クローサの大牙獣

クローサの大牙獣
Krosan Tusker / クローサの大牙獣 (5)(緑)(緑)
クリーチャー — 猪(Boar) ビースト(Beast)
サイクリング(2)(緑)((2)(緑),このカードを捨てる:カードを1枚引く。) 
あなたがクローサの大牙獣をサイクリングしたとき、あなたは「あなたのライブラリーから基本土地カードを1枚探し、それを公開してあなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す」ことを選んでもよい。
6/5
クローサの大牙獣とは異常である。
 


オンスロートのコモン。
どう見ても豚野郎だがオンスロートなのでビーストだった。
だが後にクリーチャータイプに猪が追加されすべての問題は解決された。
デュエルデッキやアーチエネミーなどの特殊セットにたびたび再録され、猪である「クローサの大牙獣」の入手は容易である。

クローサの大牙日

性能面では読んでいただくとわかる通り、かなりぶっ飛んでいる。(イラストもぶっ飛んできている。)
オンスロートではサイクリング復活に伴いその拡張として、サイクリングしたら能力が誘発するカードが登場。
「クローサの大牙獣」はなんと基本土地カードを手札に加える。
後に登場する基本土地サイクリングや森サイクリングなどのカードタイプ指定のサイクリングとは異なり、通常のサイクリングのおまけ。
すなわちさらに手札が1枚増えるのである。実質3マナ2ドロー。青かな。

戦場ではなく手札に加わるという点に注意が必要で、土地加速ではなく土地サーチである。
過去のカードでは「地勢」がほぼ同一の性能を持っており、インスタントタイミングかつキャントリップの「地勢」といえる能力である。

地勢
Lay of the Land / 地勢 (緑)
ソーサリー
あなたのライブラリーから、基本土地カードを1枚探す。それを公開し、あなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

クリーチャーとしては俗にいう『戦場に出ないクリーチャー』の一種だが、7マナ6/5。
神話に語り継がれる「巨大イボイノシシ」には劣る場面が多いが、このサイズは正義である。
しかし、サイクリングという後半においても役立つ能力のおかげでやはり戦場には出てこない。

サイクリング3マナという容易に支払えるコストを含め、おおよそ弱い場面は見当がつかない。
緑が入るデッキならなんにでも入れていいんじゃないかというレベルである。
特に「霊体の地滑り」「稲妻の裂け目」といったサイクリングの新機軸を駆使したオンスロート期を代表するデッキ:アストログライドにおいては多色コントロールの土地供給かつトリガーとなるサイクリングという抜群の適正を魅せた。

これでいてコモン。
私も大変お世話になりました。





シェフェトのオオトカゲ

Yeeeeeeeeeeeeeah!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 

アモンケットに登場する「シェフェトのオオトカゲ」。6/5は明らかなリスペクトである。
サイクリングが1マナ重くなってしまったが、砂漠もサーチ範囲に。
直接戦場に出すようにもなった。しかもアンタップインである。
なお本体が1マナ軽くなったが戦場には出ない。

やはり4マナになってしまったのが気になるが、採用の余地は充分にあるだろう。
「クローサの大牙獣」との土地の扱いの違いには注意したい。
サイクリングに限らず、多様な能力を持つ砂漠が効果的に働く環境であれば「クローサの大牙獣」に匹敵する活躍を見せるかもしれない。



スポンサードリンク



マジック・ザ・ギャザリング商品リンク
モダンマスターズ
2017年版 
アモンケットデュエルデッキ
精神vs物理 
modernmasters2017

Amazon
日本語 英語
駿河屋
日本語 英語

アモンケット

Amazon
日本語 英語
駿河屋
日本語 英語


デュエルデッキ

Amazon
日本語 英語
駿河屋
日本語 英語