芸能人の気になる噂

芸能ニュース・芸能人・有名人の噂を紹介するブログです。

    女芸人

    1: 風吹けば名無し 2019/09/12(木) 10:24:24.55 ID:C6szH0cX0

    名前忘れたけどかわいい

    https://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/9/3/93ee9968.png


    沙羅
    日本の女性ものまねタレント。
    歌手、女優、声優。
    ホリプロコム所属。
    綾瀬はるかのものまねを中心に活動。
    活動内容はドラマものまね、ものまねコント、歌ものまねなど。
    ウィキペディア
    生年月日: 1983年1月28日 (年齢 36歳)
    身長: 165 cm
    出身地: 愛知県名古屋市
    血液型: A型
    過去の代表番組: 笑っていいとも!


    2

    【綾瀬はるかのモノマネしてた女芸人www】の続きを読む

    1: muffin ★ 2019/09/07(土) 11:54:12.23 ID:qXDWe+2x9

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1772584/
    2019/09/07

    先日、お笑い芸人『ガンバレルーヤ』よしこさん主演映画『Bの戦場』の追加キャストが発表されました。映画のキャッチフレーズは『“絶世のブス”が贈る、痛快お仕事コメディ!』。よしこさんが演じるのは、超絶ブス(だけど気立てがめっちゃいい)役柄。そんな彼女が2人のイケメンから求婚されるというストーリーです。

    最近は彼女に限らず、人気になった女性芸人がドラマや映画に出演するというニュースをよく見かけます。ただその姿は意外と一過性のもの。むしろ男性芸人が俳優業にシフトし、気づけば俳優として広く認知されている人がいるのに対し、女性芸人はあまりそういった前例がないのはなぜなのでしょう。

    例えば男性の場合、大御所俳優竹中直人さん(63)は元コメディアンでした。今や刑事ドラマなどで欠かせない名脇役・田口浩正さん(51)も、元お笑い芸人です。最近でいえば元キングオブコメディの今野浩喜さん(40)や、ドランクドラゴンの塚地武雅さん(47)。ほっしゃんこと星田英利さん(48)も、俳優業が主軸になってきている印象です。

    男性の場合は芸人から俳優業へ方向転換する例がいくつも探すことができるのですが、女性芸人の場合はちょっと異なる事情が見え隠れします。過去にはピンクの電話の竹内都子さん(57)などの例はあるものの、女性芸人ではこうしたシフトチェンジがほとんど見当たらないのです。

    若手とよばれる人気女性芸人たちが次々と女優業に進出する姿は、ニュースで目にします。しかし、多くが単体での話題のみ。最近では『珍獣ハンター』ことイモトアヤコさん(33)が女優として評価を集めつつあったり、森三中の大島美幸さん(39)が第18回ファンタジア国際映画祭で最優秀主演女優賞を受賞しています。とはいえお2人ともまだまだバラエティ番組への出演が多く、芸人のイメージが強いのが実情です。

    芸人から俳優業へ。それを叶える女性が少ないのは単純に芸人の男女比率の差もあるとは思うものの、ドラマの世界ならではの“女の難しさ”もあるのかもしれません。
    そもそも芸人さんがドラマや映画に出演する場合は、コメディものでない限り“主人公を支える脇役”に落ち着きます。その際に男性芸人の場合は二枚目俳優美形とはいえなくても個性的と称賛され、価値が見出されている気がします。

    しかし女性芸人の場合、ちょっと事情が違うような気がします。というのも女性脇役の人々にも個性派と呼ばれる人がいるものの、基本的にはよく見るとみんな美人(美形)なのです。もちろん一部の例外的な女優さんもいるでしょう。ただやはり“普通”な女性芸人が脇役として活躍し続けるには、ハードルは高くなりがちだと思います。

    女性芸人の場合、その明るさが芸人の域を超えてバラエティや情報番組で重宝される側面もあります。なので、一概にこうした男女の差が悪いこととも思いません。ただじっくりテレビを観ていると、こうした芸人としてのポジションのとり方の違いに気づきます。それは時代とともにだんだんと変化していくもの。それがまた、見ていて面白いなとは思うのですが。

    https://img.jisin.jp/uploads/2019/09/ohshima0907_1_line_tw.jpg

    https://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/5/5/5545b046.png

    https://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/1/1/111617a7.png


    ガンバレルーヤ
    日本の女性お笑いコンビ。
    よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本社所属。
    お笑い第七世代の代表格。
    ウィキペディア
    出身: NSC大阪校35期
    結成年: 2012年
    ネタ作成者: 両者
    過去の代表番組: 内村てらす
    メンバー: まひるよしこ
    現在の代表番組: 大竹まこと ゴールデンラジオ!; 世界の果てまでイッテQ!


    3

    【女芸人の女優進出はなぜ定着しないのか? 】の続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/08/17(土) 18:22:00.41 ID:F7clOMAZ9

    お笑いタレントのふかわりょうさん(44)へのストーカー容疑で、元女芸人が逮捕。

    元芸人の佐分利彩容疑者(41)は、ふかわさんにつきまとうなどした、ストーカー規制法違反の疑いが持たれている。

    佐分利容疑者は、これまでにも収録スタジオに現れるなど、ふかわさんへのストーカー行為を繰り返し、警告を受けていた。

    佐分利容疑者は、「ふかわさんのことが好きで、結婚したいと思っていた」と供述している。

    佐分利容疑者、かつて「にわとりとたまご」というお笑いコンビで活動していた。

    (フジテレビ)

    8/17(土) 17:56
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190817-00422555-fnn-soci

    https://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/8/8/882d0e85.png


    ふかわ りょう
    日本のお笑いタレント、エッセイスト、司会者。
    また、ryo fukawa及びROCKETMAN名義でミュージシャン、DJとしても活動。
    ワタナベエンターテインメント所属。
    神奈川県横浜市港北区出身。
    ウィキペディア
    生年月日: 1974年8月19日 (年齢 44歳)
    配偶者: 未婚
    現在の代表番組: 5時に夢中! など
    学歴: 慶應義塾大学


    5

    【ふかわりょうさんへのストーカー容疑で逮捕された元女芸人(41)がコチラです】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/18(木) 13:17:09.78 ID:Gs+iiFoW9

    男女お笑いコンビ「にゃんこスター」のアンゴラ村長が、他の女芸人を挑発だ。
    4月15日放送の「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaTV)にてアンゴラ村長は、“ブス女芸人”枠で集められたひな壇メンバーの一人として出演した。

    番組では、イケてない男性たちのなかに一人混ざる“紅一点ブス”について特集。
    ここで司会の矢作兼がアンゴラ村長は可愛いほうじゃないかというと、同じくひな壇に座っていた“ジョリー惑星”のあべみなが「一緒にライブ出ていた時は小汚かったんですよ!」と告発だ。

    続けてあべみなは、にゃんこスターがキングオブコント2017で準優勝し、売れるようになってからどんどんキレイになっていったと指摘。
    その発言を受けてアンゴラ村長も「あべみなさんと一緒にいたころは、メイクで眉毛すら書き方が分からなかったんですよ」と明かしていた。
    ここからの展開をお笑い系のライターが指摘する。

    「ここでアンゴラ村長は、仕事でテレビ局に行くと局付きのメイクさんがメイクをしてくれると説明。
    そのメイクを受けながら『こうやってやるんだ!』と、眉毛の書き方など芸能人のメイクを覚えていったそうです。
    その上で『だからみなさんもちゃんと(メイクの)勉強したほうがいい』と他のブス女芸人にアドバイスしていたのですが、この発言が問題となっています」

    アンゴラ村長は単に素直な気持ちから、メイクを覚えたほうがいいとアドバイスしたつもりかもしれない。
    だが一連のセリフをよく聞くと、他の女芸人をディスった形になっているというのである。

    「この発言は『もっと売れて、テレビに出なさいよ』と言い放っているのも同然。
    今回のひな壇メンバーにはわたなべるんるんのようにそこそこお笑い番組に出ている女芸人もいるものの、
    ほとんどはテレビで見ない顔ばかりで、他は“ぷらんくしょん”のぐっちが『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)のひな壇に出たことがある程度。
    そのレベルだとテレビ局内でメイクしてもらうことはできません。
    つまり今回出演の女芸人たちにとってテレビ局でメイクしてもらうことは日常ではなく、その点でアンゴラ村長とは越えられない壁があるのです」(前出・お笑い系のライター)

    アンゴラ村長は活動歴が2年にも満たないうちにテレビで引っ張りだこになり、下積み経験はごく短い。
    それゆえ「テレビに出ればメイクしてもらえる」との発言が、売れっ子自慢になっているとの実感もなかったのかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16334266/
    2019年4月18日 10時14分 アサジョ

    http://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/9/1/91089b91.png



    にゃんこスター
    日本のお笑いコンビ。
    ワタナベエンターテインメント及び漫才協会所属。
    ウィキペディア
    結成年: 2017年
    ネタ作成者: 両者
    活動時期: 2017年5月7日 -
    出身: ワタナベコメディスクール20期(アンゴラ)
    メンバー: スーパー3助アンゴラ村長


    2

    【アンゴラ村長、女芸人に「テレビに出なよ」と売れっ子自慢してヒンシュク!?】の続きを読む

    1: 神々廻 ★ 2019/01/18(金) 21:07:01.99 ID:hd7Rk6mI9

    ダウンタウン・松本人志のハラスメントギャグが波紋を広げている。

     1月13日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)ではNGT48・山口真帆の「暴行被害告白騒動」を特集。メンバーの安全対策について「偉い人が仕切っても何もできない。私が立ったとしても、何もできないと思う」と語ったゲストの指原莉乃に対して松本は「それはお得意の体を使ってなんとかするとか」と発言。まさかの「ハラスメントの返し」に呆れ返る様子を見せた指原だったが、放送後、SNS上では「女性差別的」として松本を非難する声が噴出している。

     今回の騒動について「もはや“おなじみの光景”になりましたね」と指摘するのは放送作家だ。続けてもらおう。

    「一昨年末の『笑ってはいけない』でベッキーに『禊のタイキック』をさせて以来、ネット上の一部の人たちの間で松本に対する風当たりが強くなっているんです。その急先鋒となっているのが、かつて松本に『おもしろくない』とバッサリ斬られたことに恨みを持っているといわれる脳科学者の茂木健一郎。案の定、今回の件でもブログで松本の発言を批判していました」

     これまで有名人では茂木のみが“反・松本”の姿勢を鮮明にしていたが、今回の「ハラスメント発言」については「茂木以外にも続々と芸能人が松本を批判するスタンスを見せている。芸能界で“反・松本人志連合”ができる勢いなんですよ」と同氏。

    「松本のハラスメント発言についてツイッターで『こんなのもうやめようよ』『時代の流れ見えてなさすぎ』と痛烈に批判したフリーアナの小島慶子は茂木に続くひとり。さらには芸人の間でも松本を批判する動きが出たんですよ」(前出・放送作家)

     その芸人とは──。

    「“お笑いジャーナリスト”を自称する女芸人のたかまつななです。彼女は、松本の性的ハラスメント発言を『真剣に考える』と題したブログで『大御所が言ったから許されることは絶対にない』と松本を批判している。今後、まだまだ芸能界で“反・松本”の流れが加速しそうです」(前出・放送作家)

     騒動の行方を注視したい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15892478/

    http://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/3/7/37b027bd.jpg


    松本 人志
    日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。
    お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。
    相方は浜田雅功。
    愛称は松っちゃん。
    妻は元タレントの伊原凛。
    よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。
    ウィキペディア
    生年月日: 1963年9月8日 (年齢 55歳)
    生まれ: 兵庫県 尼崎市
    身長: 173 cm
    書籍: 遺書、 放送室、 裏松本紳助、 松本坊主、 哲学、 「松本」の「遺書」


    5

    【芸能界で「反・松本人志連合」拡大の動き】の続きを読む

    このページのトップヘ