※定員に達したため、申込を締切とさせていただきました※(1月11日10:00)
UXkouenkai_logo_tokorozawa

2022年1月16日 埼玉県・所沢市にて講演会を開催します!

* * *

不登校、ひきこもりの経験者がお話しします

 「ひきこもり」について、支援者やご家族、そして当事者自身も、どこか思い込みや画一的なイメージにとらわれ、一人ひとりの多様さに対応しきれていない現状があるのではないでしょうか。
 この講演会では、ひきこもり経験のある講師2名から、自身の体験談やその時の思い、また家族や支援者ができることを当事者の視点からお話しします。会の後半には登壇者によるクロストークも予定しています。
 本講演会が、あらためて「ひきこもり」を捉えなおす機会になればと思います。
 講演会終了後には、会場にて「小さな交流会」も実施します。

※この講演会は厚生労働省「生活困窮者及びひきこもり支援に関する民間団体活動助成事業」の一環として実施します。

主催|一般社団法人ひきこもりUX会議
共催|社会福祉法人 所沢市社会福祉協議会
後援|所沢市

▼詳細は続きをご覧ください▼

▼講演会概要

●日   時:2022年1月16日(日)13:30〜15:30(開場13:00) 

●会   場:所沢まちづくりセンター(中央公民館)ホール[アクセス

●参 加 費:無料

●定   員:150名 ※申込先着順

●対 象 者:ひきこもり当事者、ご家族、支援者、関心のある方等、どなたでも

●申込方法:電話または申込フォームからお申込みください。

<お電話での申込>

社会福祉法人 所沢市社会福祉協議会
    相談支援課 あったかサポート「りーち!」

    TEL:04-2968-3773[月~金/9:00~17:00(土日祝・年末年始 休み)
申込締切:2022年1月13日(木)17:00


<申込フォーム>
申込フォームからお申込みください

申込締切:2022年1月15日(土)17:00



<会場アクセス>

▼登壇者
(敬称略)
スミレ4
●すみれ 24歳の時に環境の変化の積み重ねにより、断続的に約5年程ひきこもる。それ以前にも、中学時代のいじめ体験、高校・大学中退など、生きづらさを抱えてきたことに気づき、現在はひきこもりの当事者会など、居場所作りをしながら、どうすればこの生きづらさが減るのか…興味のある美術やアートを通して福祉や教育にアプローチするべく、日々模索中。

ぼそっとさん1
ぼそっと池井多(ぼそっといけいだ)
23歳からひきこもり。中高年に到る。VOSOT(チームぼそっと)主宰。ひきこもりの問題で行き詰まる親子のコミュニケーションを改善する「ひきこもり親子クロストーク」、長期高齢化した中高年ひきこもり当事者のための情報交換の場「ひ老会」、オンラインで全国から参加できるちょっと濃い目の対話会「4D」など開催中。当事者メディアHIKIPOS記者。著書に『世界のひきこもり』(寿郎社)。

hayashi

● 林恭子(はやし・きょうこ) 一般社団法人ひきこもりUX会議共同代表理事/新ひきこもりについて考える会世話人/ヒッキーネット事務局

高校2年で不登校、20代半ばでひきこもりを経験する。信頼できる精神科医や同じような経験をした仲間達と出会い少しずつ自分を取り戻す。2012年から、「自分たちのことは自分たちで伝えよう」と“当事者発信”を開始し、イベント開催や講演、研修会の講師などの当事者活動をしている。

【WEB】新ひきこもりについて考える会ヒッキーネット



アフターイベント「小さな交流会」について

会場では、講演会終了後に交流会を実施します。ひきこもり当事者や経験者はもちろん、ご家族や支援者、地域の方など、ひきこもりに関心のある方で集まってみませんか。

安心して集まれる場は誰にでも必要です。

「こんな状態にあるのは自分だけではないか」「何かできることはないだろうか」と思う方たちと、小さな交流会を開きたいと思っています。お気軽にご参加ください。


◎時間は16時頃から1時間程度を予定していますが、途中退出・休憩は自由です。

◎講演会終了後、スタッフから交流会の会場をご案内します。


*  *  *

<新型コロナウイルスの感染拡大防止対策について>

・会場では新型コロナウイルスの適切な感染防止対策(検温、体調確認等)を実施します。マスク着用や手洗いなどの自己管理を含め、取り組みへのご理解とご協力をお願いいたします。
・申込時にいただいた個人情報は本講演会の運営管理と、開催会場から参加者の名簿提出を定められている場合にのみ利用させていただきます。
※新型コロナウイルス感染症の状況や、予期せぬ自然災害の発生等によって開催日程の延期または中止を判断する場合があります。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策についての詳細はこちらをご確認ください


<本イベントには取材が入る可能性があります>

このような取り組みや現状を広く知っていただくため、新聞やテレビ等の取材を受け入れる場合があります。その場合は参加者の方々のプライバシーと安心・安全の維持に最大限配慮します。

※上記の開催中止や取材等については、開催前日までにひきこもりUX会議オフィシャルサイトや各SNSにてお知らせいたします。



▼ひきこもりUX会議へのお問い合わせは下記にご連絡ください



ひきこもりUX会議とは

Hooder_メールアドレス
ツイッター
フェイスブック
オフィシャルサイト


blogparts2021-01_onlineshop
blogparts2021-02_eventcalendar
blogparts2021-03_mailmagazine