無職ダメ人間と猫一匹

友達(猫)はもういない。かなりのクズ人間なので、読んでいて不快になることもあるかもしれませんのでご了承ください。 2019年は、自分なりに頑張れた一年だった。来年は気負わず、だらけず、メンタルを大事に育てていきたい。

2015年09月

深夜3時ぐらいにシロが顔を舐めてきた。それで目が覚めた。顔を舐めるのは自分を懐に入れろ合図なので、ブランケットを上げて入ってくるのを待ってたんだが、なぜかこいつは一向に顔を舐めるのをやめなかった。
こんなことは滅多にないのでなんだなんだとぼやけてた目が覚めた。何か俺に知らせたいのかな。エサがないのかなと1階に降りて、皿を見てみた。ある。水もある。何を知らせたかったんだろうと思いつつも可愛い奴めとちょいとしろと戯れたあとまた寝た。

7時。起床。パソコン立ちあげは少し我慢。
テレビを見つつ筋トレ。
10時前に家を出て図書館で本を借りた。
NX8LRS66

話変わるけど↑のように画像サイズ設定しないとこんなでかく表示されるわけだが。毎回「2」「4」「0」と打ち込んでサイズ調整するのめんどいわけだが。
アメブロだと丁度いいサイズで簡単にアップロードできたんだけどな。これまずパソコンの方に携帯から画像送信してそれを保存して、アップロードして、サイズを変更して画像を載せています。スマホだったらもっと簡単にできるんだろうけどなぁ。今度仕事に就いたらスマホにするかもしれない。

話を戻して。一冊がなぜか読み込みできくて結局カウンターで貸出してもらった。
帰り、スーパーで納豆、猫の餌、うまかっちゃんを買った。

午前中のうちに電話応募しようとしたが、出来ず仕舞い。

午後電話応募できた。担当がいなく折り返し電話になった。そのあとすごく携帯が気になった。なんかエロ関連見てる途中に電話がきたら嫌だから見ないようにしてた。18時頃連絡が来て、木曜に面接になった。普段着で良いと。ありがたい。

これの他にもう一件電話応募したいとこあるから明日電話するかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

つくづく自分のゴミさが嫌になる。

先週木曜に電話しようとしたのに来週、つまり今週に先延ばしにして、そして今日。またもや電話できなかった。というよりしなかった。
やる気が起きなかったというか。というか行動に都合よくやる気が伴わないのは分かってるはずなのに。
それだけじゃなく、惰眠をむさぼり、食欲も抑えることなく、だらだらとネットをする。大して面白くもないのに惰性で続ける。
ここ最近踏み台昇降はひょっとしたらテレビを見ながら視線が何度も何度もわずかに上下するから目に悪いんじゃないかって理由で止めてるし。運動もしてないし。

本来人の何倍も努力しなきゃいけない状態なのに、人の10分の1も努力できてない。自制できない。自重できない。甘い。

菓子を自重できないのは、少しの不安を和らげたいのと、もうどうでもいいや的なものの理由、あとばんばん菓子を買ってくる親が悪いと人のせいにする理由で食ってしまう。

夜早く寝ないのは隣の妹がうるさくて眠れないことが多々あるから。

今日したことはDQ8、fc2アダルト、永井動画、がるちゃん、昼寝。てリアルタイム検索。いつものだらけた一日。

もう30、31になるんだぞ?俺(31)しっかりしろ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

原付のガソリンはガス欠ギリギリだった。でもGSには行かなかった。
ずぶ濡れの状態で、行くのが恥ずかしかったし、不審に思われそうだったからだ。眼鏡も水滴まみれで、ズボンもパンツまでぐしょぐしょで。
かといって、家まで帰り、また大雨の中をまた原付かけて行く気力がなかった。いや単純に面倒だったのかもしれない。
もう昨日の時点で決まっていた。いやそもそも帰る際に言おう言おうとしていた。ただ、他の人と帰るタイミングが重なり、俺だけぽつんと残ったら不審に思われそうだから結局普通に帰ったんだ。

そして今日。一応というかいつも通りの時間に起きた。ズボンは制服なので、穿く替えはない。原付もGSに行かないと恐らく辿り着かずにガス欠になる。もう自分の気持ちは決まっていた。

7時頃に意を決して電話をかけた。しかし繋がらない。10分後かけたがまだ繋がらない。そして3度目も。4度目でようやく電話がつながった。そこで「辞めたいんですけど」と伝えた。説教とか喰らうかも思ったがすんなりと辞められた。
そのあと電話の方が良いんだろうけど、かけたくなくて、結局Cメールで派遣の方には辞めたと報告を入れた。連絡が怖いので携帯の電源は切ったままだ。

辞めた理由は、いくつかあって、まずゴムの臭いになかなか慣れなかったこと。トイレが水も流せないような古いタイプだったこと。そのトイレのドアが閉まらないくらいさびてたこと。休憩室が喫煙者と完全同室だったこと。休憩室そのものが異常な汚さだったこと。ロッカーが最初はあるって言ってたのになかったこと。勤務表が昨日に出来上がったのかあり、それを見るとなぜか3交代だったこと。朝も8時じゃなく、7時になってる。そうなるともう親に弁当作ってもらうのは無理だし、これも最初と話が違う。あと原付問題。原付を止めるとこに屋根がなく、昨日のように雨が降ると合羽がずっと野ざらしになって乾かない。なので、帰りそれを着る下に着る服が結構濡れてしまう。私服ならまだいいけど、制服でしかも1着なので困ったことになる。てかなった。まぁそこは車を持ってない自分が悪いんだけど・・・

これらは表面的な理由はこれだけが理由なのかなって言うと、自分でもよく分からない。
なんか仕事中、すげぇ鬱になったのだ。特に怒られたわけでも、大きく嫌なことがあったわけでもない。
新型うつの仕事中だけ鬱になるみたいなあんな感じかもしれない。ただ、新型の人は仕事中以外は躁鬱の人の躁に近い状態まで行動力があるみたいだから、俺はまず違うと思うけども。

俺が受かる仕事はもうあまりないってのは分かってたんだけどな( ´Д`)

なんか俺の本能がすごい勢いで鬱を発生させるんだ。でも仕事中憂鬱なのは俺だけじゃないはずだ。結局は甘えなんだろうな。

ただ俺の思考はこんな鬱になりながら働くぐらいなら死んだ方がまだいいって気持ちになってしまう。そして質の悪いことにそれは死ぬ死ぬ詐欺でしかない。死なないんだ結局。
そういえば高校生ぐらいからそういう思考はあった気がする。どうせ死ぬしみたいな。行動すら起こしたことないのに。起こそうとしたこともない。結局は思うだけ。

それで辞めた現在。あろうことかそんなに憂鬱だったかなと気持ちになってきている。どんな感じの憂鬱だったかを忘れてる。なんか子供を産んだ母親が出産時の痛みをあれほど痛かったのにどんな感じか忘れるみたいなあれと一緒かもしれない。

じゃ俺は働くとその忘れた憂鬱が必ず起きてしまうってなったら俺はこの先働けないんじゃないのか。でもそれだったらなんであんなにきつかったいすゞには耐えることができたんだろうっていう。

これは考えたんだけど、なかなか分からない。ただ、給与が良かったことは確かだ。あと大分を離れてなかなか辞められる環境ではなかった。ここで辞めたら金稼ぐどころかマイナスになるって、来た意味がなくなるのだけは嫌だったって気持ちだった確か。

でも今回のだってやっと決まった仕事ではあったのに。。

・・・・・・あ、そっか価値を見出せなかったのかもしれない。
いすゞは自分にとってどれだけ良いとこってのが理性でなく、本能でも分かったのかもしれない。でも結果3か月で辞めちゃったけど。自分的には相応しくないほどの高待遇だったのだ。なので、これは1週間やそこらで辞めるべきではないと。理性でも本能でも頑張ろうってなった。
運が良かったのだ。ホントに。

自分の計画としてはせめて、今年中のうちは頑張って続けるつもりだったのに、というか仕事をする前は正社員に成れたらなぁとすら思ってた。まぁそのときはトイレ・休憩室の汚さをまだ見てなかったけど。

俺はクズだ。理性では分かってたつもりなのに・・・

・・・眠い。もういいや。寝よう。





このエントリーをはてなブックマークに追加

雨の中原付での帰り、眼鏡水滴まみれで、視界もやばくて、合羽下穿いてなくてズボンがずぶ濡れになってひどくみじめな気分になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

妹が昨夜友達らしき人と電話してて、「最初はどこも大変なんよ」みたいな説教をしてた。いやぁ俺は妹に説教された方がいいのかもしれないな。
ただ、23時から延々と電話をしてて、24時を過ぎても長電話で、さすがにもう無理だってなって親に妹の電話がうるさいって言って、親に言ってもらった。

はい。妹に注意出来ない30歳のおっさんです。ほら近所騒音トラブルとかでも直接言わずに大家さんとか通すじゃないか。あれと同じだよ。うん。
でも、友達相手にはそういう説教するのに、俺に対しては気づかいってか重いやりはないのなって思った。
そのあと、シロが3度も外に出せってドアをガリガリ攻撃を受けた。ニート時代はよかったけど、今はちょっと勘弁してくれって感じだ。
なので、今朝はほとんど眠れなかった。

そして今日も今日とて死にたい病。辞めたい病が起きた。
ただ、午後になって、だんだん収まってきたけども。
途中、ニッパーが行方不明になった。

ただ、昨日よりはそれほどひどくなく、仕事が終わったあとは終わったー!ってなった。

家に帰って、風呂に入って手先を見ると赤い。軽くやけどしたみたいな感じだ。
風呂に早く入るのは仕事終わりで身体が汚いまんま布団に座るのも嫌だし、あと早く風呂入った方がなんとなくアフタータイムが長く感じる気がする。

明日も頑張ろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ