ディミーア家の護衛

ディミーア家の護衛
Dimir House Guard / ディミーア家の護衛 (3)(黒)
クリーチャー — スケルトン(Skeleton)
畏怖
クリーチャーを1体、生け贄に捧げる:ディミーア家の護衛を再生する。 
変成(1)(黒)(黒)((1)(黒)(黒),このカードを捨てる:あなたのライブラリーから、このカードと同じ点数で見たマナ・コストを持つカード1枚を探し、それを公開し、あなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。変成はソーサリーとしてのみ行う。)

2/3

ディミーア家の護衛とは神の怒りである。
 


ディミーア

ラヴニカ:ギルドの都のコモン。
4マナ2/3に3個の能力盛り合わせ。
1個目は回避能力である畏怖。もはや死語となった畏怖。
畏怖(このクリーチャーは、アーティファクト・クリーチャーや黒のクリーチャーによってしかブロックされない。)
後に威嚇となり現在は威迫となった。
アタッカー向きとは言い難いサイズだがないよりはいいだろう。

2個目は再生。もはや死語となった再生。
(このターン、次にこのクリーチャーが破壊される場合、それは破壊されない。代わりに、それをタップし、それに与えられているダメージをすべて取り除き、それを戦闘から取り除く。)
コストはクリーチャー1体。マナコストが不要なのが大きな利点。
なお「他の」ではないので自分も食える。

3個目は変成。
変成(X)((X),このカードを捨てる:あなたのライブラリーから、このカードと同じ点数で見たマナ・コストを持つカード1枚を探し、それを公開し、あなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。変成はソーサリーとしてのみ行う。)
下顎は探し出せなかった。

特に4マナの変成というのが重要。
神河+ラヴニカ期のコントロールデッキにおいて4マナにはパワーカードが多く、状況に応じてサーチできるのが非常に強力だった。「神の怒り」・・・現役最後の活躍である。

神の怒り9
Wrath of God / 神の怒り (2)(白)(白)
ソーサリー
すべてのクリーチャーを破壊する。それらは再生できない。

説明いらないレベルの問答無用の最強破壊呪文。見えててもその脅威は依然変わりなく、デッキによってはバレてても対処できない。
ドローソースの乏しい白と組むにあたり確定サーチはとてつもない魅力である。

信仰の足枷」・・・万能疑似除去エンチャント。4点回復がおまけにしては強い。

上記の2枚は汎用性が高く4積みでもおかしくない。だがソーサリータイミングで時間こそかかるが確実に用意できるのはでかい。2枚目を持ってきてもいい。
これらに加え状況に応じてぶっ刺さるカードを少数仕込んで置くことでシルバーバレット戦略が容易に行えた。

「悪夢の虚空」・・・1枚破壊ソーサリー。発掘2により繰り返し使用可能で長期戦に強い。
「迫害」・・・色指定手札破壊ソーサリー。1回打てれば充分凶悪。多色カードが強く刺さりやすかった。
魂の裏切りの夜」・・・伝説のエンチャント。全体-1/-1修正のアグロ殺し。苗木が生えない。
「象牙の仮面」・・・エンチャント。自分に被覆。手札破壊と火力から守る。
「頭蓋の摘出」・・・カード名指定追放ソーサリー。頭蓋を渡し朽ち果てていく護衛は涙なしには見られない。

goei

これら全部が4マナ。なんでもござれだ。

とは言ってもただのサーチならば「魔晶の教示者」でいい。
しかし再生を持った壁としての役割、おまけに畏怖で地味にライフを削れる。
それだけでなく扱いやすいサクリ台としても機能し、おもむろに「夜の星、黒瘴」「明けの星、陽星」を喰らい死亡時誘発型能力を炸裂させる役割を併せ持つ。
幅広く、そして抜群の相性を見せたオルゾフコントロールにてデッキの屋台骨となりプレイヤーを護り抜いた。




ディミーアとは


スポンサードリンク



マジック・ザ・ギャザリング商品リンク
統率者
2018
基本セット2019
ブースターBOX
ラヴニカのギルド
ブースターBOX
kihon

Amazon
日本語 英語
駿河屋
日本語 英語



MTGGRN_JP_BstrDsp
Amazon
日本語 英語
駿河屋
日本語 英語