1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/02/06(土) 20:02:46.99 ID:CAP_USER*.net

2016年2月6日 15:45

作家・重松清氏の吉川英治文学賞受賞作を映画化した「十字架」が2月6日、
全国11スクリーンで封切られ、主演の小出恵介をはじめ共演の木村文乃、富田靖子、永瀬正敏、
小柴亮太、メガホンをとった五十嵐匠監督が東京・有楽町スバル座での舞台挨拶に立った。

いじめを苦に自殺した少年・フジシュンを“見殺しにした”と後悔する主人公・ユウ、
自殺した日が自身の誕生日だったサユ、そして同級生や遺族たちが、
重い十字架を背負いながら20年間にわたり苦悩する姿を描く。

ユウ役の小出とサユ役の木村は、中学生時代の同役にも挑んでおり、31歳の小出は
「中学生の役というのは、もはやハードルを超えて、どういうことかわからなかった」と悪戦苦闘した様子。
そして「木村さんも中学生役をやると聞いた時は、共演して同い年くらいの役を
やることが多かったので『死ぬなら一緒だ、大丈夫だ』と思った」と明かしたものの、
木村から「でも私、小出さんより4歳年下ですからね!」と釘を刺されていた。

一方で五十嵐監督作の「アダン」(2006)で映画デビューを果たした木村は、
「監督とお会いするのが、今作が10年ぶりのこと」としみじみ。
芸能界引退を考えるほど苦労した時期もあっただけに
「五十嵐監督と肩を並べることも、もうないだろうと思っていました」と吐露したが、
それでも「10年経ってこうしてまた一緒に舞台挨拶ができること、すごく嬉しく思っています」
と笑顔をはじけさせた。

また、フジシュン役を演じきった小柴は、
「とてもつらい撮影期間でした。でもいじめのシーンが終わったあとに、いじめてきた子が
何も言わずに抱きしめてくれたりした」と振り返り、「苦しい中でも、つらいだけじゃない
いろんな体験をさせてもらいました。この映画を、思い出にしていきたいです」と述懐。

さらにフジシュンの母役の富田は、「こうして皆と笑って舞台挨拶ができるのなら、
たくさん泣いたことも、今となってはいい思い出です」と感無量の面持ちで語っていた。

父役の永瀬は、この日台湾南部で発生した地震に触れ、
「僕の大好きな台湾で、地震が起きてしまいました。
台湾の映画に2本出させていただいていて、すごくお世話になっています。
皆さんにも、この映画の思いが届けばいいと思います。
ジャーヨウ(中国語で『頑張れ』の意)、台湾!」と思いの丈を語っていた。


・木村文乃と小出恵介
no title

・小出恵介
no title

・木村文乃
no title

・左から小柴亮太、富田靖子、木村文乃、小出恵介、永瀬正敏、五十嵐匠監督
no title

http://eiga.com/news/20160206/13/


このページを見た人は 他にもこんな記事も見ています♪




5: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/06(土) 20:36:04.26 ID:dzjIfGOQ0.net

全然大丈夫だろ
こういう中学生いるよ
特に小出(´・ω・`)


7: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/06(土) 22:46:16.16 ID:T31wOClf0.net

最近は日本映画というだけで見る前から憂鬱な気持に


8: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2016/02/06(土) 23:28:24.58 ID:pQ2xvJT40.net

信長協奏曲で小栗旬は「俺は童顔だから」と自信満々で現場に入ったが、
いざクラスメイト役のリアル高校生の中に入ってみたら、無理があったと痛感したらしいわ

この二人は中学生役だから、さらに浮きまくるだろうね





引用元:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454756566/-100