_LOGO-UXjoshikaiOsaka2020_ol (1)
11/19 番外編「ひきこもり女子会の作り方講座」を開催します!

一般社団法人ひきこもりUX会議では今年度、大阪府内の市町と連携し、2020年8月から「ひきこもりUX女子会 in OSAKA6市」を実施することとなりました。その番外編として、大阪市中央区にて「ひきこもり女子会の作り方講座」を開催します。

この講座では、ワークを通じて参加者同士がコミュニケーションをとったり、つながりを作ることを目的としています。講座と称していますが、座学というより「ひきこもりUX女子会」でのテーマトークのように、少人数で話ができる/聞ける構成になっています。
これまでひきこもり女子会に参加した方には、自分にどんな変化があったかを振り返るきっかけになるかもしれません。「ひきこもり女子会をやってみたい」「いつもとはちょっと違った関わり方に興味がある」という方は、どうぞお気軽にご参加ください!

主催|大阪府
運営|一般社団法人ひきこもりUX会議

▼詳細は「続き」をご覧ください▼

▼番外編「ひきこもり女子会の作り方講座」について
<参加対象>
女性自認でひきこもり当事者、経験者、支援者、行政担当者など

開催日:2020年11月19日(木)
時 間:14:00-16:30(開場13:40)
場 所:ドーンセンター/4階大会議室1アクセス
    (大阪市中央区大手前1-3-49)
内 容:第1部 キーノートセッション(40分程度)
       ※ひきこもり経験者による体験談
    第2部 ワークショップ(1時間30分程度)
参加費:無料
参加方法:要申込(定員35名※先着順)
※申込サイトまたは問い合わせ先「大阪府青少年課」にお申し込みください。下部のチラシに掲載のQRコードからもお申込みいただけます。
 ≫申込サイトはこちらから

<会場アクセス>

▼スタッフ紹介
onda
● 恩田夏絵(おんだ・なつえ)
 ピースボートグローバルスクールコーディネーター

小学2年から不登校に。その後、ひきこもり、リストカットなどを経て定時制高校を卒業するが、“生きること”への希望を見いだせず、人生最期の旅のつもりで地球一周の船旅へ。様々なヒトと出会うことで“生きること”の多様性を実感。死ぬのをやめて現在の仕事に就職。2010年、洋上フリースクール『ピースボート・グローバルスクール』を開校。2013年6月には同性パートナーと東京都庁で結婚式を挙げた。
【WEB】ピースボート・グローバルスクール

hayashi
● 林恭子(はやし・きょうこ)
 新ひきこもりについて考える会世話人/ヒッキーネット事務局/NPO法人Node理事

高校2年で不登校、20代半ばでひきこもりを経験する。信頼できる精神科医や同じような経験をした仲間達と出会い少しずつ自分を取り戻す。現在はNPO法人に勤務しながらイベント開催や講演などの当事者活動をしている。
【WEB】新ひきこもりについて考える会ヒッキーネットNPO法人Node

maika
 ●室井舞花(むろい・まいか)
 Next Commons Labディレクター/Love is Colorful主宰

13歳で自分の性的指向が同性に向いているのではないかと感じはじめる。中高時代は誰にも打ち明けられず、18歳でカミングアウト。多様な人たちが違いを超えて生きられる社会を目指し、当事者の立場から発信を続ける。著書に『恋の相手は女の子』(岩波ジュニア新書)がある。
【WEB】恋の相手は女の子Next Commons LabLove is Colorful

▼お問い合わせ・取材依頼先
大阪府政策企画部 青少年・地域安全室 青少年課
[ホームページ]http://www.pref.osaka.lg.jp/koseishonen/kowakasaichalle/hikikomori_joshikai.html
[TEL]06‐6944‐9147
[FAX]06‐6944‐6649
[MAIL]seishonen@sbox.pref.osaka.lg.jp

▼ひきこもりUX会議へのお問い合わせは下記にご連絡ください
[MAIL]info@uxkaigi.jp

2020大阪女子会チラシ_page-0001
2020大阪女子会チラシ_page-0002
2020大阪女子会チラシ_page-0003
2020大阪女子会チラシ_page-0004