一般社団法人ひきこもりUX会議 オフィシャルブログ

一般社団法人ひきこもりUX会議とは・・・当事者目線で「新しい生き方」を提案していくことをコンセプトに活動する、ひきこもり経験者グループです。

ひきこもりUXフェスでは、支援団体や当事者グループのブース出展もあります。事前にチェックして話を聞いてみたいなと思う団体にはぜひ声をかけてみてください。(まだ増える可能性もあります)

HPはこちら →
 ひきこもりUXフェス 出展ブース


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




ひきこもりUX会議、第一回目の動画をアップ中。雇わらない働き方を林さんが提案してくれました。だいたい2分弱の動画です。動画はの元アドレスはこちら https://www.youtube.com/watch?v=qvaIEMNIMtM
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016-04-01


日 時 4月1日

参加者 川初、恩田、石崎、石井、林

■助成金/ラッシュ

→ 入金確認
→ 写真は撮り直そう

■ブース状況

→ 17団体になりました。FBで紹介しましょう

■チラシ残数 → 40枚/増刷なしの方向で

■各担当が必要な備品をフェイスブックに書き込む(〆4/4)

・パワーポイント用のプロジェクターが必要です(石井)

■恩田、会場図を更新へ(〆6日・水)

■ブース出展者向けのルールと片付け方法の作成(担・林/〆4月16日)

■恩田さんがヘルプ!!「想像以上に忙しいです。みなさん、お願いしまっす」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016-03-25


・石井・林・恩田・室井・川初・石崎

【報告】
・遠藤さんと打合せ終了。武田さん、竹村さんは当日打合せ

【支援者ブース】
・ブース出展申し込み状況
現在14団体
必達15
目標20団体
・団体数を24→20へ

【メディア進展状況】
・次の会議までに進展させる(石井)

【当日のレポートについて】
発想「来てない人にも情報を届けられないか」
・当日のブログ 
・リアルタイム更新

【当日の講演録担当】
・テープ起こし
大橋 遠藤さん×武田さん
恩田 竹村さん
石井 勝山さん×田房さん
林 泉谷さん

・編集
石崎 泉谷さん
石井 勝山さん×田房さん
室井 遠藤さん×武田さん 竹村さん 2本

・最終編集
川初

【書籍扱いをする登壇者】
・遠藤まめたさん
・泉谷閑示さん
・勝山実さん
・田房永子さん

【写真撮影について】
・メディア・スタッフは撮影出来るが、特定の個人がわかる場合は必ず本人の許可をとる。
・原則として参加者による参加者の撮影は禁止。
・不登校新聞ブースを写真撮影コーナーにする

【交流スペース】
・初参加者交流案
「初参加の方が気軽に参加出来る交流会が少ないのでは?」
絶対ぼっち会(当日一人で来た方のみ参加できる交流会)
なんちゃら女子会(女子会をやったほうがいいのでは)
持ち込み居酒屋(コヨーテのブースで川初さんがやる?)
誰でも参加出来そうな交流スペースのアイデアを考える(石崎)

・交流スペースのタイムテーブルの作成しなおし(石崎)

・交流スペースの役割
A ディスカッション
B さくっと
C じっくり交流会

【当日パンフの進捗】
当日の私達の声明の作成 3月29日まで(川初)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

4月16日のひきこもりUXまで、あと15日。

前回の興奮を思い出していただきたいと思い、動画をアップしました。
https://www.youtube.com/watch?v=faPYp2dlMx4

一人ずつ2分程度でまとめてあります。ぜひクリックしてみてくださーい。

石井
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

《生存戦略×生き辛さをどうする》

泉谷閑示さん
精神科医、作曲家

東北大学医学部卒業。精神療法を専門とする泉谷クリニック(東京/広尾)院長。診療の傍ら、大学・企業・地方自治体・カルチャーセンター等で講演を行う。TV、ラジオではNHKを中心にニュース番組、教養番組に出演。舞台演出や作曲家としての活動も行う。著書は「『普通』がいいという病」「反教育論~猿の思考から超猿の思考へ~」(講談社現代新書)、「『私』を生きるための言葉-日本語と個人主義ー」(研究社)など多数。

HP:
泉谷セミナー事務局

泉谷先生写真
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

≪生存戦略×働く≫

竹村 利道さん
公益財団法人日本財団 国内事業開発チーム・チームリーダー

1964年高知県生まれ。大学卒業後、医療機関、障害者施設にて障害のある人に関わる。障害のある人をダメにしているのは福祉だと気が付いて、「Not Charity But The Chance!(保護より機会を!)」をテーマにこれまでにない障害者就労のカタチを創造する日々に。高知での活動を経て、全国各地にモデルとなる就労を創るため、2015年4月より現職。

竹村利道




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


《生存戦略×マイノリティー》


遠藤 まめた さん
「やっぱ愛ダホ!idaho-net.」代表

1987年埼玉生まれ、横浜育ち。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をもとに10代後半よりLGBT(セクシュアルマイノリィ)の子ども・若者支援に関わる。全国各地の教育委員会や学校、子ども支援機関などで講演や研修を実施。また、毎年5月17日を「多様な性にYES!の日」として全国キャン ペーンを展開している。共著に『思春期サバイバル 10代のときって考えることが多くなる気がするわけ』(はるか書房)ほか。

HP:バラバラに、ともに。遠藤まめたのホームページ

12789743_637520559719538_448006976_o


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ