無職ダメ人間と猫一匹

友達(猫)はもういない。かなりのクズ人間なので、読んでいて不快になることもあるかもしれませんのでご了承ください。 2019年は、自分なりに頑張れた一年だった。来年は気負わず、だらけず、メンタルを大事に育てていきたい。

タグ:歯医者

右上親知らずの治療を終え、この度、歯医者通いがようやく終わりを迎えた。

通った日数は12日間。12営業日。

分かる範囲の内訳は―

虫歯を削った。
神経を抜いた。
神経を抜いた経過を調べた。
銀歯の型を取った。
歯石を取った。
銀歯を入れた。

大体この6つの作業をされた。

一番痛かったのは圧倒的に歯石取り。血が確認できたのも歯石取り。家に帰り着いて血がしばらく止まらなかったのも歯石取り。

唯一、抜歯だけはなかった。たぶんこれが一番しんどいと思われる。何年後かは分からないけどいつかは体験することになるんだろう。

治療した箇所は5カ所。

右下親知らず。
左下親知らず。
左下親知らずの手前の奥歯。
右上親知らず。
左上親知らず。

全てに銀歯が埋められた。

上の奥歯はどんなに頑張っても銀歯嵌めてるのを確認出来ないが。

掛かった総額は20,530円。高いか安いかは分からないけど、思ったほどかからなかったような気がする。もともと歯医者って高いイメージだったから。全て保険内治療だからかな。これが保険外治療だったら一気に跳ね上がるんだろう。


先生、衛生士さん方有難うございました。特におっぱいを当ててくださった方に感謝します。



とりあえずこれで治療を終えることができた。年内に収めることができた。これでもう言い訳は効かない。

IMG_5672


改めて、来年からまた頑張ろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

あ、ありのまま起こったことを話すぜ!

俺は初期虫歯を治療されていたのだが、それは初期虫歯ではなかった。

な、何を言っているのか分からねーと思うが、俺も何が起きたのか分からなかった。

なんか奥深いとか言いやがるし。頭がどうにかなりそうだった。




というか初期虫歯ではないのだとしたら、なぜわざわざ「治療しますか?」って聞いてきたんだろう。普通は聞かずに問答無用でやるもんじゃないのかな。見た感じでは分からなかったのかな。レントゲンを撮って、初めて深いということが判明したのかな。分からないけども。

今日は左上の奥歯の治療。久々に麻酔もした。そして再度麻酔が効かずに、痛みを感じるっていう。すぐに手パーにして知らせて、再度麻酔を射してもらった。
ホントマジやめてほしい。あれ経験すると身体強張るから。「力抜いてください」って言われたけども、、「今から腹殴りますよ」って言われたら当然腹に力入っちゃいますよ、、

二度目の麻酔したら痛みは減ったが、それでも完全には消えずに少しだけ痛むときがあった。まぁ歯石取りのときよりはマシだったけど。

それで今回初めてのことをした。


目を瞑ってみた。


先生に「少し右向いてください」って言われて、先生の顔の真正面を向く形になった。これで無理に視線を合わせないように、上の方を向いたり下の方を向いても、それはそれで変な感じになると思って、結局散髪するときみたいに目を瞑ることにした。

少しリラックスできる感じがする。ただ、何が来るか分からない不安があるが、何が来るか分かってもそれはそれで不安なので(ドリルとか注射器的なものとか)前者の方がまだマシな気がする。

最後に型を取り、膜を張る変な味がするのを患部に塗られて終了。今日は900円と安かった。

それで、現在。口を大きく開けると、患部付近が痛むっていう。噛んでも若干痛む。。治療する前は痛くなかったんだけどな。まぁ明日には消えてるだろう。銀歯作るため時間がかかるので、次回は少し先になる。


銀歯デビューしてからはやくも4か所目か。まだ銀歯初心者だったのに、もう完全に銀歯マンになってしまったな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

もう常連になりつつある歯医者。今日で8度目。

今回は型を取った銀歯が出来たので、それを嵌めてもらう作業。前回は左の2本。今回は右の神経を取った歯。左同様先生は介入せず、衛生士さんのみで治療された。

正直歯石取りを経験した自分にとっては、それはそれはぬるい作業だった。痛さも怖さもまるでない。そればかりか、もっとおっぱい当ててくれと思うくらい余裕があった。

そして銀歯が嵌められた。嵌めた直後ってこれも調べたんだけど、若干高く感じるらしいのだ。俺も最初高いかもと思ったが、結局大丈夫って言っちゃったんだけども、これは皆がよくあることで普通だそうだ。

参照サイト(All About虫歯治療で被せた歯に違和感…噛み合わせが悪い時は?

なので、この違和感もしばらくしたら消えたし、今日してくれたのも数日したら消えると思う。


この銀歯嵌める作業で本来は終わりだったんだけども、まだ虫歯が上にあるらしく、衛生士さんに治療しますかと聞かれたので、「します」と答えた。

初期虫歯はネットでもいろいろ書かれている。最初は様子見の方が良いだのなんだの。だからしないっていう選択肢もあったんかもしれんけどなぁ( ´Д`)(つか初期虫歯じゃない可能性もあるけども)
むやみに削るのはよくないみたいな。うん。いろんな説がネットには溢れかえってるからどれが正しいか分からないレベル。そもそも銀歯がよくない説もあるし。実際メリットデメリットあるんだろうな。

まぁだからネットを闇雲に信じるのも良くない。

まぁ、あれだ。歯の治療が自分の仕事探しを延長する大義名分になっている現在。長引かせても悪くなかろうっていう。虫歯が悪化する可能性もあるし、年内に治すのも悪くないだろう。普通の人は仕事しながら通ってるんだろうけどな\(^o^)/


FullSizeRender
銀歯があったので、今回は高め。一番高かった日は神経抜いた日。
ちなみにこれまでで掛かった総額。保険適用で15,000円強。歯石取りは自分の場合は2000円だった。






追伸。あれから自分は寝る前、欠かさず歯を磨くようになりました。(歯石取りのあと血が出まくった日を除いて)歯石取りをしてから間もないですが、歯茎から血が出る頻度も少し減ったように思います。今までは朝食の後だけ歯磨きしていたのですが、事、虫歯に関しては寝る前は絶対した方良いだろうと思います。

これも、「食後はかかさず歯磨きした方が良い」「食後はうがいだけにとどめた方が良い、朝起きたときと寝る前にするのが良い」だの各説ありますが、寝る前にするのは間違っていないように思うのでこれからも毎晩欠かさず続けていこうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前記事 歯石取りが想像以上にやばかった。


前回、下の歯の歯石取りをした。今回は上の歯。引き続き衛生士さんがやってくれた。今回は二人体制だった。やっぱ下よりも大変なんだろう。

今回も痛かったけど、前回よりもマシな気がした。自分が痛みになれたのか、二人体制だから一人でやるよりもスムーズにできたのかは分からない。ただ、今回は歯茎グシュの痛みとは別に沁みる痛みを少し感じた。たぶん歯周病のせいだろう。下より上の方が進行してるのかもしれない。

二人体制だからか今回はおっぱいはなかった。

時間も短く済んだ。良かった。例によってうがいをすると血がどばぁっと出た。そして消毒をしてもらって終了。

時間も前より早かった。ただ歯の裏側はしてもらってないような気がするんだけど、やっぱ角度的に厳しいのかな。下の歯はやってもらったんだけども。でも、自分的にはできれば早く終わってほしいから全然構わないんだけど。

歯医者を出たあと、唾を吐きだしたくてたまらなくなった。血を含んでる唾液を飲み込みたくないから、どんどん口に溜まってくる。それで道端に何回か吐き出した。汚いです。はい。すみません。なるべく目立たないところに吐きました。



家に帰って、鏡を見た。下の歯より変化は分からなかった。

前回も家に着く頃には血はほぼとまってた。それは今回も同様。

ただ、なぜか今現在血が結構出てるっていう。なんか止まってたのにまた急に右上の歯茎から出始めた。なんでだろう。菓子食ったのが良くなかったのか。いや、でもそんな食べないでとかも言われてないし、前回は止まったあとまた出始めるなんてしなかったんだけども。

まぁでもそんなびびってないけども。ただ結構止まらずに出てくるんで、「なんだよこれ」って若干心臓が高鳴ったんだが。まぁ大丈夫だろう。

さっきうがいしたんだけど、しない方が良かったかな。なんか抜歯とかする人も血が出まくるらしい。それであまり強くうがいしない方が良いとあるので、俺ももうしないでおこう。食べ物食べる前にはうがいしたいんやけどなぁ( ´Д`)


まぁ無事歯石取りを乗り越えた。もうこれで口内が血まみれになることはないはず。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最初に歯医者に行ったとき、アンケートで「全ての治療をしてほしいですか」的な質問と「最低限の治療をしてほしいですか」的な質問があって、自分は後者を選択した。

なので本来は歯石取りは最低限外のことだったように思う。

でも前回の治療中に、衛生士さんが「宇津井さんは最低限なんたかんたらでしたけど、歯石取りはしますか」と尋ねられた。

少し考えたが、まぁ歯と歯茎のためにはしないよりは絶対した方が良いだろうなと思い、深くは考えずに肯定した。


そして今回。歯石を取るために行ってきた。これで6度目。銀歯同様、女性衛生士さんが施術してくれることになった。

正直俺は歯石取りをなめてた。まさか歯医者に通ってて今までで、それが一番恐怖を感じ、痛みを感じることになるとは思いもしなかった。


「まず歯の検査していきますね」

先の尖ったカーブ状の針みたいので、歯の一本一本を診られた。それが、一回一回注射器を射されたようにちくっとした。でもこれはほんの序の口だった。
(あとで調べたら、歯茎の中にも歯石が溜まっていないかの確認をするために痛みを感じるようだ。)

そのあとが本番。「今日は下の方の歯石を取っていきます」

また例のドリルみたいなやつと水出し吸出しホースの両刀で施術された。(やられてるときはドリルかと思ったんだが、これも今調べると「超音波?で取り除いていく」みたいなことが載っているから削るやつとはまた別物なのかな。分からないけども。でも音はほぼ一緒のように感じた。例の「キーン」音。)


そこからは痛みとの闘いだった。正直ほぼずっと痛かった。最初にちくっとしたから「そうか、歯石取りとは痛いものなのだな」という認識が自分の中に生まれたから我慢するしかないと思った。染みる痛みじゃなくて歯茎にダメージを喰らう痛み。歯磨きをしてたまに歯ブラシが歯茎にグシュってなるあれと同じ。(ひょっとして普通の人って歯磨きしても歯茎にぐしゅってなったりしない?俺だけかもしれない。)

あの痛みを強くして、それがずっと続くような感じ。

今回もおっぱい当たったけど、もうそれが前のように毛ほども安らぎに感じる余裕がない。我慢して5分くらいで「痛かったら言って下さいね」って言われた。

いやもう結構前からいてぇよ('A`)

でもここまで我慢したから今更言ってもなぁ。やる前に言ってくれたら痛みを感じたらすぐに手上げたんだが、、ただ途中我慢できなくて、身体がびくって反応してしまった。

「うごぁっ!」

声には出なかったが。吐息になって出ただろうし、身体全体が少し動いた。

衛生士さんが「痛いですか」って聞いたので、口をあけながら「す゛こ゛し゛」って言った。

それで気を使ってくれたのか、間を置くためにうがいして下さいタイムになった。

それでびっくりしたのが、今まで歯を削られたり、銀歯埋められたり、挙句の果てには神経抜かれる大作業をされても血をみることはなかったのに。今回の歯石取り。。面白いくらい血が出た。5回ぐらい口ゆすいだけど、全部に血が混じってた。1回目はほぼ真っ赤だった。

そのあとも痛みに耐えた。幸いなことに身体がびくんっとしたときが痛みのMAXだったようだ。でもその痛みを経験したことで、身体がマジで強張って、これほど早く終われと思ったことはなかった。

そのあと10分ほどぐらいでようやく終了。長かった。怖かった。痛かった。

再度うがいをする。血どばぁ。

うがいした後にガーゼを丸めたようなもので、消毒をされる。そして衛生士さんから指導が入った。

歯磨きをするときは、歯ブラシを歯と歯茎の境目で小刻みに動かしてください。血が出ることも多いですが、気にせずにやってください。そうすることで歯茎が引き締まります。的なことを言ってた。

今までも自分は歯磨くときは小刻みに動かしていたのだが、もっと小刻みだった。あと歯茎の状態があまりよくないから血も出やすいのだそうだ。

いや一仕事終えた感が半端ない。よく耐えたわ俺。でもまだ上部分が残ってんだ('A`)こえーよ、行きたくねぇ。キャンセルできないのかなとすら思う。

てか神経抜くより歯石取りのが痛いってどうなんだ。まぁこっちは麻酔なしでやったからなんだろうが、、あとやっぱり20年歯医者行ってなかったからそれだけの分がやっぱり溜まってたんだろうな、、俺がずっと行かなかったのが悪いんだ。。

なんか「歯石取り」で調べたら麻酔してやったみたいな報告を見たりするんだが、、痛かったら言って下さいねのとき言ったらしてくれたのかな。今度は痛いっていうかな、、

でもホント上の歯より下の歯の方が絶対作業としては難しくないよな。上の歯のが難易度高そう。





家に帰り着いて鏡で歯石取りしてもらった下の歯を見た。

綺麗になってる!歯石がなくなってる!あと歯が伸びた気がする!

ついでに血も出てたけど。次も頑張るか。。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ