IMG_8719

今日も今日とて午前中、冒険に出かけた。

目的は★★★の門だ。点在する門のハイスコアを狙っていく。あわよくば一位を。

しかし、最初のつまずきはすぐに訪れる。

まずはここの門を目指そうと道なりに歩いていたのだが、遠くで園児たちの声が聞こえてきた。大きな声で「行ってきまーす!」と叫んでいる。



それを聞いて俺は一瞬考えたあとすぐに引き返した。

悪い想像が働いたのだ。

園児たちの横を通り過ぎている際、挨拶の一斉攻撃を喰らうんじゃないかと危惧したのだ。

お散歩中の園児たちから「おはようございまーす!」「おはようございまーっす!」無視するのも可哀想だから全てに対し返事をする自分。そのうえ平日の真昼間だ。園児も園児だが、その子らを引率する先生の視線と応対も恐怖だ。すれ違う時間も10秒ほどのことだろうが、それが辛い。

その予期不安が俺を危険だと引き返させるには十分だった。



なので予定していた門は諦め、別の門を辿ることにした。場所は一度行ったことがあるから分かる。近所の一戸建てが並ぶ住宅街にそれはある。

しかし、ここでも問題が発生した。

なんと丁度門の近くで工事が行われたのだ。俺の予定ではその門の前で立ち止まり、そして元いた道を引き返し、また別の門へと行く予定だった。

しかし、工事の人たちを数メートル通り過ぎて、工事の奥の門で10分ほど立ち止まり、そしてまた引き返す。そんな圧倒的奇異的な行動。俺にはとてもできなかった。

「こいつ仕事もせずに何してんだ」

そんな風に思われそうだったから。もちろん自分が自分をそう思われるんじゃないかって追いこんでるだけなんだが。

始めた当初から思っていたことだが、周りの目を気にする自意識過剰くんの自分にとってこのゲームの難易度は想像以上に高い。難ゲーだ。


前のこともあって、ふがいなさから少しへこんできた。


それで今日は朝寒かったからトレーナーにパーカーを着こんで外に出たのだが、直射日光に当たると暑いんだ。それが不快で仕方がない。日蔭に入ると丁度良いのだが。


問題はこれだけではなかった。


次の門を目指しDQのマップでそれまでを示す道をがあって、その道を進んでいた。通ったことのないうえ道幅が狭くなって少し不安だった。

案の定、悪い予想が当たってしまった。

そこは行き止まりでいくつかの家々が立ち並ぶ道だった。その道が坂道だったので気づかなかった。しかもタイミングの悪いことに、そこにお住まいらしき人達が家の前で談笑していた。そしてこちらに不審な目を向ける。

つい、自分は不審者じゃないよアピールで、「あれ、行き止まりか」と小さい声でつぶやいた。

はっきり確認してないので、もしかしたら、行き止まりのように思えたが、そのさらに狭い道を進めば大きな道に繋がったのかもしれない。しかし、さらに私道に入ってしまうような気がして、今よりも状況が悪化する可能性を危惧し、結局引き返すことにした。


そのときはさすがに俺は一体平日の真昼間に何しているんだろうという気分になった。

結果、門のハイスコア目指すぜと意気揚々に外に出たものの、上記3点の不甲斐ない行動が連続して起き、士気が下がってしまい、結局一度と挑戦をすることなく帰路についた。

あまり気にはしていないが、やはり自分の中に現在無職という負い目がどこかにあるんだろうな。もし自分が有職中で今日たまたま有休をとっていた状況だったのなら上の問題3つともクリアできたに違いないんだ。


ドラクエのレベルは順調に上がっていくが、現実のレベルは下がっていく。

それでも引き篭もるよりはマシだと頑張って冒険を続けるしかない。