スクリーンショット 2018-12-31 14.16.20


2019年1月22日(火)埼玉・浦和でひきこもりUX女子会を開催します!


ひきこもり状態であったり、様々な生きづらさを抱えている女性を
対象に当事者体験談・交流会を開催します。

主催|一般社団法人くらしサポート・ウィズ
共催|一般社団法人ひきこもりUX会議 生活協同組合パルシステム埼玉
後援|生活協同組合パルシステム東京 パルシステム生活協同組合連合会




▼詳細は「続き」をご覧ください▼

▼詳細
日 時:2019年1月22日(火)13:30~16:00(開場13:00)
場 所:ぱる☆てらす4階会議室 アクセス
対 象:ひきこもり状態であったり、様々な生きづらさを抱えている女性
内 容:<第1部>体験談 <第2部>グループトーク
参加費:200円 ※お菓子ご用意します(飲み物はご持参ください)
予 約:不要 ※途中参加、途中帰宅、自主休憩など、ご自由にどうぞ
主 催:一般社団法人くらしサポート・ウィズ
共 催:一般社団法人ひきこもりUX会議 生活協同組合パルシステム埼玉
後 援:生活協同組合パルシステム東京 パルシステム生活協同組合連合会
お問い合わせ:一般社団法人くらしサポート・ウィズ
Tel: 03-6205-6719


<住所>埼玉県さいたま市浦和区東仲町10-7
<交通>JR浦和駅東口より徒歩3分
スクリーンショット 2019-01-15 18.50.14

▼参加にあたってのお願い
①当会で聞いた話は、会の中だけで留めていただくようにお願いします。当会以外の場での口外、SNS等での発信はご遠慮ください(主催者の発言は含みません)。参加された方が安心して語り合える場作りにご協力ください。
②この会は、ひきこもりや生きづらさを抱える当事者・経験者のみが参加できる会です。親御さんや支援者の立場の方でも、当事者・経験者で性自認が女性であればご参加いただけますが、その場合はあくまで“当事者”としての参加とし、親や支援者としての立場での発言はお控えください。
また、第一部のみ当事者・経験者ではない方にもご参加いただけます。第二部は当事者会となりますので、ご退出をお願いします。


▼スタッフの紹介

hayashi
  林恭子(はやし・きょうこ)
  新ひきこもりについて考える会世話人/ヒッキーネット事務局/NPO法人Node副代表理事

高校2年で不登校、20代半ばでひきこもりを経験する。信頼できる精神科医や同じような経験をした仲間達と出会い少しずつ自分を取り戻す。現在はNPO法人に勤務しながらイベント開催や講演などの当事者活動をしている。
【WEB】新ひきこもりについて考える会ヒッキーネットNPO法人Node


onda
 恩田夏絵(おんだ・なつえ)
 ピースボートグローバルスクールコーディネーター

小学2年から不登校に。その後、ひきこもり、リストカットなどを経て定時制高校を卒業するが、“生きること”への希望を見いだせず、人生最期の旅のつもりで地球一周の船旅へ。様々なヒトと出会うことで“生きること”の多様性を実感。死ぬのをやめて現在の仕事に就職。2010年、洋上フリースクール『ピースボート・グローバルスクール』を開校。
2013年6月には同性パートナーと東京都庁で結婚式を挙げた。
【WEB】ピースボート・グローバルスクール



▼お問い合わせ

ひきこもり女子会に関するお問い合わせは下記にご連絡ください。
[宛先]info@uxkaigi.jp
※取材依頼に関してはコチラから