2011年04月23日

うつの大半は栄養不足と低血糖が要因?


現在『うつ病』の患者が非常に増えています。

厚生労働省の調査によると、

医療機関でうつ病の診断や治療をを受けた人の

数は百万人近くにも上ります。

ストレスの多い現代社会において、

また今のような不況時にはさらに増える傾向に

あります。

うつ病の治療として一般的なものは

こううつ剤などの投薬治療が一番多いのが

現状ですね。

うつ病は、心身のバランスを整える脳内の

神経伝達物質セロトニンの不足が大きいと

考えられています。

しかし、投薬によってセロトニンの不足を

補う効果が期待されています。

ただ、こううつ剤の多用によって効き目が

悪くなって、薬に対する依存性が増えて

却って症状が悪化するケースも少なくないのが

現状のうつ病を取り巻く医療機関の現状です。

現代の社会はストレスに満ちています。
ネット社会、人間関係、将来への不安、政治不信、無縁社会 などなど

これらのストレスは知らず知らず 人間の心に悪影響を及ぼしています。
この知らず知らず が 怖いのです。

その知らず知らずのストレスで 少しづつ心が蝕まれています。


----------------------------------------------




utukaizen at 06:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)うつ 改善 

2010年08月18日

ストレスに買って心も身体もハッピーに!

現代のストレス過多の社会
又不安な経済状況において
多くの人がストレスをモロニ
受けてうつ病になりそうに
なっているのではないでしょうか
そんな時は早く自分の現状を
把握することが一番大切ですね。
そのためには心療内科医の診断
を受けてください。
そこで病名をはっきりさせてから
次の段階の改善に向けて治療に
入っていきます。
そこで今注目されているのが
認知療法です。
 
認知療法はカウンセラーのアドバイスによって
自己訓練によって目の前におきている事象にたいして
常に前向きかつポジティブに物事を採れえることが
出来るようになることです。


utukaizen at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)うつ 改善 

2009年10月25日

『元天才騎手』田原容疑者また覚せい剤で逮捕

酒井法子の裁判が明日に迫っていますが、

芸能界の覚せい剤の話題が世間をにぎわせている、
 
そんな中、天才・魔術師と呼ばれた元メージョッキー・元花形ジョッキー
がまた覚せい剤−。日本中央競馬会(JRA)の元騎手で
元調教師の田原成貴容疑者(50)が、
覚せい剤取締法と大麻取締法違反容疑で京都府警に
逮捕されていたことが22日、分かった
引退後、田原は騎手以外にも、様々な分野に活動の場を広げていた。
特に執筆活動が顕著であり、漫画作品『ありゃ馬こりゃ馬』で作家
作家としての才能を発揮していました。
 『競馬場の風来坊』 紀伊国屋書店集計のノンフィクション部門で
2週連続の1位を獲得。刊行数100万部を越えるヒット作となった」
01年10月、機内にナイフを持ち込もうとして銃刀法違反の現行犯で逮捕。
その際、覚せい剤所持も発覚。覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、
同年12月27日、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けた。
覚せい剤犯罪は再犯率が43.0%と非常に高いのが覚せい剤犯罪の
特徴ですね。
認知療法はカウンセラーのアドバイスによって
自己訓練によって目の前におきている事象にたいして
常に前向きかつポジティブに物事を採れえることが
出来るようになることです
加重なストレスを受けてもそのストレスをいい方向
に転換できるようになります。
この認知療法によって早期のうつからの改善と
再発防止にもつながります。
結果一日の早い社会復帰が可能になり
ひいては明るい幸せ家庭生活を取り戻せるようにもなれます。
酒井法子と同様に才能あふれた田原成貴容疑者がなぜ
再犯に至ったのか?
それは、田原は自らの騎手としての特徴を「良く言えば感覚、悪く言えば狂気の部分」
と表現しているように天才と何とかは表裏一体と昔から言われて
いますが、彼も何かにすがりたい欲求・ストレスに負けてうつ状態に
陥って覚せい剤に再度、手を染めていったのかもしれませんね。


utukaizen at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)うつ 改善 | 覚せい剤