Dawn×Dawn

自分こと宇都宮が描いた絵を載せるブログです。 絵のお話とかも

このブログは、わたくし宇都宮の個人ブログです。主に描いた絵を公開する目的で使っております
お仕事のご依頼承っております。 御用の方は下記のメールアドレスまでご一報下さい
utunomiya.sakaki@gmail.com

FANBOXはじめました!ご興味のある方はこちらから→FANBOX

イラスト・仕事履歴の一覧はこちら 
イラスト一覧 ・仕事履歴



Cosmic Girls
今年はこいつらを推していきます
去年も結構描いてた気がするけどね

下記の話にも通じますがCDジャケ絵に憧れがあって
Bandcampでたくさんの素敵なアートワークを見て
自分もポップなエレポみたいな絵を描きたいと思って描いてしまいました。
まさか自分があんなおしゃれな絵が描けるわけないですが、憧れだけは持っておきます

音楽の話

Bandcampってサイトに登録しました。
音楽が主にアルバムやミニアルバム単位でストリーミングで聴けつつ
欲しくなったら簡単にアルバム全部でも、曲ばら売りでも簡単に買えちゃうサイトです。
曲を探しやすくそこから聴くまでのクリック数も少なく、そして軽い
見た目もおしゃれでそれでいて直感的かつ機能的。音楽を聴けるサイト(動画サイトも含め)の中で一番使いやすい気がします。
しかも欲しけりゃすぐ買えて色んなファイル形式から好きなの選んでダウンロードできる
おかげで散財三昧です。
物によりけりですが良心的な値段設定のものが多くて、音楽を買い易い環境で嬉しいです

と言いつつ一昨日いきなりペイパルで支払おうとしても、なぜかカード登録画面に進むばかりで
一向にお金を払えない状況が続いてちょっと腹が立ったよね
次の日サイトのデザインが結構変わってたのでそれが関係してたのかな
支払い以外にもあれ?ってなったところがあったし


そんな自分は相変わらずボカロの曲ばっか聞き続けてますが
今年は久々に渋谷系のCD収集に精を出したいと思っております
あとなんか洋楽も聞ければ聴きたいが広大すぎてどこから手をつけていいやらわからん
アルバム欲しいアーティストはいるから少しずつ集めるしかないか

それでもやっぱり今年一番重点的に聴くのはボカロな訳です
もう自分はボカロ曲を聴き始めて大体11年くらいかなー
高校生の時に「きっと大人になったら自分は10代のころにボカロの曲を聴いてたなとか思うんだろう」とか思ってましたが
大人になっても聴いてます、というか今が一番集中して聴いてます
いまだにリンリンシグナルを聴いてなんて良い曲なんだと感動してます、ええ
ボカロカルチャーそのものは3分の1程度しか好きでないけど、曲を見つけるのはやりづらいし大変だけど
それでも好きになった曲の数々は自分の中で光り輝いております。
今年も素敵な楽曲と出会えますように。
ド直球にポップで愚直なほど野暮ったいJPOPとか、歌謡曲風味を引きずるエレポップという名のテクノポップという名のテクノ歌謡とか、どこまでもシンプルで少しだって飾り気のないピアノロックやオルタナとか、ボカロらしい可愛げを残したゴチャついてるようでスッキリしてるEDMとか、もはや風味だけになって形骸化したけどcymbalsリスペクトだけは続けてる渋谷系とか
色んなと言いつつ偏ってる曲を聴きたいです。


2本動画作りましたです!

 


雰囲気は正反対の二つですが、さらっとした内容でどちらも気に入ってます
エンコードでいろいろ手間取ったけどそれなりの画質にできたので満足。

ウィンターガールkakou
拍手絵更新しました! よろしければメニュー欄からポチッとお願いします!!
拍手なんてしたくねえって人はFANBOXの方でも全体公開でアップしとります
FANBOXって全体公開もできるからブログの内容をコピペしてでも使えるんだな~

今回は今年最後の更新となります。
本年中はお世話になりました、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます

今年は「たくさん絵を描くぞ!」と意気込んだものの、結局そんなに描けなかった
ついでに絵を描いてる時の記憶もそんなにない、大丈夫なのか…
そんなこと言ってる割には描いた作品の出来にはそこそこ満足してます
今年にそこまで後悔がないのはそのせいかな~

昨年に引き続き動画も作りましたね、昨年よりはこなれてきました
実写を取り入れた動画も作れて、楽しさがより増した気がしますわ

来年はできるだけピクシブを更新して、FANBOXも月1で更新して、漫画も一本描いて
ボカロ界隈にもイラストで無理やり関わって行きたい。やっぱ自分はボカロが好きだ

来年は今年よりたくさん音楽を聴きたいです。渋谷系のCDを少しずつでも収集していきたい
Bandcampも登録したのでネット音楽もガンガン聴きたい、ボカロ聴きまくってるけどちゃんとお金を落とすユーザーになれるようにしたい
これまではなかなか好きな人が曲を販売してなかったり、サービスの種類や支払い方法も限られてて購入まで至らなかったのですが
今は購入できる曲もいくつか見つけて支払方法もかなり多様になったみたいなんでちゃんと買うぞー

あと来年はゲームをできるだけやりたいです。
やりたくてもやる時間がなくて見送ってるタイトルがありすぎるので、欲しいものリストをできるだけ消化していきたい
嬉しいことではあるんだけど素晴らしいゲームの発売するペースが本当に早くって
リストに溜まっていくばっかですな、それを少しは減らす!減らすぞー

映画は…見るけどネットフリックス中心にしようかな
映画館に見に行くのはよっぽど評判がいい奴だけにしよう、今年は見に行ったやつではずれを引いてしまったことが何度かあって、貧乏性だから失敗した映画は本当に引きずる
それでもスパイダーバースやMIB新作は楽しみでござる、グリーンブックも見たい
アカデミー賞が発表されたら受賞作見に行きたくなるしね…
なんだかんだで5回以上は見に行きそうで今から自分に呆れてるぜ、もちろん内容が面白ければ心から見に行って良かったと思うんですけどね

来年の話をすると鬼が笑うらしいですが、笑わせておきます
来年は有言実行できるように頑張ります

見た映画の感想 年末はいっぱい映画観るものだね

・はじまりへの旅
コンパクトで飾らないながら、良い家族ドラマでした
シンプルでさっぱりしててロードムービー風に家族の事情や問題提起していく手法は見やすい
それを聞くと「リトルミスサンシャイン」を思い出すけど、今作はもっとシリアスですね

山の中で外界と隔絶して自分たちの方法で自給自足しながら暮らしてた一家が
母親が入院したのち自殺した事を受けて、母の葬式に参列するために母方の実家までのロードムービーな訳ですが

ストーリー自体は「そうなるでしょうな」って展開ばかりだけども
その中で描かれるドラマは、親のエゴと子供たちの純粋さとそれ故の強さがしっかりと明示されていて
親のほうが子を導いてるようで、実は子供の方が正しい道を知ってんだと気づかされる
人生の正しい道行きと、ロードムービーがかかってるんですね

落としどころとしては予定調和的ともいえる(母方の実家がやたら金持ちなあたりが)けども
作品の理性的で多くを語らない空気感が、このドラマをハイレベルなものにしているし
伝えたいメッセージに自分は全面的に同意できた
子供は親に振り回されてつらいけども、どうしても身勝手でエゴに甘えがちな大人を正すために、世界に望みを与えるためにやっぱ子供たちはいてくれなきゃ困るんだな

この親のエゴと子供の強さについて描かれた映画をもっともっと見たいですわ
自分は「私の中のあなた」がかなり好きだけど、今作も同じ方向性でお気に入りの家族ドラマになりました
見て良かった。

・ホリデイ
クリスマス近いし、くだらないロマンス映画でも見るかーと思って何となく見てみた映画です
これが意外と面白かった、世に溢れたしょうもないロマンティックラブコメディの一つではあるんだけど、作りがしっかりしてて見やすく楽しく、シナリオと構成が丁寧でクリスマスに純粋に楽しめる映画でした。
せりふ回しがよく、役者の演技もほど良くて見てて飽きないっすね
ジャック・ブラックが本当にロマンスの対象として素敵に見えるんだからすごいもんだ
映画業界ネタもちょこちょこ入り、日常ネタも入れつつ、恋愛描写は小粒ながら面白い
テンポよくLAとイングランドの場面を切り替えてネタをポンポン出していくから
突っ込みどこが思い浮かばないうちに、話が止まることなく展開して退屈させない

こういう奇をてらった訳でもなくシリアスな訳でもなく、どこまでもありきたりな題材でやりつくされたジャンルの作品を、ちゃんと面白く最後まで飽きさせず見せる手腕のある人はえらいですね
「頑張ってる人がいるんだなぁ」という謎の感想が残る映画でした
まあ脚本家礼賛映画でもあるので正しい感想ともいえる

・夜は短し歩けよ乙女
湯浅監督はつくづく天才
それだけがダイレクトに伝わってくる作品でした。アニメーションを見る原初的な楽しさを感じて、嵐のように絵が流れてあっという間に時が過ぎ去っていきますね
ストーリー面やせりふ回しに関しては原作と自分の相性が悪くてそこまで趣味でないんだけど
クルクルと場面が入れ替わって、虚実の判らない世界の中を冒険するような感覚はとても楽しめた
その作風のせいで予定調和的に感じたりもするのだけれど

んーやっぱ「四畳半神話大系」は根本にあるメッセージやテーマ性が優れていて
予定調和的でありながらも、ドラマチックな展開によって普遍的ですごく素直なメッセージを伝えてくれたおかげで
予定調和にも意味があったというか、そうして伝えるべき事があったって感じだったのだけど
今作はただの娯楽作的なストーリーラインであるよな。
落としどころの爽やかさやメッセージ性の強さという意味では、湯浅監督は他にも素晴らしい作品をたくさん生み出しているからなぁ。同じ年に公開したルーは素晴らしかったし
そういう意味では湯浅作品全体ではそうでもない出来なのかな

・くるみ割り人形と秘密の王国
話はつまんなかったです。驚くほど展開が少なかった
映像面目当てで見に行ったので、その面ではそこそこかな
カメラワークとライティング、CGの出来、ダンサーのパフォーマンスとかよかった
その中でも美術の出来が一番良かったかな、ただ全体的に記憶に残らない。
「そんな映画観たっけ?」って半年後にこのブログを読み返して驚いてる自信がある
でもあのダンサーのバレエシーンだけ切り取って脳内にとどめときたい

スノーマン
いやー師走ですね。
これを年末最後の更新にはしないつもりではいるんですが、ちょっと判らなくなってきたな
うん、でもちゃんと年末のご挨拶的な更新はします、その努力をします

前回の更新くらいから動画2本を作ってそのための絵を描いて、で今は2本とも完成しました
それと仕事絵をやってましたね
そしてそのあと上に載せた絵を描いた。
来月は来月でまたボカロ動画用の絵を描くのでそっちも始めなきゃな

まだ正式に始めるのは来月半ばくらいになると思うけど、pixivFANBOXも始めました。
ああいうサービスって正味始めてみなきゃ機能や使い勝手がわからんから、まだ準備できてないけど登録しないことにはどうしようもないよね
方向性とかまだ大雑把にしか決めてないのですが、女の子と百合と可愛い服かな
らくがきとかミニキャラとか載せていくつもりなので、自然とこのブログの更新が減ることになるなぁ
でもこのブログの閲覧数も微妙だし、特にコメントなどで要望とかもないので
求められないうちはマイペースでいきます
ここはほぼ自分の備忘録となりつつある、今年のいつ頃どんな映画を見たかとかそんなもの
このブログは一枚絵とかツイッターに載せた落書きとかを月2くらいで更新していけたらなと思います、そう言いつつ月1だったりもします。今までとそんなに変わらない気もするので、たまに見て頂けたら嬉しい

来年は希望を言えば月2回くらいピクシブを更新出来たらなと思うけど無理そうだな
絵の内容にこだわらずにガンガン出していけば何とかなるか、質より量みたいになっちゃうけど
そんで月に1度FANBOX更新して
あと来年中に漫画を中編くらいのボリュームのやつを一本描ければと思ってます
まだ公開する気はないけど、とりあえず幼馴染に読んでもらう約束は取り付けた
今簡易なプロットができたので、これからもっと詳細なプロットを作ってネームを描こう
ネームが出来上がるのはいつ頃やら、来年度末位をめどにするかなー
そのあと下書きまで行ったらとりあえずは読めるようになるのでは、漫画そのものの完成は夏くらいになるかも知れない。うーんなかなか気の遠くなる計画だ


仕事絵終わりました。先月より量は多かったけどなんとかなりました
ただ一度修正が入ったときこれは修正の内容の方が間違ってるぞと思う箇所がいくつかあって面食らいました。
私の方が正しいと思ったところは指示を無視したり、自分の描写を強調する形で返したらそれが通りました
我ながら生意気ですね。

自分もクライアントの修正担当してる方も、同じ絵を描く人間だから向こうが間違うこともあって当然だと思う
向こうさんの方がたとえ画力は上でも、どんな上手い人でも調子悪くて色々間違ってる絵は何枚かに一枚は描いてしまうものだ

PCのモニタをもう一台買ってデュアルモニタにしてやりました。
非常に快適です。これで絵描きながらだらだらnetflix見られるー
モニタ複数ってもっとまどろっこしい操作かと思いましたが、かなり直感的ですいすい動かせますね、マウスをそんな大きく動かしてる気がしない
テレビよりもぱっとONOFFできるんだね、こりゃ良い
ついでにPCモニタにPS4つないでゲームやってみましたが綺麗で没頭できる感じがしてよかった
ただついつい画面に近づきすぎてしまうので、目の疲れと姿勢が悪くなってしまうのに注意が必要
ディスプレイもセールで1万円切った値段で買えたので満足です。
やっぱ環境を整えると散財の痛みはあっさり消えますな、日々の過ごしやすさは大事だ
先月から突如として文机と微妙なスペックのPCにおさらばして本当に良かった
少しも後悔はない。

ついでにイヤフォンも古いのが壊れたので買いました。こっちは金銭的にケチったのでそこまで質はよくない
軽めな音色になっちゃいましたが、音がとにかくクリアです。クリアな音は好きだがいいんだろうか、…いいか。

その二つと一緒にキングダムハーツ3の予約もできたので、もう安心して年を越せますね
仕事絵も終わって動画も作り終えてこれで一年を終えられる
年が明けたらすぐキングダムハーツの25日の発売に備えて、精神統一と体力づくりをせねば
キングダムハーツの為に総てをささげる準備をしなければいけない
年が明けてからの方が自分にとっては忙しいのだ

誰も知らないところでこそこそ進めてる連作のキャラ紹介絵がようやく2枚描けたので
キャラ紹介文と一緒に掲載してみます。片方は以前載せたやつですが
キャラ紹介用_彼方
新藤 彼方 (しんどう かなた)

主人公その1。学園の一年生で一般家庭出身の特待生
我が強く不遜な性格で行動力がある少女
学校新聞Magical school journalを立ち上げ編集長を務めている
学園一のはみ出し者でありながら、いつも態度が大きく遠慮が無く
人のマウント取りがち。
それでも何やかんや周りの人たちを大切に思っており、面倒見もよい
編集長としては敏腕で責任感もある頼れるリーダー

キャラ紹介用_雅
荒井 雅 (あらい みやび)

主人公その2。学園の一年生の少年
大人しくナードでシニカルな性格。
Magical school journalを彼方と共に立ち上げメインライターを務めている
学校生活を嫌っていて厭世的な意見を言う事も多いが
どこか楽観的で、ナード生活を謳歌している。
ゲームや映画の物語の世界が好きで、文章を書く事も好き
新聞作りの活動にとても情熱を注いでおり
ドラマ性を感じる記事を書くことを目指している

キャラ紹介だけ見せられてもどんな話か分からんですね
学園ジャーナリズムものです、そんなジャンルが果たしてあるのかは知らんけど

引き続き新PCに乗り換えたにあたって出てきたソフト周りのごちゃごちゃした話

フォトショップCS2は、win10では使えないと思い込んでおったのですが
今日普通にインストールできて、フツーに使えました
やったー!無駄なことに時間を費やしたりもしたけど、これで大枚はたいてフォトショを買う必要もなくなった!!
これでイラスト制作周りは完全に整いましたー。ふうーこれでひと段落だ

aviutlという動画制作ソフトの方も、動画書き出し用のプラグインがなぜかうまくインストールできなくて、原因を探っていたところ
itunesが必要だと分かったのですが、「あれ?でももうitunes入ってるよな」と思ってたら
win10のitunesアプリをダウンロードしたのではダメで、前のPCからファイルを持ってきたら無事インストールできました。
その後前のPCの倍程度のスペックになったにもかかわらず、やたらとメモリが足りないと通知が出ておかしいなと思っていたら
aviutlはデフォルトだと2GBしかメモリを使わないんですね、開放する設定をしたらやっと重い処理ができるようになりました
そんなこんなでaviutlさんの方も何とかなりました。いろいろ苦労させられたけど


↑このページのトップヘ