スペシャルブック表紙

「シリーズ わたしたちの生存戦略」ブックレット第2弾が完成しました!

\ご購入はオンラインショップから!/

オンラインショップBASE
「シリーズ わたしたちの生存戦略 ひきこもり女性たちのUX」
ブックレット販売サイト

2017年度、ひきこもりUX会議は「ひきこもりUX女子会」、「女性のひきこもり・生きづらさについての実態調査2017」、「ひきこもりUXフェスVOL.2」などの活動を通じ、全国のひきこもり等の生きづらさを抱える女性たちと出会ってきました。

2018年2月に開催したUXフェスには、男性の当事者・経験者や、ご家族、支援者の方にもご参加いただき、誰にとっても安心して集い、思いを語ることのできる場の必要性を改めて強く感じました。

こうした活動を通じて、生きづらさを抱える女性たちの置かれている状況や思い、また現場で感じ、考えたことを一人でも多くの方に伝えたいと思い、「シリーズ わたしたちの生存戦略」第2弾としてブックレットを作成しました。


調査結果の概要から、精神科医・斎藤環さんらが登壇した「ひきこもりUXフェスVOL.2」の講演録、「ひきこもりUX会議」理事による書き下ろしエッセイなども掲載。

新しいひきこもり支援のカタチ、誰もが生きやすい社会づくりを提案する、読み応えのある内容になっています。


ひきこもり等の当事者、経験者の方はもちろん、ご家族、また特に支援に携わる方々にも手に取っていただき、当事者への関わり方、今後のひきこもり支援のあり方を考える上でも、ぜひお役立てください。


「女性のひきこもり・生きづらさについての実態調査2017」報告書と合わせてご覧ください。


【タイトル】

シリーズ 私たちの生存戦略『ひきこもり女性たちのUX~実態調査から見えてきたこと』


【目次】

・はじめに

・ひきこもり女子会から実態調査へ

・「女性のひきこもり・生きづらさについての実態調査2017」から見えてきたこと(新雅史、恩田夏絵、林恭子、 室井舞花)

・『当事者』の声から考える新しい支援の形(飯島裕子、小園弥生、濱政宏司)

・つながりが生む自己肯定感―自助会・家族・地域―(斎藤環)

・当事者の声を聴く〜共に生きる社会を作るために〜(林恭子)

・調査で見えた"生きづらさ最大の理由"(石崎森人)

・"当事者"の垣根を越えて(室井舞花)

・ひきこもりの『フラジャイル』な野性」(川初真吾)

・特別コラム「実態調査によせて」(新雅史)

・終わりに


【サイズ】

A5(74p)


商品名:シリーズ 私たちの生存戦略『ひきこもり女性たちのUX~実態調査から見えてきたこと』

価 格:定価1,000円

       活動応援価格2,000円げます。)は、ぜひ活動応援価格でご購入いただけます
発 行:一般社団法人ひきこもりUX会議
※私たちの活動にご賛同、ご協力いただける方は、ぜひ活動応援価格でご購入いただけますようよろしくお願い申し上げます。


\ご購入はオンラインショップから!/

オンラインショップBASE
「シリーズ わたしたちの生存戦略 ひきこもり女性たちのUX」
ブックレット販売サイト



※ひきこもりUXフェスVOL.2の特典付きチケットをご購入いただいた方には、4/21付けで「女性のひきこもり・生きづらさについての実態調査2017スペシャルブック」として本品を発送させていただきました。