羽虫の大群

羽虫の大群
Fog of Gnats / 羽虫の大群 (黒)(黒)
クリーチャー — 昆虫(Insect)
飛行
(黒):羽虫の大群を再生する。

羽虫を千匹叩きつぶすことはできるさ。しかしすぐまた千匹襲ってくるよ。
1/1

羽虫の大群とは1/1くらいの記事である。
 


ウルザズ・レガシーのコモン。
他のカードではGnatは「」と訳されているが、まあ蚊とかそういう小さいブンブン系の総称だろう。英語4の私を信じろ。
Fog of Gnats、カード名では「羽虫の大群」と訳されたが、羽虫の霧。良い表現である。
思い描く理想の夏風景と言えば青い空に白い雲。ひまわり畑で麦わら帽子に白いワンピース、長い黒髪を風になびかせた大きな装備の少女だが、現実は羽虫である。
蚊柱なるFog of Gnatsは我々の行く手を先読みしているがごとく生成され、暗順応が万全でない夕暮れ時はその視認性の低さから気が付いたら突入しており、やたらと顔面に纏わりつく。
なんやこのっぺっぺっ!と人目もはばからず抵抗する様こそニッポンの夏である。
なお蚊柱はユスリカという蚊が生成するもので彼らがGnatsなのかはわからないし、グーグル検索してるだけでむず痒くなってきたので深く追及しないことにする。少なくとも羽虫ではある。
例えは無視だろうが少年時代では彼ら虫は友達だった。しかし今では生理的にうけつけない。
この現象。大人になるってこういうことなんだろうな。美少女は今でも受け付けるのにな。

たかが1/1。だが飛行で再生。絶妙なうざさは羽虫をよく表現できている。なおデルバーは1マナ3/2飛行の昆虫である。
『羽虫を千匹叩きつぶすことはできるさ』とはいうが実際できない。実際やっても手にこびり付いた千匹分死骸は業が深すぎる。
つぶす以外の対処法、例えばヤマツカミと共生してる奴は水属性が弱点だが、そもそも斬撃だろうが刺突だろうがよく通るので隙の少ない小回りの利くモーション全般が有効。病み村に巣くう奴らは攻撃をひっかけやすい横振りモーションの近接攻撃。しかしそれよりロックオンして投げナイフなど遠距離攻撃が有効。特に炎が弱点で火焔瓶投げておけば大丈夫。
しかし「羽虫の大群」はよりにもよって再生持ちでキリがない。物理攻撃でも火炎瓶でも倒しきれない。なお「火葬」。

これ以上書き続けてもキリがない。

無視しないでください。


スポンサードリンク



マジック・ザ・ギャザリング商品リンク
統率者
2018
基本セット2019
ブースターBOX
ラヴニカのギルド
ブースターBOX
kihon

Amazon
日本語 英語
駿河屋
日本語 英語



MTGGRN_JP_BstrDsp
Amazon
日本語 英語
駿河屋
日本語 英語