芸能人の気になる噂

芸能ニュース・芸能人・有名人の噂を紹介するブログです。

女子アナ

1: 名無し募集中。。。 2017/12/01(金) 21:18:40.53 0

ORICON NEWSは、毎年恒例の『好きな女性アナウンサーランキング』を今年も発表。
14回目となる今回は、昨年に続き日本テレビの【水卜麻美】アナウンサーが1位に選ばれた。
これで水卜アナは、2013年から5年連続で王者の座に輝き、みごと殿堂入り。
08年に5連覇を達成した元フジテレビ・高島彩アナウンサー以来の女子アナ史上2人目の快挙を成し遂げた。
第14回 好きな女性アナウンサーランキング
http://www.oricon.co.jp/special/50486/

1位 水卜 麻美(→1位)日本テレビ
2位 有働由美子(↑4位)NHK
3位 大下 容子(↑9位)テレビ朝日
4位 加藤 綾子(↓2位)フリー
5位 大江麻理子(→5位)テレビ東京
6位 田中みな実(↑7位)フリー
7位 桑子 真帆(↑10位)NHK
8位 井上あさひ(↑圏外)NHK
9位 山 夕貴(↑圏外)フジテレビ
10位 高橋 真麻(↑圏外)フリー

【好きな女子アナランキング2017がおかしすぎるwwwww】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [VN] 2017/11/23(木) 10:51:53.65 ID:luuT10oE0● BE:618588461-PLT(36669) ポイント特典

sssp://img.5ch.net/ico/u_tobacco.gif
鷲パイ以外考えられない

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171123-00000003-pseven-ent

民放各局がかつてない「女子アナ人材不足」に見舞われている。テレビ朝日の青山愛アナ(29)やTBSの久保田智子アナ(40)などエース格や中堅の退社が相次ぎ、一部の「主力アナ」に仕事が集中、フル稼働で悲鳴をあげているのだ。

 そんな中、若手の台頭が待望されるだけに新規採用にも力が入る。ただしここでも「すぐ辞める若手」の増加で方針変更を余儀なくされている。民放の人事担当者がいう。

【2017至高の女子アナwwwwww】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。 2017/10/18(水) 01:07:00.41 0

anno_calendar11:00の回、大盛況!

#アナカレ2018 #テレビ朝日 #アナウンサー #カレンダー
#発売記念イベント
#みなさんありがとうございます
no title

https://www.instagram.com/p/BaNrWH-nkqz/

【テレビ朝日の女子アナカレンダーの発売記念イベントに集まった女子アナヲタをご覧ください】の続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/18(月) 12:46:58.43 ID:CAP_USER9

民放キー局の女子アナカレンダーの発売に先立って発表される表紙の“立ち位置”は、彼女たちにとって特別な意味を持つ。テレビでは分からない女子アナたちのセンターをめぐる熱いバトルが毎年繰り広げられている。フジテレビは宮澤智、TBSは江藤愛、宇垣美里、宇内梨沙の3人。テレビ朝日は小川彩佳だ。

 11月発売予定のテレビ東京の表紙は未完成のため、センターは確認できないが、同局の関係者はこんな制作裏話を明かす。

「昨年まで不動のセンターだった大橋未歩(39)が年末に退社します。その空席には、松丸友紀(36)か鷲見玲奈(27)が座ると思われます。

 もうひとつの注目は、2016年に中途入社した西野志海(27)と福田典子(26)の位置関係。カレンダーデビュー年の昨年は左右の端で同等の扱いでしたが、福田は看板番組の『モヤモヤさまぁ〜ず2』に抜擢されるなど人気上昇中だけに、今回はセンター寄りに来るでしょう」

 ところで、人気ナンバー1女子アナ・水卜麻美アナ(30)らを擁し、民放の視聴率争いをリードする日本テレビはカレンダーを作成していない。

「今の上層部が女子アナを商品化するのを嫌っているのです。かつては女子アナの歌手ユニットを作ったこともありましたが、誰をメインに据えるか、外すのは誰かなど気を遣うことが多かった。

 面倒が目立ったため、女子アナの商品化から離れていったようです」(日テレ関係者)

 局側が尻込みしてしまうほど、女子アナたちのバトルは熾烈なのである。

※週刊ポスト2017年9月29日号

http://news.livedoor.com/article/detail/13627193/
2017年9月18日 7時0分 NEWSポストセブン

【民放No.1の日本テレビが女子アナカレンダーを作成しない理由】の続きを読む

このページのトップヘ