芸能人の気になる噂

芸能ニュース・芸能人・有名人の噂を紹介するブログです。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 07:46:28.36 ID:CAP_USER9

    ジャニーズ内で先輩が後輩へおごるという習慣は、「ジャニーズの帝王」と呼ばれる近藤真彦から始まったといわれている。
    現在テレビで活躍するキャリア20年超えのジャニーズタレントは、マッチや少年隊、
    解散してしまった男闘呼組や光GENJIなど、昭和のアイドル史を華麗に飾った先輩たちに影響を受けて入所している。
    そして、それらの先輩にたくさんおごってもらいながら成長し、現在では自らがおごる立場になっているのだ。
    そんなアラフィフ、アラフォーのジャニーズタレントたちが口をそろえていうのが、「ヒガシさんにお世話になった」という言葉だ。

    キャリア30年を超え、今年は50歳という節目の年を迎えるヒガシこと東山紀之。今でもテレビはもちろん、舞台などでも活躍している。
    今クールでは、主演ドラマ『刑事7人』(テレビ朝日系)の第2シリーズに出演中で、熟練の演技力を見せつけている。

    そんなヒガシを後輩や同僚は、「Mr.パーフェクト」と呼ぶ。そう呼ばれる理由の一つは、ヒガシの20代と変わらない体形だ。
    常に舞台やドラマなどが控えているため、腹筋は1日1000回、ジョギングは1か月でおよそ100kmというノルマを自らに課しており、決してさぼらない。

    トレーナーも2人抱えていて、自分では20代の頃より持久力があることを実感しているという。
    トレーナーからも「50代はムダな肉体の使い方をしないため、一番いい状態」と言われたそうだ。
    ヒガシは「俳優もアスリートじゃないと通用しない」という信念のもと、日々、地道に努力を積み重ねている。

    しかし、なにもトレーニングをしているから「Mr.パーフェクト」というわけではない。
    ヒガシを語るうえで欠かせないのは、その太っ腹ぶりだ。
    ジャニーズでは先輩が後輩にお年玉をあげるという習慣があり、マッチに次ぐ古参のヒガシも毎年、後輩たちにあげていた。
    かつては、普段まったく接触のないジャニーズJr.たちにも配っていた時期があったそうだ。

    また、TOKIOの長瀬智也が10代の成長期だった頃には特上カルビ26人前をごちそうしたこともあり、
    事務所関係者からは「TOKIOとV6がいなかったら、すぐ家建てられたよ」といわれたとか。

    自分に厳しく、後輩に優しいヒガシは、やはり「Mr.パーフェクト」と呼ばれるにふさわしい人物のようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1170333/
    2016.07.27 07:30 日刊大衆

    11


    カワサキ・キッド (朝日文庫)
    東山紀之
    朝日新聞出版
    2015-08-07


    【東山紀之がMr.パーフェクトと呼ばれる理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 08:47:21.97 ID:CAP_USER9

    フリーアナウンサー・田中みな実(29)が26日放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました」(後11時59分)に出演し、帰国子女の生活を語った。

    ニューヨークに生まれ、ロンドンで育った田中は「おうちでは日本語をしゃべらないといけないルールだったけど、(兄弟)けんかは英語でやっていた」と話した。

    共演したモデルの佐藤マクニッシュ怜子(20)が、現在交際中の彼とのラブラブ写真をインスタグラムにアップしていることを知り
    結婚するの? 別れちゃったりするのに発信しちゃっていいの」とびっくりした様子だった。
    交際する相手の過去の恋愛遍歴は気になるという田中。元プロ野球選手・石井一久と結婚したフリーアナウンサー・木佐彩子(45)が、
    「いろんなのを味わってきたのかと思う。ここに落ち着くんだと…。違うタイプなら気にならない」と言うと、田中も同調。
    「違うタイプの方がうれしい。アナウンサーだったら絶対にいや」と話していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-00000028-sph-ent
    スポーツ報知 7月27日(水)8時3分配信

    no title


    女子アナの罰 根性編 [DVD]
    大久保佳代子
    Happinet(SB)(D)
    2013-04-26


    【田中みな実、交際相手の恋愛遍歴は気になる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 18:46:19.38 ID:CAP_USER9

    フジテレビの月9ドラマ「好きな人がいること」第3話が7月25日に放送された。今回のドラマの中で放送された展開に関し、視聴者から様々な声が上がっていたという。

    「第3話では、主人公(桐谷美玲)が思いを寄せる千秋(三浦翔平)とのデート中、突然何も言わずに水族館の前から走り出し、
    遠方にいる高月楓(菜々緒)に恋のライバル宣言をしにいくという流れでした。
    それから再び主人公が戻ってくると、すでに何時間も経過し、水族館も閉館していましたが、ペンギン人形を操る三浦が現れて、彼女を温かく迎えました」(テレビ誌記者)

    この都合の良すぎる展開に、視聴者からは「何も言わずに消えた女を何時間も待つとかありえない」「せめて電話しろよ」といったツッコミが相次いだ。

    また、この直後の展開では、さらなる批判の声が上がることになったという。

    「三浦演じる千秋が『こういうのってワクワクしない?』と言って、主人公と閉館後の水族館へ勝手に侵入し、ロマンチックな時間を過ごすというシーンが放送されました。
    この展開に対し、恋愛ドラマを期待する女性視聴者からは『信じられない! 不法侵入しようなんて言われたら100年の恋も一気に冷める』『こんなこと平気でする男は絶対無理』
    『いい齢した男が何やってるの?』と、自分たちさえ楽しければ犯罪行為を気にしないという主人公たちの行動に、批判の声が殺到しました」(前出・テレビ誌記者)

    未成年による恋愛ドラマならまだしも、アラサーの男女が不法侵入を犯すという展開だったため、“入り込めない”と感じる視聴者が多かったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1170105/
    2016.07.26 17:59 アサ芸プラス

    no title




    【桐谷美玲と三浦翔平の犯罪行為に視聴者ドン引き】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 07:53:34.07 ID:CAP_USER9

    タレントのダレノガレ明美(26)が、自身のツイッターで現在の体重を公開したことが話題となっている。

    7月20日、ダレノガレは黒のドレスを大胆にリメイクした衣装を着た姿をツイッターに公開。
    スリットから美脚が覗くセクシーな写真だが、これにファンが反応し「そんな細くて大丈夫? 何キロあるの?」といった質問が寄せられていた。
    普通の女子ならあまり答えたくないところだが、この質問にダレノガレは「今朝計ったら43.63kgだったよ」と、臆することなくあっさり回答した。

    実は今年の3月にも体重を公開しているダレノガレ。その当時は「43.4kg」だったので、4カ月たった今でもその体型を維持していることになる。
    その変わらぬ体型に憧れの声が上がる中、「またヤセ自慢ですかね(怒)」「モデルさんたちが体重さらしても、ただの嫌味にしか見えない」といった反感の声も続出した。

    「佐野ひなこ(21)が体重は40キロだと自慢したり、最近になって女性芸能人が自分の体重を公開するケースが増えてきています。
    そのたびに世間の女性からは『憧れる』とかいった反応が起こるのですが、一方で『痩せ自慢ウザイ』といった批判も多いようです」(芸能ライター)

    タレントが体重を公開し、世間から「痩せすぎ」「もっと食べないと」とコメントを受ける流れは、もはや定番化している様子。
    無理なダイエットをする女性が増えないためにも、芸能人の体重公開は控えてもらったほうがよさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1170334/
    2016.07.27 07:00 日刊大衆

    no title




    【ダレノガレ明美に女性たちが憤慨wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 18:44:50.59 ID:CAP_USER9

    タレントのDAIGO(38)といえば、アルファベットで略した言葉“DAI語”が人気で、自作のプロポーズソングに『KSK(結婚してください)』とタイトルをつけたことも話題となった。
    SNSなどではDAI語を真似して使う人も続出しているが、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(42)が『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で、DAI語をバッサリ否定したとして波紋を呼んでいる。

    リスナーから「KSKは何の略でしょう?」というメールが送られ、必然的にDAI語の流れになったこの日の番組。
    バラエティ番組ではDAIGOがたびたび披露しているが、これに千鳥の大悟(36)が「いまだに知らないんやけど」と言い、
    淳も「何なの? 俺も知らない、これ」と驚きのコメントをした。さらに淳は「DAI語にまったく興味ないんだけど、みんななんであんな興味あんの?」と発言。
    「全然興味ない。『いや、最初から言って』って思って」と、辛辣に答えた。

    「DAIGOは現在、ドラマ『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)に出演していて、主演を務める松嶋菜々子(42)に『KSK』のCDを渡したそうなんです。
    若い子に人気があるDAI語なので、世間にも浸透していると思うんですが、松嶋からは『KSKって何ですか?』と真顔で聞かれてガックリしてしまった、
    なんてことをドラマの会見で語ってました」(芸能誌記者)

    バラエティ番組にはめったに出演しない松嶋はさておき、淳が「知らない」というのはさすがに無理がありそう。
    淳のこの発言には世間からも「淳とDAIGOあんまり仲良くないのか?」「DAI語くらい知ってるだろ」「面白いかどうかはおいといて興味ないは言い過ぎだろ」と、疑惑の声が上がっている。
    その発言の真意がどこにあるのか、二人の今後の共演が気になるところだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1170122/
    2016.07.26 18:00 日刊大衆

    no title


    35点男の立ち回り術
    田村 淳
    日経BP社
    2015-06-19


    【ロンブー淳「DAI語にまったく興味ない」とバッサリ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 06:36:26.12 ID:CAP_USER9

    2016年07月26日

    『週刊文春』で阿川佐和子さんのロングインタビューを受け、『FRIDAY』でも2週に渡るグラビア+インタビューが掲載。
    さらに、テレビでは主演映画『ホットロード』(日本テレビ系)が放送される(CSファミリー劇場で「あまちゃん」も放送中)など、
    ひさびさに能年玲奈さんの姿を見かける機会が続きました。

    ……というより、ネットニュースなどで、「能年玲奈」から「のん」への改名を知って驚いた人が多かったのではないでしょうか。
    ただ、センセーショナルに煽り立てる記事はあっても、あらためて彼女の人柄に迫り、
    今後を占うようなコラムは見かけません。

    ここでは、「能年さんにお会いしたことがあり、ほぼすべての作品を見てきた」テレビ解説者の立場から、
    また、「多くの悩み相談に乗ってきた」人間関係・コミュニケーションのコンサルタントという立場から、
    騒動の内容と今後の展開を分析していきます。

    日本中を笑顔にさせた「あまちゃん」(NHK)から早3年。芸能界のしがらみやブランクなどの危機が叫ばれる中、
    能年さんの復活はあるのでしょうか? (このコラムは、みなさんが読みやすいように、あえて「のんさん」ではなく、
    「能年玲奈さん」と書かせていただきます)

    ■ テレビ番組は「のん」改名を認めていない

    ここにきて能年さんの話題が再燃したのは、所属事務所との契約が6月いっぱいで終了したから。
    それまで「洗脳」「引退」などの報道があり、1年以上に渡って「干された」状態が続いていましたが、
    再び表舞台に顔を出せるようになりました。

    しかし、前所属事務所が「昨年4月から話し合いが進まず、仕事を入れられなかった」ことを理由に、
    その間15カ月の契約延長を求め、さらに「契約終了後も『能年玲奈』を芸名として使用するときは許可が必要」とした文書を送っていました。
    また、「誠に遺憾ながら、現在まで解決に至っておりません」という反論を一部メディアに公表して世間に発信したことで、
    プロデューサーたちに「起用しづらい」という心境を抱かせたのは間違いありません。

    女優やタレントとしての出演どころか、「のん」への改名をニュースとして扱う番組すらなかったのがその証拠。
    それ以前に、前述した所属事務所の反論を伝えるニュースでは、「能年玲奈」という名前が使われ、
    「のん」は使用されませんでした。言わば、「改名は本人が勝手に言っているだけ」として扱われているのです。
    (中略)

    ■ 改名の理由に見える、切ない思い

    ただ、「これじゃ、6月までと同じだよ……」とお先真っ暗かと言われればそうとも言い切れません。
    双方の代理人がやり取りを重ねている最中とは言え、そもそも「能年玲奈」は本名だけに、
    「『事務所の許可がなければ使用できない』という契約は無効」の可能性大。
    つまり、少なくとも名前の使用に関しては、必ずしも受け入れる必要はないのです。

    しかし、能年さんとしては、「事務所と争いたくない」「それよりも改名して、少しでも早く仕事がしたい」という気持ちが強いのでしょう。
    そんな切なる思いは、改名に関する『FRIDAY』での受け答えに表れていました。

    「『のん』って英語の小文字で書くと「non」になる。ニコッて笑ってる顔文字みたいになるんです」
    「私の本名は変わった名前なのに、『のん』って簡単だな〜と誇らしい気持ちになるときがあります」
    「(同じ「のんちゃん」が愛称の岩尾望に向けて)『のんちゃん組合』を作って、組合長をやっていただきたいです!」
    「私は『のん』としか名乗れませんが、ファンの皆様がどうお呼びになるかは自由ですので!  いぇい!」。

    能年さんは、改名に関するしつこい質問にも、屈託のない、ポジティブな言葉を返していました。
    友人たちから「のんちゃん」と呼ばれていたこともあって、本人としては違和感がないのかもしれませんが、
    「私は前向きだから、早く仕事がしたい」という気持ちがこちらにも伝わってくるようです。

    大切なのは、「のん」名義での出演作を増やし、作品をリリースすること。
    まずはファンに認めてもらい、そこを入り口にして一般層に浸透させられたら、
    メディアに取り上げられる機会も増えるでしょう。

    >>2以降につづく)
    no title

    http://toyokeizai.net/articles/-/128740

    ホットロード [Blu-ray]
    能年玲奈
    バップ
    2015-02-18


    【能年玲奈「改名」で見えた焦りとかすかな希望】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 19:02:40.24 ID:CAP_USER9

    フリーランスとして活躍する女子アナらに、驚きの情報が出ている。

    フジテレビの看板アナウンサーだった加藤綾子(31)が、4月に退社して独立したのも束の間、今度は日本テレビで絶大な人気を誇る水卜麻美アナ(29)が退社準備を始めたという。

    「後輩アナウンサーの徳島えりか、郡司恭子、岩本乃蒼、尾崎里紗らが活躍し始めたため、日テレも水卜依存体制を見直そうとしているのです。
    彼女も来年は30歳の節目を迎えます。彼女は勘がいいため、局の世代交代の動きを察知したんだと思います」(日テレ関係者)

    水卜アナの退社独立情報に蜂の巣を突いたような騒ぎになっているのが、現在フリーで活動している女子アナたちだ。

    「最近は局も番組制作の体制を見直し、新人アナの育成に力を入れるようになった。ましてやバラエティー番組はお笑いタレントやアイドル、俳優らが進出し寡占状態。
    フリーアナは試練の時代になったのです」(芸能事務所関係者)

    女子アナの人気ランキングで3年連続トップを誇るなど、日テレの顔として活躍していた水卜アナが、このタイミングで退社独立を決めたことには、前述の世代交代もあるが、男性問題も絡んでいるという。
    昨年7月に交際が取り沙汰された『関ジャニ∞』横山裕(35)の存在だ。

    「現在、29歳の水卜アナは、来年4月に30歳を迎えます。彼女と横山はまだ密かに付き合っており、フリーになれば、少なくとも水卜アナは日テレに監視されることがなくなる。
    世間に横山との交際が再報道されない限りは、なんとかやっていけるようになります。
    週刊誌にデート報じられた際に横山が身を挺して水卜アナを庇っていたことで、水卜アナは横山を信じきっている。
    一歩間違えば、横山はジャニーズを解雇されていたかもしれなかった。
    けれども、横山の努力の結果、水卜アナは『ヒルナンデス』や『有吉ゼミ』などのレギュラー番組からも干されることはなかったのです」(日テレ関係者)

    さらに、独立を狙う理由がある。それは収入に対する不満だ。

    「現在の水卜アナの年収は900万円弱。時給に換算したら400円にもならない。フリーになれば、加藤のように収入が軽く10倍に膨れ上がる」(前出・芸能事務所関係者)

    退社は秒読みだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-7955/
    2016年07月25日 22時00分 まいじつ

    3

    【水卜麻美アナが日本テレビを退社する3つの理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ひろし ★@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 22:26:05.00 ID:CAP_USER9

     タレントのおのののか(24)が、26日放送の日本テレビ「「踊る!さんま御殿!!」(火曜後7・56)に出演。
    「東京23区VS西東京&千葉・埼玉SP」で各地出身のタレント同士が熱い地元トークを展開する中、“ガチ”の持論を展開した。

     番組冒頭では、地元を愛してやまないタレントのヒロミ(51)が、同じく八王子出身のアンジャッシュの2人とともに“八王子愛”を強調。
    「八王子は東京の中心」「八王子から一歩も出なくたって暮らせる」と言い張るヒロミに、「でも都内とは温度が2度くらい違うんやろ?」と
    明石家さんま(61)が笑うと、「東京で雪が降ってないときに、ちょっと雪が降るだけだよな」「地元帰るとビックリするくらいの」などと“反論”する八王子チームに、
    世田谷出身のえなりかずき(31)は「天気予報違いますもんね」と、都内と八王子の天候が違うことをサラリ。
    すかさず「お前ひっぱたくぞ!」とヒロミが噛みつき、「俺のことは何でもいいんだ、でも八王子のことはバカにするな!」と威嚇すると、えなりは「こ〜わ〜い〜」と苦笑した。

     そんな和やかな“バトル”が繰り広げられる中、「23区外の人たちって〜、やたらテラス席に座りたがるんですよ。みんな」と、文京区出身のおのが発言。
    「え〜?」「そんなことないよ〜」という声が上がるなか、「友達とかと一緒にご飯とか行くと、暑いから中で良いじゃん!て言うんだけど、
    そうすると、もうすぐ日が暮れるから外の方が気持ちいいよ、とかって言ってくるんだけど、いやでもあなたが住んでる所の方が空気きれいだし、そちらでテラス席座った方がわたしはいいんじゃないかな〜って」とおの。

     「熱い寒い関係なく、外で食べたがる人がいる…外で食べてる自分が好き、というイメージです」と自信満々に持論を展開し「だから渡部さんとか、
    田舎の女の子とかをデートに誘うときは、テラスで口説けば何とかなるって思ってそう」と言い切り、名前を出されたアンジャッシュの渡部建(43)も、うまく返せずあわてるほどだった。

     最後は千葉県市川市出身のタレント・きたろう(67)が真顔で言った「住めば都、というくらいですから、住んでるところが東京都なんです」というコメントで締めくくられた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160726-00000144-spnannex-ent

    1




    【おのののか「23区外の人って、やたらテラス席に座りたがる」】の続きを読む

    このページのトップヘ