【漫画】フェミ作家「亀仙人のぱふぱふやブルマのポロリ。性犯罪を娯楽として消費する少年ジャンプの文化。エロがなければ売れないのか」
先日、ヒストリーチャンネルでアメコミヒーローの歴史に関するドキュメンタリーを見た。その番組では、マーベルやDCが時代に合わせて変化してきた歴史を描いていた。

1960年代には公民権運動が広がるアメリカに、黒人のヒーローであるブラックパンサーやファルコンを誕生させた。

1970年代には『X-MEN』初の黒人かつ女性のリーダー、ストームを誕生させた。彼女の登場は「リーダーは白人の男性」という古い常識を覆した。

またかつては「職場の花」的なお飾りキャラだったジーン・グレイを、フェニックスという最強の女性ヒーローに進化させた。「女と男は対等に仕事をする同志である」と世に示したのだ。

そして21世紀に入ると、9.11以降、イスラム系の人々に対する差別やヘイトが拡大する中、新時代のヒーローを誕生させた。16歳のパキスタン系アメリカ人の少女、ミズ・マーベルだ。

初のイスラム系ヒーローの物語は全世代の男女に支持されて、ベストセラーになる。

サンフランシスコのバスに貼られたヘイト広告を、市民が「言論の自由を差別に利用するな」というメッセージと共に、ミズ・マーベルの絵で隠すというニュースもあった。

こうして彼女は差別やヘイトと戦う人々の象徴になった。

……という番組を視聴して、JJは感極まって貝を吹いた。これが大人の責任だろう、ジャンプもがんばってくれよな! ブオオーー!!

拙者は幼少期からジャンプを読んで育った者として、編集部の皆さんに聞きたい。

エロを出せば売れるって、そもそも読者を舐めてませんか? エロがなきゃ売れないのか、ちゃんと検証したことはあるんですか?

アンケアンケと言うけれど、ハガキを書いて投函する読者って全体の何割なんですか? その人たちが事業の売上を支えてるって、本気で思ってますか?

私が小学生の時から亀仙人のぱふぱふやブルマのポロリとかあったけど、「あれがあったからドラゴンボールは売れた」とか言ったら鳥山先生も怒りませんか?「クリリンのことかー!!!」ってなりません? それって作者にも失礼じゃないですか?

あとこれが一番聞きたいんですけど、「ジャンプは少年のための雑誌」というけど、本気で少年たちのこと考えてます?

私の大学時代も「修学旅行で女湯を覗いた」とか笑い話にしてる男子がいて、性犯罪を娯楽として消費する文化があったけど、現実に男子学生が女湯を覗いて逮捕されて退学になったりしてますよね?

少年も少女も守ること、被害者にも加害者にもならないようにすること、それが大人の責任じゃないんですか?

「少年たちのため」と言ってるけど、本音は自分たちが変わりたくないだけ、自分たちの立場や権力を守りたいだけなんじゃないですか?

誤解しないでくださいね、私は「規制しろ」ではなく「本気で考えてほしい」と言ってます。これはメディアの規制ではなく、メディアの責任の話です。

思考停止した方が楽だし、変わるのは勇気がいるでしょう。でも人間讃歌は勇気の讃歌。諦めたらそこで試合終了だってばよ。

私は古い常識を覆すような作品、新時代のヒーロー、アップデートしたジャンプを見たいです。

以上をアンケートハガキに書いて送ったら、編集者は読んでくれるだろうか? 読まずにシュレッダー行きだろうか。集英社の社長宛てに送った方がいいのかな。

前回のコラムを読んだ友人からメールをもらって、その流れで飲みに行った。

彼女は「私はジャンプ漫画大好きなオタクだから、最近の炎上を見てると複雑でつらいです」と言って、しばらく黙ってから話し始めた。

「小学生の時に『まいっちんぐマチコ先生』の再放送をやってて、男子の間でスカートめくりが流行ってたんですよ。スカートをめくられて泣いてる女子もいて、私は友達を守らなきゃと思って、男子と戦ってたんですね」

「そしたらある日、6人の男子に組み伏せられて、両手両足を押さえられて、下着までずり下ろされたんです。もがけばもがくほど『見える、見えるー!』とはやし立てられて。私は恐怖で泣くことしかできませんでした」

■ プロフィール 
アルテイシア(あるていしあ)
神戸生まれ。現在の夫であるオタク格闘家との出会いから結婚までを綴った『59番目のプロポーズ』で作家デビュー。

▽一部引用しました。全文はソースでご覧下さい
https://blogos.com/article/420517/?p=1


アスラン
よく分からんけど、こういう奴が
マンガ文化をつまらなくしたんだろうな

作家自体昔より技術が上がってるハズなのに、
最近のマンガがつまらなくなってきているとかどういうことよ

思考停止してるのはどっちなんだよ
って話だわな。
それでこの心理は…

浮氣光洋
「女の攻撃は相手側の事が嫌で言うんじゃないぞ

自分の周りの人間や組織の関係を操作するために言うんだ
共通の敵を作って集団を団結させ
自分の周りをがっちり味方で固めるのが目的

そのためには嘘でも出鱈目でも平気で周囲に声高に我こそ正義と宣う
組織力が崩れないように何年でも毎日我こそ正義というのを言い続ける
その内容は支離滅裂でもどうでもいい
とにかく人数を集めて自分の組織を大きくし維持するためだけに言う
相対する側がこの手の女達の攻撃ターゲットに
なったら想像を絶するほどメンタル病ましにかかってくるぞ」


まあ これ


シン
高橋留美子のラブコメ作品の代表作の
モチーフ「うる星やつら」の
諸星あたるっていう少年だってアレの性格のモチーフは
この世の創造主でもある北欧神話やギリシャ神話や日本神話の
最高神とされている。