崇高な工匠、サヒーリ

サヒーリw
Saheeli, Sublime Artificer / 崇高な工匠、サヒーリ (1)(青/赤)(青/赤)
伝説のプレインズウォーカー — サヒーリ(Saheeli)
あなたがクリーチャーでない呪文を唱えるたび、無色の1/1の霊気装置(Servo)アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成する。 
[-2]:あなたがコントロールしているアーティファクト1つと、あなたがコントロールしている他のアーティファクト1つかクリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、その前者はそれの他のタイプに加えてアーティファクトでもあることを除き、その後者のコピーになる。

5

崇高な工匠、サヒーリとはウルザとミシュラ足して割ってない。
 


発明と芸術の次元:カラデシュ。
ドワーフやエルフといった種族超えて多くの発明家がいる中で当代最高の金属細工師であるのが彼女、サヒーリ・ライである。
目にした生物なら何でも複製が可能で、次元を行き来できるプレインズウォーカーの能力も作品制作に活かしている。
芸術性もさることながら発明博覧会で開かれた職人同士の決闘で一晩二十五連勝無敗の記録を打ち立てており、実用面でも圧倒的。
最高傑作は「守護フェリダー」の複製品である。

サヒーリライ守護フェリダー

これに関して語ると灯争大戦に辿り着けなくなるので割愛。

プレインズウォーカーであることから発明家仲間のラシュミが作る発明品・・・次元を超える転送装置『次元橋』の危険性にも気づいていたが、発明家としての功名心に燃える彼女を止めることはできなかった。
カラデシュの偉い人、テゼレットがこれを利用しようと発明品をすべて奪い去って行くと、その悪用を防ぐため、彼を追う改革派及びゲートウォッチに協力。『次元橋』を破壊しラシュミも助け出すことに成功した。
なおテゼレット、『次元橋』の核を取り込んでおり復元に成功した模様。やはりこの男、仕事ができる。

ラシュミ次元橋

未踏世界の物語

イクサランにてプレインズウォーカー閉じ込めていた『不滅の太陽』がどっか行ったことで次元渡りができるようになったファートリが最初に次元を渡った際にカラデシュへたどり着き、サヒーリと出会う。
イクサランと全く違う煌びやかな街に興奮を爆発させるファートリ。
ファートリが語る『恐竜』に発明家としての好奇心を爆発させるサヒーリ。
同姓で歳も近いらしい彼女たちはすぐに打ち解け、灯争大戦でも巻き込まれる形で共に参戦。
そのまま友人関係になっていたようだ。

イクサラン 彼らの謀り
灯争大戦 絢爛の聖堂へ

灯争大戦版のカードでも複製能力は健在。
しかし、素材となるアーティファクトを別のアーティファクトもしくはクリーチャーのコピーにする形になった。
常在型能力により素材は用意できるのでコンボを意識せずとも腐るということはないだろう。
どちらかと言えばこの『クリーチャーでない呪文を唱えるたびに1/1が生成される』という常在型能力こそが彼女の強みである。
『ラヴニカのギルド』以降、青赤イゼットドレイク及びイゼットフェニックスが環境に存在し、共にインスタント、ソーサリーを多用する構成になっている。
共にコピー先に有効な飛行クリーチャーが軸であり抜群に相性が良い。
最も、灯争大戦以前にデッキとして完全に完成されていることから、採用するかは個人差があるように見える。
インスタントとソーサリーの枚数が重要なデッキで、それらを削りプレインズウォーカーをねじ込むのは無視できない欠点なのである。フェニックスはまだしもドレイクは特に枠が厳しいだろう。
混色であることを活かし、赤単青単どちらのアグロでもクリーチャー以外を使わないということはないので採用の余地はある。だが特に赤単は普通に殴った方が速い。

総じて、アーティファクトを利用する、それどころかクリーチャーでない呪文という青と赤両方の特徴を人物面でもカード面でも存分に発揮している女性である。

おまけ:独断と偏見によるプレインズウォーカーの強さランク。

ソシャゲーのwikiでよくある、キャラの強さランク。
これを私個人が独断と偏見で勝手に決める。リセマラの参考にしてくれ。
前提として、明確に最強である現在のニコル・ボーラスを10/10、まだ若く発展途上故に際立った強さを描かれていないナーセットを5/5、俺たちゴリラを1/1。これらを基準として設ける。

サヒーリステンド
サヒーリライ
・次元:カラデシュ最高の金属細工師。金属糸で生物を何でも形作る。
・魔法により命令可能。ただの芸術品ではなく戦闘に使用。
・発明博覧会における発明品による決闘で改革派は全く歯が立っていない。
・そもそもラヴニカで連れていた小鳥の時点で永遠衆の頭を貫き即死させている。恐竜作ったらどうなるんだ。
・金属糸は無限にも長いと形容されており、カード通り何体でも製作できる模様。
・敵対者には容赦がない性格で発明競争や戦闘行為はやぶさかではない。アーティファクトを完全に使用不可にでもしない限りどうしようもない。
・それ以外では人格者として振る舞いカラデシュの有名人にして人気者。
・次元:カラデシュ最高の金属細工師。金属糸で生物を何でも形作る。
・魔法により命令可能。ただの芸術品ではなく戦闘に使用。
・発明博覧会における発明品による決闘で改革派は全く歯が立っていない。
・そもそもラヴニカで連れていた小鳥の時点で永遠衆の頭を貫き即死させている。恐竜作ったらどうなるんだ。
・金属糸は無限にも長いと形容されており、カード通り何体でも製作できる模様。
・敵対者には容赦がない性格で発明競争や戦闘行為はやぶさかではない。アーティファクトを完全に使用不可にでもしない限りどうしようもない。
・それ以外では人格者として振る舞いカラデシュの有名人にして人気者。
評価不能。 
むちゃくちゃじゃねえか。



スポンサードリンク



マジック・ザ・ギャザリング商品リンク
ラヴニカの献身
ブースターBOX
基本セット2019
ブースターBOX
ラヴニカのギルド
ブースターBOX
ラヴニカの献身


Amazon
日本語 英語

駿河屋
日本語 英語

kihon

Amazon
日本語 英語
駿河屋
日本語 英語



MTGGRN_JP_BstrDsp
Amazon
日本語 英語
駿河屋
日本語 英語