じた報道機関が、朝鮮人に
破壊活動を受ける新潟日報社襲撃事件へと発展した。


シン
ここまでのご購読ありがとうございました。
記事検索
タグ絞り込み検索