無職ダメ人間と猫一匹

友達(猫)はもういない。かなりのクズ人間なので、読んでいて不快になることもあるかもしれませんのでご了承ください。 2019年は、自分なりに頑張れた一年だった。来年は気負わず、だらけず、メンタルを大事に育てていきたい。

カテゴリ: 後悔しないために

image

一昨日まで調子が良かったのに。昨日になると途端に不安ないし、ストレスが出てきた。まぁ・・・想定の範囲内だ。俺はこの負の感情になれていないだけ。

普通の人は多少なりともストレスやら不安と隣り合わせの生活を送っている。集団生活とはそういうものだ。今センター試験を受験してる子だって、相当な緊張とストレスを味わったに違いないのだ。俺の半分近くの年下の子だって頑張っておる。うん。

普通の人はそういう不安とストレスと上手く付き合いながら生きているんだ。そういうのから逃げまくってた俺。そろそろ・・・もういい加減そういうのと向き合わなきゃいけない。面と向かって現実と向き合うのが厳しいのなら、まずはそれをチラ見する。慣れてきたらチラ見回数を少しでも増やしていく。それこそ道行く女の人のおっぱいを見るように。

そう。頑張った先にはおっぱいがあると思えばいい。俺は今年頑張っておっぱいを触るのだ。遠くから眺めていたものを、ついに我が手に掴むのだ。比喩ではなく言葉通りの意味で。頑張った先にはおっぱいがある。ネタではない。ホントに先にある。

一方は今までの怠惰な生活、もう一方は一年仕事をきつくても頑張り続ける。一体どちらの方がおっぱいに近いと思う?
100人中100人が後者と言うだろうよ。



先日ロープを買った。

2017-01-13-13-02-30

荷造り用のために買った。しかしこれは荷造り用のためだけではない。

俺という腐った汚物をクソまみれの肥溜から引きずり上げるための縄だ。

もし仕事が辛くなったり、辞めたくなったら俺はこれを見る。

それだけの覚悟を持ってやってきたんじゃないのか。これが最後のチャンスだと思ったんじゃないのか。今度こそまともになろうと思ったんじゃないのか。2017年の一発目からくじければまた同じことの繰り返しになるだろうよ。せっかくこんなやつを採用してくれたんだから少しでも貢献するべきじゃないのか。

そして自分を戒め、落ち着け、奮起させる。


あとひょっとしたらだけどそういう店にいくときにロープ持参ってところもあるかもしれない。ロープ持参すれば無料だったのに、貸出のロープは有料です。って言われてがっくりくるときがあるかもしれない。そういうときの備えでもある。

頑張ろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

さっき本屋で求人を立ち読み、家に帰ってハロワサイトを見て鬱になった。

自分のまともでいた、精神的には今となんら変わっていないとしても収入があった身を羨ましく思う。そして後悔する。

俺は辞めたあとは大体後悔するのに、辞める前に後悔しないかなぜ自分に尋ねないのか。分かってる。後悔よりも先に逃げたいって気持ちが大きいからだ。ダメ人間の自分はただただ逃げたいって気持ちだけに従順に従ってしまう。

辞めるって言うのも意外と勇気がいると思うんよな。これができないゆえにバックレるやつだっているから。逆に辞めるって言えないせいで辞めようと思ったけど結局長く続けてしまう人もいる。

なんでそこの勇気だけ俺はあるんだろう。根性無しには無用な勇気。余計な勇気。まぁ今はいいや。

なので、いつもこうやって後悔してしまうわけだ。一向に学ばない人間。

なので、今後そういう状況になり、また逃げたいって気持ちだけにならないようにこの記事を書く。



まず辞めたい。逃げたい。ってなったら辞めて後悔しないかをまず考える。

・せっかく一般人にやや近づいたのに、またクソ人間になって大丈夫か。
・辞めたあとすぐまた仕事が見つかると思うか。
・今の仕事は自分にとって良い待遇の仕事ではないのか。
・諦めが早すぎないか
・鬱な気持ちは四六時中か
・無職でも仕事してるときより鬱ではないしろ鬱になるのは自覚しているか
・今の求人は調べてみたか

これらの質問に全て「はい」ってなったら初めて辞めようかどうかを考えるべきだろう。


もっとも、期間工みたいな高待遇な仕事にはもう就けんかもしれんけどな( ´Д`)

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ