2008年11月15日

ヤベっち ヌーボー

2008年巨峰ワイン








毎年、母親の知り合いから巨峰の時期外れのできそこないを頂く。

できそこないであるからして、甘さが少なく・酸味が多い。

量も沢山なのでホーローの樽にいっぱいになるまで実を潰してジュースを作ります。

ジュースとは名ばかりの自家製ワインです。


甘味が無いのでグラニュー糖を足して、25度前後で保温。

5日過ぎにはしっかり発酵してアルコールを感じるまでに。

さらにグラニュー糖を足して味を調えて、瓶詰。

発酵を止めるために湯煎にかけて、さらにとどめのブランデー。


あとは澱が下に沈むのを待って上澄みを別の瓶へ。

また更に置いておくと味が落ち着いてくる。

それがこれ。



甘みのあるロゼという感じの出来になった。

ボジョレーヌーボーにも似た味ですな。

これをさらに瓶熟成させると深みのあるものになるだろうなあ。


今年は結構満足な出来であった。

utti2motoki at 00:25コメント(8)トラックバック(0) 
料理 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by kaori   2008年11月15日 18:45
 すごいね!
 何でも作れちゃうのね!!

 とっても贅沢なことだと思う。いいなぁ・・・。チーズをつまみながら、一杯いただきたい
2. Posted by ヤベっち   2008年11月15日 19:22
いやいや、葡萄酒は世の中で一番簡単に作れるお酒ですから。

贅沢なことは確かですがね。

明治乳業の十勝チーズを食べつつ飲んでますよ。

昨日はフランスパンにチーズを乗せてトーストしたものを食べながら、呑んでました。

720mlの瓶にして8本分できたのでかなり楽しめそうです。
3. Posted by プードル   2008年11月16日 23:22
はじめまして、@あしから来ました♪
私も、毎年クリスマス用のワインを作っています
いつも、キャンベルを買って、ワイン酵母を加えて作ってるんですが、酵母無しでも出来るんですね(-^ー^-)
4. Posted by oni   2008年11月17日 05:35
なかなか
好みのワインに出会えないとこ
自分で 作れるってことは
とても とても幸せなことでつ
去年店でワインがごっつう
売れ残り それを
1本300円で買いまくったのは
このあたちでつ
手元にまだ たくさんあるんでつ
そうKiriのクリームチーズと
一緒に むふふ
7分の1の値段はお買い得でちた
でも ヤベっちのワインのほうが
きっと( ゚Д゚)ウマーと 思われる!
5. Posted by ヤベっち   2008年11月17日 16:49
ようこそ!いらっしゃいませませ。

プードルさんもワイン作られるんですね。

ワイン用に限らず、木から採ったままのブドウにはすべてに酵母が付いているのです。
皮の表面に付いてる白い粉、あれが酵母。消毒ではないんですよ。

だから、洗ったりするとそれが取れてしまいます。そうなると、発酵させるための酵母が必要になるんですよ。

ワインを作るのに必要なだけブドウを買ってくると結構なお値段になりそう。
プードルさんは手作りというところにこだわっておられてすごいですね。

6. Posted by ヤベっち   2008年11月17日 16:56
あー、僕も最近好みのワインを見つけられていないなあ。
安いのをテキトーに買ってきて飲んでる。

今回のは自分で甘さを調整して作ってるから、ある意味自分好みの味に仕上がっているのかもしれない。

でも、一本300円は羨ましいですなぁ。
安くても480円とかだもんなぁ。

クリームチーズをリッツに乗せて食べるのも良いな。
7. Posted by 空鳥   2008年12月02日 00:23
ほんと何でもできちゃうヤベっちは
スゴイなぁ〜・・・
もう、一杯屋開いちゃえ!
8. Posted by ヤベっち   2008年12月02日 13:15
そうだね。

どっかで修行して始めるかな。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Recent Comments
QRコード
QRコード
楽天市場
モラタメ