October 21, 2007

あの頃の僕を思い出し、Musicの趣味がその頃と変わった理由。

c1d279c6.jpg先日、久しぶりに良い芝居を観た。
吉祥寺シアターでやっている、ペンギンプルペイルパイルズ公演「ゆらめき」。

何か室内を覗き込むような舞台美術も素敵で、絶妙なシーン展開に悔しくて悔しくて、そして感心して、頭ん中ぐわゎ〜ってなって、ふと過去を思い出す。
そう!ゴールド免許に傷が着いた3年前!自分が主宰でやった公演。

今回観た公演は…まぁ、話の内容は違うが、演出、美術と、まるっきし僕が3年前にやりたかったものなのなの!

何か室内を覗き込むような感じで、人がウガガガ…ってなってる時にうわぁ〜ってなって、何か最後になんだったんだろうってどうでも良くなるような話。
その後も書きたい書きたいって思ってたけど、「ゆらめき」めっちゃ面白く出来てたからさ。何かさ。
曲はサケロックで哀愁のあるメロで作品に入りやすくて見入ったね。

昔はロック!断然ロックだった僕も色んな曲が好きになりとめどないくらいに体に入って行く!

曲のジャンルが違えば、勿論リズムやテンポが違う。その違いの楽しさを知り、僕に無いリズムを探してジャンルを越える!

今の自分が作品を作ったら、どんなものが出来るだろう?楽しみだーだけど、まだまだとっとく。
ペンギンプルペイルパイルズのパクりそうだし…。


utu130 at 23:40│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔