アンデッドの剣闘士

アンデッドの剣闘士
Undead Gladiator / アンデッドの剣闘士 (1)(黒)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) バーバリアン(Barbarian)
(1)(黒),カードを1枚捨てる:あなたの墓地にあるアンデッドの剣闘士をあなたの手札に戻す。この能力は、あなたのアップキープの間にのみ起動できる。 
サイクリング(1)(黒)((1)(黒),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)
3/1

アンデッドの剣闘士とは最終的にかならず勝てる。
 


オンスロートのレアゾンビ。
バーバリアンでもあるが、おおよそゾンビとして活躍している。

3マナ3/1という攻撃偏重なサイズである。
タフネス1という脆さが目立つが、(1)(黒)と手札1枚をコストに墓地から手札に帰ってくる。
アップキープ限定なことには注意が必要だが、パワー3が何度も帰ってくるのは非常に嫌らしく、じわじわと相手の戦力を消耗していく。除去呪文、打ち消し呪文にはめっぽう強い。

それに加えてサイクリング。
脳筋でありながら単体で手札交換と墓地肥やしを実現する有能ゾンビである。
アグロデッキ息切れ防止よりも序盤無理に戦場に出さずに変換しておき、マナが潤沢となった後半に回収し戦場へ投入といったコントロールデッキの方が適しているだろう。
しかし「アンデッドの剣闘士」だけでは手札が減っていくので追加ドローゾンビ「墓生まれの詩神」と併用する形が多く見られた。

墓生まれの詩神
Graveborn Muse / 墓生まれの詩神 (2)(黒)(黒)
クリーチャー - ゾンビ・スピリット
あなたのアップキープの開始時に、あなたはカードをX枚引き、あなたはX点のライフを失う。Xは、あなたがコントロールするゾンビ(Zombie)の数である。

3/3

自身のゾンビであるのでX=1は確定している。
あまりにゾンビが並びすぎるとライフを全部吸い取られかねないのでこちらもやはりコントロール向き。
共にパワー3でそこそこ戦闘力はありながら優秀なドローエンジンを構築する。
あとはもう潤沢な呪文を詰め込んでリソースの差がどんどん広がっていく寸法である。
沼が潤沢に揃ってから「陰謀団の貴重品室」の膨大な黒マナを背景に「強迫」「チェイナーの布告」「燻し」「もぎとり」がその代表で沼参照ドレインの「堕落」に沼参照手札破壊の「精神ヘドロ」まであった。
これら有効札を能力により適切に揃える「アンデッドの剣闘士」は手札、戦場、墓地をぐるぐる転戦していく剣闘士であり遣唐使である。



?????????????



墓地に落とすのが得意でも
記事をオトすのは難しい。


スポンサードリンク



マジック・ザ・ギャザリング商品リンク
モダンマスターズ
2017年版 
アモンケットデュエルデッキ
精神vs物理 
modernmasters2017

Amazon
日本語 英語
駿河屋
日本語 英語

アモンケット

Amazon
日本語 英語
駿河屋
日本語 英語


デュエルデッキ

Amazon
日本語 英語
駿河屋
日本語 英語