無職ダメ人間と猫一匹

友達は猫一匹。かなりのクズ人間なので、読んでいて不快になることもあるかもしれませんのでご了承ください。 去年は逃げて、辞めて、怠惰で散々な一年だった。今年は本気で努力と継続、忍耐の年に。

本日も17時にサイレンが流れた。2,3年ぐらい前からサイレンの曲が変わって今の曲になった。

前は、本当に哀愁漂う曲で、聞いてるのがつらかった。今日も一日何もできなかった。無駄にときを過ごしたのをそのサイレンを聞くことによってより強く感じた。

曲名を調べると「新世界より」というものらしい。新世界よりの家路か。話変わるけど貴志祐介の「新世界より」は結構独特の世界観で好きだった。

それが2,3年前に変わって、なんて曲名なのか分からないけども前ほどのパンチ力はなくなった。哀愁って感じではない。
ただそれでも何もしなかった一日のあとにそれを聞くとやはり虚しさを感じた。夏場とか日が沈むのが遅い季節はいいけど、冬場とかすぐに日が沈む季節。そういう季節は余計に虚しさが強調された。悪い意味でノスタルジック。



今。今はダメ人間で、フルタイムではないが働いてはいる。毎日金を得る作業をしている。そのおかげなのかサイレンを聞いても虚しさはそれほど感じなくなった。「ああ、17時か」そのぐらいの程度。

ただ別のことにストレスを感じたり、イライラしたりすることも当然ある。
けど17時のサイレンだけは克服できたみたいだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近仕事中はイライラしていることが多い。これも忙しさが一つ原因なのだろう。例えば普段は優しいのに仕事中は怖くなるみたいな。どうしても慌ただしさからイライラしてしまう人がいる。そんな人の気持ちが少し分かる。

そんな忙しさの中、あれやってだったり、これやってだったり、これはいつものことなので、「マジかー」ってなるぐらいでいうほどイライラはしない。
ただ、それにくわえ、いちいち指摘してくる人がいる。それがじわりじわりとイライラが溜まってくる。あとでやろうと思ってたことを指摘されたり、俺なりの考えがあるのにこうした方がいいだとか。これしないとダメだよみたいな。

でもそれでも普段の状態だと「はははすみません」ぐらいなのだが、やはりそこに「忙しさ」「普段と違うぺース」が加わるとそれがイライラしてくる。


今日も普段と違うことがあった。


大量の品がどばーっと来た。

そのせいで、場所も取るし、作業も当然やりづらくなった。そしてこの品を果たしてどこに整理すればいいのか。。

ストックがある状態ならこの状態もまだ「ははは」で苦笑いくらいで済むのかもしれない。ただ、今は忙しい状態当然わたしはイライラしました。

例えばこの状態を誰かと「おいおいマジかよww」と驚きながら笑い合える状況ならそれも緩和できるのかもしれない。ただ俺は基本一人である。

一人でこれをなんとかしなきゃいけないと考えると焦り、イライラそういうものが湧いてきてしまう。
ただそれでもあのときほどはイラつかなかった。あのときは物に当たる気持ちが抑えられなかったし、今回はそれを避けられたし。

気持ちを切り変えて、残業すりゃいいやって考えたら少し気持ちが楽になった。作業も慌てず、むしろいつものペースより遅いんじゃないかぐらいのそれでやった。こういうときは急ごうとしても慌てて結局遅くなる、、、ような気がする。

言ってみれば悟りモード。午前はそんなこんなでイライラが結構来てたが、午後になったら仙人モードになれた。

残業してある程度のストックができたし、明日は気持ち的にも少し落ち着けるだろう。。
このエントリーをはてなブックマークに追加

原付を運転していたら、対向車から白バイが。すぐさまブレーキをかけ、30キロ代にスピードを抑えた。

そのあと念のためにスピード抑えめで運転した。サイドミラーを見ると、なんと白バイがついて来てるではありませぬか。Uターンしてこちらに来たのだろう。

自分は40弱で運転していたのだが、なぜか一向に白バイに抜かれない。ひょっとするとこれは俺を後ろからスピードを上げないか、監視しているのだろうか。
しばらくしてミラーを見ると白バイは消えていた。

最初に見つけたのが対向車線で良かった。てか基本俺はビビりである。自分の原付から聞こえる変な異音も、警察のサイレンのように聞こえてしまうことがある。それでビビってしまったり、ああこれ原付の音かホッとすることがしばしば起きる。

正直サイドミラーを見て、白バイを警戒するあまり前方が不注意になってしまうこともあるんじゃなかろうか。白バイという存在が逆に原付というか自分の運転の事故を起きやすくしてしまうような気がする。パトカーもたまに見るが、やはり白バイの方が圧倒的に怖い。

まぁ普通に最低でも40キロぐらいで走ればいいのかもしれないが、なんだろう。ノロノロ走ると車の運転の邪魔になるだろうって思ってしまってつい50キロ弱にしてしまったり、、

基本は路肩を走るんだが、2車線あって、左が左折オンリーで右がまっすぐ、右折とかだと早いうちに右車線に入っておいて、それで結構飛ばしてしまう。

路肩にいると、左車線+右車線の車二つもやりすごさなければならないから。


なので、まっすぐ車線に入っておいて、前に、少し遅い車がいると、後ろに車がいても、「遅いのは俺のせいじゃねーよー、前の車が遅いんだよー」と少し安心したりする。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ