securedownload-1

4月15日(日)に「ひきこもりUX女子会アベニューレクチャー会」を開催しました。当日の様子をお伝えします。

▼詳細レポートは「続き」をご覧ください▼
 
これまで約20回というUX女子会として最多開催をしてきた表参道で、ひきこもりUX女子会参加者の方々の運営で実施する「ひきこもりUX女子会アベニュー」についてレクチャー会を行いました。

ひきこもりUX女子会の運営やお手伝いに関心がある方を対象にしたレクチャー会には、約20名の方々が参加されました。
当日は、前半にひきこもりUX会議メンバーの恩田、林、室井から「ひきこもりUX女子会アベニュー」の案が出てきた経緯、これから皆さんに協力いただきたいことをお話ししました。
後半は、5月22日に予定している1回目の「ひきこもりUX女子会アベニュー」に向けて質疑応答、意見交換をしながら役割分担などを行いました。

uxkaigi


当日の議事録はこちらです。
ーーーーーー
参加者
1部26名
2部18名

<1部>(恩田・林・室井/UX会議)
▼現状の女子会の説明
今後、できるだけ多く全国各地に女子会が増えていってほしいと思ってる。現在UX女子会の運営スタッフは4名でやっている。開催地が増えてほしいという思いの一方で、それぞれに仕事や他の活動と並行して女子会を行っているので、このままでは継続して活動ができなくなるかもしれない、という不安がある。たくさんの方に「もう少し回数を増やして欲しい」という声もいただく。
そこで、UX女子会の合間を縫うように「UX女子会アベニュー」を開催したいと思い、皆さんと意見交換をしたくて今日の場を設けた。「アベニュー」はフリースペース的な場所を目指す。時間と場所はひきこもりUX会議で確保する。体験談を聞きたい、という人はこれまで通り「UX女子会」に参加していただき、もっと機会を増やしてほしいという方にはフリースペース的に集まる場として「アベニュー」に参加してもらうことを考えている。

▼「アベニュー」の意味
アベニューは、「大通り」という意味。表参道は「参道」という言葉がついている、さらにUX女子会の最多開催地。ゆるやかに話せる、自由に出入りしながら話せる場所、ふらっと行き来ができる場所という意味合いで「アベニュー」というネーミングにした。

▼ひきこもりUX女子会の特徴
人数が多い。気軽さとかアットホームさは出にくいけど、そのぶん流動的。いつ行ってもいい場所、流動的な場所として存在している。人数が多いことで、派閥的なグルーピングが起きにくく、安全性が高くなっている。

▼アベニューをどう運営するか?
当事者だけで会を催すのが基本。表参道の「ひきこもりUX女子会」は毎回80名前後と大人数だが、アベニューは人数も少なめになるだろう。人数に応じてテーマを決めて話しても良いし、体験談をやってもいい。安心安全と思える場であれば良い。
自助会の運営は基本的に「そこにいるだけでいい」もの。一人でやるのは負担があるので、何人かで手分けして運営する。UX会議のような女子会にしなくてもいい。気楽にやってほしい。アベニューにはUX会議のメンバーは参加せず、その場にいる人が協力して開催する。部屋の予約はUX会議メンバーがやるので、その日に来てくれる人を募りたい。
これまで他地域でも女子会が始まっている。始まり方は大まかに3パターン。
1、UX会議が開催する
2、自主的に始まっていく
3、UX会議と始めたい人が一緒に開催→徐々に自主運営になっていく(練馬、京都など)
アベニューは3に近い。
これまでと同じUX女子会は、今年度は隔月(偶数月)で開催予定。
アベニューは奇数月でやっていきたいと思っている。初回は5/22を予定している。

参加者から質問:毎回火曜日など決まった曜日の開催とかにはできない?
UX会議・林:希望通りには部屋が取れないし、バラバラの方がいい。働いている人もいるので、平日で固定しないほうがいい。

1部の話し合いは以上。具体的なことを2部で話し合うことに。

【2部14:00~】
簡単に全員の自己紹介。

▼5/22の説明
12:30直前に受付ボードをもらって部屋に行く(鍵はウィメンズプラザのスタッフが開ける)。借りているのは視聴覚室A/Bなので定員は約60名。
17:00までには現状復帰して返却
UX女子会がいつもどのように運営しているかの説明。開始時間や終了時間の決め方や、テーマトークの有無などについて説明。

主な支出は会場費とお菓子代、事務経費(アンケートをする場合はコピー代、名札代)。通常のUX女子会は参加者の方々の参加費で運営しているが、だいたい収支ゼロか少し赤字。UX会議は今年度も日本財団からの助成を受けているが、全国各地をキャラバンで回るための費用なので、アベニューも基本的には収入は参加費のみ。ただ、会場費などの経費はUX会議が負担するので、参加者は何人でもいい。運営に関わっていただく方は人数のノルマがあるわけではないので安心してほしい。
もし余剰金が出た場合は、UXが預かり今後のアベニューのためにプールしていく。(プールするお金が溜まっていけば安定して運営が続けられる。)

▼参加費の設定について
*初回はおためしで無料はどう?→お試し分の費用はどこから出るのかという問題がある。
*初回は100円にして、次回から徐々にあげるのは?林さんや恩田さんに会うために来ているので、初回から300円は高いのでは?→単価が安くなると、呼ばなければいけない人数が増える。
*運営スタッフの参加費はどうする?→通常の自助会はみんな払う。けれど必ずしもそうしなければいけない訳ではない。
恩田・林:どういう風に進めていくかはUXメンバーも手探り。スタッフがもてなす、ホストになるための会ではなく、対等な立場で開催したい。
参加者:参加費は「全員払う」で良いと思う。自助会なので参加費は当然払うものだと思う。
室井:スタートとしては全員払うで良いのでは?
《結論》参加費300円、参加者は全員払うで決定。プラスが出た場合は貯金。

▼当日の内容決め
部屋に入ってどうする?
A:フリースペース化(小さな島を作ってそれぞれ話す)
B:UX女子会と同じ(体験談+テーマトーク)
参加者:フリースペースは話しにくい。年代が若い子ばかりだと入りにくいし、大人数になってしまうと話しにくい。
恩田:大人数で、さわりだけでも話す。その後個別にするのも良いかも。実際にUX女子会でもそういう変化が起きている。
室井:運営はテーブルが8人とかになったときに、人数を整頓する必要がある。各自でやってもらってもいい。
林:椅子で円になって、好き勝手に話す自助会もある。
参加者:体験談はハードル高いので、フリースペースとテーマトークの両方あるのがいい。テーマと時間がだいたい決まってる、くらいのゆるい感じがいい。最初は大人数になったとしても、まず集まった人たちで話す。落ち着いたら細かく分けるのはどうか。いつもと変えない方がいいと思う。
参加者:フリーとテーマと2つあるのが良い
恩田:半分テーマトークのテーブル、半分フリートークのテーブルを作っておくくらいで良い?
林:全体的な時間の中でゆるゆると動きながらとか?
参加者:私はチェンジが好き。休憩タイムは必要。そのタイムでチェンジしたい人はするのが良い

《結論》Aに決定。「テーマトークを中心にした当事者会です。喋らなくてもOK」

▼UX女子会との差別化は?
参加者:UX会議の女子会との差別化が計れていない。「当事者が運営する会」というのを、もっと大々的に言った方が良い。
参加者:不安なので、一回はUX女子会に参加したことがある人を最低条件にしたい。
参加者:その条件だと、来たことがある人の側からしか考えられていない。ずっと来たかった人がいるかもしれないので、みんなに解放してあげたい。運営がきちんとフォロー説明すれば大丈夫。(UX女子会の説明をしたり)
参加者:同感。新しい人にはチラシを配ったりすることでナビゲートすれば大丈夫
参加者:自助会をやってるけど、宗教の人が必ず来てしまう。そういう人はマークしないと危険。俯瞰でみる人、観察する人、注意する人が必要だと思う。この運営メンバーの中から、そういう人を何人か選出するべき。
林:宗教、政党、営業活動、勧誘は禁止、とはっきり最初に言うことは大事。写真禁止、SNSに書かない、否定しない、話を独り占めしない、その上ではじめて来た人は受け入れた方がいい。

▼スケジュールと役割分担
12:30~13:30セッティング
13:30開場
14:00〜14:10はじめに
14:10~14:40トーク
14:40~14:50休憩
14:50~15:20トーク
15:20~15:30休憩
15:30~15:50トーク
16:00~17:00片付け、部屋を締めて終了(時間があまったら次の回に向けて話してもいいかも)
アンケートとる?→とることに決定

<必要な役割>
・受付、名札
・ルール説明
・設営

参加者:おつりはどうする?お金関係は信頼できる人じゃないとダメだと思う→意外と最低限の小銭で大丈夫。誰かに持って来てもらう。
参加者:当日確実に来れる人いるの?→3人手を挙げた
参加者:来れるかどうかは一週間前くらいに決めたい。「行ける」と言ってしまうのはプレッシャーがある。役割分担も負担。今はUXメンバーがいるから成り立ってる。
参加者:必ず来れる3人+補欠的な人がいればなんとかなるかも。当日何をやるか分からないのは不安、細かい役割を今日決めて欲しい。
林:困っても大丈夫、困れば誰かが助けてくれる。基本的に来てくれる人たちを信頼すれば良い。

この後、当日来れる人たち同士の連絡方法、UX会議メンバーとの連絡係などを決めた。
ーーーーーーーーーーーーー
議事録は以上となります。
5/22「ひきこもりUX女子会アベニュー」の詳細はこちらをご確認ください。