【中国人民解放軍】の欠陥戦闘機J-15(殲15)は「治癒不可能」なのか?:ロシア人専門家の見解

香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、
中国が現行の殲15(J-15)戦闘機に代わる次世代艦上戦闘機を開発していると報じた。
中国人民解放軍の空軍副司令官チャン・ホンヘ中将の話を引用した同情報には、J-15には技術的欠陥があり、
早急に置き換える必要があるとするコメントが付随していた。
米誌ナショナル・インタレストは情報に基づき、J-15の欠陥を克服することはできず、
中国は置き換えを目指しているとの結論を出した。この主張の信憑性はいかほどなのか?通信社スプートニクに、
ロシアの軍事専門家ワシリー・カシン氏がコメントを寄せた。

カシン氏によると、ナショナル・インタレストの結論には根拠があるが、置き換えについて述べるのは時期尚早だ。
同氏は、恐らくJ-15は中国人民解放軍の海軍艦載航空隊の基盤を何年にもわたって、
さらには数十年にわたって形成するとの見方を示し、J-15は改善され、現在の欠陥は徐々になくなるだろうと考えている。

中国で次世代艦上機が開発されていることは、現行モデルに解決できない問題が存在することを意味するものではない。
前の世代を準備する段階で次世代の作業を展開する必要性は、中国軍事航空機産業の原則だ。例えば、第5世代戦闘機の作業は、
中国の第4世代戦闘機J-20がロット生産に入る前に瀋陽飛機工業集団によって展開されたことが知られている。
そのため、カシン氏によると、これは古い艦上機を新しい艦上機に早急に置き換える準備をしているということではない。
さらに将来的に未来の艦上戦闘機として第5世代戦闘機J-31 (FC-31)の海洋版が検討されているという
断片的情報が繰り返し伝えられている。

一方で問題は、基盤となるJ-31が、まだ初期段階とみられる飛行試験を続けていることだ。
1つ目のプロトタイプと比較して大幅に変更されたJ-31の2つ目のプロトタイプは、2016年末に飛行試験を開始したばかりだ。
基本的な地上バージョンのテストが完了するまでに、さらに複数のプロトタイプの試験を行う必要がある。

J-31艦上バージョンの飛行テストが始まるのは、地上バージョンのテストプログラムが完了し(数年長引く可能性がある)、
J-31の生産が開始された後となる。艦上バージョンは、基本モデルのすべてのテスト結果を取り入れなければならないが、
空母に搭載されることから生じる重要な相違点も生まれる。この作業はさらに数年間を要する。
その後、バッチ生産、その際に避けることのできない品質問題の解決、同機を運用する戦術の作成が行われる。
J-31艦上機の第一陣は、2020年代後半まで任務を遂行する準備態勢を整えることができない可能性がある。
それまで中国はJ-15で凌ぐことになる。

サウスチャイナ・モーニング・ポストで指摘された4件の事故を引き起こしたJ-15の数多くの小さな問題は、
驚くべきことではない。かつて中国は少し経費を削減した。
ロシアからスホイ33戦闘機とその生産ライセンスを購入する代わりに、
ウクライナからスホイ33の試作機T-10K-7を安価で購入した。中国のエンジニアたちは、
飛行できない状態にあった同機を入手し、その改良版の生産に取り組んだ。
したがって、その後ロシアで行われた同機の改良や研究、その運用への正しいアプローチの作成などに関する重要な作業は、
中国に伝わらなかった。結果、J-15の設計はわずかに長引いて多くの費用がかかり、
第一陣の信頼性はあまりにも低いものとなった。

一方、J-15の基本的な設計は、全体的に重量級海洋戦闘機に適している。
J-15の航続距離はこのような重量級戦闘機にとっては長く、強力な武器も装備されている。
中国人民解放軍の海軍沿岸航空隊及び空軍で使用されているJ-11B/BS、J-16、スホイ30と設計の点で近いのも、
運用の観点から見たJ-15の重要な利点だ。中国は余分な時間とお金を費やした後、現在の困難を克服し、
十分に信頼性が高く、強力な艦上機を手に入れることになりそうだ。

欠陥戦闘機J-15(殲15)は「治癒不可能」なのか?2

欠陥戦闘機J-15(殲15)は「治癒不可能」なのか?1


関連ニュース
中国、「欠陥」殲15に代わる戦闘機を開発中:
https://jp.sputniknews.com/asia/201807055081696/

https://sptnkne.ws/jby9



アスラン
基礎を疎かにして他国のモノを無断コピーして作ってるから
問題が発生したときに対処できないんだよな


キラ
まあ、J-15戦闘機は、4回も墜落事故起こしてるからね。

それに、すでに配備済のJ-10戦闘機は、これまた墜落しまくってる。

パイロットも多数死んでる。

ロシアの機体もエンジンもコピーしてるが、根本の設計原理をわからないので

中国では不具合の対策不能らしいね。 かといって、ロシアが教えてくれるはずもないw

J-15戦闘機の欠陥は、根本対策不可能ってことだからね、残念


レイ
兵器の9割以上は、戦争に使わずに終わる。つまり9割以上は無駄。
だから見栄えだけよくて中身が伴わなくても、
経済性を考えれば張り子の虎で十分とする兵器もある。

ただ、殲15は見栄えすらも・・・


横浜タイヤ
J-15の問題はエンジンなんだよな
Su27MKKのAL31をバラしてエンジンコピーしたはいいが、冶金なんか全く考慮してない
ガワだけ3Dプリンターでコピーしたが、全部チタン合金というシロモノだから寿命が異様に短い

本家本元のAL31だって800~1500時間程度と言われるが、
中国製のパクリエンジンWS10は
わずか30時間しか持たないと言われる

16年10月にAL31を100基輸入してるから何とかなってるけど、
それを使い潰したら飛ぶこともままならんだろう
(ロシアのマサロフ社長は「コピーしきれないだろう。リスクはない」と判断したそうだ)

ロシアはインドには中国と違って高性能版を引き渡してるし、Mig29Kも使わせてるが
パクリ常連の中国にはMig29も渡さない。コピーできないからどうせそうなる
(いずれ中国がSu57を渡せと言うだろう。解決はそれをコピーするまで不可能という所以)


ぽるぽる
おれも、中国国産のWS-10型エンジンの欠陥が解決できない結論に達したと思う。

J-15には、ロシア購入エンジンと中国国産エンジンを載せてるが

墜落した4機は、中国国産エンジンのWS-10だったのではとオモてるw

中国の発表では操縦系統の欠陥が原因とあるが、
そんなものは普通に直せるからなwww

はっははは

中国製エンジン、破れたり!


シン
でもさ、中国ダメダメと言ってはいけないよ
中国空軍・海軍が張り子の虎と判ってしまっては、
自衛隊に関する費用削減ということになりかねない
中国スゲーと言い続けなければ・・・w

日本のみんなにとって克服すべき真の敵は中国の背後にいる
白人とスラブ系とユダヤ系ほかの反日家の
個人や団体を中心とした反日連合体だ。