2016年06月29日

香伏@須賀川

須賀川市中町の中華そば香伏です。

IMG_0936

清潔感のある整えられた店内。
今回はカウンター奥のテーブル席へ。落ち着く空間です。

IMG_0933
 ▲中華そば(並)@750円+味玉@100円

すっきりとした口当たりの清湯スープ。人工的でなく、あくまで自然体の旨みと甘み。さらに、醤油タレの酸味も後引く感覚。
麺は硬質感のある細麺。麺の美味しさはもちろん、スープとのマッチングも優。
トッピングは、香伏こだわりの低温調理のモモと煮豚のバラチャーシューに軟らか穂先メンマにきざみネギにスープの旨味を増す海老粉。別皿の味玉は、スープの温度低下回避策と見た。
このタイプのつけ麺も面白いかも。お待ちしていまーっすw

uuron2000 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)須賀川市 

2016年06月26日

幸司@郡山

郡山市大槻町のらーめん幸司です。

IMG_0778

ここのところ、訪問頻度がぐぐっと上昇。
伺いやすさって大事なポイント。

IMG_0771
 ▲みそタンメン@740円

合わせ寝かせ味噌をベースにした優しい甘みの味噌スープに、強めに縮れの入った太さ不均一な多加水太麺。主張は控えめですが、お店の歴史を感じさせるような安定感。
ざっと炒め煮された野菜群は、ざっくざくの新鮮食感。食べやすい大きさにカットされていたり、穴あきレンゲが添えられていたりと、そこはかとない愛を感じさせますw

IMG_0775
 ▲ミニ・チャーハン@330円

若干の値上げがありましたが、ラーメンにセットメニューで330円増し。
やや油感多めながら、米粒一つ一つがぱらっと仕上がった炒飯の基本形。いまや幸司の鉄板です。ウマウマ。

uuron2000 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)郡山市-16 

2016年06月23日

うめ八@喜多方

喜多方市北町上のラーメンうめ八です。

IMG_0918

坂内出身。
もちろんの朝ラー店です。

IMG_0916
 ▲しょうゆラーメン@600円

いやはや、この顔に期待度フル。
ほぼ油層のない透明感のある清湯スープ。まったく角のない円やかな甘みと旨み。これって、坂内のそれに比べて丁寧かつ上品なスタイル。
麺は多加水中太麺。もっちもちで優しい食感。あっさりスープにもすこぶる合う感覚。
トッピングもシンプルにバラチャーシューにメンマにきざみネギ。ふるっふるの脂身の煮豚も王道。
油の追加で、また別なステージが見れるかも。接客も超良好です。

uuron2000 at 00:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)喜多方市 

2016年06月20日

コンドル軒@郡山

郡山市朝日のラーメンコンドル軒です。

IMG_0847

うねめ通りのコンドル軒。
昨年のオープン以来。もっと早めに再訪するはずが、ようやく今頃。

IMG_0845
 ▲味噌野菜@918円

前回の感想を踏まえてチョイス。
白味噌ベースの味噌スープ。濃厚でコクもありながら、奥から感じる酸味で後味もすっきり。麺は独特な食感を持った中太麺。これってスープの存在感にも負けない麺。
トッピングは、炎を上げながら炒められたモヤシと玉ネギの野菜群をはじめ、食感しっかりのチャーシューに白髪ねぎに海苔。しゃっきしゃきの野菜は、いわゆる野菜炒め感覚でウマウマ。
次回は、3本柱の最後となる塩で決定。楽しみ楽しみ。

uuron2000 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)郡山市-16 

2016年06月17日

郡山大勝軒@郡山

郡山市富田の郡山大勝軒です。

IMG_0842

開店前からの行列は当たり前。
この日は、外しに外しまくった時間帯の訪問。

IMG_0836
 ▲つけ麺@750円

並盛り200gをひやもり。
あはっ。このビジュアルに期待しない訳がありません。

IMG_0837

酸味と甘みと辛みのつけタレ。
以前の重厚タイプから、軽めのすっきりタイプへ移行。やや酸味も強めで、後味もさっぱりとした印象。ごろっごろのチャーシューは食べ応えもあります。

IMG_0839

麺は冷水で〆られた中太麺。
しっかりとコシもありつつ、もっちもちの食感。以前のものより優しさが増した印象。すっきり系のつけタレにはしっくりハマるかも。
長らく食べなかったための浦島的感覚。ほかのメニューも試してみねば。

uuron2000 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)郡山市-16