タルキール覇王譚


タルキール覇王譚。
プレインズウォーカー、サルカン・ヴォルの故郷である次元「タルキール」を舞台にしたタルキール・ブロックの1番目。
対立する5つの氏族。個性豊かな登場人物。手に汗握る物語。
MTGの歴史の中でも特に人気の高いセットとして語り継がれていくだろう。
3月に入りスタンダードで使える期間が残り1ヶ月となった。
ちなみに、ローテーション変更によりブロックごとではなく運命再編と共にスタン落ちとなる。
最後に各色、各クランから代表したカードをそれぞれ書き記そうと思う。


今回は・・・




green


緑といえばクリーチャーの色。
他の色の追随を許さないコストパフォーマンスを誇る強靭の体現者。
タルキール覇王譚においてもそれは変わることはなく、縦横無尽に戦場を踏破した。

そんな緑のタルキール覇王譚におけるMVC(Most Valuable Card)は・・・









~ 包囲サイ ~
包囲サイ
Siege Rhino / 包囲サイ (1)(白)(黒)(緑)
クリーチャー — サイ(Rhino)
トランプル 
包囲サイが戦場に出たとき、各対戦相手はそれぞれ3点のライフを失い、あなたは3点のライフを得る。

アブザンの軍獣が到来するだけで、敵は統制を乱して逃走を開始する。 
4/5

4マナ4/5。
緑にのみ許される強者の証である。
かの有名なアーナム・ジンがその優秀さを証明している。
彼には明確なデメリットが存在し、全盛期こそ気にならなかったが、再録された頃にはもはや時代遅れの産物となってしまった。
更に時を重ねテーロスにおいて荒野の収穫者が登場。
彼女は有用な能力を複数携えて登場し時の流れを感じさせた。
同セットには伝説ではあるが4マナ5/5の世界を喰らう者、ポルノクラスもいる。
彼らはクリーチャーの質が以前とは比べ物にならないところまできている、その代表は緑であると示した。

アーナムジン

荒野の収穫者ポルノクラス


そしてタルキール覇王譚にて登場した包囲サイ。
荒野の収穫者、ポルノクラスのような回りくどい能力はなく、トランプル。
緑の代名詞である。
これによりシンプルかつ強力な性能となったが、ここに至るまでは紆余曲折あったようだ。

まず当初は強情なベイロスのような対手札破壊能力であった。
これは基本セット2015に再録が検討されていたヴェールのリリアナに対抗するために持たされていた。
しかし、ヴェールのリリアナの再録がなくなったことで能力が変更されることになった。
これにより「打ち消されない」に変更となったが、テストプレイの段階で初期対応を用いたデッキが強すぎるとして危険視されたのだ。
そこで、トークンを突破するためにトランプルになったわけだ。

強情なベイロス初期対応


結果的にトークンデッキすべての脅威となり、恵まれた体格によりトークンでなくとも踏み潰している。
かくして時代を代表する緑のクリーチャーとして君臨し、現在に至るまで4枚のサイが戦場を包囲している。


スポンサードリンク



マジック・ザ・ギャザリング商品リンク
戦乱のゼンディカー ゲートウォッチの誓いイニストラードを覆う影
JP_BFZ_logo

Amazon 
日本語 英語
駿河屋 
日本語 英語
あみあみ 
日本語 英語

ゲートウォッチ

Amazon 
日本語 英語
駿河屋
 日本語 英語


イニストラードを覆う影

Amazon
 日本語 英語
駿河屋  
日本語 英語