2010年04月26日

おやすみなさい

コマツ企画『背伸び王』の公演が無事終了しました。

ご来場いただいた皆さん
何から何まで助けてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

今回は本当にやりたい事をやりたい様にやりたい放題やらせていただきました。
隅々まで史上初のすっきり感でタイヘンです。

すっきりし過ぎて頭がうっかりボーっとしそうですが、しっかりこれからの事を考えたいと思います。


本当にありがとうございました。


おやすみなさい。





uurai at 19:51|Permalink 今日のソレ 

2010年04月21日

おかえりなさい いってきます

えー、山崎さんも無事地球に帰還されたところで、
小さな地球の小さな劇団、コマツ企画の『背伸び王』明日21日から本番です。

天気予報が示す今週の空模様のぐつつき具合が何を暗示しているのかはわかりませんが、誰がなんと言おうと軽やかな心境です。

いつも通り、コマツさんの発言は思考回路の実況生中継っぽいですし
いつも通り、モトイさんの解析力はウィンドーズ95っぽいですし
いつも通り、カワシマさんの姿かたちはエヴァんゲリオンっぽいですし
いつも通り、ウライさんの立ち居振る舞いは好き勝手末っ子っぽいですし

企画員間の会話はトンと弾みませんが、タノシイ我が家といったところです。
倦怠期がやってくるという事は、それだけ歴史がおありだと言う事でしょう。

同じクラスにいたら、どなたともお友達にはならなかったと思いますが、
そんなこんなでナンダカンダ長いことやってきたなーと思います。

へー。

素敵な客演さんにもお越しいただきました。
甘味不使用・苦みばしったビタースイートホームで皆さんのご来場を今や遅しとお待ちしています。

ご予約はこっちらー

そーれそれそれ

uurai at 01:14|Permalink 今日のソレ 

2010年04月10日

春らんまん

694555b5.jpgすっかり桜もアレヨアレヨで、気がつけばうっかり4月ですね。
お久しぶりです。
横目で始まる新生活やら、空をはしゃぎまわる花粉やら、何かと不愉快な季節真っ只中ですが、皆さんお元気ですか?
ボクはといえば、例年を下回る花粉の飛散量のおかげで、ギリギリ精一杯ニンゲンを続ける事が出来ています。



さて、今回はまじりっけなしの宣伝です。
コマツ企画が半死半生お届けする、春のノンストップ茶番劇です。


コマツ企画
『背伸び王(キング)』

◆お日にち
2010年4月
21日(水)19:30開演
22日(木)19:30
23日(金)19:30
24日(土)14:00/19:30
25日(日)14:00/18:00

◆おところ
下北沢 楽園
小田急線「下北沢駅」下車 徒歩5分ばかり

◆お値段
前売¥2500
当日¥2800

※当公演をリピートしてくださるというボランティア感覚あふれる方が万一いらした場合
→半券のご提示で2回目以降は¥2000になります。

◆ご予約
浦井までお便りいただきますか、下記のテクノロジーをご利用ください。

↓ご予約テクノロジー↓
https://ticket.corich.jp/apply/18449/006/


これまで以上に小さな劇場で、これまでに以上に少ない人数で、皆さんを取り囲む予定です。
春だからという事で許してください。

それでは、最後の力を振り絞ってお待ちしています。


uurai at 12:47|Permalink 今日のソレ 

2010年03月09日

続・千と千尋

某オーディション会場にて
ついに最初から最後まで「涌井さん」と呼ばれ続ける。

自己紹介?
したに決まってるでしょうよ!!

この際、合否も生死も問いませんので
「涌井さん」って呼ばれた瞬間に全てを了解して、
ビタ一文も間を空けずに「はい」と返事をしたボクの
社会的反射神経をほめてください。それくらいしてください。

えー、涌井さん。
この記事をご覧になってらっしゃいましたら、至急ご一報ください。
ボクの周りの色んな方がお呼びです。













uurai at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今日のソレ 

2010年01月29日

実録・千と千尋

お年始以来のお久しぶりです。
皆さん、2010のスタートその後はいかがでしょうか?
ボクはといえば諸々とっちらかった毎日を過ごしております。お世話様です。


さて、今日は皆さんにひとつだけお伝えしたい事があります。
ええ、ひとつだけ。

ボク、浦井と申します。
フルネームなんて贅沢はいいません。
浦井と申します。

浦島の浦に井戸の井と書いて浦井です。

浦安の浦に井の頭の井と書いての浦井でも構いません。
浦和の浦に丼から点を引いてみたら、ホラやっぱり浦井です。

今年に入ってから名前を間違えられすぎています。
繰り返します。
今年に入ってから名前を間違えられすぎています。

すでに「涌井さん」って呼ばれて振り向くことが可能になっています。

もう自分でも
浦井さんなのか涌井さんなのか?
浦井さんは涌井さんに含まれるのか?
浦井さんはどこにいるのか?
浦井さんとは誰なのか?
実は涌井さんなんじゃないのか?
などの判断が非常にナーバスです。

まーね、仕方ないんですけどね。
初めてお目にかかったり、
辺りに大勢がいたり、
西武にエースがいたり、
「ウライ」って耳なじみがなかったり、

しかもほら
涌涌涌涌涌涌涌涌涌涌涌浦涌涌涌涌涌涌涌涌涌涌涌涌涌涌
って、どれが「浦」だかねー、仕方ないですよねー。

しかし、最近続いたもんで。
「今日も間違えられたなー」ってな日に家に帰ったら、バイト先から郵送されてきた封書にも「涌井大輔さま」って。
勤続4年目です。お世話様です。

もはや、ボクにデザイン・性能・メンタルが似通った「涌井さん」って方が実在してらして、「浦井」という存在を消し去ろうと何故だか暗躍してらっしゃるんじゃないかというハリウッドなサイコサスペンスに酔いしれそうな勢いです。

そんな妄想に酔いでもしないと
「そもそもボクに存在感・存在意義などが無いのがソモソモ」
という大いなる世界のヒミツに辿り着いてしまいそうで。

アハハハハハハ!
オカシイナ、涙が出らい!

だから皆さん、ボクが本当の「涌井さん」を怪訝な目で見つめていても
すぐにディフェンスが出来る態勢を整えているだけですので
そっと戦いの行く末を見守ってくださいね。

そーれそれそれ。















uurai at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今日のソレ 

2010年01月01日

春風献上

あけましておめでとうございます。

何年かぶりに一月一日の午前中に起床するという快挙を成し遂げまして、元旦のご挨拶が実現しました。
おはようございます。
完全に数時間前まで飲んだくれていた事が全身から醸し出されてますが、誰が何と言おうと爽やかな年明けです。
一年の計は実に爽やかです。

昨年中は隅から隅まで大変お世話になりました。

2010年が皆さんにとって平和かつ朗らかな一年になることを比較的しっかり祈っています。

今年も可能であればよろしくお願いします。


2010年 元旦
浦井大輔


uurai at 10:21|Permalink 今日のソレ 

2009年11月29日

参考書を買いさえすればテストの点は上がると信じてました。

今年もホンノリ年末気分で
12月がなんだかノンストップの予感なので、早めに1年を振り返ってみると
今年も様々なアレコレと3日坊主でお別れした1年でした。

サヨウナラ
飲み続けようと思ってネット通販した何かすごく健康そうなお茶
サヨウナラ
ホノルルを駆け抜ける予定だったちゃんと走れそうな靴
サヨウナラ
もはや何かの気の迷いとしか言えないし、そう信じたいヨガのDVD

などの皆さんサヨウナラ。

それぞれの効果効能の行く末は全く見届けられませんでしたが、
モノの少ない殺風景な我が家の中で、出会った頃のままの彼らの新鮮さと向き合う毎日です。

多分、今年前半花粉が飛びすぎて、健康になりた過ぎたんでしょうね。
ちなみに手帳からは「乳酸菌、豚肉ビタミン、お湯を飲む!」という何とも言えない殴り書きが発見されました。
ええ、自分が怖いです。

そして今なお、薬局を通るたびに養命酒から目が離せない
ええ、自分が怖いです。

全てを続けていた場合の自分の未来予想図が思ったとおりに叶えられていくのかどうかについて一抹の不安もありますが、やっぱり継続って力なんでしょうか?

今日でちょうど、この日記を始めて5年です。
・・うん。えっと本当に継続って力なんでしょうか?
それともこの件に関してはノーリスク・ノーリターンってことでしょうか?

引き続きやはり悩みはつきませんが
皆さんの引き続いてのお越しを、ひっきりなしにお待ちしています。

そーれそれそれ














uurai at 00:30|Permalink 今日のソレ 

2009年11月20日

師走のこと

お久しぶりです。
すっかり冬ですね。
携帯から更新してますが、「ふゆ」で変換したら「冬」よりも先に「不愉快」と予測変換されました。
携帯までオチャメで困ります。タァッ!

さて
皆さんもやっぱりアレですか?
冬といえば、毎晩ひとり鍋ですか?
ねぇ、毎晩。
差しつ差されつ単独で。
咳をしても単独で。
ねぇ、毎晩。
違いますか?
違いますか。

そうですか。


近況に目を向けると何故だかとっても涙ぐましいので、先のお話をします。

12月に出演するお芝居のことを。
宣伝ですって正々堂々しますので、どうか最後まで読んでいってください。
先行予約にチャレンジということで、フワリ師走のお知らせです。

みなさん
年末、否、すごく年末ですが、
諸々隙をついていかがでしょうか?


G-up side.B session
『Birthday!』
先行予約のお知らせ。

2009.11/21(土) 0:00 〜 11/23(月・祝) 24:00 までの72時間

■先行予約特典
◎3500円→3200円に割引
◎送料無料
◎オリジナルチケット

詳細は
http://www.g-up.info

ご予約はこちらから。
→ http://481engine.com/rsrv/m_webform.php?d=4b40194aec&s=&PHPSESSID=cd2a9d0b69c77fe1b41e68d53321bb8c

■タイムテーブル
12/28(月) 19:00
12/29(火) 14:00/19:00
12/30(水) 14:00/18:00

■劇場
サンモールスタジオ
新宿区新宿1-19-10
丸の内線 『新宿御苑前駅』大木戸門出口より5分

■出演
森啓一郎 4/30
瓜生和成 5/13
有川マコト 5/21
藤田有紀彦 6/15
浦井大輔 6/26
野本光一郎 8/11
有馬自由 9/20
恩田隆一 11/1
細見大輔 11/23
工藤潤矢 12/8


との事です。

辺りをまんべんなく諸先輩方に囲まれて若干正気を失ってるボクと
「今年のクリスマスは稽古だから」という安定感抜群のよりどころを手に入れて若干正気を取り戻しているボクの
絶妙なまじりっけでお届けする予定です。

よろしければ是非お越しください。
ご来場、3回転半お待ちしています。





uurai at 19:19|Permalink 今日のソレ 

2009年11月07日

不都合かつ不機嫌かつ不愉快なソレ

ひとつだけ
皆さんにお伝えしたいことがあります。

確かなことなど何ひとつないこの世の中ですが、

皆さんにこれだけは伝えたい。




花粉が飛んでいます。



秋のやつが飛んでいます。



花粉が、飛んで、います。



ソレだけがボクの粘膜を取り巻く事実です。






uurai at 10:49|Permalink 今日のソレ 

2009年11月03日

姉というディズニー

諸々あって一時帰郷
一族お揃いの最中
出掛ける際に乗った姉夫婦の車の中
3歳と5歳の子供を育てる長姉は
道中車内で

ベタにアニメキャラ的なアテレコ風な声色やら
サンりオキャラクターの悪役としての新たな一面の提案やら
ひいてはエチゼンクラゲの心情吐露を含んだ本格的な形態模写やら
もはや母親としてのソレを超越した
女芸人としてのスキルを思う存分総動員して我が子をあやしていたのでした。

子育ての難解さにおののくべきか
長姉のキムヨナばりの表現力に敬意を示すべきか
エチゼンクラゲの一部始終をモノにできなかった自分の柔軟性を恥ずべきか

ともかく勉強させていただいた里帰りでした。

ちなみにボクはといえば
様々なネタの用意も全く効果を発揮せず、最終的に
「おしっこジャー」
という最も原始的な方法でしか姪っ子や甥っ子の興味をひくことの出来ない有様でした。

ええ。
子供は正直です。


皆さん、ボクがいつもより一心不乱に頭を抱えていたら
次姉に指摘された散髪後の囚人風の髪型を隠しているだけとは限りませんので
丁重に接してくださいね。
母の愛に勝るソレの単独での習得は難しいようです。

そーれそれそれ



uurai at 00:29|Permalink 今日のソレ 

2009年10月29日

光と影

今日は初めて日本武道館という所に行って参りました。
お察しの通り、武道には心身ともにエンもユカリも見当たりませんので、
ええ、ライブってやつですね。ハナレグミでした。

九段下の駅から地上に上がると見えてくる例のタマネギ。
駅から武道館までの道すがら、チケットを売りたそうな人や買いたそうな人がドンヨリと道の左右に立ち尽くしてる様子やら
何門だかよくわからないままくぐった皇居(ですか?あれは)の門の趣き加減やらが
何だか薄気味悪かったり、

どうやらワンマンライブの意味を履き違えたのはボクくらいだったようで
皆さん大体、カップルやら友達グループやら家族連れでいらしてやがって
こんな所でも一人を実感してみたりと、

多難な前途を乗り越え無事タマネギ内へ。
確認ですが、ワンマンライブってのは「友達のいない客が一人でも行きやすいライブにしてみたよー」っていうアーティスト側のコンセプトのお話の事ではないんですね?

ええ。
そうですか。
残念です。

まぁ、始まってしまえば、一人もへったくれも無いわけですが、
帰り道、上がるだけ上がったテンションで「持て余し死」しそうでした。

肝心のライブについてのアレコレですが、ボクが音楽の事なんかを語ったりしたら、皆さん虫酸がノンストップの事と思いますので、その辺りの事は奮って割愛いたしますが、
がしかし、いやー凄いですね。音楽ってやつは。

なぜでしょう、昔から
アンパンマンよりもバイキンマンの肩を持ち
サッカーやバスケではなく軟式テニスに勤しみ
せめて千葉ならよかったかもしれないのにイバラキに生まれ
同じステージ関係でも音楽ではなくオシバイを選ぶ

という、華やかさから遠い方の選択肢ばかりを選んできた気がします。
あんなにいいもんなのに、何故ボクは今まで音楽に思い至らなかったのでしょうか?
まぁ、幼いながらに身の丈を弁えてたって事なんでしょうけど
それくらい、音楽に関わらなかった自らの26年間にウッスラ疑問を持ち始めるほど、
音楽の諸々の様子にワナワナしました。

だけど、いつもより不自然な角度で首をかしげているボクを見かけても
そこまで人生を後悔してるわけじゃなく、
「武道館の客席は必ずしもステージ正面とは限らない」の法則で若干首に違和感があるだけですので、
安心して音楽談義に花を咲かせましょうね。
枯れ木に花を咲かせましょうね。

そーれそれそれ










uurai at 01:16|Permalink 今日のソレ 

2009年10月24日

フィッシュアイ通信〜シーラカンス便り 

全国(非公開の方を含めて)300万人のフィッシュアイクラブ会員の皆さん、お久しぶりです。
自分なりにお元気ですか?

スッカリ物憂げな秋がやってきましたが、会員の皆さんのアンニュイ感はもう十分周囲に伝わっていますので、どちらかといえば真夏を意識した生命感で毎日帳尻を合わせていきましょう。

さて、機関誌シーラカンス便りの記念すべき第1号では「やる気のある目ってどんな目?」という、第1号にして私たちの活動の根幹に関わる問題を扱っていきたいと思います。

たまたま目にしたフリーペーパーでまさに特集が組まれていたんですね。
もちろん熟読に次ぐ熟読をしました。

要旨をまとめると「お目目乾いていませんか?」という事なんですね。
ドライアイに代表される目の乾燥を起こす諸症状によって、アナタの目元からやる気感が失われているというんです。

少しでも目の乾燥を防ごうと目の開き方が小さくなり、
視界が通常よりも狭くなり、
狭い視界で最大限にモノを捕らえようとするためにアゴがあがり、
その結果、相手を見下すような姿勢になる。

という奇跡の悪循環が生まれるという事なんですね。
ドライアイについての心当たりはともかく、完成した佇まいは完全にアナタでありワタシでした。

乾いていたのはココロではなくお目目だったんでしょうか?

最近のフリーペーパーの素敵なところはちゃんと記事を最後まで書ききってくださるところにあります。
ちゃんと、対処法も掲載してくださってました。
本題である「やる気のある目ってどんな目?」についてです。

簡潔にいえば、それは少女マンガに出てくるような大きくて潤んだ瞳の事だそうです。

・・ええ。

そんなことが出来るなら初めからさー・・

ああ!
待って!あきらめないで!
ココロのエラ呼吸を止めないで!

ちゃんと、物理的な側面からも詳細を語ってくれています。

その「大きくて潤んだ瞳」というのがどういうモノで構成されているかというと次のようになります。

まずは「固視微動」。
眼球というのはいつも止まっているのではなく、何かに熱心になっていたり興奮しているときに細かくプルプル動いていて、ソレを「固視微動」というんですって。
アドレナリンが出ているとその「固視微動」はよりお盛んになるそうです。

そして、眼球に漂っている「涙の量の感じ」という事に集約されていました。

究極の改善策は泣いてしまうことだそうです。

あらやだ。
やっぱり乾いていたのはココロサイドだったんでしょうか?

メンタル面の事は各自でやっていただきたいので
最後にご家庭で簡単に出来る「やる気のある目の作り方」をボクなりにご紹介します。

まず
アドレナリンを普段よりしっかり分泌させるために大声を出してみます。
雰囲気的にしっくりきそうなので「ダ行」や「バ行」を多めに使ってみるとよいかと思います。
例)「ダメ人間だからさ」や「バッファりンをください」など

次に
涙を放出するために、自己判断で目を物理的にデュンとして頂くか
ご自身の葬儀を想像してみる
今までしてきた「ヒトにしてはいけなかった事」を思い出してみる
公園で幸せそうな家族から目をそらさないでみる
など涙を呼び戻す最大限の努力をしていただきます。

最後に
固視微動を心がけて、出来る限りキョロキョロしてみます。
どちらかというとクルクルしてみます。

もちろん、これで目が少ししか開いていないと本末がアレですので
しっかり目は見開いて。

これで完璧ですね。
きっと素敵な瞳を手に入れて、人生の転機やビジネスチャンスに役立てられるはずです。

ですから皆さん
ボクが自己否定をしながら頭痛を訴えて
泣き叫びながら目を見開いて視線をアチラやコチラに忙しく飛び回らせていても
とびきりの眼差しを手に入れようと前向きにトライしているだけですので
安心してふれあってくださいね。全然ふれあってくださいね。

では皆さん、またお会いするまでお互い確かに過ごしましょう。

そーれそれそれ

























uurai at 01:54|Permalink 自分が満足 

2009年10月20日

無毛地帯

公演の前後には精一杯の更新をするというささやかな活動もついにウッカリいたしまして
気がつけばタカハ劇団『モロトフカクテル』が終了いたしました。

ご来場いただいた皆さん
ご協力いただいた皆さん
本当にありがとうございました。

稽古期間を含めると怒涛の1ヶ月でした。

振り返れば7月8月10月と珍しくも公演が続き、
手元にはいくつかの事実と焼け野原のような預金通帳が残りました。
一大事です。
諸々一大事です。

若いときの苦労は買ってでもしろという例のソレ
お財布と一旦話し合いますので、しばらくお待ちください。

結論が出るのはもうすぐです。

隅々までありがとうございました。












uurai at 00:37|Permalink 今日のソレ 

2009年09月23日

他人の蛇口で口をゆすぐ

お久しぶりです。ナントカで馬肥ゆる秋ですね。
皆さん、無事夏を乗り切られたようで何よりです。
皆さんの素敵な夏の思い出をお聞きするたび歯軋りが止まりませんが、ナニヨリです。

さて、ここ最近(といっても数える程の)の日記を見返したところ
芝居のアレやらソレやらばかりで、人生にドギマギしたので無理矢理違うことを書きたいと思います。

えーと

高校の友達の結婚式に行ってきました。
披露宴の司会をしに。

ええ。奇跡的に話題がみつかりました。

気がつけば姉のソレ以外、参加した結婚式ではナンヤカンヤと必ず何かしらの司会をさせていただいています。
自薦他薦を問わないおくりびとフェイスの割りに慶び事(←ヒトサマの)にご縁があるようです。

もういっそ転職も考えましたが、今回の式の2次会のゲスト的な方が
「ディズニーランドで働いたのち、結婚式の司会業を7年やって、今はものまね芸人目指してまーす。」と
ハマサキアユミのモノマネで「アリーナ!」を連呼しながら
波乱万丈の半生を紹介なさったのを見て
なぜでしょう、甘い考えを捨てることにしました。

肝心の披露宴はといえば、新郎新婦の人柄をたたえるかのごとく、
満面の笑顔に包まれ暖かな結びを迎えました。

なんていうか、結婚をするという偉業を成し遂げたお二人の
なんていうか、圧倒的な「生命力」に感動しました。

世界にはびこる不吉なモノは全てボクの顔面に取り込んでおきましたので、
お二人の幸せが末永く末永いことを祈ります。

我が家のソレはカッサカサのようですので、
隣の芝生くらい青々と茂っていてほしいものです。

皆さん、東京砂漠で乾燥気味のボクを見かけたら
2次会のゲームで空気も読まずに当ててしまったPSPで人生をフサフサにする方法をそっと教えてくださいね。

そーれそれそれ










uurai at 01:54|Permalink 今日のソレ 

2009年08月31日

呆ける

コマツ企画『新釈ヴェニスの呆人2009』の公演が無事終了しました。

お越しくださった皆さん
ご協力いただいた皆さん
共演者の皆さん


本当にありがとうございました。


起きたらすっかり季節と政権が変わっていてビックリしました。
突然の寒さと台風とハトヤマさんに寝起きの頭が対応できていません。

仕方が無いのでもう一度寝ます。


本当にありがとうございました。




















uurai at 18:18|Permalink 今日のソレ 

2009年08月28日

やべ

お久しぶり過ぎて、もはや初めましてですが、皆さんお元気ですか?
ボクはといえば、公演中です。
うっかり情報の更新もままなりませんが、皆さんがコマツ企画のHPよりお越しだという期待をしながら、初日が無事終了いたしました。
ご来場いただきました皆さん、本当にありがとうございます。

更新の頻度に関しましては、季節に一回あるかなしや。
便りがないのが元気の知らせとお見知りおきいただければ不幸中の幸いです。

コマツ企画『新釈ヴェニスの呆人2009』自称絶賛ご案内中です。

あと、コマツ企画HPの「動画」というメニューから下僕企画員による、「ドキュメンタリー」作品が自主的に公開されています。
舞台上で発散未遂のアレやコレやが10分程度の小作品でご覧いただけますので、勇気を振り絞って是非ご覧ください。

その他の近況といたしましては
家にトカゲが侵入して、アパートごと焼き払いかけた事や
マニュフェストを読みすぎて、立候補しかけた事以外
取り立てたものはございません。

ええ、誰かの夏の思い出を、ボクが我が事のように話しているのを見かけても、
皆さん、大人の判断で気付かないふりをしてくださいね。

コマツ企画、30日まで公演中です。
よろしければ、夏の終わりの貴重な一日を賭けに出てみませんか?
ご来場、夏をあきらめてお待ちしています。

ご予約はこっちらー

uurai at 02:14|Permalink 今日のソレ 

2009年07月16日

ノーノークライモー

遅くなりましてですが、
キリンバズウガ『スメル』の公演が無事、目立った外傷も負わず終了しました。

関わってくだすった皆さん
ご来場くだすった皆さん
本当にありがとうございました。

振り返りざまに、振り返ることもなく次の公演が目と鼻の先です。
アウェイ感の否めないホーム、コマツ企画の公演が8月にございます。

もう逃げ場も無く引き続き、このサヴァイヴァルダンスをひっくるめてご愛顧いただけましたら、それはもう幸いです。

また、太平洋高気圧が俄然うかれ始めております。
お互い水分補給とメンタルにサヴァイヴァルな気を配りながら、劇場で再びお会いできたら、とにかくもう幸いです。

気温の上昇に伴ってか我が家のパソコンが尋常じゃなく発熱しておりますので、今日はこのへんで。
一分の隙も無く、完全にありがとうございました。

uurai at 01:41|Permalink 今日のソレ 

2009年06月18日

更新出来てたら成功です。

659ec881.bmp皆さん、お元気ですか?ご無事ですか?

知ったことではないと思いますが、ボクは何とかこのページに画像をアップしようと先ほどまで小2時間パソコンをいじくり倒した結果、とてもお元気でもご無事でもなくなりました。

sふぉ;胃gh@青栄gfrp:愛sjfhgkじゃs:flb0@えty@0sぴdrg@0wしぇら9う@えr9うぐぇ9−るg−9あsfvgじゃ:spkだg:prjg
↑癇癪の様子をキーボードへの八つ当たりで斬新に表現してみました。

もうこれでダメだったら、家中のサラダ油を飲み干して、富士登山に出かけたいと思います。
最後の更新になるかもしれません。亜sふぃおpgは追いhg;青いsdヴぁkんsdvbkじゃsf場f亜sdkvj青sh+kvごあいsfヴぁ8うえち9う

宣伝です。宣伝がしたかっただけなんです。
映えるじゃない!チラシの画像とか載ってたほうが映えるじゃない!

7月に芝居します。
もしボクが開山前の富士山頂から御来光を拝んでなかったら是非観にきてください。
久々の客演です。

キリンバズウカ
Tokyo 2nd Shot
『スメル』

脚本・演出 登米裕一

2009年7月4日(土)〜12日(日)

■タイムテーブル
7月
4(土) 19:30〜★
5(日) 15:00〜★/19:30〜★
6(月) 19:30〜
7(火) 15:00〜/19:30〜
8(水) 19:30〜
9(木) 15:00〜/19:30〜
10(金) 19:30〜
11(土) 15:00〜/19:30〜
12(日) 14:00〜/18:30〜

■チケット料金 
前売 2,800円/当日3,000円
(※全席自由・日時指定 ※未就学児入場不可)
★マーク7/4(土)5(日)の回は限定早割!
前売2,500円/当日2,800円

■キャスト
稲川実代子
黒岩三佳(あひるなんちゃら)
永山智啓(elePHANTMoon)
折原アキラ
浦井大輔(コマツ企画)
深谷由梨香(柿喰う客)
永島敬三
河西裕介(国分寺大人倶楽部)
遠藤友香理(カムヰヤッセン)
花戸祐介
細野今日子(劇団競泳水着)

■場所
王子小劇場

ご予約は何らかの形でウライへお気持ちをお伝えいただくか

こちらのハイテクシステムから↓(浦井宛て予約)
http://ticket.corich.jp/apply/12696/010/
この予約のリンクが貼れてなかった場合には、タクシーで実家に帰ります。

共演者の方々のブログをひっそり拝見したところ、お上手に画像やらリンクやらなさって、挙句、地図まで載せてらっしゃれるご様子でした。
そんなIT感覚に優れた素敵な皆さんと競演しています。
ご都合よろしければ是非観に来て下さい。

ご来場、この記事の更新が出来たらお待ちしています。


uurai at 03:16|Permalink 今日のソレ 

2009年05月15日

会員募集のお知らせ

新緑の匂いにほだされて、すっかりお久しぶりです。
ウッカリ5月ですが、皆さん夏への備えはもろもろ万全ですか?

さて
今日は突然ですが、会員募集のお知らせです。

日ごろから「目が死んでる」とのご指摘を多数いただくボクですが、
最近続けざまにボクレベルで目が死んでる奇特な方々にお会いする機会がありまして
めでたくボク以外の死んだ魚の目が人間界に存在する事が確認されました。

なんだかせっかくのいい機会なので、そんな仲間たちの素敵な会を設立することにしました。
我こそは死んだ魚の目の持ち主だという方、奮って門を叩きにいらっしゃいませんか?

『フィッシュ・アイ・クラブ〜死んだ魚の目の皆さんの会〜』発足のお知らせ

【活動の目的】
お互いを観察し合い、相手の目の死因を探り、客観的に評価することによって、最終的にご自身の目が死んでいる訳に迫る。
将来的にはWHOへの加入を目指します。

【会員資格】
一、「目が死んでる」「死んだ魚の目をしてる」「人を刺しそう(しかもサクッと)」などに該当する評価の言葉を複数の人から複数のコミュニティで言われたことが二桁以上ある。

一、幼少期に刃物にまつわるアダ名で呼ばれていた。

一、証明写真がそのまま手配写真の機能を持つ。

一、なんか寒そう。

上記のうち二つ以上の条件を満たす比較的穏やかな方。
※繁華街で何故か怖そうな方に怖そうな視線を向けられる関係の方は今回対象外となりますのでご了承ください。

【活動予定】
具体的な活動としては

・釣り堀での課外活動
→近しい環境下における魚類との比較考察

・鮮魚売場での社会見学
→逃げ場のないご本人との対面

・お互いの脈拍測定
→本当に死んでないかの確認

・24時間耐久にらめっこ
→周辺の皆さんへの影響を体験

・家族写真の紹介
→遺伝学からのアプローチ
 また成長過程のいつから発症したか併せて検証

・機関誌「シーラカンス便り」の発行
→手記投稿によるメンバー間の安否確認・読者モデルによる街角ピンナップの掲載

・映画おくりびとの鑑賞
→どれくらいおくられそうかの確認

・合唱〜フィナーレ〜
→初年度のテーマ曲は「瞳を閉じて」もしくは「翼をください」を予定

などを予定しています。

夏季・冬季にはキャンプ合宿を行う予定です。
もちろん、個々を尊重し現地集合・現地解散の新しい形で行いますのでご安心ください。


※またその一連の様子を遠巻きに(死んだ目で)見つめるという準会員(通称シャイメンバー)も若干名募集いたします。

【加入方法】
書類選考の後、
カンタンな小論文(「夏の一番楽しかった思い出」をテーマに)の提出
面接(手探りのコミュニケーション)
視力検査(せっかくなので)
などを行います。
※もちろん匿名、覆面(目だし帽に限る)での受付も承ります。


ご希望の方は何らかの形でボクまで見逃せないサインを送ってください。
皆さんからのご応募お待ちしております。



要は覇気のない眼差しでこんなことばっかり考えてるってことですね。
あー満足。

そーれそれそれ



uurai at 00:46|Permalink 自分が満足 

2009年04月16日

春なのにお別れだろうか(反語)

月に一度のお付き合い。
お久しぶりです。すっかり4月です。

3月から4月にかけて、様々な事情で様々な新生活を始めらっしゃる方々を横目に見た結果、
「羨ましい」という結論に至りました。

でもね、そんな皆さんのように
フレッシュマンになってみようにも顔面とメンタルが到底おっつきませんし、
旅立ってみようにもパスポートがどこで貰えるのか、ていうか貰う物なのかすらウッスラわかりませんし、
引っ越してみようにも、必要性と予算が見当たりません。

なので、精一杯の新生活として部屋の総ざらいをしてみる事にしました。
求めてるのは本当のソレではなく、ソレっぽさなんですね。

手始めにモノを捨てるところから取り掛かる事にしたんですが、これがなかなかタイヘンなんです。

服がね、捨てられないんです。

日本の素晴らしきモッタイナイ精神に批准いたしまして、我が家の衣服たちは
普段着→芝居の稽古着→部屋着
という、順序でその活躍の場を変えて行くわけなんですね。

この規則に従ってそれぞれを見返してみると、普段着が稽古着に、稽古着が部屋着に配置異動するだけで、服の絶対量は見事に変わらないんですね。
質量保存の法則ですね。お久しぶりです。

だって部屋着なんて何でもいいじゃないですか!
普段着が人様の部屋着レベルのボクにとって、部屋着なんて布として成り立っていれば充分部屋着ですから!

・・と、涙ながらに自分に訴えてみても一向に部屋は片付きません。

わかってるんです。
ノーモア部屋着って。
かるくお色直しできる位の部屋着があっても、生活は潤わないって。

わかってるんです。
なんか切ったり縫ったりして雑巾的な感じに生まれ変わらせてみたり、
何らかの形でお焚き上げ的なものを施してみれば
中1から着てる恐ろしくヴィヴィットなオレンジ色のTシャツも許してくれるって。

でもねー
いつ、雨が続いて部屋着に困るとも限りませんしー
いつ、中学からの思い出をオレンジに語りかけてみたくなるかもわかりませんしー

ねー
ねー

・・ええ。
新生活への道のりは目的地すら行方不明です。

皆さん、ご不要なお衣装などございましたらご一報くださいね。
普段着不足のボクにとってはお洒落着かもしれません。
部屋着までしっかりお付き合いさせていただきますので。

そーれそれそれ。

uurai at 23:43|Permalink 今日のソレ