芸能人の気になる噂

芸能ニュース・芸能人・有名人の噂を紹介するブログです。

    山ちゃん

    1: ひかり ★ 2019/06/11(火) 00:07:57.68 ID:JJUkih5X9

    「4月の中旬だったでしょうか、亮太から『結婚する』とLINEが来たんです。当然、『誰と?』って聞きますよね。そうしたら『業界の人。名前はまだ教えられない』と言うんですよ。でもしばらくたってから
    『実は……蒼井優さんなんだ』と報告が。もうびっくりしました。発表前には、お父さんと優ちゃんの映画を見に行きました。『お父さん、あれが亮太の嫁だよ。山里家に来るんだよ、信じられる? 私たちの時代だったら、吉永小百合さんがうちに来るみたいなもんだよ』って。内容なんて全然、頭に入ってきませんでした(笑)」

    そう語るのは、南海キャンディーズ・山里亮太(42)の実母だ。日本中が驚いた蒼井優(33)と山里の電撃結婚。交際期間2カ月で、6月3日に入籍届を提出したという2人。両親にも直前まで名前を明かさないほどの “超極秘交際”だった。
    実際、山里の母が蒼井と初めて会ったのは入籍のわずか4日前だったという。

    「亮太に言われて、5月30日に自宅へ行きました。優ちゃんは大女優さんとは思えないくらい、気配りができて素晴らしい女性でした。私がお茶を入れようとしたときには、『お母さんは座っていてください』と言ってくれてね。 話の途中で亮太が困ったときも、『こうじゃない?』と的確にアドバイスするんです。私が亮太に『優ちゃんがいらないと言っても、婚約指輪は買ってあげなさい!』と言ったときも、『いえ、私はいいんです。 物よりも2人で楽しい思い出をためていきたいので』と。本当にカッコつけないし、偉ぶらない子です」

    そんな山里の母だが、当初は心配していたという。だが、その思いは杞憂だったようだ。

    「だってうちのクズみないな子のところに、あんな大女優さんが来たんですから。亮太が強引に迫って、しぶしぶOKしてくれたのかなと思っていました。でも亮太の家で初めてお会いしたとき、優ちゃんが『初めまして、蒼井優と申します』とあいさつしてくれてね。私はポーッと見とれちゃって、『夢じゃないかしら。夢なら覚めないでほしい』と言ったんです。そうしたら、優ちゃんが『こちらこそです』と言って 笑ってくれました。あの会見を見ても、本当に相思相愛なんだということが伝わってきました」

    現在はまだ同居しておらず、これから新居探しをするという蒼井と山里。両家の顔合わせはこれからだという。そして母は、2人の今後について最後にこう語る。

    「優ちゃんには、亮太の扱い方をお伝えしました。あの子は気難しいところもあるんでね。『亮太はぷ〜っと不貞腐れるときがあるの。でも2時間くらい放っておけばいいから』と教えたんです。優ちゃんは微笑みながら 『はい、お母さん。わかりました』と言っていました(笑)。そして、亮太にはこう言いました。『あんた、すべて勝ち取ったね。何十倍も努力して、最後にこんな素晴らしいご褒美が来た。お母さんはお前のこと、誇りに思う』と。
    あとは『優ちゃんに捨てられないよう、一生懸命働きなさい。そして優ちゃんのことを一生懸命大事にしなさい』と。これからも2人で力を合わせて、頑張っていってほしいと思います」

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00010001-jisin-ent

    https://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/d/5/d554a022.png



    山里 亮太
    日本のお笑いタレント、声優、ナレーター、ラジオパーソナリティ。
    お笑いコンビ南海キャンディーズのツッコミ担当。
    愛称および別名義は「山ちゃん」、過去の別名義は「山里」。
    相方は、“しずちゃん”こと山崎静代。
    身長178cm、体重80kg。
    血液型AB型。
    妻は女優の蒼井優。
    ウィキペディア
    生年月日: 1977年4月14日 (年齢 42歳)
    生まれ: 千葉県 千葉市
    書籍: 天才になりたい


    18

    【山ちゃん母語る入籍4日前の対面「初めまして、蒼井優です」】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/11(火) 08:13:42.83 ID:AP8B7AeV9

    日本中が驚いた蒼井優(33)と南海キャンディーズ・山里亮太(42)の電撃結婚。交際期間2カ月で、6月3日に入籍届を提出したという2人。
    5日には結婚会見が行われたが、彼女は満面の笑顔を見せていた。
    そんな喜びいっぱいの結婚会見だったが、記者からは次々と容赦ない言葉も飛び交った。

    「山里さんは、よしもとでブサイクとも呼ばれていますが?」
    「“恋多き女優”などとも呼ばれていますが、いちばんの決め手をあげるとしたら?」

    なぜ“魔性の女”が“ブサイク芸人”を選んだのか。そんな意図の質問に、蒼井はこう答えた。

    「私を好きになってくれる男気です。一方的に私が好きになったとしても、(好きと)言っていただかないと前に進めないので……」

    その言葉の裏には彼女が歩んできた波乱の11年間があった――。

    蒼井といえば、これまで数々の芸能人との熱愛が報じられてきた。
    08年に岡田准一(38)との交際報道が浮上すると、10年には大森南朋(47)との熱愛が発覚。
    その後も鈴木浩介(44)や堤真一(54)、三浦春馬(29)や石崎ひゅーい(35)など“今をときめく有名人”との噂が伝えられてきた。
    次々と出る熱愛と破局。そのため“魔性の女”と形容するメディアもあった。

    「蒼井さんは、企業の社長や実業家のいる飲み会に顔を出すような社交的性格ではありません。
    必然的に、出会いは同業者などに限られてきました。いっぽう共演者とはいつも真剣に、作品について語り合ってきました。
    そうすることで距離感が近くなり、好きになってしまうというケースが多かったのです。
    ただ、熱愛が報じられた人たちはいずれも業界のスター。蒼井さんが追いかける恋もあったようです」(芸能関係者)

    だが、いずれの恋も長くは続かなかった。結果、蒼井は恋に疲れてしまったようだ。
    昨年12月19日放送のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ系)に、山里の相方である“しずちゃん”こと山崎静代(40)が出演。そこで友人の蒼井についてこう語っていた。

    《優ちゃん、最近はなかなかときめかないというか。『恋愛ができなくて困っている。こじらせている』と言っていて……。
    そんななかで今年唯一、恋愛の好きではないけど尊敬できるっていうのが山ちゃんだと。
    『本当にすごい尊敬していて』と言っていたんですよね》

    そんな彼女を癒したのが山里だったのだ。実は蒼井のように、数々の華やかな恋愛経験を経て“非モテ”男性に落ち着く女性は少なくないという。恋愛ジャーナリストのおおしまりえさんは言う。

    「イケメンからモテモテだった女性が緊張感のある恋愛に疲れ、1周回って“安心できる相手”に収まるというのはよくあること。
    30歳をすぎると周りでも結婚したり、子どもを産む女性が増えてきます。すると『このままでいいのかな』と迷いや焦りが出てくるもの。
    そうしたときに自分を愛してくれる男性が現れると、一気に好きになってしまうのです。
    これまでの刺激的な恋とは違う、対等に愛し愛される関係。そこに心地よさを感じるようです」

    蒼井もそうした“1周回って安心できる存在”に出会えたことで、結婚を決断できたようだ。

    「山里さんは『結婚前提に付き合ってください』と交際を申し込みましたが、こうした実直なアプローチも新鮮に映ったようです。
    そしてここ数年は恋に奥手になっていた彼女が、ついに決意したのです」(前出・芸能関係者)

    https://news.livedoor.com/article/detail/16599054/
    2019年6月11日 6時0分 女性自身

    https://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/4/3/43e90820.jpg



    蒼井 優
    日本の女優、モデル。
    イトーカンパニー所属。
    ウィキペディア
    配偶者: 山里 亮太 (2019年から) 急上昇
    生年月日: 1985年8月17日 (年齢 33歳)
    生まれ: 春日市
    本名: Yu Natsui
    身長: 160 cm


    20160622131107216

    【蒼井優、1周回って山ちゃんに決めた理由】の続きを読む

    このページのトップヘ