UXjoshikai-logo

 \運営スタッフ募集/ひきこもり女子会in表参道アベニューはじめます!

2016年6月に始まり、これまで全国で44回開催してきた「ひきこもりUX女子会」。第1回目の会場でもある表参道会場だけでも、これまでに17回の女子会を開催してきました。

表参道での女子会や全国キャラバンで各地を回りながら、「今後も継続してほしい」との声を多くの方からいただきます。
ひきこもり等の生きづらさを抱える女性たちにとって「ひきこもり女子会」が安心して居られる場、人とつながり直す場になりつつあることは、私たちUX会議女子会スタッフにとっても、とても嬉しいことです。
一方で、さらに全国各地に女子会を広げ、一人でも多くの方に「あなたは一人ではない」と伝えていくために、現在のひきこもりUX女子会運営スタッフ5名では継続していくことが困難な状況にもなってきました。

表参道会場は最多開催している場所でもあり、多くの方から「頻度を増やしてほしい」「これからも継続開催してほしい」という声をいただいていることから、①定期的に②継続して運営していく方法をスタッフ間で話し合ってきました。 そこで、今回新たに「ひきこもり女子会アベニューin表参道」として、生きづらさを抱える女性や、ひきこもりの当事者・経験者の女性が気軽に集まることのできる場を始めることにしました。 

この「女子会アベニュー」は通常の表参道の女子会とは違い、自由に出入りして話すことができるフリースペースとして開催します。基本的にUX会議女子会スタッフの参加はありません。この「女子会アベニュー」にボランティアスタッフとして運営に関わっていただける方を募集します。

                        ▼会についての詳細は下記をご覧ください▼


▼詳細
こんな方に関わっていただければうれしいです。
・ひきこもり女子会を始めてみたい
・ひきこもり経験者として何か関わりたい
・定期的に外出する理由がほしい

なお、主催はひきこもりUX会議となりますので、場所の予約や利用料金の支払いなどはひきこもりUX会議が行います。女子会アベニューでボランティアしてみたい、今すぐは無理かもしれないけど興味がある、とりあえず話だけでも聞いてみたい、など関心のある方はぜひお気軽にいらしてください。

▼ひきこもり女子会アベニュー説明会
日 時:2018年4月15日(日)13:30~15:00(開場13:00)
場 所:東京ウィメンズプラザ 1F/視聴覚室A[アクセス
参加費:無料 (飲み物はご持参ください)
予 約:不要 ※途中参加、途中帰宅、自主休憩など、ご自由にどうぞ
参加条件:一度でもひきこもりUX女子会に参加したことがある方


【交通】
・東急東横線・京王井の頭線・東京メトロ副都心線「渋谷駅」宮益坂口から徒歩12分
・東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B2出口から徒歩7分

▼休憩スペースについて
今回も会場内に休憩スペースを設ける予定です。また、施設内には誰でも自由に使えるスペースもあります(1F/交流スペース)。ご自分のペースでご参加ください。

▼参加にあたってのお願い
①当会で聞いた話は、会の中だけで留めていただくようにお願いします。当会以外の場での口外、SNS等での発信はご遠慮ください(主催者の発言は含みません)。参加された方が安心して語り合える場作りにご協力ください。


▼主催者の紹介

hayashi
 林恭子(はやし・きょうこ)
 新ひきこもりについて考える会、ヒッキーネット

高校2年で不登校、20代半ばでひきこもりを経験する。信頼できる精神科医や同じような経験をした仲間達と出会い少しずつ自分を取り戻す。様々なアルバイト、正社員などを経て、現在は2005年に結婚した夫と古本屋を経営し雇われない働き方を模索中。
【WEB】新ひきこもりについて考える会ヒッキーネット

onda
 恩田夏絵(おんだ・なつえ)
 ピースボートグローバルスクールコーディネーター

小学2年から不登校に。その後、ひきこもり、リストカットなどを経て定時制高校を卒業するが、“生きること”への希望を見いだせず、人生最期の旅のつもりで地球一周の船旅へ。様々なヒトと出会うことで“生きること”の多様性を実感。死ぬのをやめて現在の仕事に就職。2010年、洋上フリースクール『ピースボート・グローバルスクール』を開校。2013年6月には同性パートナーと東京都庁で結婚式を挙げた>
【WEB】ピースボート・グローバルスクール

maika
 室井舞花(むろい・まいか)
 教科書にLGBTを!キャンペーン共同代表/Love is Colorful主宰

13歳で自分の性的指向が同性に向いているのではないかと感じはじめる。中高時代は誰にも打ち明けられず、18歳でカミングアウト。多様な人たちが違いを超えて生きられる社会を目指し、当事者の立場から発信を続ける。現在は、岩手県遠野市と東京と行き来する生活。著書に『恋の相手は女の子』(岩波ジュニア新書)がある。

▼募集
当日準備・運営をお手伝いしてくれる方を募集します。会場設営や受付などの単純作業です。ご協力いただける方は、当日12:30に会場にお越しください。なお、事前の連絡は必要ありません。

▼お問い合わせ
ひきこもり女子会に関するお問い合わせは下記にご連絡ください。
[宛先]uxkaigi@gmail.com
※取材依頼に関してはコチラから