無職ダメ人間と猫一匹

友達は猫一匹。かなりのクズ人間なので、読んでいて不快になることもあるかもしれませんのでご了承ください。 去年は逃げて、辞めて、怠惰で散々な一年だった。今年は本気で努力と継続、忍耐の年に。

2013年02月

テレビをつけたらありえないくらいの音量になってた。


最高ボリュームが50ぐらいのはずなのに、700を超えてる。


あまりの音に部屋に置いてた紙束が舞うレベル。


なんでだろう。確かにさっきは15くらいだったのに。


耳をふさいでもまったくの無意味。


親が耳をふさぎながらすっ飛んできて、なんじゃこらって。


テレビのリモコンを操作するが、全くの無反応。消せないし、音量も下がらない。


パニックになって、親に叫んで俺のせいじゃない。と必死に弁明した。


それで親がどうやってくれたか分からんが、なんとかテレビを消してくれた。


そのあと親から事情説明を求められ、自分が思ったことを、「分からない・・・いつの間にか、なんでこうなったか分からない。」と説明しようとした。


説明しようとしたがなかなか声が出ない。ようやく声が出ても、言葉にならないのだ。「えぇ、あぁ、おぉ」とか・・・


それでもなんとか必死に声に出そうとする。


そこで目が覚めた。


確実に現実でも声が出ていた。


寝言を言いながら目が覚めたわけだ。うん。笑える。


そのあと、二度寝。さらに3度寝。


目が覚めたら12時前だった。


ネット。ドラコレ。昼飯はカップ麺。


料理熱も冷めてもうたな。もともと大したもんつくってないけど。目玉焼きをつくるぐらい。


そのあとマットを敷いて筋トレ。1日置きにやってる。


もう腕立てが半端なくきつい。


ダンベルを地面に置いてそれをつかみながら、ゆっくり10回やってるんだが、残り1回とかになると、頭の血管が千切れそうになるくらい。


あと腹筋とダンベル運動。


そのあと、DSを持ってお外に。


レンタル店とスーパーに行った。


そして我が家に戻る。


誰ともすれ違えなかった。


今のところ5人とすれ違えてる。そのうちの一人は俺が家にいたにもかかわらずすれ違っている。


ということは3DSのすれ違いエリアは結構広いということだろうか。


夕飯は親父が買ってきたマック。


風呂では啓発本を読んだ。



・・・時が経つのは早いな( ´Д`)


このエントリーをはてなブックマークに追加

明日から本気出す!-130221_1850~01.jpg






「ほぁちゃー!!」


明日から本気出す!-130221_1851~01.jpg


・・・残念。そっちはタッチ不対応だ・・・。


このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日のやる気は早くも崩れた。


今日も6時に起きたんだが、やることがなく、結局眠気に耐えられずまた布団に入って二度寝してしまった。


目が覚めたら12時過ぎ。


なんで昨日は耐えれたんだろう。眠くもならなかったのに。


だけど今日は苦手な散髪に行った。


前は派遣だけど働いてた。でも今は無職の身分なので、今日仕事はどうしたの?とか聞かれそうで嫌だったけど、頑張って行った。15時ぐらい。


1人既にやってもらってて、ソファに座って待ってた。そのあとまたお客入ってきて。自分の番がきて、やってもらってる間店主のおばちゃんはそのあとから入ってる人とずっと喋ってたので、自分はしゃべらずにすんでよかった。ずっと目つぶってた。


「もみあげどうする?」って言われたときだけ目開けた。


うん。


このエントリーをはてなブックマークに追加

6時ちょうどにケータイのタイマーで起床。楽というといいすぎだが意外とすんなり起きれた。


起きたあとはいつものようにインターネット。


お気に入り巡回。ニコ動。まとめブログ。2ch。ドラコレ。


11過ぎに外出。腹が減ったので、ほっともっとで弁当買おうと。


雨だったので、歩いた。かばんを持って。かばんの中にはDSを入れた。あれ万歩計機能も付いてるのだ。DS。まぁ外でやるつもりはなかったけど、すれ違い通信とやらが出来ないかなぁ・・・と。が、田舎でしかも平日とあってはなかなかおなじくDSを持ち歩いてそうなやつはいない。


なのでほっともっとが目的だったが、まず古本とゲームソフトが売ってるとこに行ってみた。が、やっぱ子どもはいなかった。そこはカードとかも売られてて、カード大会もたまにやってて、長机が置いてるスペースがあるんだが、そこには人っ子一人いなかった。


というか客が2,3人しかいなかった。


なんとなく店内を見て回った。


ドラクエ7売ってた。5480円。アマゾンに比べたらやはり高い。


漫画はいっぱいあるけど、小説コーナーは大したものが置いてない。ブックオフに比べたらやはり見劣りするのかもしれない。


でも気になったのが2冊あったので、しかも両方100円だったので買ってみた。



明日から本気出す!-130218_1720~01.jpg

啓発本2冊。


レジで精算を終えて、出口に向かおうとしたところ、4,5人の集団が店内に入って来た。


チラッと目をやると、なんか見覚えがある顔が・・・


2,3秒「あれどっかで見たことあるぞ・・・」と考えてたらすぐに思い出した。


郵便局の人だ。俺に指サックつけてねって言った人。


挨拶しようとも思ったけど、別に親しくもなれなかったし、バイトの身分やし、そもそも覚えてないだろうと思い話かけなかったが・・・(まぁ親しくさせてもらったとしても話しかけれなかったかもしれないが・・・)知らん顔で店内を出た。


そのあとは隣のスーパーで、お菓子とガムと一平ちゃんとうまかっちゃんを買った。


そのあと買い物袋を手に持ったまま、ほっともっとに入り、のり弁を買って我が家に帰った。


のり弁美味しいです。


求人誌を見たが、電話はしなかった。


ハロワサイトも見た。



昼間久々に筋トレをした。


確か10年近く前に買ったやつを広げて。



明日から本気出す!-130218_0903~01.jpg

俺は結構誤解恐怖症でござる。


例えば腹筋するとどうしてもきつさから声が出ちゃうと思うんだが・・・もしこの声で家族の誰かが「あ、今やってんな」みたいな勘違いをされないかみたいに不安に思ったりする。


あと腹筋すると床が鳴るのだ。それで1階にいる親に「あ、今やってんな」って勘違いされたらどうしよう。みたいなことを考えたりする。


前ほどは気にならなくなったが、やはりちょっと気になる。


なぜこういう風に気になるようになったのかは・・・なんとなくあれが原因なんじゃないかなって思うんだが・・・言うまい。


あと、映画とか見てても全然エロくない場面なのに、出演者の女の人の声がやたら甲高くて、この甲高い声が周りから見たらなんかあえいでるように聞こえてるんじゃないか、みたいに思って思わずボリュームを小さくしてしまったり・・・例えば戦いの場面とか。うん。


結構重症なのだ。


まぁその話はいいや。


腹筋25回した。OTLの逆の態勢で腹筋。


あとマットよりももっと前に買った。もういつ買ったかわからないやつを押し入れの奥から取り出した。



明日から本気出す!-130218_1813~01.jpg

1個5キロ。かなり重く感じた。やっぱ筋力が落ちてるんだろう。


これからちょくちょく頑張ってこう。



職がなく、労働もせずに自分を律するのは難しい。


どうしてもだらだらしてしまう。怠惰ってしまう。


筋トレとはそんなだらけてる自分を・・・身体はもちろん心を鍛えるものなんではないだろうか。とわたしくしは思うわけです。


というか柔軟性が欲しいのです。準備運動をして身体を動きやすくしておくのです。


俺は仕事が決まったら嫌でも頑張るんだし、今はだらだらしてもいいやという気持ちを持っていました。


というかだらだらしててもハロワはともかく、応募の電話はするとき以外はだらだらできます。


仕事を辞めた直後はそんな感じでもいいのかもしれません。


でも無職が日常化してくると、オンオフが曖昧な状態では行動が起こしづらくなるような気がするのです。




何を言いたいか自分でもわからなくなり、文字をうつのもめんどくなったんで、このへんで。


とりあえずいろいろ頑張るよ。


・・・たぶん。


このエントリーをはてなブックマークに追加

10時過ぎに起床。


昨夜、履歴書を志望動機以外を除いて書きあげた。


今日はその志望動機に悩まされた。ネットしながら、テレビみながら、考えてたからなかなか決まらなかった。


結局、家から近く通勤に便利っていう、高校生が書くような志望動機を自分も書いた。


応募したのは大型スーパーの、品出し業務。8時~12時。


1週間ほど前に新聞紙に入ってたチラシ広告のやつ。



明日から本気出す!-130212_2332~01.jpg

応募方法は、電話連絡して応募するっていう普段のではなく、応募連絡は不要で履歴書を持って直接面接を受けるっていうやつ。


正直ホント今日は行く気が湧かなかった。


まず志望動機がなかなか思い浮かばない・・・それにアポとかでなく、直接行くものだから、今日行かなくても別に迷惑はかからない。まぁ親を除いてだが。なので自分の意思次第。行かざるを得ない状況ではないということ。


そして何より、このアポなしで行くっていう今までとは違うスタイルに、いつも以上に不安が増した。


面接は、店舗ではなく、ある公民館で行う。


面接日は11と12日。昨日と今日。


とりあえず履歴書を書いて、とりあえず外に出た。


面接受けるか受けないかわからないが、とりあえず様子見してこよう、と。


とりあえず本屋に寄って、立ち読みして、とりあえず公民館前まで進んでみる。


とりあえず、公民館の中に入ってみる。すぐ目の前に飛び込んできたのが、「○○面接会場 2階→」って立てかけの黒板にかかれてた案内。


そうですか。わかりました。と。


とりあえず意味もなく、周りの壁に貼られてるポスターとか広告を見回ってみた。


乳児教室とか全く俺に縁のない案内とかじっくり読んでみた。


「やっぱ引き返そうかな」とも考えたが、とりあえず2階の入り口手前まで行ってみようと、行ってみた。やばそうなら退却すればいいや、と。


階段を上がって、廊下を歩いていく。するとすぐ担当の人なのか、10メートルくらい先に立っておられて、ここからはさすがに引き返すのもあれかな・・・と思い覚悟を決めた。


名前を書いて、履歴書を渡して、面接場所であろう場所の隣の部屋の会議室的なとこに案内される。そこで自己PRとアンケートが合わさったようなのを書かされた。自分以外にも3人部屋にいた。


・・・ただのアルバイトの応募なのに、なんでこんな緊張を強いられねばならぬのか・・・


待ち時間がホントに緊張を煽るのだ・・・


俺の前の人が呼ばれて、とうとう自分の番。


アンケートの「~の改善点はありますか?」みたいな質問には答えが出ず結局空白になってしまった。


部屋に入って、すぐ右手に面接官と自分より前に呼ばれた女の人。


自分はまん前に座ってる面接官の人と面接。男の人。俺より少し上くらい。


まず志望動機を聞かれた。


ここで自分はいきなりテンパった。


履歴書に書いた「自宅に近く通勤に便利だから」とそのまま言っても良いものかと思ったのだ。


でも他に思いつかないが、そのままではさすがにと思ったので、「自宅から近く・・・有名なとこだから・・・」と言った。自分でも何を言いたいのかよく分からない。


面接の人に「通勤に便利なためですね?」と聞き返された。


あとあたりまえなことかもしれないが、長所と短所を聞かれたり・・・ホント久々に面接らしい面接を受けた。


俺が喋ったことは相手の確認に対して、返事の「はい」「はい」ばっかり。


これが自分らしいと言えば自分らしいのかもしれないが、全然喋れなかった。雰囲気に呑まれたのかな・・・


恒例の「最後に何か聞きたいことはありませんか?」にも「今は特にありません。」その後に「今は」ってなんだよって「今は」って。って自分に突っ込みを入れた。


俺より先に入った右側の人よりも先に終わった。


結果は明日電話が来るそうな。


受かってたら連絡が来て、不採用なら連絡なし。


まず間違いなく来ない。


面接の途中であぁもう無理だなって思ったもんな( ´Д`)



介護のときみたいに今回は落ちてほしい。なんて気持ちは少しもない。


受かったら絶対頑張る所存である。俺にも出来そうだし・・・


なれどまず間違いなく落ちるであろう。



まぁ敵前逃亡しなかったということで・・・。うん。グッジョブ俺。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ