芸能人の気になる噂

芸能ニュース・芸能人・有名人の噂を紹介するブログです。

女子アナ

1: もぐもぐ ★@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 21:05:54.65 ID:CAP_USER9

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎が29日にフジテレビ系で放送された「フルタチさん〜古舘vsフジテレビ女子アナ間違いだらけの日本語がひっかかるSP〜」で、4年前、ソフトバンクの孫正義(そん・まさよし)社長について「まご・まさよし」と誤読した女性アナウンサーがいたことを明かした。

 アナウンサーのお詫びと訂正、というテーマでのトーク。古舘は「絶対名前は言えませんが…」と前置きした上で、「ある女性アナウンサー、新人のアナウンサーで、『ソフトバンクの“まご・正義社長”は…』って3回ぐらい言って。4年ぐらい前っすか」とその新人女子アナが完全に「まご」だと思い込み、3回も誤読したことを明かし、「4回目には、“まご”なのかもしれない、孫(そん)さんって思ってるのは僕だけかも…」と錯覚し始めるほどだったことを明かした。

以下ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000093-dal-ent

無題

【「孫(まご)正義社長」と誤読した女子アナ】の続きを読む

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 17:53:35.33 ID:CAP_USER9

テレビ番組には欠かせない存在の女性アナウンサー。
各局それぞれ個性豊かなアナウンサーが在籍しています。最近ではフリーで活躍する人も少なくありません。

そんな女性アナウンサーには、好感度が高い人と低い人とが存在しているようです。
そこで今回は、見ていてどこか“鼻につく”と思われている女性アナウンサーについて探ってみました。

なんか“鼻につく”女子アナランキング

1位 田中みな実
2位 加藤綾子
3位 水卜麻美

4位 滝川クリステル
5位 平井理央
6位 脊山麻理子
7位 夏目三久
8位 高島彩
9位 有働由美子
10位 笹崎里菜

https://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/022id/tuPlHLPKaYjc/

1位は「田中みな実」!
no title


元TBSアナウンサーであり、現在はフリーで活動している田中みな実。彼女の持ち味と言えば何と言ってもぶっ飛んだぶりっ子キャラ。
あからさまに可愛い声を出してみたり、男性に媚を売ったり、泣きまねをしてみたり…分かりやすいほどのキャラづくりをしているといわれる彼女。
「見ていてウザい」「アナウンサーではなくあれはタレント」といった厳しい声が多数。特に女性からの好感度が恐ろしく低いこともあり、1位に選ばれました。

2位は「加藤綾子」!

no title


元フジテレビアナウンサーであり、現在はフリーで活動する加藤綾子。
彼女には“ミスパーフェクト”というニックネームがついたことがあるほど、何事もそつなくこなす器用さがあります。
ルックスの良さ、さらにスタイルの良さも手伝って、まさに才色兼備。
しかしその完璧さが逆に「鼻につく」と思われているようです。

3位は「水卜麻美」!
no title


少し前までは好感度が高い女性アナウンサーナンバーワンとして知られていた日本テレビアナウンサーの水卜麻美。
しかし最近はその好感度に陰りが見えてきているよう。

「初々しさがなくなった」「人気があると分かったからか、どこか態度が大きくなった」など、
その言動が鼻につくようになってきたという意見が多数。3位に選ばれました。

このように、嫌われてはいけないはずの女性アナウンサーの中には、お茶の間から「鼻につく」と思われてしまっている残念な人も存在します。

2017年1月12日 11時30分 gooランキング
http://news.livedoor.com/article/detail/12531199/

【なんか鼻につく女子アナランキングwwwwww】の続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 18:33:25.76 ID:CAP_USER9

TBSが11月9日、「新チューボーですよ!」の年内での放送終了を発表した。
同番組は堺正章がMCを務める料理番組。局アナの雨宮塔子をアシスタントに1994年4月、「チューボーですよ!」としてスタート。
2013年11月に「新」にリニューアルし、すみれがアシスタントに就任した。2015年4月からはモデルの森星と平成ノブシコブシの吉村崇が担当している。

最終回は12月24日。クリスマスイブにふさわしいメニュー、ローストチキンでラストを飾る。
ゲストは雨宮に堺とプライベートでも仲のいい唐沢寿明に決まった。これまでの1080回の中から名シーンをチョイス、15分拡大バージョンで話に花を咲かせるという。

「22年余の長きにわたって放送された長寿番組。TBSからまたひとつ名物番組が消えることになります。
もっとも、まだ続いていたの? と驚く声も少なくなかったんですが。
昨年、放送1000回を迎えた時、堺は『ライフワークとして誇りを持ってます』と並々ならぬ自信を語り、死ぬまで続行するつもりでした。
だが、料理もゲストも出尽くしてしまっており、ネタ枯れとマンネリ感にあふれていましたね。
御年70歳になり、重いフライパンを振り回したり、華麗な包丁さばきを見せるのもなかなかしんどくなっていたようです」(テレビ誌記者)

これまでアシスタントには雨宮、木村郁美、小林麻耶、枡田絵理奈ら、TBSの女子アナ5名が起用された。
「巨匠」こと堺に嫌われ、たった半年でクビになった外山惠理の場合は悲惨だった。

「空気が読めない、タメグチをきく、おべんちゃらを言わないことなどから、使えない奴のレッテルを貼られ、閑職に追いやられました。
逆に木村のようなジジ殺しには覚えがめでたく、堺が高級時計をプレゼントするなど、スキャンダルに発展したこともありましたね」(スポーツ紙記者)

ラストは辛口の雨宮。「☆3つです」のフレーズが聞けるだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/1225844/
2016.11.10 17:58 アサ芸プラス

11


エッセンシャル・ベスト堺正章
堺正章
Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)
2007-08-22


【堺正章にクビにされた女子アナ】の続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 21:20:17.77 ID:CAP_USER9
25日の『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)では、クラシック菊花賞の前哨戦・神戸新聞杯(G2)と、古馬が激突するオールカマー(G2)と2レースが放送された。

秋競馬の「本格開幕」を告げるレースとして重要な一戦。
神戸新聞杯がサトノダイヤモンド、オールカマーがゴールドアクターと1番人気馬が見事に勝利。秋の活躍を期待できる見事な走りを見せた。

ただ「いよいよ秋競馬だ!」とファンが大いに盛り上がる中、それに明らかに水を差すような出来事が起こってしまった。

それは『みんなのKEIBA』の放送中。オールカマーの「レース中」であった。
当然ながら映像はオールカマーのレース中継を流していたが、最後の直線、ゴールドアクターが満を持して先頭をうかがおうとした瞬間である。

さあこれから!というところで、突然画面が「スタジオ」に。一瞬、視聴者は何が起こったのか理解できなかったところだろう。
レース映像が突然、同番組のMCである佐野瑞樹アナウンサーと竹内友佳アナウンサーの姿に切り替わったのだから。

スタジオの映像は約2秒ほどで終わり、即レース映像に戻る。レースはサトノノブレスとゴールドアクターの壮絶な叩き合いが映っていた。
ゴールドアクターが最後見事に競り落とし勝利したものの、視聴者の気持ちは別にあったのではないか。

映像自体が誤って切り替わってしまった、しかも大事なレース中に。この時点でかなり「やってしまった」感があるが、
何事も完璧というものはないので、そこを責めまくるつもりはない。愕然としたのは、スタジオ映像に映ったアナウンサー2人の「姿」である。

スタジオが暑いのかどうなのか、2人は揃って競馬新聞か原稿か何かで顔を「仰いでいた」。
仰いでいたこと自体に問題はないが、今この瞬間、もっとも盛り上がるべき最後の直線にレースが向かっているというのに、2人ともまったく「レースを見ていない」ように映っている。

オールカマーといえば、古馬戦線における重要なレースで、今年はグランプリホース2頭も出走ということもあり大きな注目を集めていた。
無論、興味のあるなしというのは人の勝手であるが、仮にも「競馬番組」を放送していてレースにまったく興味を示さないような姿というのはどうなのだろうか。

以前よりフジテレビの競馬中継は「ミーハーなだけ」「つまらない」「グリーンチャンネル見る」と酷評されいるが、その理由の一端が見えたような気がした瞬間だった。

10月2日には仏G1・凱旋門賞の中継も行うフジテレビだが、ますます不安が増幅しそうな雰囲気である。
当日無料放送のグリーンチャンネルに流れる人の増加は避けられそうにない。

http://dailynewsonline.jp/article/1201395/
2016.09.25 17:22 ビジネスジャーナル

【【画像】女子アナの「あり得ない態度」にファン激怒】の続きを読む

このページのトップヘ