芸能人の気になる噂

芸能ニュース・芸能人・有名人の噂を紹介するブログです。

日本

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/05/23(水) 23:20:59.05 ID:5RX/0uuf0 BE:878978753-PLT(12121)

sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
「休めない」というイメージが強いですが・・・実は日本の祝日数は世界最多

3ヶ日を慣例的に休む会社は意外に多い
祝祭日数1位の日本は17日、2位は香港で13日、3位はシンガポールで11日に

しかも正月は休日である元日だけでなく、2、3日を加えた三が日を慣例的に休む会社が多い。一斉休業日が日本は多いんです

米国はGWもなく、祝日は微々たるもの
実のところ、アメリカの祝日は年間たったの10日(※)しかないんです

(さらに)アメリカではGWなどの長期休暇は存在しません。それどころか、1月2日から仕事が始まり、
大学なども学校によっては1月2日から授業が始まります

他の国からすると「かなり多い」との意見が
【ある韓国人の女性は…】
「韓国より多い。あとゴールデンウィークや年末年始など、大型連休は韓国ではほぼない」
【あるブラジル人の男性も…】
「日本の祝日数は多いです。母国では祝日が12日ありますが、みんなが多すぎるといっています。
それに、祝日が日曜日に当たっても、月曜日が振り替え休日になることはありません」

https://mat ome.na ver.jp/odai/2152695963929163401

img_35b4ac6e0ef3aff605436a1a31fa97d5225836

【日本と世界「休日数」を比べてみた結果…】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [ニダ] 2018/06/22(金) 21:28:24.32 ID:2YQb88pI0 BE:228348493-PLT(16000)


http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14900961/
no title

「富裕度」上位は東京・愛知がほぼ独占

財政力や住民の経済的豊かさを示す「富裕度」は、昨年と同様、武蔵野市(東京)と 東京23区のうち10区を合わせた計11市区がトップに並んだ(東京23区は、「財政力指数」「人口当たり地方税収額」の2指標について他市と比較可能な数値がないため、同指標を除外して算出している)。

武蔵野市は、都心部へのアクセスがよく、商業施設も集積しているため生活利便性が高い。
住みたい街としても根強い人気を誇り、富裕層の住民も多く、「納税義務者1人当たり課税対象所得」は9位、東京23区を除く順位では、高級住宅地として全国的に知られる芦屋市に次ぐ2位。
「財政力指数」「人口当たり地方税収額」のいずれも上位3位に入る。

12位の浦安市(千葉)は、東京23区を除いた市では2位となる。
1969年に地下鉄東西線が開通し浦安駅が開業、東京のベッドタウンとして発展してきた。計画的なまちづくりのもと、住宅地の建設と公共施設の整備が進められ、利便性の高い良好な住環境を形成している。

東日本大震災では市域の8割が液状化したが、復旧工事が進み2017年9月に国土交通省が発表した「基準地価」では、震災後初めて全地点で上昇に転じた。
また、「財政力指数」では武蔵野市を押さえて1位と、財源に余裕がある。

東京23区を除く3位はみよし市(愛知)。トヨタ自動車の工場をはじめ、自動車関連企業が数多く立地。
交通の便もよく、名古屋市や豊田市のベッドタウンでもある。法人市民税の伸びに支えられ、「人口当たり地方税収額」は2位、「財政力指数」は3位となった。

【日本の豊かな都市「富裕度」ランキングで東京と愛知が上位独占】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/17(日)19:38:02 ID:kgS

アメカス高校球児「2時間だけの練習を週2でやるやでー、ついでにバスケ、アメフトも練習しちゃうンゴwwwww」
→MLB、NBA、NFL量産

Koshien_Stadium_Ginsan_and_Liner_Vision-cro

【日本の高校球児「ハァ・・・ハァ・・・(5時間の練習を週7日)」→プロ野球がせいぜい】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/06/17(日) 17:28:34.43 ID:zrxb+NMt0 BE:323057825-PLT(12000)


億万長者が増えている。純金融資産が1億円以上の富裕層は国内に120万世帯以上と、アベノミクス前の2011年と比べて5割も増えている。
株高や起業で財をなした「いきなリッチ」たちは、湯水のようにカネを使う従来のお金持ちとは消費スタイルが違うようだ。
服装などはあまり気にせず、納得したものにしかお金を使わない。
新世代の億万長者の生活をのぞいてみた。

■服はセレクトショップ、飾らない

 「物欲は弱いかもしれま…

リーマンから10年、いきなリッチ現る
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3171124013062018H11A00/

10

【日本で億万長者が爆増中!1億円以上の富裕層は国内に120万世帯以上】の続きを読む

1: 金魚 ★ 2018/06/19(火) 11:56:05.96 ID:CAP_USER9

実は、国際サッカー連盟(FIFA)に加盟する国・地域のうち、約9割が「サッカー」ではなく、
「フットボール」をその国の言葉で呼ぶのが主流だ。
ではなぜ、日本では「サッカー」なのか。そして、伝統校の体育会サッカーには、なぜ「サッカー部」と呼ばないクラブがあるのか。
W杯開幕を機に、調べてみた。

 サッカーは19世紀にイングランド地方のパブリックスクールで生まれた。その当時は学校ごとにルールが違い、
他チームと試合するのも難しかったという。

そこで、関係者が協会を作ってルールを整備し、統一したことから、「アソシエーション(協会式)・フットボール」と呼ばれるようになった。
サッカーはアソシエーション=Associationの「soc」に「er」をつけた俗語「Socker」
(ソッカー、後にSoccer)に由来する。

 慶応大のサッカーはその名残から、いまも「ソッカー部」が正式で、ラグビーが「蹴球部」を名乗っている。
東大や早稲田大では、「アソシエーション(協会式)・フットボール」に準じた、「ア式蹴球部」の名称をいまも守っている。
 筑波大や国学院大のサッカーが「蹴球部」を名乗るように大学の体育会は、漢字の名称を使うクラブが少なくない。

たとえば、早大や慶大などのテニスは「庭球部」。学習院大のバレーボールは「排球部」。
成蹊大や立正大のバスケットボールは「籠球部」。淑徳大のバドミントンが「羽球部」なら、明星大のハンドボールは「送球部」だ。

 ちなみに、朝日新聞に初めてサッカーの漢字の名称、「蹴球」という見出しの記事が載ったのは、1902年(明治2年)4月9日だった。
「蹴球会椿事(ちんじ)」と題した、英グラスゴーのスタジアムで起きたスタンド崩落事故を伝えるもので、
「死者廿(にじゅう)名負傷者百廿五名を出したり」とある。

 球技は主に欧米で生まれ、発展してきた。バレーボールは
「自陣から敵陣へ、球を排す」ことから「排球」、球を「撞(つ)く」ビリヤードは「撞(どう)球」、「打つ」ゴルフは「打球」、
もしくは「孔(あな)に入れる」から「孔球」。漢字の名称にはその競技の特性を言い当てた、先人たちの知恵が詰まっている。

 球技の名称は、戦争の影響を受けたこともある。1964年に刊行された「慶応義塾百年史 中巻(後)」には、こんな記述がある。

 「戦局が徐々に劣勢に傾くとともに、政府はそれらの用語をすべて日本語に改めた。たとえばラグビー・フットボールを闘球、
アメリカン・フットボールを鎧球、ホッケーを杖球、アイスホッケーを氷球としたごとくである」

 実際、1943年3月6日の朝日新聞朝刊にもこんな下りを見つけた。「ラグビーは“闘球”」と題し
、「更に飛躍して日本的球技を創案するといふ構想の下(中略)海軍土浦航空隊の諒解(りょうかい)を得て闘球と改める」。

 ただ、戦後は元に戻ったものばかり。今も漢字の名称が定着している球技は、五輪競技なら、野球、卓球、水球の三つだ。
朝日新聞ではそれ以外はカタカナ表記だ。

 漢字表記の金字塔を打ち立てたのはやはり、「ベースボール」を「野球」と言い換えた鹿児島市出身の教育者、
中馬庚のセンスだろう。
第一高等中学校(後の旧制一高、東大)のベースボール部員だった1894年、部史に日本で初めて「野球」の2文字を記した。

 「我部ヲ野球部トセバ大ニ義ニ適セリ」

 早めに適切な訳を決めないと、愛する球技に変な訳が定着してしまうかもしれない――。
そんな危機感からの提案だった。「ball in the field」。広い野原とボールのイメージから、
単なる直訳を超えて「野球」という言葉を導き出した。(吉永岳央)

https://www.asahi.com/articles/ASL6B4RD9L6BUTQP00Y.html

【日本はなぜサッカーと呼ぶ? 世界はフットボールが主流】の続きを読む

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/06/13(水) 11:37:53.31 ID:Jo90gskJO

ちなみに一番人気はドイツの5.5倍
ブラジル決勝トーナメント進出3.5倍←スゲーボーナスじゃないかこれwwwwww
全財産ぶちこむわ

11

【【悲報】サッカーW杯日本のオッズ決勝進出81倍で優勝が251倍】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [ヌコ] 2018/06/14(木) 22:37:10.51 ID:/UH82zyH0● BE:324064431-2BP(2000)

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
中国人の多くが、日本に対して大いに誤解していること それは・・・=中国メディア

 中国のネット上で常々「小日本」とやゆされている日本。確かにあまりに広大な国土面積を誇る中国から見れば、日本は「非常に狭い国」かもしれない。
しかし、世界的に見るとそこまで小さな国ではないのだ。中国メディア・東方網は13日、「日本は実は領土大国の部類に入る国だった」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本はわが中国に比べると、まるで小さな芋虫のようなサイズだ。しかも、中国に加えてロシアという広大な国があることで、
日本がますます小さく見えてしまう。しかし、実際のところ日本を『小さな国』と呼べる国はそう多くないのである」とした。

 そして、「日本の国土面積は約37万8000平方キロだが、これはヨーロッパで考えるとフランスよりもやや小さい一方で、ドイツや英国よりも広い。
欧州の中では上位の広さになるのだ。国土面積の世界ランキングでは、上位3分の1には入る」と説明している。

 また、「領海と排他的経済水域を合わせると約450万平方キロと、中国の陸地面積の半分にも及ぶ。そして、中国の海域面積は日本の半分程度だ」と指摘。
海洋部分を含めて考えると、日本はますます「小さな国」ではないとの見方を示した。

 さらに、「日本にとって不足しているのは資源だ。しかし、鉄鋼の生産量は欧州全体の生産量の65%を占め、米国よりも20%も多い。もし、
日本がロシアや中国の隣というポジションでなく、欧州にあったとすれば間違いなく『大きな国』だったのだ」としている。

 記事は最後に、「厳しい生存環境や不足する資源も日本という国を作ってきた要素になっている。生きていくために必死に工夫したり改善したりして
きたのだ。歴史問題など感情的には複雑ではあるが、日本は間違いなく強力で、かつ、リスペクトに値するライバルなのである」と締めくくった。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
http://news.searchina.net/id/1661313?page=1

【中国人の多くが、日本に対して大いに誤解していること】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: らむちゃん ★ 2018/06/10(日) 10:23:09.04 ID:CAP_USER

サーチナ2018-06-10 07:12
http://news.searchina.net/id/1660995?page=1

 中国メディア・東方網は7日、日本で1匹2万円の「カニ」を食べた中国人が「いくら何でも高すぎると思ったが、中身を見て納得した」とする記事を掲載した。

 記事は、日本を旅行した際に南西諸島に生息するヤシガニを食べる機会があったと紹介。「このカニはハサミの力が非常に強く、硬いヤシの実さえ開けて中の果肉を食べることからその名前がついたという。

話には聞いていたが、今回の日本旅行ではヤシガニを食べるチャンスが得られた。しかし、その値段が非常に高い。1匹でなんと2万円もするのだ」とした。

 そのうえで、生きたヤシガニを水の中で洗った後、叩いて気絶させるとカニ用のハサミである程度砕き、鍋の中に入れて蒸しあげると説明。「蒸しあがったヤシガニは真っ赤に変色して、見た目がとてもおいしそうだ。

とはいえ特に目立った点はなく、2万円という値段はぼったくりではないかと感じた」と伝えている。

 その後、店員が調理したヤシガニを持ってきてくれ、醤油につけて食べると非常においしいと教えてくれたのこと。そして記事は、「私はまずヤシガニの腹から食べようと、腹の殻を開いたところで、2万円を支払ったのは決して無駄ではなかったのだということに気づいたのである。

このヤシガニ、味噌がなんと多いことか。腹いっぱいに押し込まれていると言っても過言ではない。これこそ『最高級のシーフード』だったのだ!」と感嘆したことを紹介した。

 (全文は配信先で読んでください)

1660995

【【中国メディア 】日本で食べた「カニ」が1匹2万円、なんでこんなに高いのか・・・と思った直後に納得した!】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 風吹けば名無し 2018/06/11(月) 13:26:43.16 ID:qlo89ZBYd

http://www.itmedia.co.jp/business/spv/1806/11/news044.html
no title

no title


「日本の自動車関係税は世界でとんでもなく高いんです。ちょっと多いとか、そういうことを言っているんじゃないんです。例えばフランスは保有税はゼロです。米国との比較では31倍。そういう事実を皆さん報道してください

自動車工業会の会長としてこの問題を政府に陳情しても、まるで業界団体が政府に業界の応援をお願いしているような構図で報道されるんです。
そういう見せ方の報道をされると見ている人たちの中には『こないだ決算発表見たけど、自動車メーカー各社はもうかっているじゃない。何でもうかっている自動車メーカーを応援してやらなきゃならないんだ。税金いっぱい払えばいいじゃないか?』と思う人が多いと思うんです。

でも実態は違いますよね? 税金を払わされているのは、自動車メーカーじゃなくて、自動車ユーザーです。私たちはユーザーの代わりにお願いしているんです。自動車ユーザーって国民じゃないのかと言ったら、自動車ユーザーは国民でしょ。政治家も『国民、国民』って言うなら、国民である自動車ユーザーのことをもっと真剣に考えていただきたい。
自動車ユーザーから取るのは、取りやすいからです。取りやすいからとあれもこれもといろんな税金を積み上げていった結果、世界的に見てどうなのって言うと、世界でも異常なほど高くなっています。この事実をしっかり報道してください」

【トヨタ社長「日本の自動車関係の税は高すぎる」「若者のクルマ離れのせいにしている場合ではない」】の続きを読む

  • カテゴリ:
1:2017/06/16(金) 11:18:10.27 ID:
日本「外国が寿司をアレンジした?そんなの寿司じゃねーからボケコラ!!本物を分かってない情弱乙!!ウキー!!」

なぜなのか
【【画像】中国「日本がラーメンをアレンジ?ええやん」インド「日本がカレーをアレンジ?ええやん」】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/06/09(土) 18:18:24.74 ID:rwz4qvKr0 BE:323057825-PLT(12000)


サッカーW杯の季節が近づくと、さまざまな形で「優勝チーム占い」が行われる。
専門家や元選手、コメンテーターが真面目に結果を予想するのはもちろんだが、さまざまな生き物が登場する動物占いも風物詩となって久しい。

2018年大会の開催国となるロシアでは、ヤギに優勝チームを占わせる人が現れた。
“神託のヤギ”と呼ばれるザビヤカは、ロシア、フランス、アルゼンチン、ブラジル、ドイツなど強豪国の中から優勝国を予想。
ベルギーが優勝すると予言した。日本では、那須どうぶつ王国のインコ・オリビアが、日本のグループリーグの勝敗を占った。

そんななか、今回のW杯を控えて、人工知能(AI)を使って結果を占う人物も登場した。
その人物とは、数学的アプローチでサッカーを解明した書籍『Soccermatics』の著者として有名な、デイヴィッド・サンプター氏だ。
今回、彼が開発した人工知能「サッカーボット」は、ロシア大会における各国チームの優勝確率もはじきだしている。

サッカーボットは、直近の対戦オッズやチームのパフォーマンスデータを収集し、主要なマトリックスデータを分析・計算。
来るべき試合の結果を予想するシステムである。このデータを見る場合、3%以上の優勝確率を持つチームには、いずれも優勝する可能性が残っているという。

サッカーボットが優勝する可能性が最も高いとしたチームは、前回ブラジル大会の覇者・ドイツだった。優勝確率は28.6%。
2位はブラジルで25%。3位には、フランス、スペイン、アルゼンチンが選ばれた(ともに16.7%)。

気になる日本の優勝確率はわずか0.3%(32カ国中25位)と、ほぼ絶望的な数字となった。
日本がグループリーグで対戦する各国はそれぞれ、ポーランド3.3%、コロンビア2.5%、セネガル0.7%と、いずれも日本より高い数字が示されている。

なお、日本より下位にランクインしたのは、オーストラリア、モロッコ、韓国(ともに0.2%)、イラン、チュニジア、パナマ、サウジアラビア(ともに0.1%)だった。

人工知能がサッカーW杯を分析 日本優勝の確率は0.3%
https://forbesjapan.com/articles/detail/21469

【AIが「日本サッカーが優勝する確率」を分析した結果wwwww】の続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [US] 2018/06/09(土) 18:40:36.74 ID:fWVtxUJ20 BE:695656978-PLT(12000)


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180609-00273567-footballc-socc

「日本は弱すぎた」。W杯に向けて収穫乏しくスイスメディアも不満

スイス側にとってもこの試合から得られた収穫は必ずしも大きなものではなかったかもしれない。

スイス紙『オルトナー・タークブラット』は、「プレー的には、結果が表すほど全てが素晴らしかったわけではない」「スペクタクルはどこに?」とこの試合について伝えている。

試合については「全体的にゆっくりとしたリズム」と記述し、スイスがある程度良いプレーを見せたことを評価しながらも、どこか物足りなさを感じたという論評。
その理由として、「日本はスイスを困らせるには弱すぎた」と述べられている。

単なる「スパーリングパートナー」として招かれた相手ではなく、日本代表もワールドカップに向けた準備中であることを考慮すれば、「それ自体は良いこと」とスイス紙。だがスイス側にとっては日本は歯ごたえのない相手だと感じられたようだ。

14

【スイス「日本弱過ぎてびっくりした」】の続きを読む

このページのトップヘ