芸能人の気になる噂

芸能ニュース・芸能人・有名人の噂を紹介するブログです。





ローラ

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/08(日) 11:39:37.89 ID:CAP_USER9

ビデオリサーチ社が年2回行っている「タレントイメージ調査」8月度版がこのほど発表され、トップに新垣結衣(29)が初めて輝いた。
昨年の主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)に続き、7月クールの「コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐THE THIRD SEASON」(フジテレビ系)での人気で頂点に達した。
注目は順位を上昇させた、他の顔ぶれだ。

「女性タレント人気度上位50」の過去のデータと比較すると、お笑い芸人の勢いが目立つ。インスタグラムの女王・渡辺直美(29)は34→24→13と推移し、今回はベスト10入りの8位。
イモトアヤコ(31)も13→18→29と推移し、今回は9位にランクインした。

「女優やミュージシャン、スポーツ選手など、並みいる美女たちを押しのけて、ついにトップ10入りだからすごい。
渡辺はインスタや自らのブランド、CMに加え、ドラマ主演も果たしましたし、イモトも『世界の果てまでイッテQ!』の人気を土台にドラマやCMにもコンスタントに出演し、2人とも年収は軽く1億円を超えているでしょう。
2人とも今や女芸人の目標、憧れの対象になっていますよ」とはお笑い関係者だ。

この勢いは他の女芸人にも波及している。いとうあさこ(47)は36→39→26と推移し、今回は15位まで上昇した。
25位の柳原可奈子(31)、28位の近藤春菜(34)、36位の友近(44)も安定した人気を保っている。そして、初登場のブルゾンちえみ(27)は48位だった。

「ひと昔前も、三枚目タレントや女芸人は重宝されてきた。久本雅美や柴田理恵、森三中、南海キャンディーズのしずちゃん、青木さやかなどが人気の時代もありましたが、
新しいメンツに取って代わられた印象。ブルゾンは一発屋で終わる可能性がまだまだ高い。
安定的に売れる面々は表裏のない、あけっぴろげな性格で、自虐ネタもいとわず、面白い、アドリブに対応できるなどの共通点がある。
そこまで到達して人気を得るのは並大抵のことではないんですよ」(前出の関係者)

一方の女優、タレント陣にも変化があった。人気だったローラ(27)が5→14→6と推移し、今回は20位までランクを下げた。

「事務所移籍騒動でテレビ番組はほぼ干されていますが、CMだけは続いている状態。問題が片付くまでは上位復帰は難しいでしょう。
ローラ本人は米国進出、モデルやハリウッド女優を目指しているので、日本ではこのままCMのみの活動になってしまうかも」(広告代理店関係者)

篠原涼子(44)も9→15→10と推移し、今回は25位まで落ちた。

「市村正親との間に9歳と5歳の2男を持つママ女優で、最近は特番ドラマや友情出演など、露出が減っていたことで下降したのでしょうが、女性からの人気は根強い。
10月からのフジテレビの月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』で主演しますが、
前作の『コード・ブルー』の視聴率が良かっただけに、視聴率が悪ければ“篠原神話も終わり”となりかねません」(ドラマ関係者)

ほかに人気どころで予想通りの上昇を見せたのは有村架純(24)で、24→30→26と推移し、18位にランクアップ。
「アンジャッシュ」渡部建(45)と結婚してイメージアップにつながった佐々木希(29)は前回87位から48位に上昇した。浮き沈みの激しい芸能人の人気はまさに時代を反映している。

http://news.livedoor.com/article/detail/13720348/
2017年10月8日 11時0分 東スポWeb

no title

【ローラ急落wwwwwww】の続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/17(日) 01:06:50.96 ID:CAP_USER9

所属事務所との契約問題で揉めるモデルでタレントのローラだが、仕事先で訪れた米・ロサンゼルスで
現地に住む女優の桃井かおりに今後の身の振り方を相談していたことを、発売中の「女性セブン」(小学館)が報じている。

ローラは6月中旬、Twitterに「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼を返して」などと意味深な内容を書き込んでいた。

その後、所属事務所と実質20年間の専属契約で不当に拘束されていることや、ローラ側が契約終了を求める申し入れ書を送付していたことなどが報じられていた。

今月7日、ローラはインスタグラムに桃井、そして人気バンド「ONE OK ROCK」のボーカル・Takaとの3ショット写真を掲載。
同誌によると、写真はロスにある桃井の自宅で撮影。
ローラはこのところ、仕事で毎月のようにロスを訪れているというが、事務所とのトラブルを抱え元気がないローラを心配した桃井が、
ローラ、ローラと親しいTakaに声をかけて自ら手料理を振る舞い、親身に相談に乗ったというのだ。

もともと、ローラに桃井を紹介したのは、ローラが“芸能界の父”と慕うタレントの堺正章だったとか。
ローラが堺に「海外で活躍したい」と夢を明かしたところ、ロスに住む日本の芸能人たちの重鎮である桃井を紹介したという。

「桃井は06年にすでに米の『映画俳優組合(SAG)』に加入し活躍の場をハリウッドにも広げた。
現地在住の俳優の真田広之らと親交があり、現地の映画関係者にも太いパイプがある。
夫である年上の音楽プロデューサーと悠々自適に現地で暮らしていることもあり、
今後、ローラの“後見人”として海外進出をバックアップすることになりそうだ」(芸能記者)

ローラとしては桃井を味方につければ百人力に違いないが、ファンのためにも1日も早く事務所とのトラブルを解決してほしいものだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13623178/
2017年9月17日 0時50分 リアルライブ

2

【独立騒動のローラが頼った大物女優wwwwww】の続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 16:16:14.71 ID:CAP_USER9

9月11日に放送された『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)にモデルでタレントのローラが出演し、カジュアルに話しかける姿がインターネット上で話題になっている。

同番組に有名人が出演するパターンと言えば、観光客であろう外国人に声をかけようと待ち構える取材班の近くに有名人が現れ、慌てて取材班が声をかけるパターンが大半だ。
そして実際にも、サッカーの本田圭佑選手や元フィギュアスケート選手のエフゲニー・プルシェンコ氏、俳優のキアヌ・リーブスらにも「YOUは何しに?」と遠慮なく“突撃”するのが番組のスタイルである。しかし、ローラの場合は違った。

この日、通常のロケと同様に成田空港を訪れる外国人に声をかけようと待機していた取材班に突然、サングラス姿のローラが「いま、ロサンゼルスに行った帰り」と話しかけたのだ。

特徴のある声や鼻立ちのはっきりした顔はどう考えてもローラだが、取材班は突然の出来事に状況を把握できていない様子で、「整理して聞きますね」とスタッフは前置きし、「もしかしてローラさん?」と問うと、ローラは笑顔で首を縦に振った。

?

現在は日本と海外を行き来する生活
取材班は一応、「YOUは何しに日本へ?」とローラに聞くと、ローラは「仕事が何個かあって帰ってきたの。(いまは日本と海外を)行ったり来たり」と現在の生活を明かした。

ローラは「大好きなの、日本。(日本に帰ったから)お寿司食べるんだ。ウニが好き」などと矢継ぎ早に話し、「じゃあ時間だから行くね。バイバイ」とカメラから離れていった。

慌てて「番組はご存じ?」と聞いたスタッフに対し、ローラは「『YOUは何しに』でしょ?(番組のことが)好き」とさわやかに答えて立ち去って行った。一瞬の出来事にスタッフは唖然とした様子だったがカメラマンは「かわいい…」と感嘆していた。

現在、ローラは所属芸能事務所とのトラブルの渦中にあるという報道もある。テレビ番組への出演は少ない状況でのこの出来事に視聴者は、
《元気そうで安心しました》というSNSへの投稿や、《明らかにノーブラなローラがかわいすぎる》など、カジュアルな出で立ちでカメラの前に現れたローラの姿に興奮気味だった。

メディアへの露出が減り、ファンからも心配されていたが、ローラは元気な様子だった。

http://dailynewsonline.jp/article/1354127/
2017.09.12 11:30 まいじつ

11

【「YOUは何しに日本へ?」突然ローラが出演し話題に】の続きを読む

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/09/09(土) 12:28:29.94 ID:CAP_USER9

これで芸能界復帰は絶望的になったのではないか――と芸能関係者の間で囁かれている。
所属事務所との契約トラブルで、姿を見かけなくなったタレントのローラ(27)のことだ。
すでに「女性自身」が報じているのだが、事務所とのトラブルだけでなく、芸能界の“大御所”も怒らせてしまったという。

女性自身によると、ローラが怒らせてしまったのはタレントの堺正章(71)。
事務所とのトラブルを早い段階で、ローラから相談を受けていたという堺は「お互いがとことん自分の気持ちを言い合い、理解し合って、気持ちよく仕事することがベスト。けんか別れなんて最悪」とのポリシーを伝えたようだ。

しかし、ローラはその“助言”を無視する形で、弁護士を立てて事務所と対決する姿勢を見せていて、今後、法廷闘争に突入することは間違いないという。
これに対し、堺は失望しているらしいのである。ローラにとって“芸能界の父”とも言える恩人を怒らせてしまうとは、かなりヤバい状況なのだが、本人には自覚があるのか。

「堺は個人事務所所属ですが、系列は大手芸能事務所で、芸能界に絶大な影響力を持っています。“芸能界のオキテ”に反するようなことをすれば、厳しい対応を取る。今となってはネタになっていますが、タレントのヒロミが一時、芸能界から姿を消したのは、堺を怒らせてしまったから――という話がまことしやかに流れていた。最近では能年玲奈ことのんが、独立騒動を起こし芸能界から消えました。ローラも“同じ道”をたどるとみられています。『女性自身』の記事は芸能界からの“最後通告”だったのでは」(芸能リポーター)

ローラは所属事務所と10年にも及ぶ長期契約を交わしていて、仮に契約が終了したとしても、その後2年間は芸能活動ができないという“奴隷契約”だった。
ただし、17歳の高校生だったローラをスカウトし、売れっ子タレントにまで育て上げたのは現在の事務所でもある。うまい“落としどころ”はなかったのか。このままでは、ローラは完全に芸能界から消えていなくなる。

2017年9月9日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13588705/

【ローラが法廷闘争突入で復帰絶望かwwwww】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(秋)@\(^o^)/ [JP] 2017/08/29(火) 20:41:49.90 ID:4mNwFi+m0● BE:322453424-2BP(2000)

タレントのローラ(27)が「奴隷契約」をさせられていると週刊文春が報じ、注目が集まっている。
ローラ側から出たリークと思われるが、彼女には“性奴隷化”の可能性も浮上中だ。
「のん(能年玲奈)と似たような契約問題です。ローラは所属事務所と10年に及ぶ長期契約を交わし、契約満了を迎えても、自動的に10年間の更新。ローラ側が事務所に契約更新しない旨を伝えても、事務所サイドの了承がなければ解除できない一方的な契約です。契約期間は2010年7月から2020年6月末と聞きます」(芸能ライター)

この話でよく分からないのは、契約満了を迎えても自動更新ならば満了にならないのではないか。また、事務所の了承がなければ解除できないなら、そもそも契約する意味がない。
「もちろん、事務所側は契約内容を開示していません。なんでローラがこんな不利な契約書にサインしたのか理由が分かりません。それに、芸能界で10年契約は珍しくはありません。先行投資がありますし、売れて即辞められるのを防ぐためです」(同)

彼女は去る6月、自身のツイッターに「最近裏切られたことがあって心から悲しくて(略)」「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない(略)」などと投稿。すでに事務所とのトラブルをにおわせていた。
「彼女はテレビなどでも事務所の社長と二人三脚でやってきたことを認めている。なにか感情的なトラブルが起きたのでしょう。でないと、いまさら2010年の契約を持ち出すのは不自然すぎる」(芸能プロ関係者)

ローラが“タメ口”という独特なキャラでブレイクし出したのは、ちょうど契約を交わした頃だ。
「ローラはちゃんとした敬語も使えます。だから“創作キャラ”なんです。それを作ったのは事務所社長だとされ、一時期2人はベタベタなほど良好な関係にあった」(同)

彼女には高校時代からの写真もネットに多数流出。別人のように変貌を遂げているのは有名な話だ。
 「前はヤセていたのに、急激にFカップ乳になった。それゆえ“性的なもつれ”が今回のトラブルの根幹とされます。業界の性奴隷が嫌になったのか…。ローラは父親が詐欺容疑で逮捕されたこともあり、どうも今回の問題はテレビはどこも触れない」(夕刊紙記者)

 「セッ●ス、OK!」とはいかないようだ。

http://wjn.jp/sp/article/detail/0267706/

【タレントのローラ(27)が「奴隷契約」】の続きを読む

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/ 2017/08/22(火) 16:08:19.55 ID:CAP_USER9

ローラが所属事務所に送った“内容証明”の中身
8/22(火) 16:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170822-00003833-bunshun-ent

「週刊文春」が報じた人気モデルのローラ(27)と所属事務所「LIBERA」の契約トラブルが、新たな展開を見せた。
8月20日、ローラの代理人をつとめる弁護士が、事務所に対して、“契約破棄”に向けた事前協議を内容証明郵便にて申し入れたのだ。

「事務所側は彼女に謝罪したいといっているようですが、もはや修復は不可能です。ただちに契約解除を通知するのではなく、
まず話し合いを求めたのはクライアントや仕事の関係者に不安を抱かせたくなかったからです」(ローラの知人) 

 トラブルの発端は、7年前にローラが事務所と交わした“10年奴隷契約書”にあった。

「両者が交わした契約書には有効期間が満10年間と記されていた。しかも期間満了後も事務所の了承がなければ契約を解除できず、
さらに10年間の契約が自動更新されるというもの。一般の社会常識とかけ離れており、昨今芸能界で問題視されている“奴隷契約”そのものです」(事務所関係者)

 事務所に送った内容証明で、ローラ側は次のように主張する。


〈貴社(編集部注:「LIBERA」)の意向だけによって、20年間、本件契約に拘束されることになります。これは、あまりにも非常識な期間であり、申入人(編集部注:ローラ)は、
20歳から40歳までという最も重大な活動期間について貴社から拘束されうるのです。このような本件契約は、申入人の活動を不合理に制約し、申入人を不当に拘束するものであり、公序良俗に反し無効です〉

 本誌は改めて「LIBERA」に見解を尋ねたが、締切までに回答はなかった。「週刊文春」8月23日発売号では、同事務所に所属した別のタレントの事例なども含め、詳報している。

「週刊文春」編集部

1

【ローラが所属事務所に送った内容証明の中身】の続きを読む

1: 豆次郎 ★@\(^o^)/ 2017/08/22(火) 07:06:32.24 ID:CAP_USER9

8/22(火) 6:33配信

 人気モデルでタレントのローラ(27)が所属事務所に対し、実質20年間の専属契約で不当に拘束されているとして、契約終了を求める申し入れ書を送付していたことが21日、分かった。ローラ側は、ボランティアのために拠出した2000万円の使途が不明になっているとも主張。信頼回復は「不可能」としており、独立を巡る法廷闘争に発展しそうだ。


 ツイッターのフォロワー数が400万人を超えるローラが「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼を返して」と“謎のツイート”を投稿してから2カ月。沈黙を貫いていたローラが、ついに動いた。

 申し入れ書を送付したのは、2007年のデビュー時から所属する芸能事務所「LIBERA(リベラ)」。ローラは弁護士を代理人に立て、専属契約を終了する協議に応じるよう求めている。

 問題視しているのは、ローラがテレビで一躍脚光を浴びた直後の2010年7月に契約した内容。ローラの知人によると、有効期間が満10年と「芸能界でも相当長期な契約」(芸能プロ関係者)であるのに加え、期間満了の3カ月前までに契約更新しない意向を伝えても、事務所の了承がなければ、さらに10年間更新することができる内容になっている。「事務所の一方的な意向で実質20年間、不当に拘束できるわけで、これはさすがに公序良俗に反し無効であるというのが、彼女が相談した代理人の見解だった」という。

 現在、仕事などで渡米中のローラは友人らに「このままでは自分自身が壊れちゃう」と明かし、帰国した際に精神科に通院したことも。その原因は「デビュー時からずっと一緒に仕事をしてきたマネジャーや信頼していた女性役員など、5人ほどのスタッフがこの数年で次々と退社したことです。事務所社長と意見が対立した人がみんな辞めてしまい、信頼できる人がいなくなってしまった」(友人)という。

 ローラ自身も米国での仕事などで社長とは意見が対立。知人によれば「ボランティアのために使ってほしいと拠出した2000万円の使途が不明になっているなど信頼回復は不可能な状態」で、契約終了の協議を申し入れることになった。

 所属事務所はこの日、本紙の取材に「担当者が不在のためお答えすることができません」とコメント。一部では、昨年の同社の売り上げ推定8億円の9割がローラ関連だったとされるだけに“独立オッケー”と簡単にはいかないのが実情だ。

 ◆ローラ 1990年(平2)3月30日、東京都生まれ。父はバングラデシュ人、母はクオーター。雑誌「ViVi」の専属モデルを経て、CMやバラエティー番組などで活躍。タメ口キャラで人気となり、頬に手を当てる“オッケー”ポーズも流行。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00000070-spnannex-ent
no title

【ローラがなんかヤバイらしい・・・・・】の続きを読む

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/08/10(木) 16:10:16.72 ID:CAP_USER9

タレントのローラが所属事務所から圧倒的に不利な契約を結ばされていたことを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

 ローラは6月中旬、突然「ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど、わたしは人には絶対にしない」などツイッターに意味深な書き込みを投稿。その後、所属事務所との間に確執が生じていることが各メディアで報じられていた。

 そんな中、同誌によると、現在の所属事務所社長は07年にローラをスカウト。その3年後のローラがブレークし始めた10年、社長はローラを溺愛し私生活を徹底的に管理し始めたという。

 そして、ある男性とローラが食事をしたことに社長が激怒。10年の長期契約や、事務所サイドの了承がなければ契約を解除できないなど、一方的な契約内容が書かれた契約書を持ってローラの自宅に乗り込み、ギャラのつり上げなどをほのめかし、半ば強引にローラに泣きながらサインさせたというのだ。

 その後、仕事内容や不透明なギャラでローラは不信感を募らせ、社長との溝は深まる一方。そして、6月、溜まったものを一気に爆発させてしまったようだ。

 「今年7月、公正取引委員会が、大手芸能プロなどで独占禁止法に抵触する不公正な契約が結ばれていないかを調査に乗り出した。今回の件が発覚したことで、ローラの事務所は真っ先に対象になりそうだ。ローラには番組での共演以来かわいがっている、大御所の堺正章が“救いの手”を差し伸べているというから、事務所を辞めても仕事が減ることはなさそうだ」(芸能プロ関係者)

 ローラは同誌記者の直撃に対して、「心配してくれてありがとう。うん、私、頑張る。これからもみんなをハッピーにするから待っててね」と前向きなコメント。

 今後の契約問題の行方が注目される。

※写真・ローラオフィシャルINSTAGRAMより
no title


2017年8月10日 15時40分 リアルライブ
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13456946/

【ローラが所属事務所と交わした理不尽すぎる契約内容】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/08/10(木) 07:50:17.67 0

答えは女性用ナプキンのCMに出演した(している)芸能人です

狼では何故か「生理のCMなんて下品wヨゴレw」という意味不明な叩きが横行してたけど

人選を見ればその時代のトップスターばかりですよね

あれはねじまがった狼住人たちの醜い嫉妬だったんですね

【松浦亜弥、有村架純、波瑠、ローラ、前田敦子、指原莉乃の共通点は何でしょう?】の続きを読む

1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/08/07(月) 05:45:46.92 ID:CAP_USER9

[ 2017年8月7日 05:30 ]

ローラ“勇者”に変身 新CM「普段は絶対に着ない衣装見て」

 モデルでタレントのローラ(27)が出演する賃貸物件サイト「CHINTAI」の新CMが13日から全国で放送を開始する。

 ロールプレーイングゲームの主人公の勇者に扮し、幻の1LDKを探して、ジャングルなどを探検するストーリー。ローラは「今回はカッコイイ勇者に変身できて楽しかった。普段は絶対に着ない衣装を見てほしい」とアピール。「私も年に何回も引っ越すくらい部屋探しが大好き」とノリノリで撮影した様子をのぞかせた。


CHINTAIの新CMで勇者に扮するローラ
no title

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/07/kiji/20170806s00041000306000c.html

【【画像】ローラが普段は絶対に着ない衣装wwwww】の続きを読む

1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/08/02(水) 19:22:42.14 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-00000094-dal-ent
デイリースポーツ

 ハリウッドデビューを果たしたタレントのローラ(27)が2日、ビバリーヒルズでトレーニングに向かう途中とみられる車中での動画をインスタグラムにアップ。メークなしのすっぴんと思われる映像に、「可愛すぎ」「かわいい」などと反響が広がっている。

 ローラは6月中旬、「ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど、わたしは人には絶対にしない」「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼をかえしてください」などと傷心ツイート。その後、事務所社長とのトラブルが週刊誌で報じられたばかり。この日は、ビバリーヒルズの街を車で移動しながら撮影したセレブ感たっぷりの動画をアップ。この動画を添付したツイッターは7月23日以来となる久々のツイートとなった。

 胸元が大きく開いた黒いランニングのような上着を着て、右手でこぶしを握りしめ、ファイティングポーズのような姿勢を取ったローラ。動画は無言だが、すっぴんとみられ、目を閉じて口をとがらせる表情がなんともキュート。「朝早くおきてトレーニングするとすっごく気持ちがいいし、食べるご飯ももっとおいしくなる」というメッセージも添えられている。

 ツイッターのコメント欄には「お久しぶりですね。ツィートが無いのでちょっとだけ心配していました」という声をはじめ、「かわいい」「可愛すぎ」「顔つきが大人っぽくなった」などと反響が続々。ローラはこのところ、体をトレーニングで鍛え上げており、インスタでは最近もムキムキの腹筋、くびれを見せた写真を公開。ファンからは「余りストイックにならないように」と心配する声もあがっていた。

ROLAさん(@rolaofficial) • Instagram写真と動画
https://www.instagram.com/p/BXJDmYIFIp3/?hl=ja&taken-by=rolaofficial

1

【ローラのすっぴん動画が「可愛すぎ」と反響続々】の続きを読む

1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/07/25(火) 20:02:21.01 ID:CAP_USER9

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/07/25/0010403929.shtml
2017.7.25

 タレントのダレノガレ明美(27)が25日、ツイッターを投稿し、同じ事務所のローラ(27)とのバトル報道を「全くのデマすぎて怖い」と否定した。

 ローラは事務所の先輩で、同じハーフタレント。7月12日発売の週刊誌では、ローラが事務所とのトラブルを抱え、テレビやイベントへの露出が激減した一方で、事務所は後輩タレントのダレノガレを猛プッシュしている、と報じられた。その後もネット上にはローラとの不仲説などが流れている。

 ダレノガレは25日、ツイッターで「ニュースでローラちゃんと私が絶縁状態って書いてあるニュースばかり最近流れてるけど、全くのデマすぎて怖い」と報道を否定。「本当にやめてほしい!」と訴えていた。

no title

【ダレノガレ明美、ローラとの絶縁報道を否定】の続きを読む

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/07/24(月) 17:16:18.10 ID:CAP_USER9

ハーフタレントのローラとダレノガレ明美が一触即発の絶縁危機にあるという。ローラは所属芸能事務所社長とのあいだで、金銭面や仕事の進め方に対する確執が表面化し、独立寸前になっている。これが全ての発端だそうだ。

「ローラは6月16日から突如、ツイッターに《ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど、わたしは人には絶対にしない。》、《いま誰のことも信じられないないくらい怖いんだ。》、《黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。》などと誰かを批判する決死のツイートをして話題になりました。この矛先が30代後半の所属事務所社長だったとみられています。ローラが信頼していた取締役ら幹部複数が最近退社したことで、不満が一気に爆発しているようです」(芸能プロダクション幹部)

このことで、一気にローラの仕事は減っていったのだ。

「一時は多くのテレビ番組に出演していたローラですが、いまでは正式なレギュラー番組はゼロになりました。そして、事務所はローラを干す代わりに、後輩で同じハーフタレントのダレノガレ明美の仕事を増やし始めたのです。それに激高したローラは、ダレノガレへも怒りの矛先を向けており、一触即発の状態なのです」(同・幹部)

 

「もうローラの時代は終わった」

ローラは2008年ごろから本格的にモデル活動を始めた。一方で、アパレル業界や歯科助手などの経験があるダレノガレは、21歳だった2012年からモデルに転身した遅咲きのタレントだ。

「ローラとダレノガレのあいだには、もともと不仲説がありました。ダレノガレはデビュー当初に“ローラの妹分”と紹介されましたが、当時のインタビューでは《性格も何もかも違います》とローラに重ね合わせて見られることを強く拒否していたのです。しかしながら、昨年末にはインスタグラムで一緒に写った写真を公開するなど、表面上は関係が良好だとみられていました。今回の騒動で“ローラ枠”に軒並みダレノガレが出演していることで、仕事が急増しており、気が強いダレノガレは『もうローラの時代は終わった』と真っ向から対立しそうな雰囲気です」(同・幹部)

そして、ローラにはイタリア人の新しい恋人がいると言われている。イタリア出身の世界的なデザイナーであるマッシモ・ジョルジェッティ氏だ。

「もともと、ローラがマッシモ氏のブランド服を着ていたため、両者が関係者を通じて接近したことがきっかけです。最近では頻繁に連絡を取り合い、仕事やファッションなどすべてをマッシモ氏に相談する関係になっています。事務所よりもマッシモ氏の言うことを聞く状態です。新たな恋人とみて間違いないでしょう」(スポーツ紙記者)

ローラは巻き返せるだろうか。

2017.07.24 16:00 まいじつ
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13378869/

写真
https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2017/07/rola_dareno-20170724131557.jpg

rola_dareno-20170724131557

【ローラとダレノガレ明美が「一触即発」絶縁状態へ】の続きを読む

このページのトップヘ