無職ダメ人間と猫一匹

友達は猫一匹。かなりのクズ人間なので、読んでいて不快になることもあるかもしれませんのでご了承ください。 去年は逃げて、辞めて、怠惰で散々な一年だった。今年は本気で努力と継続、忍耐の年に。

2019年04月

pose_udemakuri_man


なぜ後悔が起きたのか。

・今の仕事場の待遇が良いこと。
・対策的な物が見つかってきたこと。
・仕事の作業をいろいろ教えてくれたのに、それを無にしてしまうこと。
・こんな環境自分には二度と訪れないこと。
・職場に他に親切な方もいること。
・次の仕事の目途が経っていないこと。ハロワサイトを見ても今の待遇に匹敵する仕事がないこと。あっても自分はまず採用されないこと。
・しばらく高確率で自分はまたニートに戻ってしまうんだろうということ。
・辞めると知られたときどういうふうに見られるか不安だったこと。


おそらく大体はこんな理由で後悔が起きた。ホント土壇場にならないと分からないうんこ野郎なんだ自分は。



翌日。仕事で、偶然だろうけど、社員の方がいつもより親切で、何度か話しかけられた。ますます「このままで良いのか」という気持ちになった。



その日の仕事終わり。悩んだ結果。自分は派遣の方に、やはり続けていきたいことを告げた。ホントに大迷惑な話である。

幸いなことに、引き継ぎの方はまだ決まっておらず、なんとか続けられるようになった。

直後安心はしたが、もうさすがにまた辞めたくなっても覆せないぞと気持ちを引き締める必要があった。



そして今日まで、何度か「覆したのは軽率だったかもしれない」と思ったことはあるが、たぶんは間違っていないはず。

今連休でリラックスできているのもあるかもしれないが、もし覆していなければ俺は今圧倒的な後悔を抱えていたに違いないのだ。

俺は間違ってたけど、それを今回は正した。

一番後悔を感じたのはやっぱり三番なんだ。

それで、あのとき、もし、話しかけてくれなかったらたぶん覆すことを選んでなかった。それを知ったらどう思われるだろう。ひょっとしたら余計なことをしたなと思われるかもしれないけども。


まーできる限り頑張っていきます。

出来たらちゃんとした満了までいくつもり。

このエントリーをはてなブックマークに追加

hansei_koukai_man

今、「FFBEを辞める」って記事がかなり伸びてて、ややこしいが、今回自分が辞めることを止めたと触れているのはそちらではないのであしからず。

もちろん仕事の方である。

先日、自分は、派遣の方に「仕事を更新せずに辞めたい」ということを伝えた。

理由はブログでも記事にした。環境の問題。自分の症状というか発作。そして職場の方々に不快がられている。嫌われているという被害妄想。(一部は本当に嫌われているだろう)そういったものでしんどくなったのが理由。初めてこの症状を他人に伝えた。もちろん全てではない。というか極一部だが。

派遣の方は丁寧に話を聞いて下さった。そして翌日には派遣先の方に話を伝えるという素早い対応をしてくださった。

そして引き継ぎの人が決まるまで働くということで、話が決まった。それは4月中で無事終われるかもしれないし、なかなか決まらなかったら5月を少し過ぎる可能性もある、と。そこは責任を持って、今度こそ最後まで頑張ろうと思った。

なぜなら自分は1年半続けたバイトを辞めるときは、退職日まで頑張れず、結局、最後は無断欠勤をしてしまったから。今度はそんなことがないようにしよう、と。

ただ、もしかするとすると、最後の日に「宇津井さんが辞めることになりました。宇津井さん最後に挨拶を」的な流れで、皆さんの前で挨拶しなきゃいけなきゃいけないかもしれないみたいな想像をすると、やべーってなって、その日だけはバックレようかなと考えたりもした。

なぜなら先日退職された社員の方が皆の前でお別れの挨拶をされていたから。ただ、社員と派遣じゃ扱いが違うだろーと思ったりもするけども。やっぱり可能性が捨てきれなくて怖いから。



翌日。やはり、症状が出たり、緊張したり、憂鬱になったり、とやはり辞めると伝えたことは間違いじゃなかったと感じた。

翌日。どうせもう辞めるしと、いろいろ割り切った。ただこのまま何も言わず去るのはあまりに失礼で、人間として最低な気がした。なので、いつかは謝らないといけないと思った。

翌日。話をしたいきっかけに自分でじっくり考えたら分かりそうなことを、あえて質問し話しかけた。案の定丁寧に教えてくれた。その後、まだ自分に教えてくれてない部分があったらしく、かなり熱心に作業を教えてくれた。嬉しかった。(もちろんその方は普通に教えてるだけのつもりだったんだろうけど。)

そのとき、このままで本当に良いのかという気分が少し芽生えた。

翌日。正直今まで一番酷かった。早退することも考えたが、話しかけられたことにより気分が落ち着く。身体の仕組みが良く分からん。無事定時まで働く。

翌日。夜に散歩をした。歩きながら本当に、本当に、このままで良いのかと考えた。結論は出なかった。

翌日。求人を募集しているところを実際に見てしまった。それを見た瞬間。見なきゃ良かったと思い、その後頭を抱えたり、頭を壁に何度かぶつけたくなるぐらいの後悔に苛まれ、自己嫌悪した。

このときほどじゃないが、バイトを辞めるってなったときに、実際に引き継ぎの人が現場に来て、「あー本当に自分は、今の仕事を辞めるんだな」と少し後悔してしまった。

あのときと一緒だった。


このエントリーをはてなブックマークに追加


FullSizeRender

今月はかなり順調だった。

一月のアクセス数が1月が8万PVあったが、今回はそれに続く7万強のアクセス。1月と違いPVは一日も一万は越すことはなかったが、8,000PVを超えた日が数日あった。ただUUの方はおそらく1月の最高記録を上回っているだろう。

4月14日のある記事で1日のPVが8,960。UUが3,285まで伸びた。このUUがおそらく過去最高記録。

当然、グーグル先生の後押しがあって、ここまで伸びた。今月、後押しがあったのが4回。日記的なものよりも何かについて書かれたものの方がやはり選ばれやすいようだ。まぁ普通に考えたらそうか。

そしてそのある記事はアクセス数だけではなく、アドセンス収入も1日の過去最高記録を更新した。


その記事とはある方のブログを見て、自分のそれについての考えを述べた記事である。何のことについてかは述べないがたぶん想像がつくだろう。



そして、その1日のアドセンス収入がこちら。

FullSizeRender

4,003円!

一日でここまでいった。マジでビビった。更新するたびに増えていってマジかと思った。

今まで4桁になったのは一度だけだった。それもギリギリ4桁を達成したレベルなのに。今回はこの記録。やはり件の職業の注目度はかなり高いと思われる。

もしこれが毎日だったら、ブログで稼いで生きていけるレベルなのに。

残念ながら次の日は10分の1未満で、翌日はそれの2分の1弱だった。うん。これが通常。



先ほども言ったが、件の記事はある方のブログを見て作成しようと思ったものだから、ホントその方に礼を言いたい。



それでそんな記録があった中での、今月のブログ収入はいくらだったか。

FullSizeRender

初めて1万超えを達成した。


ホントこれもいつも見て下さる皆さんのおかげです。本当に感謝します。あとグーグル先生にも。


このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は月曜日の祝日。

そして月曜日はAUスマートパス会員が1800円→1100円になる日。去年自分はそれで初めてこの割引を使い、「ブロリー」を見に行った。

家に籠もるより外出した方が出不精改善にも良いだろうと数日前から大分に行く計画を立てていた。

そして実際今日行動を起こし、大分に行ってきた次第。俺エライ。

GWだから人は多いだろうとは思ったが、GWは海外行ったり、東京行ったりと遠出する人が多いイメージで、意外と大分とかは人が少ないかもしれないと考えたが、完全にバカの発想だった。

最寄り駅の時点で、やや人が多めで、電車に乗るとぼちぼち混んでるじゃありませんか。

嬉しいハプニングがあったのは、大分駅から降りるとき、狭い下りのエスカレーターにみんな向かうのだが、そのときに自分の腕の後ろにたぶん女の人のおっぱいが当たった。


今日の自分の計画としては、まずユニクロに行き、ユニクロでいうところの「ボトムス」を試着しつつ、裾上げしてもらいつつ、購入すること。あとそれでいうトップスも若干購入を考えていた。1万弱ぐらいのお買い物になるか。

正直、「試着」とやらを専門学校のスーツ着用の入学式のために親と一緒に購入して以来したことのない自分に取ってはかなりの難易度である。

そしてそのあと4階のゲーセンで少し時間をつぶして、TOHOの映画エリアでコナンを見るっていう。正直いうほどコナンが大好きって言うほどでもないのだが。なぜなら自分は頭が悪く、コナンレベルでも話についていけなくなることがよくあるから。ただアクションとかはかっこいいし、他のを見てハズレを引きたくもないし、コナンならとりあえずぼちぼちは楽しめるだろうから。

しかし、ホント可愛いおにゃのこだったり、女性が多いこと多いこと。そしてやっぱ春物の服装はええ。

案内の地図で確認し、3Fのユニクロに足を運ぶ。

結構人がいて、ざわざわしている。。

やばい。。

行き慣れてない場所かつ、ざわざわ。そして右手には雨だったので傘。邪魔でしょうがない。でもほとんどの人が傘持ってなくて、お前ら雨はどうしのいだのだと突っ込みたかった。車派か。

ただ、やはり「しまむら」と違い、シンプルなものが多く、選びやすくはありそうだった。ただなんとなく同じ場所に留まっていると、俺ココにいるの邪魔じゃないのかな、みたいな思考が働き、なんかその場に留まれなくて、かつ傘も邪魔だし、チラッと見る程度。

店員さんも若くて、オシャレで、作業をしているこの方たちの邪魔になってはいけないとか思ったり。

これでは「試着する」なんか夢のまた夢レベル。俺にとってそれは遥か高みの作業だった。

傘もホント邪魔だし、もう帰りたくなった。もちろん「このまま帰ったら何しに来たか分からんぞ」とは思った。ただ、自分はこういうところよりも、やっぱネットから買う方が良いのかな、と。

レジにも人が列が結構出来ていて、店員さんが「次のお客様どうぞー!」と忙しそうだ。


20分ばかし粘ったが、結局、ヘタレは何も買わずその場をあとにした。

そしてもう一つの目的、映画を見ること。
ただこちらもこちらで、座席状況を確認するとほぼ満席レベルで、今から買おうとすると、次の時間のまで待たなきゃいけなくなる感じだったから、それもしんどいと思い、結局映画を見ることもやめにした。

IMG_7276


IMG_7274

IMG_7275

ワイは結局何しに大分に行ったんすかね。


得たものといえば、女の人のパイスラを何回か見れたこと。


IMG_7273

コロッケパン旨いす。
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、APPストア、ゲームの有料ランキングで有名なのが一位になってた。

IMG_7245

クロノトリガー。なんか今はキャンペーン1200円→600円になっているようだ。

ファミ通で、ゲームファン7100人以上が選んだ、「平成のゲームランキング」で一位を獲得していた。

ファミ通、平成のゲームランキング(←ファミ通サイトに飛びます。)


APPのセールで、一位になっていること、そして件の記事、そして、たまたまAPPのクレジットの残りがあったために買ってみることにした。


一応自分は当時クロノトリガーはプレイ済みで、クリアも多分したと思う。

ただ、はっきりいうと自分はクロノトリガーにそれほど思い入れはない。ウィキペディアで調べると発売日は1995年だから、24年前。当時10歳。小4、5ぐらいか。なのでほとんど覚えてないのかもしれない。

それよりも記憶にあるのはやっぱFF7とかだったりするから。

カエルは少し覚えてる。あと、十字切りかクロス切りかエックス切りだったか、仲間と協力してやる技があったこと。

ストーリーはほんと覚えてない。

そんな思い入れのないゲームなのに平成1位。そして自分は今働いてる身。やってみない理由がない。


IMG_7249

横向きだ。

IMG_7250



IMG_7252

IMG_7254

IMG_7256


そんでまー、30分ばかしプレイしてみた。やっぱり全然記憶がない。完全初プレイの気分。で、やっぱりスマホだと、話しかけるのすら少し大変。少しやれば慣れるかな。あと横向きだと音出るとこたまに塞いじゃうな。

面白さはまだ感じない。今マールが過去に飛ばされて、再開して、また消えたところまで行った。

一応最後までプレイをするつもり。BGMはやっぱ良い。でもBGMも全然記憶がない。ニコニコ組曲か流星群で流れたやつだなと思うぐらい。

スーファミミニはほとんどクリアせずに押し入れ行きになったが、こっちはスマホだから、その心配もなし。きっとクリアできるはず。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ