光と影の剣

光と影の剣
Sword of Light and Shadow / 光と影の剣 (3)
アーティファクト — 装備品(Equipment)
装備しているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともに、プロテクション(白)とプロテクション(黒)を持つ。 
装備しているクリーチャーがプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたの墓地にあるクリーチャー・カードを最大1枚まで対象とする。あなたは、それをあなたの手札に戻してもよい。あなたは3点のライフを得る。 
装備(2)
光と影の剣とは死者再生軟膏。
 


ダークスティールのレア。
「火と氷の剣」と共に登場した、+2/+2修正に加えて対抗二色へのプロテクションと、プレイヤーへの戦闘ダメージによりその色に関連した能力が2つ誘発するトンデモ兵器。
後のミラディンの傷跡まで揃うことはなかった装備品サイクルである。
(クリーチャー色である綠は意図的に外されたようでそんなことはなかった。)

「光と影の剣」は白と黒。
共にクリーチャー除去に長けた色であり、除去耐性としてはサイクル中最強。
特に黒は対アーティファクトが絶望的で、手札破壊以外では対処不可能と言っても過言ではない。
出された瞬間全体除去が来ることを祈る羽目になる。

誘発するのは墓地からクリーチャーカードを1枚手札に加える、「死者再生」そのもの。
それと3点のライフを得る「治癒の軟膏」回復モード。

死者再生治癒の軟膏

除去耐性が高すぎるためか控えめである。
「死者再生」による息切れ防止効果で装備先を供給し続けられるが、クリーチャーが多いデッキでなければあまり意味はない。
「治癒の軟膏」により長期戦の構えを取れるが、そのようなデッキではクリーチャーを多くは積まない。
勝利に直結する要素を兼ね備えた「火と氷の剣」及び少し後に登場するもっとえげつない「梅澤の十手」に圧され構築における採用率はそう高くはない。
だが勘違いしてほしくないのはそもそも3マナ装備2マナで+2/+2、プロテクション(白)(黒)の時点でミラディンブロックらしい異常な性能だということである。

装備が初登場した金属次元ミラディンを代表するサイクルとしてプロモ及び再録にも恵まれている。

ジャッジ報奨
光と影の剣J

プロモの中でも特に豪華な仕様で定評のあるジャッジ報奨ではなんと旧枠仕様。
これに先駆け「火と氷の剣」も旧枠仕様で配布されておりコレクターは光に照らされ影に染まったであろう。

モダンマスターズ版
光と影の剣MM
 
ミラディンの傷跡に登場した残りの三組、「饗宴と飢餓の剣」「戦争と平和の剣」 「肉体と精神の剣」(精神と物理ではない)のイラストに合わせ、レアリティも同じく神話レアに格上げ。
もうお察しの通り「火と氷の剣」も同様の仕様で再録。リミテッド性能は特にひどい。 
だがこれらに関して異論はないだろう。
特にイラストは元々「光と影の剣」と「火と氷の剣」だけで対になるよう作られており、五枚すべてに統一感を持たせる意味でもいい配慮であろう。

Kaladesh Inventions
光と影の剣MPS

発明博覧会出展作品。
よく見たら持ちにくそう。


スポンサードリンク



マジック・ザ・ギャザリング商品リンク
モダンマスターズ
2017年版 
アモンケットデュエルデッキ
精神vs物理 
modernmasters2017

Amazon
日本語 英語
駿河屋
日本語 英語

アモンケット

Amazon
日本語 英語
駿河屋
日本語 英語


デュエルデッキ

Amazon
日本語 英語
駿河屋
日本語 英語