UXtamatousho2024_zenki-logo

2024年5月24日「ひきこもりUX女子会 in 国立」
&「つながる待合室」を開催します!

【2024/5/23追記】
5月24日のひきこもりUX女子会in国立に、朝日新聞の取材の方が来られます(女性記者です)。
取材が入るのは第一部とつながる待合室となります。会場全体を撮影する場合は、会場後方からの撮影とし、ぼかしをかけて個人が特定できないよう配慮します。

ひきこもりUX会議では、ひきこもりや生きづらさに関して集まる場があることや、ひきこもり当事者の声を広く伝えながら、できるだけ多くの人に「ひとりではない」と知って欲しいという考えから、イベントにおいて取材の受け入れをしています。
当日の取材者の方には、細かな要望を伝え、それをご理解いただけた方のみ、取材に入っていただきます。

当日集まる皆で会場に来られない多くの方たちにも「あなたはひとりではない」ということを伝えられたらと思っています。ご理解、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。 

 ひきこもり状態にあったり、対人関係の難しさを感じているなど、さまざまな生きづらさを抱えている女性自認の方を対象に、当事者会を開催します。

 一般社団法人ひきこもりUX会議は、2020年度より「多摩・島しょ広域連携事業」として清瀬市、国立市、武蔵野市、東大和市、文京区、豊島区とともに「ひきこもりUX女子会&ママ会」事業を実施しています。今年度は新たに日野市が加わり、協力として調布市・国立市の社会福祉協議会も参加しています。

 ひきこもり状態にあったり、生きづらさを抱えて「こんな状態にあるのは自分だけではないか」「なんとかきっかけをつかみたい」と思っている女性が集い、ひきこもりの体験談を聞いたり交流をしたりする場です。年齢を区切らず、女性だけで安心して集まり「ひとりではない」と思える場を一緒に作りたいと思っています。
 2016年から開催している「ひきこもりUX女子会」は、これまでに全国各地で270回以上開催し、のべ5,600人以上が参加しています。


  主催|国立市(広域連携事業)
運営|一般社団法人ひきこもりUX会議

▼詳細は続きをご覧ください▼

▼「ひきこもりUX女子会」について


開催日:2024年5月24日(金)
時 間:14:00-16:30(開場13:40)※途中休憩あり
場 所:国立市公民館 地下1階ホールアクセス
参加費:無料
申 込:不要 ※途中入退室可
定 員:35名
     ※会場が定める定員に達し次第、参加をお断りする場合があります。予めご了承ください。
対 象:ひきこもり状態にあったり、対人関係の難しさを感じているなど、さまざまな
    生きづらさを抱えている女性自認の方。年齢不問。

内 容:第1部 ひきこもり経験者による「体験談」(40分程度)
    第2部 当事者・経験者のみの「グループトーク(1時間30分程度)
    テーマごとに少人数のグループに分かれて交流します。
    テーマ例...親子/メンタルヘルス/夢ややりたいこと/コミュ障/趣味・好きなこと/身体の不調
         /自立/主婦/おひとりさま/年代別トークなど


※第1部は、女性自認の方であれば当事者・経験者ではない方もご参加いただけます。

同時開催「つながる待合室」について
ひきこもり状態のご家族がいる方、支援に携わっている方、「ひきこもり」に関心がある方など、その場に集まった方同士で自由に話して交流をする場です。


時 間:15:00‐16:30(受付開始14:45)
会 場:
国立市公民館 3階講座室アクセス 
参加費:無料
申 込:不要 
※途中入退室可
定 員:10名 
    
※会場が定める定員に達し次第、参加をお断りする場合があります。予めご了承ください。
対 象:ひきこもり状態のご家族がいる方、支援に携わっている方、「ひきこもり」に
    関心がある方(当事者の方も参加可能です)


※つながる待合室は性別問わずご参加いただけます



<会場アクセス>

<参加にあたって>

●マスクの着用は、個人の判断に委ねます。
●人数把握のため受付にて、お名前(ニックネーム可)・お住まい(市区町村まで)をお伺いします。
●運営スタッフとして、準備・開場時間中に男性職員が会場内にいる場合があります。予めご了承ください。イベント開始後、男性職員は女子会の会場から退出します。
●新型コロナウィルスに限らず感染症拡大が生じた場合、政府や自治体・会場から主催者に注意喚起等が行われた際は、会場にて感染対策へのご協力をお願いする場合があります。

\対話のルール/
参加された方が安心して語り合える場作りにご協力ください。 ①聞いた話は外で話さない、SNS等で発信しない ②相手の話を批判・否定しない ③話す時間を独り占めしない ④聴いているだけでもOK ⑤営業、政党活動、宗教などへの勧誘はしない


<注意事項>

※予期せぬ自然災害の発生等によってやむをえず開催を延期または中止する場合があります。 ※本イベントでは新聞・テレビ等の取材を受け入れる場合があります。その際は参加者の方々のプライバシーならびに場の安心・安全に細心の配慮をします。 ※上記の開催中止や取材等については、前日までに当ひきこもりUX会議オフィシャルブログにてお知らせします。



▼スタッフの紹介

maika

室井舞花(むろい・まいか)

ひきこもりUX会議理事

13歳で自分の性的指向が同性に向いているのではないかと感じはじめる。中高時代は誰にも打ち明けられず、18歳でカミングアウト。多様な人たちが違いを超えて生きられる社会を目指し、当事者の立場から発信を続ける。著書に『恋の相手は女の子』(岩波ジュニア新書)がある。

【WEB】恋の相手は女の子Love is Colorful


すえ

すえ

幼い頃より親との関係がうまくいかず、不安定な家庭環境で育つ。高校卒業後に地方から上京するが、職場に適応することができず30代まで社会人とひきこもりを繰り返す。現在は、自分の生きづらさを考えるきっかけとなったUX会議の活動にも関わりながら生き方を模索中。


▼つながる待合室スタッフの紹介

ishizaki

石崎 森人(いしざき・もりと)

ひきポス編集長 

1983年生まれ。幼い時から生きづらさを抱え、24歳から2年半ほどひきこもる。ひきこもりから脱した経緯や試行錯誤を『不登校新聞』で「ひきこもるキモチ」として連載。現在は家族と起業した会社で社内情報システム、マーケティングや新卒採用の傍ら、ひきこもり当事者/経験者発信メディア「ひきポス」の編集長などの活動をしている。

【WEB】ひきポス



▼お問い合わせ先
国立市 福祉総務課 福祉総合相談係
[TEL]042-572-2111
[FAX]042-576-2138

▼ひきこもりUX会議へのお問い合わせは下記にご連絡ください
[MAIL]info@uxkaigi.jp



前期多摩1
前期多摩2



blogparts2023_01
blogparts2023_3-1
blogparts2023_3-2
blogparts2023_3-3
blogparts2023_3-4

blogparts2023_2-1
blogparts2023_2-2
blogparts2023_2-3
blogparts2023_2-4