無職ダメ人間と猫一匹

友達は猫一匹。かなりのクズ人間なので、読んでいて不快になることもあるかもしれませんのでご了承ください。 去年は逃げて、辞めて、怠惰で散々な一年だった。今年は本気で努力と継続、忍耐の年に。

はい。そんなヤマトのドライバーにイライラしたわけだが。。


たぶん、ヤマトがあんなせかすような感じなのは、うちの、というか俺の対応のせいだと思われる。対応というかそもそも対応をしてないんだけども。


話は変わって、よくうちの妹は、どこかは分からないが、ちょくちょく注文をしているようだ。それで、その注文方法が代引きっていう。

なので、普通の応対ならまだしも、玄関対応すると金を払わなきゃいけなくなるのだ。まぁもちろんヤマトにとっちゃそんなん知ったこっちゃねーって話だが。なので、俺は基本、自分以外の宅配は基本居留守を使うっていう。

うわっ最低だなこいつって思われた方。はい。返す言葉もございません。

金を準備しなきゃいけないし、そのあと妹に「金払ったから返して」っていちいち言うのもいややし、というかこの煩わしさが一番あれだ。うん。妹が悪いのだ。あいつが代引き払いじゃなかったら、まだ応対しとこうかなぁってなるのに。。

というかそもそも半ヒキ気味だった自分は玄関応対もあまり得意とするところではないし。うん。仕事はし始めたけど、性根はまだ変わってないぜ。うん。


はい。まぁそんな居留守応対などのせいもあって、おそらく例のヤマトドライバーは、あ、こいつ「クソ居留守んとこだわ」ってなって例の3回呼び出し攻撃を喰らわしてきたのだと思われる。

結局はおれのせい。おれがちゃんと応対しなかったせい。

俺の応対が優しかったドライバーさんを鬼に変えてしまったのだ。


ちなみに頼んだのは—

2017-10-13-17-07-28
鼻毛カッターと、

2017-10-13-17-58-37
フットポンプである。これはいつか使おうと思う。



すまなかったね。。ドライバーさん。。

さっきAmazonから商品が届いた。

配送者はヤマトだったんだけど、その際の、対応に僅かばかりイラッときた。ホント些細なことなんだが。

二度手間になったらめんどくさいので、今回も時間指定の配送をAmazonで頼んでおいた。基本自分はアマゾンで注文するときは時間指定を選ぶ。時間指定だとお急ぎ便より少し日にちがかかったりするのだが。まぁそれでも手間が少なくなるからそっちの方が良いかな、と。

車が近所を通る音、そして停まる。話は変わるが、配送待ちしてるときは、聞き逃しがないように夏とかでもエアコンつけつつ窓も開けたりするのは自分だけだろうか。まぁチャイムを押してくれれば分かるんだけども。ごくたまにチャイムを押さずに不在通知だけを入れて去る人もいるから。

今は普通に窓開けてたら涼しいから普通に開けてる。

車が止まり、「あ、来たな」と確認。2階から降りる。そしてチャイムがなる。そのあと短時間に続けざまに2回もチャイムが鳴った。合計3回。リビングのドアを開けてると、バカ犬がいつも玄関に向かって吠えるのがうるさいから、リビングに閉じ込めてたのだがそれが15秒ぐらいかかった。

「いや、それにしても押しすぎじゃね?」一回押したら、わかるわ。たぶん、車が来たと気づいて2階から降り始めて、1分と経ってないんだが。続けざまに3回も普通押すか、と。チャイム1回押したら少し待てよ、と。1回押して、十数秒してもう1回押すとかならわかるけども。

玄関を開けると、「あ、こいつ見たことある」と。APPLEに充電ケーブルを交換してもらった際のやつだ。そのとき、壊れたケーブルを渡す際、えらくもぎ取るように取られたからそれが印象に残ってて覚えてた。

そいつが今回も配達人だった。

「〇〇〇〇さんで間違いないですか?」「はい」

それからまぁ、なんてことない。全然なんてことないんだけども。おまえはマナーの審査員かって突っ込まれるかもだけど。

そいつが自分に渡す際に段ボールを片手で渡す感じが若干鼻についた。

たぶん若干むかつくなこいつって目で見てたから、普段あんま気にならないことが気になったんだと思う。
あともともと許容範囲が狭いってのもあるんだと思う。理想の自分の行動を起こせないからイライラするのか。

案の定先ほどの再現VTRを再生させ、「いや短時間に3回もチャイムならさんでくださいよー」って軽い感じで言えてる自分。それが理想の自分なんだけどな。

再現VTRを繰り広げ相手を言い負かしたり、自分の理想と思う行動を取ったり。でもたぶんこれは効果がないんだろう( ´Д`)しょっちゅう繰り広げてるけど、なんら理想的な行動は起こせないから。よって、この再現VTRを構築する意味はあんまないと思われる。

どうすれば理想的な行動を起こせるようになるのか。いや理想的というと大げさか。我慢的な行動ではなく、ふと思ったことを口に出すような行動。考えずにすぐに起こす行動。


例えば仕事場で、使ってほしくないやつ(使われると二度手間になるようなとき)を使われそうなとき、「あ、それじゃなくて別のやつで」ってスッと言えればいいんだけど、「あっ」って思うだけで、結局黙ったままっていう。


まだ話したいけどちょっと長くなったので、続きは次の記事で。

運動会の季節。仕事場の近くに幼稚園か保育園があるのだが、窓の方から運動会の練習だろう。音楽やら園児の歌っている声が最近よく聞こえてくる。


先生たちの選曲チョイスなのか、ミスチルが流れてきたり、「もう一回ーもう一回ー♪」だったり、あと曲名は知らんけど、聞いたことがあるような曲が流れてきたりする。先生の声がでかくなる、メガフォンだっけか、それで子どもたちに指示を出してる声だとか、園児たちが必死に声を出してる姿。いや姿は仕事してるし、遠くだし見えてはいないんだけども。

それを聞いてるとなんだか込み上げてくるものがある。なんだろう。分からないけども。

「運動会だーチャチャチャー♪素敵だーチャチャチャー♪仲良くチャチャチャー♪弱虫なんかいるもんか。赤勝てチャチャチャ白勝てチャチャチャエイ!エイ!オー!♪」

ってかわいい声で一生懸命歌ってんだ。園児たちが。聞こえてくるんだ窓の方から。なんかなー、、泣きまでは当然しないんだけども。純粋さ。純真さっていうんだろうか。一生懸命さがホントなぁ、、、

あと先生が拡声器で「〇〇の勝ちです!」で言ったあと園児たちが練習してるのか「やったー」って言うのさ。それがなんかもう、かわいくて、純真で、ぶわってまではならないけど。

分かるわ。運動会やら、卒業式やらで我が子を見て、泣く親の気持ちが。。まぁ自分に子はいないんだけども。気持ちが分かる。

聞こえてくる一生懸命な声だけでも、こんなに来るもんがあるから。姿まで見ちゃうとこれは赤の他人、子供たちの姿を見て俺は泣くかもしれない。その姿は完全に不審者だが。

やっぱ歳をとると、純真さ、素直さとかそういうのに弱くなるのかもしれない。

もちろん子ども全てが純真とは言わないけども。。

やっぱネットばっかしてると汚れてくるのかもしれんないろいろ。だからこそ純真さが羨ましくて、眩しくて、大げさだけど感動するのかもしれない。うん。


仕事中の癒しである園児たちの声。運動会頑張っておくれ。

↑このページのトップヘ